コピー完了

記事TOP

営業代行の費用相場と料金比較・おすすめサービス!料金体系・契約形態ごとの相場

最終更新日:(記事の情報は現在から101日前のものです)
営業代行会社とは、自社の営業活動を外部に委託することで、営業力の強化やコスト削減を目指すサービスです。営業代行会社には様々な種類や特徴があり、それに応じて料金や契約形態も異なります。この記事では、営業代行会社の料金相場や費用内訳、選び方のポイントについて解説します。

【厳選】おすすめ営業代行・アウトソーシングサービスをまとめてチェック!
\特典【完全版】機能・価格比較表/

営業代行・アウトソーシングサービスの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。営業代行・アウトソーシングサービスの比較にお役立てください。

営業代行会社とは

営業代行会社とは、自社の営業活動を外部に委託することで、営業力の強化やコスト削減を目指すサービスです。営業代行会社は、自社の商材やターゲットに合わせて、電話やメールなどのアプローチ方法や営業スクリプトを作成し、アポイントや成約までの営業プロセスを代行します。

営業代行会社を利用する際には、目的や予算、期待する成果などを明確にして、適切な営業代行会社を選ぶ必要があります。

営業代行とは?アウトソースの種類やメリット・派遣との違い・おすすめサービス
会社内でのさまざまな業務がアウトソース化されている昨今では、会社経営の核とも言える「営業」も外部に切り出すことも珍...
詳細を見る

営業代行の契約形態

営業代行の契約形態には、主に次の3種類があります。

  • 固定報酬型
  • 成果報酬型
  • 複合型

それぞれの契約形態と特徴について解説します。

固定報酬型

固定報酬型とは、営業代行会社に対して、売上や契約件数などの成果の有無に関わらず、一定期間や一定件数の営業活動を依頼して固定の報酬を支払う契約形態です。

成果にかからわず費用が変動しないため、万が一期待する成果が出ていない場合でも一定の料金を支払う必要があります。一方で、予算や期間、件数などを明確に設定できたり、営業担当者は安定的に営業活動を行えたりするメリットがあります。

成果報酬型

成果報酬型とは、売り上げや契約件数などの成果に応じて報酬を支払う契約形態です。成果の分だけ料金を支払うため、不要なコストが発生しないメリットがあります。

毎月料金が変動するため、予算や期間、件数などの設定がしづらい一方で、営業代行会社が責任を持ちやすく、品質や効率の高い営業を行えることが特徴です。料金設定が高めの傾向にあるため、場合によっては固定報酬型の金額を大きく上回ることも考えられます。

また、成果報酬型の場合は、営業代行会社との信頼関係や協力体制を整えることもポイントです。

複合型

複合型とは、固定報酬型と成果報酬型を組み合わせた契約形態です。ベースは成果報酬型で、経費や営業にかかる最低限の費用を固定費として設定しています。

複合型は、固定報酬型と成果報酬型のメリットをバランスよく取り入れた契約形態ですが、信頼関係の構築や契約条件、評価方法を明確にすることが大切です。

営業代行の料金相場

営業代行の料金は、契約形態だけでなく、営業代行会社の費用構成や変動要因によっても変わります。営業代行の料金内訳と変動要因について解説します。

固定報酬型の料金相場

固定報酬型の料金は、営業担当一人につき、月額50万円〜60万円程度が相場です

固定報酬型場合、営業代行会社の規模や実績、代行する商材や内容の専門性の高さや代行する期間や件数などによって異なり、代行期間や件数に比例して増えます。

成果報酬型の料金相場

成果報酬型の場合は、営業代行会社の規模や実績、代行する商材や内容、成果地点や単価などによって変わります。一般的に、成果地点が契約や売上などの最終的な成果に近いほど、単価は高くなります。

成果報酬型の料金は、市場規模や競合の状況、販売難易度や商品やサービスの単価などによっても異なりますが、1アポイントメントあたり15,000円〜20,000円、成約まで請け負う場合には売上の30%〜50%の金額が相場といわれています

