チームワークと個人のタスク、どちらも 1 つのプラットフォームで
スラック

Slack

更新日 2022-06-19
匿名のユーザー
ユーザー
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:101件〜200件
投稿日:2020/09/15
4/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています

最も欠かせないツール

勤務先では様々なコミュニケーションツールを試してきたが、結局はSlackに戻ってきた。軽快な動作、シンプルなリアクション、豊富なショートカット。どれも、よくおさえられている。社外のメンバーとタッグを組んで「プロジェクト型」の仕事をしている自分たちにとって、複数ワークスペースが構築できたり、チャンネルごとに招待する人を変えることができる仕組みなのもありがたい。

サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください

会社が立ち上がと同時にSlackを導入しているため、会社が立ち上がる前との比較になるが、facebookグループを使っていた時は、目的別に作っていた「グループ」をすぐに見つけることができないという課題があった。slackでは、目的別にチャンネルをつくっているが、視認性が高く、検索も軽快に動くため、やりとりしていた場所を探す時間が大幅に減った。

このサービスの良いポイントはなんですか?

  • 計画に動く
  • 簡単にできるリアクション
  • 複数ワークスペースに対応

このサービスの改善点はなんですか?

  • ブラウザ版が重たい時がある
  • teamsのようにチャンネルごとにファイル管理がしたい
  • 新しい人が増えた時、退職者が出た時に、プライベートチャンネルの参加者を変更するのが面倒
どのサービスと連携して使用していますか?
サービスの5段階評価
使いやすさ
4
お役立ち度
5
カスタマイズ性
4
機能満足度
3
サービスの安定性
5

同じカテゴリのサービスと比較

Slackと気になるサービスの2社比較や、複数のサービスを選択して比較・資料請求できます