AccessMatrix USO

アクセスマトリックス ユーエスオー
まだ評価はありません
更新日 2021-04-21
サービス資料・基本情報
2021-04-19更新
提供企業作成
料金プラン(抜粋)
もっと見る
プラン価格
330円-/月
月額/ユーザー
330円-
初期費用
0円-
無料トライアル
無料プラン
×
もっと詳しく!
無料でダウンロード
ID管理システムの資料11件分をまとめて資料請求できます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください
MicroStrategy 2021
CyberArk Privileged Account Security
ROBOT ID
iDoperation
アカンサス
infoScoop x Digital Workforce
COMPANY Identity Management
Azure Active Directory(Azure AD)

基本情報

まだ口コミがありません
BOXIL口コミ

サービス画面 / UI

AccessMatrix USOのスクリーンショット1
AccessMatrix USOのスクリーンショット2
AccessMatrix USOのスクリーンショット3
AccessMatrix USOのスクリーンショット1
AccessMatrix USOのスクリーンショット2
AccessMatrix USOのスクリーンショット3

導入事例と掲載記事

掲載記事

サービスの説明

AccessMatrix USOは、デスクトップアプリを含む多くの種類のアプリケーションに対応できる
代行入力型の実装方式を採用しているシングルサインオン製品です。
セキュリティ要件の厳しい金融機関を始めとする多数の導入実績があり、
培われたノウハウをもとに多種多様なシステムのIDの統合管理を実現します。

【主な特徴】
・実装方式として代行入力型を採用しており、デスクトップアプリケーションにも対応
・シングルサインオンの対象となるサービスへの影響なしに導入可能
・Active Directoryとの認証連携により、ドメイン内のPCにログインするだけで使い始めることが可能
・サーバーダウンや通信障害が発生した場合でもAccessMatrix USOの使用を継続できるオフラインモードを搭載
・SSO機能とパスワード自動生成機能の併用により、ユーザにパスワードを知らせない運用が可能
・AccessMatrix USOを通したログインは全てログとして記録され、ログから監査レポートを生成する機能も搭載

サービス資料

AccessMatrixUSO製品紹介
2021-04-19更新
提供企業作成
代行入力型SSOホワイトペーパー
2021-04-19更新
提供企業作成
AccessMatrixUSOサブスクリプションパックのご案内
2021-04-19更新
提供企業作成

料金プラン

無料トライアルあり
サブスクリプションパック
プラン価格
330円-/月
月額/ユーザー
330円-
初期費用
0円-
最低利用人数
100人
最低利用期間
1年

ご契約いただいた際に初期費用無料にて「SSO環境の構築」「SSO対象2アプリの設定」がサービスで付属しております。
また、ユーザマニュアルの提供、および導入時教育としてオンサイトにて半日程度の管理者向け、利用者向けのトレーニングが付属しております。

機能・連携

iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
特権パスワード管理
ワークフロー連携
パスワード自動変更
パスワード隠ぺい
操作証跡取得
不正利用の検知
連携サービス
ActiveDirectory
SyncTrust Identity Manager
SAML認証を採用しているアプリにもIdPとして連携可能
G Suite
Microsoft 365
Salesforce
desknet’s
kintone
サイボウズガルーン
https://sc.ha-sys.co.jp/products/axmxUSO2.html

よくある質問

Q

導入時にシングルサインオン対象となる既存システムに影響はありますか?

A

シングルサインオン対象となるアプリケーションへの影響はございません。
また、リバースプロキシ型のようなアクセス先の変更や、SAMLのような認証設定の変更は必要ありません。

Q

クラウドアプリケーションに対応できますか?

A

アプリケーションサーバがクラウドにある場合や、Google Apps、Office365などのクラウドサービスを利用する場合でも、特別な変更無しにシングルサインオンが可能です。
SAML連携にも対応します。

Q

AWS・Azureのようなクラウド環境上や、シンクライアント環境上でも使えますか?

A

AccessMatrixサーバとクライアント端末の疎通が取れていれば、
AccessMatrixサーバとクライアント端末のどちらがクラウド環境上にある場合でも使用可能です。
また、シンクライアント環境上でのシングルサインオンも可能です。
Citrix Virtual Desktops、Citrix Virtual Apps、Microsoft RDS、RemoteAPPなどのVDI、
仮想アプリケーション環境下で動作するアプリケーションへのシングルサインオンにも対応します。

Q

クライアントツールの配布方法を教えてください。

A

資産管理ツールによるサイレントインストール、ActiveDirectoryを使ったサイレントインストールが可能です。
その他にブラウザにてWebページからダウンロードする方法、ファイルサーバなどから利用者にインストーラを取得いただく方法がございます。

Q

クライアントPCにエージェントをインストールする場合、管理者権限が必要ですか?

A

一般ユーザでもインストール可能です。クライアントソフトは各ユーザのプロファイルにインストールされます。

Q

ユーザの一括登録等は可能ですか?

A

csvフォーマットでのデータインポートが可能です。

Q

監査用のレポートは取得できますか?

