コピー完了

記事TOP

採用管理システムの市場規模 | HRTechに注目が集まるワケ

最終更新日:
求人情報の一元管理と人事担当の負担を軽減する効率的な採用活動を実現する、採用管理システムが大きな注目を集めています。その市場はどの程度の規模なのかをHRTechの現状とあわせて解説します。

採用一括かんりくん
無料トライアル:◯
フリープラン:-
月額料金:20,000円~
・シンプルかつわかりやすい画面設計
・エントリーからタスクや進捗管理、分析に至るまでの機能を網羅
・チャットツールやカレンダーツールとの連携で社内への情報共有スピードアップ

採用管理システムとは

採用管理システムとは、母集団形成で集めた候補者の求人管理と候補者の履歴書などの情報管理、面接評価や進捗状況の選考管理、内定者へのフォローや連絡を行う内定者管理を一元的に行い、採用担当者の工数と負担を減らし、選考に集中できる環境を整えることによって、効率的な採用活動を実現することを目的にしたシステムです。

近年では導入へのハードルが低いクラウド型サービスが主流になっており、多くの企業が採用し注目を集めています。

以下の記事では、採用管理システムについてより詳しく解説しています。

ATS(Applicant Tracking System)

この採用管理システムの中心となる考え方であり、言葉の語源となっているのがATS(応募者追跡システム)です。

具体的には、「応募フォームの作成」「Web掲載」「求人リストの作成と選別」といった流れを一元管理することによって、応募者の追跡を行い採用までのスピードをあげていくという考え方といえるでしょう。

採用管理システムが注目される背景

アメリカでは以前から活用されていた採用管理システムですが、近年日本で注目されるようになったのはなぜでしょうか。

ひとつには、労働人口が減少傾向にあり、優秀な人材を確保するために従来以上のスピードときめ細やかさが採用活動に求められていることが挙げられるでしょう。

その他にも、時代の変化によるいくつかの要因が考えられます。
以下では代表的な要因について解説していきます。

クラウド型サービスの普及

企業が新たなシステムを導入するとき、従来であればパッケージを購入して自社にて展開するオンプレミス型が主流であり、高額になりがちなコストを採用活動に投入できるのは一部の企業に限られていたといえます。

しかしネットワークインフラが整備され、安価で気軽に導入することが可能なクラウド型サービスが登場したことにより、これまでコスト面で問題を抱えていた層が導入に踏み切っていることが考えられます。

スマートデバイスの普及

スマートフォンやタブレットPCなどのスマートデバイスが爆発的に普及した現在、求職者は時間と場所を問わない求職活動を行うことが可能となり、求人を行う企業としても早急な対応を迫られています。

しかしこうした状況は、さまざまなアイディアを活かした求人活動が可能なことを意味し、その状況に適切な対応が可能な採用管理システムに目が向けられている可能性もあります。

データ処理の高速化

上述の要因を実現させたのは、ネットワークインフラの整備とともに、リアルタイムでのデータ処理が可能になったハードウェア/ソフトウェアの進化が挙げられます。

今後はクラウド環境でのAI活用も普及してくると思われ、ビッグデータの活用とともにSaaSサービスもさらなる進化が期待できます。

採用管理システムの市場規模

それでは多くの注目を集めている採用管理システムの市場は、どの程度の規模になっているのか、今後の成長はどの程度が見込まれるのか、解説していきましょう。

HRTechクラウド市場規模

下図は、HRTechでカテゴライズされた、クラウドベースで提供されている人事関連のソリューション市場規模をグラフ化したものになり、「クラウド採用管理システム」「クラウド人事・配置システム」「クラウド労務管理システム」「クラウド育成・定着システム」が含まれ、2016年度までの実績と2017年度の予測となっています。

出典:ミック経済研究所 HRTechクラウド市場の実態と展望 2016年度版

これによると、2016年度は人事関連ソリューション全体で前年比54.0%増の約119.2億円となっており、2017年度の成長も同程度である54.5%増が見込まれ、約184.2億円規模まで成長すると見られています。

また、グラフ化はされていませんが、2020年度には成長のピークを迎えると考えられており、2021年度には合計で約613億円の市場規模となることが予測されています。

この急激な成長の背景には、上述の要因にもあるように、これまでシステム導入をためらってきた中堅・中小企業の導入増が大きく影響していると考えられます。

ここから、働き方の多様化が進む中でいかに優秀な人材を確保して定着させていくかが、企業にとって大きな課題となっていることがわかります。

HRTechクラウド市場における採用管理システム

それでは、HRTech市場における採用管理システムは、どのような成長を見せているのでしょうか。

下図は、2015/2016年度実績および、2017年度の予測を元に、それぞれのソリューションが占める割合をグラフ化したものです。

出典:ミック経済研究所 HRTechクラウド市場の実態と展望 2016年度版

それぞれの割合は微妙に変化を見せていますが、大枠では同程度の割合となっており、採用管理システムについていえば、2016年度実績で45.5%増の約36.1億円、2017年度も同程度の成長率46.0%を保ちながら、約52.7億円の市場規模になると見られています。

