コピー完了

記事TOP

採用代行(採用アウトソーシング)とは?委託内容やメリット

最終更新日時:
記事の情報は2021-04-01時点のものです。
採用代行(採用アウトソーシング)とは、採用活動を外部に委託することです。どのような内容を代行させるのか、代行のメリット・デメリットは何かなどを解説します。

売り手市場が続くなか、新しい採用手法を取り入れる企業が増えてます。

採用代行は、米国やヨーロッパではすでに活用されていますが、日本ではまだあまり見られません。本記事では、採用代行の具体的な内容や利用するメリット・デメリットを紹介します。

各サービス資料で料金やサービス内容で比較したい方は、こちらからボクシルおすすめサービス資料をまとめてダウンロードしていただけます。

採用代行(採用アウトソーシング)とは

採用代行(採用アウトソーシング)とは、採用活動を外部に委託することいいます。採用をアウトソーシングすることから、「RPO(Recruitment Process Outsourcing)」とも呼ばれています。

採用代行の流れ

採用業務には、主に次のようなタスクがあります。


画像:ボクシル編集部にて作成

これらの採用業務をすべて行うのは複雑で手間がかかるため、これら業務を代行させます。

Aは面接までのプロセスを委託するケース、Bは採用の企画以外を委託するケースです。Cはこれらタスクをすべて外部化するケースです。

AやBのように、一部を代行させるサービスと、Cのように採用すべてを代行させるサービスがあります。代行サービスを比較する際は、どのパターンなのかよく確認しましょう。今回紹介した以外のパターンもありえます。

採用代行と人材紹介会社の違い

人材紹介会社は、企業と転職者のマッチングを行いますが、採用代行は依頼元の企業の採用活動を請け負って採用活動を行います。上の図で言えば、人材紹介は母集団形成の一部にあたります。

そのため、これら二つのサービスは似て非なるものです。採用代行は人材を紹介されるのではなく、採用業務の代行をさしています。 

採用で代行される業務

採用代行では具体的にどのような業務まで委託できるのでしょうか。多くの企業がアウトソーシングする代表的な業務内容5つを紹介し、どのようなことを代行しているのか紹介します。

採用計画・企画

人材を確保できない企業は、採用計画・企画に問題があるかもしれません。採用活動を成功させるために、緻密な人物像設計や採用活動計画策定をはじめ、採用競合分析などの採用計画に関することを代行します。
  

母集団形成

母集団形成では、自社の求人に興味や関心を持っている人を作り出します。具体的には、募集媒体の選定から会社説明会実施だけでなく、DM原稿作成から配信の業務までも代行します。

応募者管理

応募者が集まれば、その人たちを選考しなくてはいけません。その選考に関わる適性検査・筆記試験実施、面接などを代行します。すべてを丸投げするのではなく、自社で行う範囲と代行してほしい範囲を明確にする必要があります。

ツールの提供

代行業者が、応募者データの整理用にまとめるツールを提供してくれます。人事目線で作られたツールなので、作業効率や使い勝手の良いものが多くおすすめです。

人事の教育・研修

採用を行う人事の教育と研修を行います。優秀な人材を獲得するためには、それを見極める人材も優秀でなくてはいけません。さまざまな経験ノウハウを生かし、面接官のトレーニングを代行します。

採用代行サービスにかかる費用

メリット・デメリットの項目でも解説しましたが、採用を代行したことでコストが増えるのか減るのかはケースバイケースです。利用するサービスや採用する相手、人数によって大きく変化します。

それでも一つの目安となる指標を紹介します。

通常、採用にかかる費用

通常、採用コストは新卒採用で約50〜55万円中途採用で約80~300万円が相場と言われています。

これらの費用は、求人広告費や説明会の会場費などが含まれます。それらのトータルでかかった経費を採用人数で割った数字が、一人当たりにかかった採用費として算出できます。

そのため、採用代行を利用しなくても、一人当たり約50万円程度かかってしまうという認識は持っておきましょう。

採用代行を利用した費用

採用代行サービスの形態には種類があるため、一概に費用がこれくらいということは言えません。

実際にあるサービスの例をいくつか挙げると、採用人材の概算年収30%や、月額管理費用20万円などがあります。どの範囲の業務を依頼するのか、その業務を代行するにあたり何名のスタッフを必要とするのかということで費用が変動をします。

採用代行のメリット・デメリット

メリット

重要な業務に集中

採用代行によって、人事本人が行わなくても良い業務をアウトソーシングし、絶対に外せないコア業務に集中できます。採用後のミスマッチや、優秀な人材を見極めるための重要な時間を確保できます。

高い専門性

採用活動の豊富な実績とノウハウを持っているため、専門性が高く、自社にあった形で採用活動を行ってくれます。これまで取りこぼしていた優秀な人材も、プロに任せると採用の確率が上がります。
 

管理コストの削減

アウトソーシング=コストがかかるというイメージが強いですが、実はそうではありません。採用にかかるすべてのコストを考えた場合、自社で応募者を管理ソフトを用意する手間が省けたり、時間や手間を大幅に省けたりするので、管理コスト削減につながります。
  

デメリット

委託のコスト

安くないコストが委託時にかかってしまうのは、仕方がありません。単発で見ると大きなコストですが、採用活動を長期的に見たらどうか、という視点で考えてコストパフォーマンスを検討しましょう。
  

自社にノウハウが未蓄積

 
アウトソーシングするということは、自社では行わないという意味でもあります。自社で採用の経験がなされないため、ノウハウが蓄積されません。代行を利用している間は順調でも、契約を解除した際に同じように採用活動ができないので危険です。

採用代行で重要な業務に集中

採用代行は、採用活動を外部に委託するものなので、採用活動のうえでネックになっている業務を依頼しましょう。

効率的に採用活動を進められるだけでなく、採用後の離職も減らせます。もしどの作業を依頼すれば良いのか決められなければ、文中で紹介した「採用代行利用で行われる代表的な業務内容」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

もちろん代行をしてもらうことによるメリットとデメリットはそれぞれあるので、長期的・短期的な視点で採用活動を考えて、どの範囲で利用するのか、を考えましょう。

ぜひこれを機会に、採用代行サービスを検討してみてください。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)選び方ガイド
採用代行・採用アウトソーシング(RPO)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
採用代行・採用アウトソーシング(RPO)の最近更新された記事