ID管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめのID管理システム2選!ツールの特徴と選ぶ際のポイントを解説!

最終更新日:(記事の情報は現在から148日前のものです)
無料で使えるおすすめのID管理システムを紹介しています。有料・無料ツールの違いや選ぶ際のポイントなどをわかりやすく解説しています。導入するID管理システムを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめID管理システムをまとめてチェック!
ID管理システムの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめID管理システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なID管理システムを含むサービスを徹底比較しています。ぜひID管理システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

ID管理システムとは

ID管理システムとは、ユーザーのIDやパスワードを一元管理するシステムです。認証や認可、監査などの機能がついており、セキュリティやコンプライアンス対策ができる機能があります。

無料のID管理システムを選ぶときのポイント

無料のID管理システムを選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準について解説します。

セキュリティ要件が高いか確認する

ID管理システムを選ぶ際はセキュリティ要件が高いか確認してください。IDやパスワードなどの漏洩や不正利用を防ぐためには、暗号化や二要素認証などのセキュリティ機能が必要です。

無料版ではセキュリティ機能が制限されている場合があるため、注意しましょう。

サポート体制が充実しているか確認する

ID管理システムを選ぶ際はサポート体制が充実しているか確認してください。ID管理システムは運用中に問題が発生する可能性があるため、日本語でしっかりとサポートしてくれるツールを選びましょう。

無料版ではサポートが受けられない場合があるため、有料版にアップグレードすることを検討しましょう。

クラウド対応かどうか確認する

ID管理システムを選ぶ際はクラウド対応かどうか確認してください。クラウド対応のID管理システムなら、PCやスマートフォンなどの様々なデバイスで同期してIDやパスワードを利用できます。

また、クラウド対応のID管理システムは自社でサーバーを管理する必要がなくコストや手間を削減できます。

無料で使えるおすすめのID管理システム2選

ID管理システムの中で無料で使えるおすすめのツールを紹介します。無料の範囲でできることや機能制限などを解説しているのでID管理システム選びの参考にしてみてください。

LastPass

無料で利用できる機能と制限

LastPassは、パスワードの自動生成や保存といった基本的な機能から、ウェブサイトへの自動入力、ダークウェブのモニタリングなどの機能が利用できるID管理システムです。無料でできることは、デバイス1台につき無制限のパスワードを管理し、二要素認証やパスワードの共有などの基本的な機能を利用できることです。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
デバイス数 1台まで
メモ 50MBまで
エマージェンシーアクセス 利用できません
高度な MFA オプション 利用できません
優先サポート 利用できません

Bitwarden ‐Bitwarden

無料で利用できる機能と制限

Bitwardenは、パスワードの自動生成や保存、ブラウザやデバイス間での同期、二要素認証などの機能が利用できるID管理システムです。無料プランでは個人用のアカウントを作成し、無制限にパスワードを保存したり、最大2台のデバイスと同期したりできます。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
デバイス数 2台まで
暗号化された添付ファイル 利用できません
優先サポート 利用できません


自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

無料と有料の違いは?よくある機能制限と注意点

無料のID管理システムでよくある機能の制限をまとめました。

利用できるユーザー数の制限

無料のID管理システムを使う際の注意点の一つは、利用できるユーザー数に制限があることです。無料版では、一つのアカウントに登録できるユーザー数が10〜50人と決まっていることが多いです。

社員数が少ない場合は問題ありませんが、社員数が増えたり外部のパートナーとも共有したりしたい場合は無料版では十分に対応できません。有料版にアップグレードすると、無制限にユーザーを追加できる場合が多いです。

セキュリティ機能の制限

無料のID管理システムを使う際は、利用できるセキュリティ機能に制限があることに注意してください。無料版では、パスワードの自動生成や二要素認証などのセキュリティ機能が使えなかったり、登録できるパスワードの数が限られていたりします。

ビジネスで利用する場合は、有料版にアップグレードして、必要な機能をフルに活用することがおすすめです。

サポートの制限

無料のID管理システムを使う際は、十分なサポートが受けられないことに注意してください。無料版では、問題が発生したときに、メールや電話でのサポートが提供されないことが多いです。

また、サービスの品質や安定性も保証されないことがあります。運用中にトラブルが起きたときに困らないように、有料版のサポート体制を確認しておくことが大切です。

有料ツールを検討するべきケース

企業の状況やツールに求めていることによっては、無料ツールでは叶えられないケースが存在します。有料ツールを検討したほうが良いケースをまとめているので参考にしてみてください。

パスワードの数や種類が多い場合

パスワードの数や種類が多い場合は、有料サービスに切り替えたほうが良いです。無料版では、登録できるパスワードの数に上限があったり、同じパスワードを複数のサイトで使い回すことになったりします。

有料版では、無制限にパスワードを登録できるだけでなく強力なパスワードの自動生成も可能です。

複数のデバイスやユーザーで利用する場合

複数のデバイスやユーザーでID管理システムを利用する場合は、有料サービスに切り替えたほうが良いです。無料版では、一つのデバイスやユーザーにしか対応していない場合が多いです。

また、共有や同期の機能も限られています。有料版では、複数のデバイスやユーザーで同じアカウントを利用できたり、パスワードの共有や同期が簡単にできたりします。

自社のセキュリティポリシーに合わせたい場合

ID管理システムの無料版は、カスタマイズ性が低い場合が多いです。ログイン画面のデザインやロゴ、パスワードの有効期限や複雑さなどを自社のセキュリティポリシーに合わせたい場合は有料版を検討しましょう。

有料版では、自社ニーズにあわせて柔軟にカスタマイズできます。

サービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

ID管理システム選び方ガイド_20231004.pptx.pdf
ID管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
ID管理システムの最近更新された記事