請求書発行システムの関連情報

請求書発行システムの口コミ数・満足度ランキング | 価格とプランも

請求書発行システムとは、請求書、納品書、支払明細などのあらゆるタイプの帳票を作成し、WEB/メール/郵送と場合に応じた帳票発行を自動で行います。 印刷・封入の手間、タイムラグ、郵送費、資材費などの無駄を削減し、郵送先違いや封入などの人的ミス防止を実現する請求書発行システムの、レビュー数・満足度のランキングを紹介します。
続きを読む
請求書発行システムのサービス資料31件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
MakeLeaps
board
Misoca
楽楽明細
マネーフォワード クラウド請求書
帳票クラウドサービス SVF Cloud
SpreadOffice

請求書発行システムのランキング

Bill One
Bill Oneは、Sansan株式会社が提供するクラウド請求書受領サービスです。 請求書に関する事務作業を効率化し、組織全体の生産性を向上します。
料金プラン
-
条件を指定して絞り込む
39
並び順
楽楽明細
請求書・支払明細などのあらゆる帳票を電子化し、印刷・封入・発送の手間を無くす電子請求書発行システム。上場企業から中小企業にまで幅広く選ばれる、継続率99%の安心サービスです。
料金プラン
25,000円-/月
無料トライアルあり
マネーフォワード クラウド請求書
誰でもどこでもスマートに会計ソフトと連動して利用できるクラウド請求書作成サービス
料金プラン
-
無料トライアルあり
Misoca
Misocaは見積・納品・請求書の作成・送付・管理をクラウド上で行うことで、バックオフィスの業務を効率化する「クラウド見積・納品・請求書サービス」です。 【今なら初年度無償キャンペーン実施中!】
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
BtoBプラットフォーム 請求書
国内シェアNo.1(※)79万社以上がご利用中の電子請求クラウド。請求書の発行から受取まで完全ペーパーレスを実現。承認・管理もWebから楽々、経理DXを支援。※2021年6月現在 東京商工リサーチ調べ
料金プラン
20,000円-/月
MakeLeaps
見積書、発注書、請求書など合わせて9種類の書類が作成でき、セキュア送信や郵送代行、さらには入金管理が可能で承認機能も付いています。シンプルな画面と直感的でわかりやすい操作性が特長で2019年度グッドデザイン賞を受賞しました。
料金プラン
500円-/ユーザー
無料トライアルあり
Paid
Paid(ペイド)は、請求代行と未払い時の保証がセットになった企業間の決済代行サービスです。
料金プラン
0円-/月
board
board(ボード)はクラウド型の業務・経営管理システムです。高機能ながら、低価格で利用できます。
料金プラン
980円-/月
無料トライアルあり
請求QUICK
「請求QUICK」は、月額無料で請求書の作成・発行から入金消込・仕訳までの経理業務を全てWeb上で完結できる新しい請求書発行システムです。
料金プラン
0円-/ユーザー
無料トライアルあり
ジョブカン見積/請求書
ジョブカン見積/請求書は、キレイな請求書・見積書をだれでもかんたんに作成できるクラウドサービスです。紙に書き込むような感覚で作成・クラウド管理でき、ペーパーレス化を実現します。書類作成数は無制限です。
料金プラン
500円-/ユーザー
無料トライアルあり
pasture
pasture(パスチャー)は、企業と取引先との契約・発注・依頼・請求・支払いを一元管理するクラウドサービスです。
料金プラン
-
TOKIUMインボイス
TOKIUMインボイスは取引先から直接請求書を受け取ることなく承認・支払・仕訳・保管業務が完結する請求書受領サービスです。「オフィスに紙の請求書が届かない」状態を作ることで、経理業務の最省力化を実現します。
料金プラン
-
無料トライアルあり
マネーフォワード クラウド請求書Plus
マネーフォワード クラウド請求書Plusは、請求管理や債権管理業務にかかる手間をカットし、効率化するサービスです。請求書発行や売上の計上、消込作業がスムーズに完了。新しい収益認識基準やインボイス制度にも対応しています。
料金プラン
-
無料トライアルあり
SpreadOffice
スプレッドオフィスは受発注管理業務を「いつでもどこでも」&「驚くほど簡単」にできるクラウド型システム
料金プラン
-
無料トライアルあり
請求管理ロボ
丸2日かかっていた請求業務を3時間まで圧縮。請求・消込・催促の一連の作業を自動化するクラウドサービスです。
料金プラン
-
BConnectionデジタルトレード
BConnectionデジタルトレードは、クラウド型請求書電子化サービスです。多様な会計・販売管理システムとデータ連携可能であり、請求書電子化を通じて業務効率化に貢献します。
料金プラン
-
Bill One
Bill Oneは、Sansan株式会社が提供するクラウド請求書受領サービスです。 請求書に関する事務作業を効率化し、組織全体の生産性を向上します。
料金プラン
-
Zoho Invoice
Zoho Invoiceはクラウド型の見積書・請求書作成ツールです。取引先が5社以下であれば無料で利用可能です。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
Tradeshift
世界150万社が参加する電子取引プラットフォーム「Tradeshift」
料金プラン
0円-/年
invoiceAgent
・請求書発行・受取にかかる作業時間や郵送等のコストを大幅削減。・いつものPDF請求書をセットするだけ。大きな運用変更は不要。・保管もクラウド上で。電子帳簿保存法・インボイス制度に対応。
料金プラン
15,000円-/月
無料トライアルあり
法人ビリングONE
法人"ビリングONE"は、通信費や公共料金などの請求書受領から支払処理をまとめて自動化する【クラウド型請求書受領サービス】です。 立替払いスキーム採用で、お客さまへ月に1度・1通の請求となります。
料金プラン
-
請求書発行システムのサービス資料31件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
MakeLeaps
board
Misoca
楽楽明細
マネーフォワード クラウド請求書
帳票クラウドサービス SVF Cloud
SpreadOffice
請求書発行システムのお役立ちガイド
資料の続きを閲覧するには
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは会計ソフト(財務会計)経費精算システム連結会計システム管理会計システム予算管理システム債権管理システム電子契約システム出張管理システム(BTM)決済代行(BtoB)契約書レビュー固定資産管理システム請求書受領サービス契約書管理システムまで含めた一連の請求書発行システムのサービスについてまとめています。

