決済代行(BtoB)の口コミ数・満足度ランキング | 無料トライアルあり

BtoB向けの決済代行サービスは、企業の掛売りを効率化できるサービスのことで、売り手側の入金業務や買い手側の与信審査や入金確認、代金督促といった煩雑な業務を減らせます。決済代行サービスのおすすめについて、ボクシルに寄せられた口コミをもとにランキング形式で紹介します。
続きを読む
決済代行(BtoB)のサービス資料15件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Paid
ペイジェント
SBペイメントサービス
NP掛け払い
請求まるなげロボ
Stripe
助太刀法人プラン

決済代行(BtoB)のランキング

条件を指定して絞り込む
2
並び順
請求QUICK
請求QUICKは、企業間の請求をメールで簡単にクレジットカード決済できるサービスです。クレジット決済手数料は業界最安水準の~2.24%、初期費用0円、月額費用0円でご利用いただけます。 ※2024年6月3日以降に継続利用のお申し込みをされた方が対象の料金となります。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
GMOペイメントゲートウェイ
GMOペイメントゲートウェイは、さまざまな決済に対応するBtoB向けサービスです。
料金プラン
-
無料トライアルあり
決済代行(BtoB)のサービス資料15件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Paid
ペイジェント
SBペイメントサービス
NP掛け払い
請求まるなげロボ
Stripe
助太刀法人プラン
決済代行(BtoB)のお役立ちガイド
資料の続きを閲覧するには
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは会計ソフト(財務会計)請求書発行システム経費精算システム連結会計システム管理会計システム予算管理システム債権管理システム出張管理システム(BTM)固定資産管理システム請求書受領サービスまで含めた一連の決済代行(BtoB)のサービスについてまとめています。