採用のための広告媒体との連携が柔軟になり、すべての情報を一元管理したいというニーズが成長に影響していると考えられ、AIやビッグデータ活用などのHRTechを取り込んでいることも要因だと分析されています。

HRTechとは

それでは、採用管理システムの成長要因にも挙げられているHRTechとは何でしょうか。

HRTechとは、HR(Human Resources)とTech(Technology)を結びつけた造語となり、文字通り「人事や組織マネジメントに係る人間のリソース分野と、ビッグデータ解析やAIの活用、モバイルやクラウド、IoTなどのテクノロジーを結びつけたサービスのことを意味します。

HRTechの領域

従来は定量化するのが難しかった人事の領域に、機械学習を活用した分析や多面的な角度からの分析を行うことによって有用な情報を得ることが目的となりますが、この技術が企業の競争力を左右する大きな役割を果たすと見られているのです。

そのHRTechが適用されている具体的な領域は以下のとおりとなります。

採用管理

すでに解説したように、採用管理システムの中核となるのはATSであり、これもHRTechの一部であるといえます。

具体的には採用初期段階からさまざまなデータを収集して一元管理し、その結果を多面的に分析することによって次回の採用活動に活かすことができるという点が大きな利点であり、定量化の難しかったデータを可視化できるところに意義があるといえます。

人事管理

適切な人材の配置を行い、管理していくには個々の従業員の特性や指向を把握し、上司との相性なども加味したうえで数値としてデータ化することが重要です。

HRIS(Human Resources Infomation Systems)といわれる人事情報全般を管理するシステムが中心となる場合が多く、労務管理などでも活用されています。

労務管理

従業員の健康管理や、公正な評価が必要となる労務管理にもHRISが活用されており、AIによる自己学習を応用して、変化の兆候を感知する取り組みなども行われています。

育成管理

担当のスキルによるところが大きくなる人材育成に関しても、属人的な管理から脱却し、レベルの高い教育を保っていく仕組みが必要です。

eラーニングなどに実装されるLMS(Learning Management Systems)が、こうした育成管理には最適なソリューションになるでしょう。

HRTechが注目される理由

人材の流動性の高いアメリカで活用され発展してきたHRTechですが、採用活動が横並びで待遇もそれほど変わらず、人材の流動性の低い日本では、それほど注目されているとはいえませんでした。

しかし市場規模拡大にも見られるように、個々数年でHRTech市場は大きな成長を遂げており、同時に大きな注目を集めています。

その理由とはなんでしょうか。

優秀な人材確保/ダイバーシティ対応

労働人口が減少傾向にある現状から、企業にとって優秀な人材を確保することは困難となっており、国籍やバックグラウンドの異なる多様な人材を、多様な働き方で登用するダイバーシティも求められています。

従来の採用活動や人材活用の手法では、こうした流れに対応できなくなっており、HRTechの重要性が注目されているといえます。

人材育成と定着

確保した人材を適した部署に配置し、育成しつつ定着させていくことも企業にとって重要な課題です。

そのためには定量化の難しかった評価や指向を可視化する必要があり、これに最適なのがHRTechだという認識が広まっていると考えられます。

おすすめの採用管理システム10選

HRTechでは人事に係る情報のデータ化と最適化が可能なことを解説してきましたが、その第一歩となるのが採用管理システムです。

HRTechによって採用活動を最適化できる、おすすめの採用管理システムを10つに厳選して紹介します。

ジョブカン採用管理 - 株式会社Donuts

ジョブカン採用管理 - 株式会社Donuts 画像出典:ジョブカン採用管理公式サイト

ジョブカン採用管理は、わかりやすいインターフェースとスムーズなオペレーションで、戦略的な人材採用を実現するクラウド型採用管理システムです。
候補者に対して次に行うべきアクションを提示する業務フローにより、コミュニケーション不足や対応漏れを防ぎ、一元管理されたデータとの整合性を保ちます。
新卒・中途・パートタイムを問わない使い勝手のよさは、あらゆる企業のニーズに対応し、利用状況に応じた最低限のコストでの運用も可能にします。

HR PRIME(エイチアール プライム) - Micoworks株式会社

HR PRIME - Micoworks株式会社 画像出典:HR PRIME公式サイト

  • LINEを活用して採用活動の効率化を実現
  • 歩留まり率を向上させる充実した機能を搭載
  • メッセージの自動送信でコミュニケーションコストを削減

HR PRIMEは、LINE公式アカウントと連携した採用管理システムです。多くの人が日常的に使い慣れているLINEを用いることで、効果的な採用活動を実現します。また、メッセージの自動送信や内定者へのセグメント配信で、応募者ごとに最適なフォローが可能です。

採用一括かんりくん - 株式会社Roots

採用一括かんりくん - 株式会社Roots 画像出典:採用一括かんりくん公式サイト

採用一括かんりくんは、人材紹介事業を手がけるRootsが提供する、採用管理システムです。応募者が使い慣れているLINEを活用することで、説明会の参加率増加や採用担当者の工数削減が期待できます。さらに分析を通じて母集団の傾向や特徴、効果的な施策が可視化され、採用活動の最適化に寄与。機能は必要なものだけをオプションで選択する仕組みで、コストを抑えて利用できます。