請求書発行システムの基礎知識

1
請求書発行システムとは?
請求書管理システムは、請求書の作成・発行から経費の支払いと、精算までの業務全般を効率化・自動化できるシステムです。従来、請求書は紙ベースで管理されてきたので、発行ミスや内容の記載ミスなども多く、戻り工数が発生するケースも珍しくありませんでした。

一方、請求書管理システムならばシステム上で請求書の発行から経費管理までこなせるものが多く、経理担当者の正確な処理の実現だけでなく、社員側の手間の削減も実現できます。

紙の請求書ではなく、電子データによる請求書のやり取りが可能になるので、いわゆるペーパーレス化も実現できるのが特徴です。

【請求書発行システムの機能】

請求書発行システムでは、核となる請求書の作成と発行、取引先への送付、請求書データの一元管理が可能です。請求書を電子データとして即時に発行でき、そのまま電子署名をして送信できます。相手方も電子契約に対応していればスムーズな取引を実現できます。

また、請求書と同時に明細情報を送ったり付随するデータを添付したりもできるので、紙ベースでの請求書のやり取りに比べて、大幅な業務効率化が可能です。さらにAPIを利用して、他の管理ツールとの連携機能を有するシステムも多いので、経理業務全般の生産性の向上に寄与します。
2
請求書発行システムはなぜ必要か?
請求書に関連する業務は定型的でありながらミスが許されない業務のため、システムで自動化する必要があると考える企業は多くあります。

請求書発行システムのなかには請求書だけでなく、見積書・注文書・納品書・検収書・領収書などあらゆる帳票の作成や発行、送付が可能なものもあり、業務効率化につながりるため積極的に導入する企業が増えているようです。

また、取引先から承認を得られれば、紙で郵送するよりもメールに請求書を添付して送付する方がコストも削減できて効率的です。請求書発行システムなら、送信ボタンを押すだけで請求書を添付したメールが自動で送信され、請求書の再発行も容易になります。
3
請求書発行システムのメリット
【経理担当者の業務効率化と負担の軽減】

請求書発行システムは電子データとして請求書を取り扱えるので、請求書の作成がスムーズで、そのまま相手先への送信も可能です。紙ベースで請求書を取り扱うのに比べて、経理担当者の業務負担がかなり軽減されるのは間違いありません。

また、上記のように請求書以外の帳票も作成できるシステムが多く、多数のテンプレートも用意されているので、日々多くの帳票を作成しなければならない大企業ほど、導入効果は大きいでしょう。

毎月決まった額の請求が発生する取引先に関しては、設定した発行日に自動で請求書の作成・送付ができるものもあります。

【請求のし忘れや記載ミスの防止】

紙ベースでの請求書管理の場合、経理担当者の失念により請求のし忘れが発生する可能性があります。請求書を発行したとしても内容が間違っている場合もあるでしょう。

経理に限らず人的ミスは必ずどこかで発生するものですが、請求書の発行から管理までシステム上でこなせるようになれば、請求の失念や記載ミスなどの可能性を軽減できます。

たとえ内容のミスがあったとしても、電子データならば速やかに修正できるので、印刷のし直しや再郵送の必要はありません。

【テレワークやリモートワークで運用しやすい】

近年は働き方改革やコロナ禍などの影響により、テレワークやリモートワークが広まっています。経理担当者をはじめ、社員がオフィス以外の場所で働く機会が増えたため、クラウド型の請求書発行システムを導入する企業が増加中です。

クラウド型のシステムならば、経理担当者がオフィス以外の場所で勤務していてもシステム上で請求書の発行管理が可能です。担当者間で情報も共有しやすく、経理担当者が作成した帳票を営業担当者が出先で確認するといった使い方もできます。
4
請求書発行システムのデメリット
請求書発行システムは、当然ながら電子データとして請求書を取り扱える企業が対象となります。帳票を電子データとしてやり取りするには、相手方が電子データを運用できなければいけません。もし、電子帳票の扱いに対応していない企業を相手にする場合、こちらも紙ベースでの契約をする必要がある点は注意しましょう。

