コピー完了

記事TOP

人事とは?仕事内容・役割・必要スキル・役立つ資格 | 労務や総務との違いまで

最終更新日:
人事の仕事内容とは、企業の発展を促すために人事企画・人材の採用・育成などで重要な経営資源であるヒトを管理し、活性化させていくことです。人事の仕事内容や役割、労務や総務との違い、必要スキルや平均年収などを解説します。

人事とは

人事とは、企業における採用活動や育成などを通して人材を管理し、活性化させるのを主な業務とする職種です。

企業にとって重要な経営資源である「ヒト」の管理を行う、なくてはならない存在であり、将来を見越した視点が要求されます。

現在では、採用計画や人材育成、人事評価にテクノロジーを導入した、HRテックの考えが一般化し、働き方改革の推進が進んでいます。そのため、人事は近年注目を集めている職種であると言えます。

人事の仕事内容

まずは人事の仕事内容を紹介します。人事の仕事内容は、組織の形態にもよりますが、人材の採用活動や育成から人材評価や労務管理まで多岐にわたります。

人事企画

人事企画は、企業が経営目標を達成して継続的な成長を遂げるために、将来を見越した部門構成、人員配置などを決め、それをもとにした採用・育成計画などの人事企画を行う仕事です。

構成する従業員の年齢層やスキルを考慮に入れ、全体を俯瞰した視点で、どのような人材が必要になるのか、適切に人員配置するにはどうすべきかを計画します。

採用・雇用

人事の仕事と聞いてイメージしやすいのが採用・雇用です。

ダイレクトリクルーティングリファラル採用など、近年、人材獲得の手法は多様化しています。自社に最適な手法を選択し、いかに母集団を形成するか、いかに自社の魅力を広く知ってもらうかも重要になってきています。

ミスマッチを防ぎ定着率を高めるためには、HRテックを取り入れた採用管理システムをはじめとする新たなテクノロジーを積極的に活用する力も求められます。

人材教育・研修

新卒採用時の新入社員研修や、管理職への昇格時に実施される管理職研修、OJTによる資格取得支援など、従業員の育成や教育の機会を設け、研修や各種支援を実施するのも人事の仕事です。

定期的な面談やアンケートを実施し、従業員一人ひとりのキャリアパス設計をサポートしましょう。

人材評価

成果に対する適切な報酬が得られなければ、従業員のモチベーションが下がってしまいます。評価制度を確立し、それに沿った昇給を実現させるのはもちろん、成果を還元する仕組みを構築するのも人事の仕事です。

重要なのは、設定した評価基準がだれにとっても公平であり、透明性を保っている必要があることです。

人材評価の種類と現状に関しては次の記事で紹介しています。

労務管理

雇用契約・勤怠管理給与計算・支払などの従業員にかかわる業務のほか、社会保険手続きや福利厚生などの労務管理も、人事が担う場合があります。

近年では、働き方改革の中でもメンタルヘルスが言及されていることもあり、安全衛生管理やメンタルヘルスへの取り組みも重視されています。

人事の平均給与・年収

人事の平均給与・年収は、職種や業種、ポジションによって異なるので一概には言えません。

転職サービス「doda(デューダ)」が行った調査「平均年収ランキング2018」によれば、人事の平均年収は506万円で、全体の40位でした。

職種別平均年収ランキング上位50(出典:doda プレスリリース)

平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別まとめはこちら

人事と労務・総務の違い

人事と同様、従業員にかかわる業務を担うのが労務・総務です。人事の仕事とはどのような違いがあるのでしょうか。

人事と労務の業務の違い

人事の仕事は人材の管理と活性化にあり、人材の採用・教育・評価・配置などが主な業務です。

一方、労務の仕事は従業員が安心して働ける環境をつくることであり、勤怠管理や給与計算、社会保険手続き、福利厚生の制度設計・運用などが主な業務です。

人事が労務を兼ねる企業がある一方、明確に分離されている企業もあり、独立した部署がある場合は労務部が労務管理を行います。

人事と総務の業務の違い

従業員が安心して働ける組織づくりという点では、総務も労務と共通する部分はあります。

しかし、総務の仕事内容は、どの部署にも属さない企業内で必要なあらゆる業務を請け負うことが多く、明確な役割のある人事や労務とは仕事内容が異なります。

人事と労務の仕事内容の違いについては、以下の記事でも説明しているので参考にしてください。

人事で必要なスキル

どのような人が人事として働くのに向いているのでしょうか。人事の仕事を担当するにあたって必要とされているスキルを紹介します。

コミュニケーション能力

人材の管理・育成・教育を担う人事では、コミュニケーション能力は欠かせないスキルです。

採用活動においては母集団を形成するまでには媒体の担当者との調整が必要であり、選考においては候補者とコミュニケーションをとりつつ、求める人材であるかを判断しなければいけません。

人事企画は経営層との調整を行い、円滑な意思の疎通で経営方針や方向性を理解・共有する必要があります。

各部署に対する業務知識

適切な人材を適切な部署に配置する人事の仕事では、各部署に対する業務知識が必要です。

各部署がどのような業務を行っているのか人事が理解できなければ、具体的にどのような問題があり、どのような人材を必要としているかも理解できず、どのような人材を配置していいかもわからなくなってしまいます。

情報収集能力と戦略的思考

企業発展のために適切な部門構成、人員配置、採用・育成計画を立案する人事は、将来を見越した戦略的視点で人事企画を練らなければなりません。行き当たりばったりの採用計画では、計画的な育成やバランスのとれた人員配置ができないからです。