HRMOS(ハーモス)採用 - 株式会社ビズリーチ

HRMOS(ハーモス)採用 - 株式会社ビズリーチ 画像出典:HRMOS(ハーモス)採用公式サイト

HARMOS(ハーモス)採用管理は、採用活動のデータを可視化・分析し、戦略的な人材獲得を実現する採用管理システムです。
「求人作成」「応募者管理」「コミュニケーション」「進捗確認」「アナリティクス」といった業務を一元管理し、人材紹介会社とのやりとりや面接の評価などとともに、一体化した採用活動を実現します。
母集団形成に有効な魅力ある求人票の作成から、ソーシャルリクルーティング、リファラルなどの採用方法にも対応しています。

ジョブスイート キャリア - 株式会社ステラス

ジョブスイート キャリア - 株式会社ステラス 画像出典:ジョブスイート キャリア公式サイト

ジョブスイート キャリアは、中途採用に最適な採用管理システムのロングセラーです。
簡単に最新の募集状況を自社ホームページや募集媒体を通して公開でき、個々の選考履歴、全体の進捗状況などをすばやく把握し、タイムリーな対応を可能にすることで選考プロセスを大幅に加速し、選考途中の辞退者減少に貢献します。
また応募受付後の取りまとめ業務を自動化し、担当者が「人を選ぶ」業務に集中することを可能とし、集計機能によるデータ分析で今後の採用戦略の改善を実現します。

リクナビHRTech 採用管理

リクナビHRTech 採用管理

リクナビHRTechは、中途採用における応募から入社までの選考状況をクラウドで一元管理できる無料の採用管理システムです。
採用に関する情報をクラウド上で一括管理することで、Excelへの転記といった細かな業務工数や、関係者との情報連携の工数を削減できます。ユーザーアカウント、紹介会社、候補者ともに登録数に上限がないのも特徴の1つ。求人別・紹介会社別に選考プロセスを分析でき、採用の振り返りも簡単に行えます。これらすべての機能を初期費用・月額費用・追加料金などの料金を一切かけずに利用できるというのが最大のポイントと言えるでしょう。

Reworks cloud

Reworks cloudは、チャート形式による選考状況の可視化や採用フローのカスタマイズなども可能な、LINE連携型の新卒向け採用管理システムです。学生とのコミュニケーションをLINEで行うことで親近感を持ってもらい、メッセージ開封率や説明会・選考の予約率を改善できます。LINEによって学生情報を一元管理し、送信メールの自動化・効率化できることによって採用業務のコストが大幅に軽減できます。

HRアナリスト 人材分析

HRアナリストは、独自のシステムを元に採用すべき人材を可視化する人材分析サービスです。論文をベースとした学術的側面に加え、人事の勘や感覚を体系化しているので、分析根拠が明確で応募者理解を促進してくれます。応募者の分析結果とニーズを元に面接担当者へ適切なアクションを提案してくれるため、採用成約率と辞退率を改善します。また、定額制の使い放題で初期接触で多くの応募者に利用すればするほどお得です。

Refcome(リフカム)

Refcomeは、「質の高い候補者獲得」「定着率のアップ」「採用コストの削減」を目的に、社員や知人からの人材紹介による採用手法、リファラルに着目した採用管理システムです。
リファラル採用を成功させるためには社員の協力が欠かせませんが、複数手段での紹介依頼周知が簡単に行えるほか、候補者には「特別な招待ページ」を送るだけになっているため、社員の手間も最小限となる工夫がされています。
もちろん、活動結果の分析も可能であり、改善による効果アップも見込むことができます。

Zoho Recruit

Zoho Recruit

  • 簡易にできるデータ管理・共有
  • 柔軟なカスタマイズ
  • お手頃な料金プラン

Zoho リクルートは、手軽に導入可能なクラウド型の採用管理サービスです。「自社採用」および「人材紹介・派遣事業」のどちらでも活用できます。
人材採用・紹介業務に必要な情報をすべて整理して集約します。紙やエクセルによる情報の分散を回避するとともに採用業務を効率化・自動化し、求職者やクライアントへの対応に注力できます。ほかにもG SuiteやZapierなどのシステムと連携することで、採用活動状況を通知させたりすることもできます。

採用管理システムは生産性向上の第一歩

製造業が中心だったこれまでの日本では、製造工程を見直して効率化を行い、生産性を上げていくことで成果を上げていたといえるでしょう。

しかし一方では、人事面での戦略的側面に欠け、企業全体としての労働生産性が低いレベルに落ち着いてしまっているのも事実です。

遅まきながら、企業が人事全般を管理することによって、競争力を高めていくことに気付いた現在、その第一歩となる採用管理システムの導入はもはや必須であるといえます。

採用管理システムを手始めに、HRTechでの人事面強化を検討してみてはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

採用管理システム(ATS)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
採用管理システム(ATS)の最近更新された記事