また、電子データを取り扱う以上、外部からの不正アクセスのリスクは常にあります。基本的なセキュリティ対策をするのはもちろん、システムを安全に運用するためのルール作りが必要です。
5
請求書発行システムの比較ポイント
【オンプレミス型かクラウド型か?】

請求書発行システムには、他の管理システム同様にオンプレミス型とクラウド型があります。オンプレミス型は社内サーバーでシステムを運用するタイプで、クラウド型はインターネット経由でサービスを利用する形態です。近年はクラウド型が主流で、特に請求書発行システムのほとんどはクラウド型で提供されています。

低コストで利用できる点や、使い勝手を考えればクラウド型がおすすめですが、自社で自由にカスタマイズして運用したい場合はオンプレミス型の導入も検討してみましょう。いずれを選ぶにしても、情報が外部に漏れないように、安全に利用できる環境を整えることは大事です。

【データの信頼性を担保できるか?】

電子データで請求書を取り扱う場合、データの信頼性を担保できなければいけません。電子帳簿保存法にもデータの真実性を確保する旨の規定がされています。

具体的には、請求書の内容の訂正・削除の履歴がわかるようにする点や、複数の帳票の関連性をチェックできる点などが挙げられます。

これらの要件を満たせるシステムの導入が大前提です。電子帳簿保存法に準拠した請求書の発行システムならば、要件を満たしているので問題ありませんが、導入にあたってはデータの信頼性とともに、強固なセキュリティの下で運用できるかも確認しておきましょう。

【他のツールやシステムとの連携ができるか?】

請求書管理システムは単独で運用するのも当然有効ですが、既存の管理システムとうまく連携できれば、経理担当者の業務全体の効率化を実現できます。さらに営業担当者をはじめとして、他部門の社員の生産性向上にも役立つので、どういったツールやシステムと連携できるか確認しておきましょう。

たとえば、会計管理システムと連携すれば、請求書の情報をもとに仕訳データが作成されるので、情報転記の手間を削減できます。販売管理ソフトと組み合わせて、営業部門の成果をすぐに請求書に反映させるといった運用も可能です。

すでに社内で利用している管理システムがあるならば、連携できる請求書発行システムがないか探してみるとよいでしょう。
6
請求書発行システムの導入に失敗しない方法は?成功するためのポイント
請求書発行システムを導入する際には、取引先が電子帳票に対応しているか必ず確認しましょう。契約の相手方が電子データによる請求書をはじめとして帳票の取り扱いに対応していない場合、こちらも紙ベースでの契約に合わせなければいけません。

近年は電子帳票の利用が広まっているものの、業種によってはいまだ対応していない企業も少なくないため、紙での契約書の郵送を望む企業にも対応する必要があります。郵送代行サービスと連携している請求書発行システムもあるので、導入を検討してもよいでしょう。

請求書発行システムの口コミ

BtoBプラットフォーム 請求書の口コミ
匿名のユーザー
システム管理者
サービス/外食/レジャー系
利用状況:現在は利用していない
/
利用アカウント数:2件〜10件
投稿日:2023/02/01
5/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
導入までのサポートもしっかりしており、こちらの要望についても標準の機能の中で全てカバーできたため、追加費用が必要なカスタマイズもなしで導入までスムーズに進むことができました。 導入コスト及びランニングコストもリーズナブルなため、導入障壁も低かったです。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
【導入前の課題とサービスでの解決】 請求書は印刷して郵送する方法しかなく、一番忙しい月初に手間とコストがかかっていたが、電子請求書への切り替えの推進とともに、郵送でしか受け取ってもらえない取引先には郵送代行も行ってくれているため、請求書発行業務を全てアウトソースできました。 【サービスを利用していて実感しているメリット】 月末で締めて、月初の3営業日に2人がつきっきりで印刷・封緘・郵送手続きを行っていたが、確認作業も含め、実質2時間だけで作業が完結することができるようになった。
楽楽明細の口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
小売/流通/商社系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:31件〜50件
投稿日:2023/01/26
4/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
メーカー勤務で営業を行っておりますが、卸先への請求書及び注文書を発行し送付しますがエクセルからのエクスポートもできますし、注文書から請求書へのワンタッチ変換もスピーディーに行える。 勿論の事、クライアント管理もできますので一般的な請求書管理ソフトとしては問題なく、不足なく使用できるソフトではないでしょうか。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
今まではエクセルでの請求書管理を行っておりましたが、件数が多くなればなるほど発行ミスや送付漏れなどが起こり一か月現金化が遅れてしまうなどの問題が多かった。 このソフトを使用してからは、エクセルとの連携も可能ですのでタスクとしてどれを発行して、送付したかが可視化出来ているので大きなミスはなくなりました。 この効果がこのソフトを採用しての大きなメリットであったと感じております。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。