また、採用ルールの変更や雇用に関する法令などは頻繁に変更されるケースもあります。採用方法のトレンドなどとともに、常にアンテナを張り巡らす情報収集能力も求められるでしょう。

>>>>転職サイトランキングをチェック

人事のやりがい・魅力

「ヒト」に関する業務全般を担う人事部で実際に働いている方は、どのような点にやりがいを感じているのでしょうか。

人事部では、採用活動や人材評価を通じて、一人ひとりの社員と密接に関わります。それぞれの社員の目標に寄り添い、目標達成に向けたサポートができることはやりがいにつながるはずです。

また、自分が採用した社員が会社で活躍しているのを目にしたり、社員研修が個々人の成長につながっているのを感じられたりするのは、人事ならではの魅力でしょう。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

人事のキャリアアップに役立つ資格

人事を募集する企業では、経験者が優遇される傾向にあり、未経験者の応募を受け付ける企業は少ないでしょう。しかし、実務経験がなくとも、取得していれば大きなアピールポイントとなる資格もあります。

キャリアコンサルタント

2016年創設と比較的新しいながらも、幅広い分野で必要とされる国家資格がキャリアコンサルタントです。キャリアコンサルタントとは、個人の適性や経験に応じた職業設計を行い、職業の選択や能力開発を行う専門家です。

受験資格に認定講習修了、もしくは一定の実務経験が求められるものの、けっして合格率は低くはなく、チャレンジしがいのある資格だといえます。

人事の仕事内容を理解してキャリアアップへ

人事の仕事は、製品やサービスでの差別化が難しくなった昨今、企業の競争優位を築くための重要な役割を担います。

スキルや実務経験が求められる場合が多いぶん、やりがいが感じられる仕事でもあり、年収もこれに見合う水準となっています。

職を得るのに有利となる国家資格あるので、キャリアアップも狙いやすい職種だともいえます。

>>>>人事の転職に役立つ転職サイトランキングをチェック

人事に転職するための人気転職エージェントTOP5

ここからは、人事に転職するために人気の転職エージェントを5つ紹介していきます。

1位:リクルートエージェント

■Point1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000名以上の転職支援を行っています。

■Point2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人は約10万件と豊富です。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■Point3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」という方も安心です。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:マイナビエージェント

■Point1:20代に信頼されている転職エージェントNo.1
20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれており、20代、30代前半の若手の転職に強みを持っています。

■Point2:豊富な非公開求人
マイナビブランドで作り上げた信頼とコネクションから得られる良質な非公開求人を保有しています。

■Point3:サポートが充実している
大手エージェントサービスと比較すると後発なため、求人の絶対数では劣ることもありますが、転職者一人ひとりに親身に対応してくれるサポート面は充実しています。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:高収入を実現できる!ハイクラス求人が豊富
ビズリーチはエグゼクティブ向けに転職サービスが提供されています。求められる能力が高い分高額な給与で採用を行っている企業も多く、中には年収が2,000万円を超える非常にハイクラスな求人もあります。

■Point2:ヘッドハンターの能力が一目でわかる
在籍しているヘッドハンターは厳しい審査を通過した強者揃いです。ヘッドハンターは実績に応じてランク分けされておりサイトでランクを確認できるので、力のあるヘッドハンターを見つけやすくなっています。

■Point3:女性向けサービスが充実
女性の転職を応援するために「ビズリーチ・ウーマン」という情勢向けの転職サービスも提供されています。ビズリーチのアカウント情報で利用が可能となっており、あわせて利用すれば採用のチャンスを増やせます。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

4位:パソナキャリア

■Point1:2019年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位
パソナキャリアは、顧客満足度調査No.1に選ばれた転職エージェントです(オリコンが利用者3,346人、対象企業38社に対して調査)。

■Point2:累計25万人の転職実績
転職を支援した25万人分のノウハウを活かして転職をサポートしてくれます。

■Point3:年収アップに期待大
転職後に年収がアップした割合は、67.1%に上ります。高確率で年収をアップできます。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

5位:doda(デューダ)

■Point1:業界2位のエージェントで沖縄求人も多数保有
リクルートエージェントに次ぐ業界2位のエージェントで沖縄の求人も多数保有しています。

■Point2:非公開求人のレベルが高い
扱っている求人の80%~90%は非公開求人で、質が高い求人を保有しているといわれています。

■Point3:3つのサービスが一度に使える
転職サイト・エージェント・スカウトの機能が集約されており、登録するだけで3つのサービスを同時に利用できます。3つを使いわけることによって自身の転職スピードに合わせた活動を行いやすいです。

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
求人・転職情報(職種・仕事内容)の最近更新された記事
経理とは | 仕事内容・業務の流れ・会計や財務との違いも解説
データサイエンティストとは | スキルセット・仕事内容・将来性を徹底解説
営業職の仕事内容を業界別に解説 | 基本業務・向いている人の特徴・1日の流れ
ベンチャー転職を成功させるには | 後悔しないための注意点やリスクを紹介
経理の転職サイト・エージェント8選 | 未経験や税理士の方にも
総務とは - 仕事内容と役割 | 業務カテゴリ別生産性向上サービス解説
広告代理店の年収と仕事内容 | 業界ランキング・種類・職種・必要なスキル
フルスタックエンジニアとは | 年収・必要なスキル・現状を解説
インフラエンジニアとは | 仕事内容や年収・スキル・資格 - 未経験からの転職方法
プログラマー(PG)とは | 年収・仕事内容・必須スキル - 未経験がなる方法