複合型の料金相場

複合型の料金は、固定費は月25万円〜50万円が相場といわれています。成果報酬額は固定費との割合や代行する商材や内容によって設定が異なります。

その他必要な料金

営業代行の料金には、月額費用のほかにも、初期費用や訪問代行費用、コンサルティング費用、通信費や交通費が必要となる場合があります。

営業代行会社によって異なるため、契約前に確認する必要があります。

営業代行会社の選び方ポイント

営業代行会社を選ぶ際には、次のようなポイントに注意しましょう。

  • 目的に合った代行サービスであるか
  • 依頼する商材の代行実績があるか
  • 自社や商材に最適な提案をしてくれるか
  • 営業内容やプロセスを開示してくれるか

目的に合った代行サービスであるか

営業代行会社では、サービスによって対応範囲が異なります。営業活動といっても、ターゲットの顧客リスト作成や電話やメール、訪問での営業活動、契約締結、アフターサービスの対応など多岐にわたるため、目的やニーズに合う業務を代行してもらえるか確認しておきましょう。

たとえば、新規顧客の獲得が目的であれば、リードジェネレーションやアウトバウンドの代行サービスを提供している営業代行会社を選ぶと良いでしょう。

依頼する商材の代行実績があるか

営業代行会社には、代行する商材やサービスの得意分野や専門性があります。

BtoBやBtoC、IT関連の営業や不動産の営業、金融商品の営業など、実績が多い商材やサービスであれば、市場の状況を把握していたり、独自の営業ノウハウを豊富に持っていたりすることが多いです。

より高い営業成果を得るためにも、代行実績をはじめ、業界や類似する商材の実績があるかを確認しておきましょう。

自社や商材に最適な提案をしてくれるか

営業代行会社を選ぶ際には、自社や商材に最適な提案をしてくれるかどうかが重要です。

営業の戦略や資料作成などのプロセスにおいて、商材やサービスに合わせた提案をしてくれることは、営業成果にもつながります。

営業代行会社に提案力を求める場合には、最適な提案をしてくれるかどうかも確認しましょう。

営業内容やプロセスを開示してくれるか

営業代行会社には、営業内容やプロセスを開示してくれるかどうかも大切なポイントです。

たとえば、営業活動の内容や成果、課題や改善点などの営業レポートの提出や、営業に関する情報や意見の共有など、定期的にレポートやフィードバックを行う営業代行会社を選ぶと安心です。


次の記事では、おすすめの営業代行・アウトソーシングサービスや詳しい選び方などを紹介しています。各サービスの特徴や料金などを比較しているので、サービス導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【比較表あり】営業代行・アウトソーシングサービス比較26選!おすすめ代行会社と費用
【2023年最新版】人員補強やテレアポ代行など業務の切り出しでも利用される営業代行。ボクシルでは成果報酬型〜月額制...
詳細を見る

営業代行・アウトソーシングサービスの比較表

【特典比較表つき】『営業代行の資料8選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『営業代行の資料8選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

営業代行は料金だけでなく総合的に比較しよう

営業代行は、自社の営業力や人員が不足している場合や、新規顧客の獲得や既存顧客のフォローなどの営業活動を効率的に行いたい場合に有効なサービスです。

営業代行の契約形態には、固定報酬型、成果報酬型、複合型の3種類があり、それぞれの料金相場が異なります。

営業代行会社を選ぶ際には、目的に合った代行サービスであるか、依頼する商材の代行の実績があるか、自社や商材に最適な提案をしてくれるか、営業内容やプロセスを開示してくれるかなどのポイントに注意しましょう。

営業代行は、サービスや会社によって料金体系や強みが異なります。資料請求でそれぞれのサービス内容や料金を比較検討することがおすすめです。

予算や目的を明確にして適切な営業代行会社を見つけてください。

\料金や機能を資料で比較する!/

営業代行サービス選び方ガイド_20240410.pptx (2).pdf
営業代行
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
営業代行の最近更新された記事