A

監査用レポートの作成・取得が可能です。
取得される情報はタイムスタンプ、クライアントのIPアドレス、イベントの種別、イベントの成否、ユーザID、イベントの詳細等が記録されます。
具体的なイベントとしては、ユーザの動作としてAccessMatrix USOへのログイン、個別アプリケーションへのログイン等認証に関わる操作が、また管理者についてはアカウントやグループの作成、アプリケーションの登録、ポリシー変更等の全てのAccessMatrix USO管理の操作について取得されます。

Q

推奨構成を教えてください。

A

サーバスペック(1,000ユーザ未満の場合。1,000ユーザ以上の場合はご相談下さい)
CPU:Xeon(2GHz 以上)×4Core 以上
メモリ:6GB以上 (DB同居の場合)
HDD空き容量:40GB以上の空き容量が必要です。詳細はお問合せ下さい。
サーバ対応OS:Microsoft Windows Server 2012R2/2016/2019
Redhat Enterprise Linux 7.x
データベース(認証DB):標準でMySQLをご用意しています。
それ以外をご希望の場合は、別途お客様にてご用意ください。
Oracle11g/Microsoft SQL Server2012/MySQL(5.6.4以降または8.0.0以降)
対象となるアプリケーション数は無制限です。合計が20を超える場合は申請ください。
クライアントPC OS:Windows10
クライアントPC ブラウザ:IE 11/Chrome(extension)。Microsoft Edge対応は2021年を予定しています。

Q

冗長構成は可能ですか?

A

可能です。
仮想化技術を用いてサービス継続性を担保することも可能です。

Q

冗長化は必須ですか?

A

必須ではございません。
ほとんどのお客様は冗長構成をとらず、サーバとクライアントが通信できなくなった場合でも継続してシングルサインオン機能を使用できるオフラインモードを使用されています。

Q

万が一サーバが停止した場合でもシングルサインオンが継続できますか?

A

AccessMatrixサーバに接続できない場合でもシングルサインオンを継続できます。
ユーザが必要なアプリケーションの認証情報のみを暗号化してキャッシュするオフラインモード機能を利用することで最新の代行入力情報を用いてシングルサインオンを行います。

Q

トライアルは有料ですか?

A

無料でトライアルを実施しております。
トライアルの規模および期間につきましてはご相談ください。

Q

一部のユーザにトライアル導入して動作を確認してから全社に展開する導入スケジュールを考えていますが可能ですか?

A

お客様がお使いのアプリケーションに対してトライアルいただくことが可能です。
また、トライアルから本番への移行も容易に行えます。

Q

ActiveDirectory(AD)と連携できますか?

A

シングルサインオンの「シングル」にあたる、使用開始時のAccessMatrixへのログイン部分をActiveDirectoryに代替することができます。
ActiveDirectoryへログインすることで、AccessMatrixへログインしたとみなすことができます。

Q

現在ActiveDirectory(AD)統合を利用したシングルサインオン(SSO)システム持っています。このシステムでADに統合できないアプリケーションのシングルサインオンを実現したいのですが共存は可能ですか?

A

AccessMatrixをADと連携し、ADに統合できないアプリケーションはAccessMatrixで認証させることによってトータルなシングルサインオン(SSO)環境を構築可能です。
この場合、ユーザはADへのログインのみで認証が完了し、すべてのアプリケーションに対してSSO可能です。
また、構築の際にADやアプリケーションに手を加える必要はありません。
共存は可能ですが、管理上の観点からAccessMatrixに統合することをお勧めしています。

同じカテゴリのサービスと比較

AccessMatrix USOと気になるサービスの2社比較や、複数のサービスを選択して比較・資料請求できます

評判・口コミ

0.00
0件の口コミ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
口コミを投稿することで
チャートを表示することができます
AccessMatrix USO
ID管理システム
並び順
絞り込み
絞り込み
まだ口コミはありません。

提供会社

株式会社ハイ・アベイラビリティ・システムズ
IT/通信/インターネット系
東京都港区芝浦4-13-23 MS芝浦ビル2F
資本金
161百万円
代表者名
鈴木 健二
従業員規模
201~300人
企業URL
https://www.ha-sys.co.jp
設立年月
1985年11月
提供サービス

その他のID管理システムのサービス

infoScoop x Digital Workforce
まだ評価はありません
infoScoop × Digital Workforceは、シングルサインオン・ID管理と情報ポータルを中心とした、利便性の向上とセキュリティ強化を両立しリモートワークを成功に導くクラウドサービスです。
CyberArk Privileged Account Security
まだ評価はありません
特権はサーバだけでなく、DBやNW機器、クラウドなどあらゆる場所に存在します。また、管理者だけではなく、RPAやマシン間連携など、様々なものがそれを利用します。CyberArkはそれらを包括的に保護しセキュリティを強化します。
アカンサス
まだ評価はありません
社内業務で利用するユーザーIDの定期的な棚卸を自動化するサービスです。誰が、どのシステムのIDを利用しているか簡単に確認いただくことができます。
Azure Active Directory(Azure AD)
4.0
「Azure Active Directory(Azure AD)」は、月間アクティブユーザーが4億2,500万(2021年2月時点)を超えるなど、世界中で利用されているID・アクセス管理サービス(IDaaS)です。
iDoperation
まだ評価はありません
iDoperationは特権IDの安全な利用とリスクの可視化を支援する特権ID管理ツールです。情報漏洩などのセキュリティ対策や、内部統制、法令・ガイドラインへの対応を支援します。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。