決済代行(BtoB)の基礎知識

1
決算代行サービスとは
決算代行とは、「掛売り」(販売後、一定期間後に代金を受け取る方法)と「掛買い」(購入後、一定期間後に代金を支払う方法)に関わる業務を代行してくれるサービスです。「掛売り」の決済代行では与信、請求書発行、入金管理、督促、回収などを全て引き受けてくれます。もちろんそれらにかかわるノウハウも必要ありません。
さらに決算代行クラウドサービスが代金を全額立替えてくれるので、代金未回収リスクも発生しません。取引先の信用状況も調査してくれますし、与信判断も行います。
また「掛買い」のサービスを提供している決算代行サービスもあります。こちらでは初期費用、利用料がほぼゼロで掛買い(後払い)を可能な決算代行サービスもあります。したがってバイヤーもサプライヤーもチャンスの拡大が見込まれます。
2
決算代行サービスの基本性能
・未回収リスクがない
・掛売りに関わる業務(与信、請求書発行、入金管理、督促、回収など)を全てを代行
・個人事業主・あらゆる販売形態で掛売りが可能
決算代行サービスでは、与信管理、請求書発行、入金管理、督促、代金回収業務など全てを請け負います。もちろん与信判断、取引先の信用状況調査も請け負い、代金は全てサービス提供側が全額負担するので、未回収リスクはありません。
また、掛売りが難しい個人事業主・小口取引にも対応していますし、初回取引の相手が多いeコマースや電話注文、FAX注文でも与信を請け負います。
3
決済代行サービスがなぜ必要か
・掛売りに関わる業務の負担軽減
・営業や商品開発の業務に集中できる
・掛売りのノウハウがない企業でも、掛売りが行える
・顧客の開拓・拡大
今まで掛売りを行っていた企業でも、事務作業や回収漏れの負担が減りますし、その分の業務をなくし、営業や商品開発にその分を充てることができます。もちろん今まで掛売りに未対応の企業や新規事業であっても、未回収リスクがないため、ノウハウ無しで、安心して掛売りをスタートできます。
また、これらの決算代行サービスでは、個人事業主や中小企業、eコマースや電話注文・FAX注文なども請け負っているので、さらなる顧客の開拓や拡大が見込まれます。このように、決算代行サービス導入にはいくつものメリットがあります。
4
決済代行サービス導入のメリット
・掛売りに関わる手間・リスクの軽減
・顧客の開拓と拡大
決済代行サービスでは掛売りに関わる与信、請求書発行、入金管理、督促、回収などを全て引き受けてくれます。さらにサービス提供側が全額立替えてくれるため、実質リスクがゼロなのです。決済代行サービスでは、独自に円滑な取引先の信用状況調査・与信判断を行うので、サービス利用者はそれらの業務負担・リスクが全く必要ないです。
また掛売りの業務をなくし、営業や商品開発にその分を充てることができます。また、これらの決算代行サービスでは個人事業主や中小企業。またはeコマースや電話注文などの今まではリスク的に掛売りが難しいところにも、掛売りが可能になります。そのため、さらなる顧客の開拓・拡大が期待できるのです。
5
決済代行サービスのデメリット
・手数料
決済代行クラウドサービスでは、デメリットが無いと言っても、過言ではありません。本来、顧客の開拓や拡大のために掛売りを始めたいと考えているものの、リスクや業務負担のために躊躇してしまうことが大半です。しかし、決済代行サービスでは未回収リスクや、業務負担がなくなるため、掛売りのデメリットがほぼなくなるのです。もちろん掛買い(後払い)ができなかった企業も掛買い(後払い)ができるるようになり、ほぼデメリットはありません。
唯一のデメリットは、決済代行サービスでかかる手数料程度でしょう。しかし、決済代行サービスでかかる手数料も、本来の掛売りにかかるコストを考えると、むしろメリットなのではないでしょうか。すなわち決済代行サービスでは、ほぼデメリットが無いのです。
6
決済代行サービスを導入する際に比較するべきポイント
・決済代行で発生する手数料
・決済代行サービスの信頼度
・済代行サービスの取引でのスムーズさ
決済代行サービスでは掛売りで手数料が発生します。もちろん与信、請求書発行、入金管理、督促、回収などを全て行っていた時と比較するとコストダウンであることが大半です。しかし、手数料があまりかからない方が良いですよね。ですから、手数料はしっかりと検討しましょう。
また決済代行サービスではクレジットカードや口座番号などの情報を提供します。他にも高額な取引を行うわけですから、決済代行業者の信頼度はきちんとチェックすべきです。
そのほかには、掛売りの目的の一つである取引のスムーズさ、スピード性がきちんと向上し、顧客に満足してもらえるようにどの程度の速さで与信や取引を実行するのか比較しましょう。
7
決済代行サービスの導入に成功するため、失敗しないためのポイント
・代行サービス業者のサポート体制
事業が拡大し、取引が多くなってくると、これまでの体制では社内が回らなくなっていきます。例えば請求書業務が追い付かなくなっていくと、取引先からの問い合わせなど、次から次へと業務負荷が増えてきます。そこで決済代行サービスを導入することが多いでしょう。
しかし、運用しはじめのころは、何かしらのトラブルが発生することもあるでしょう。その際に、導入した決済代行業者が素早く・手厚いサポートに応じてくれるか。この点は十分に調べてから導入すると、後々困ることが少ないでしょう。

決済代行(BtoB)の口コミ

サブスクペイの口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
メーカー/製造系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:2件〜10件
投稿日:2024/06/08
4/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
様々な決済方法に対応しているだけでなく、管理画面も見やすく、必要な情報がすぐに確認できます。顧客にとっても、分かりやすく使いやすい決済画面なので、安心して導入できるシステムです。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
顧客ごとに請求書を作成して送付したり、入金の確認作業を行ったりと、多くの手間がかかっていました。サブスクペイを導入してからは、顧客の登録情報に基づいて自動で請求処理が行われ、入金も自動で確認されるようになったため、確実に決済業務を行えるようになりました。
サブスクペイの口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:1件
投稿日:2024/04/30
4/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
【役立った機能面】 決済管理の自動化に加えて売り上げの管理や予測もすることができ、CRMとして機能も備えているなど低価格ながら多機能で汎用性が高いです。 【操作性・使いやすさ】 機能が多く使い方を覚えるのには時間が掛かりましたが、各機能の使い方が細かく解説されていたので、覚えることの量は多くても難しさはあまり感じませんでした。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
【導入前の課題とサービスでの解決】 サブスク製品のユーザーが増え担当人員が不足する状況になったもののチーム内に即戦力として動けるメンバーがいないという問題がありました。 サブスクペイが導入され決済管理業務の約8割を自動化できたことで増員無しで人員不足を乗り切ることができました。