コピー完了

記事TOP

Googleのツール・アカウントと連携できる名刺管理ソフト5選

最終更新日:(記事の情報は現在から61日前のものです)
Googleのツール・アカウントと名刺管理ソフトを同期することでシームレスなデータ同期や、利便性向上、名刺情報の一元管理が可能です。Googleのツールやアカウントと連携するメリットやデメリット、おすすめ名刺管理ソフトを紹介します。

【厳選】おすすめ名刺管理アプリをまとめてチェック!
名刺管理アプリの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

名刺管理アプリの各サービス資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ名刺管理アプリを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

Googleのツール・アカウントと連携できる名刺管理ソフトのメリット

名刺管理ソフトとGoogleツール・アカウントを連携すると、何ができるのでしょうか。名刺管理ソフトとGoogleツール・アカウントを連携するメリットを紹介します。

シームレスなデータ同期

Googleのツールやアカウントと名刺管理ソフトを連携する大きなメリットは、シームレスなデータ同期が可能な点です。Googleのサービスと直接連携すると、名刺情報を瞬時にGoogleコンタクトやGoogleスプレッドシートなどに同期できます。

これにより、名刺情報の更新や変更があった際に、手動でそれをGoogleのツールに反映させる必要がなく、情報の整合性を保ちながら効率的にデータを管理できます。

マップやカレンダーと連携してより便利になる

たとえば、Googleマップと連携できる名刺管理ソフトであれば、名刺の一覧をマップ上で確認できます。他にも、Googleカレンダーと連携することで、商談日時や商談情報などを反映可能です。

このように、名刺管理ソフトの機能をより便利にできる点も、名刺管理ソフトとGoogleのツールと連携する利点と言えます。

Googleアカウントとの一元管理

Googleアカウントで名刺情報を一元管理できる点もメリットです。

Googleアカウントと連携することで、名刺情報を他のGoogleサービスと共有し、シームレスに利用できます。また、Googleアカウントは多くの人が利用するアカウントであり、名刺情報をGoogleアカウントに紐づけることで、個人や組織全体での情報の一元化やアクセス権の管理が容易になります。

Googleのツールと連携できる名刺管理ソフトのデメリット

Googleのツールと連携して名刺管理ソフトを使用することで、Googleのサービスに対する依存度が増加するかもしれません。

名刺情報やビジネスコンタクトに関する重要なデータをGoogleのサーバーに頼って管理する場合、Googleのサービスに障害が発生したり、サービスの提供が中断されたりすると、名刺情報の取り込みや同期ができなくなる恐れがあります。

また、Googleが提供するAPIの変更やアップデートなどGoogleのツール側で機能や制約に変更があった場合、名刺管理ソフトの機能が一部利用できなくなったり、予期せぬ動作が起きたりするかもしれません。

おすすめ名刺管理ソフトの比較表

【特典比較表つき】『名刺管理ソフトの資料5選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『名刺管理ソフトの資料5選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

Googleのツールと連携できる名刺管理ソフト5選

Sansan - Sansan株式会社

Sansan
Sansan
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Sansanは、シェア82%・利用企業9000社を誇る名刺管理ソフトです。名刺情報を正確にデータ化し、全社で共有可能なデータベースを構築できます。名刺情報は専用スキャナかスマートフォンアプリでデータ化可能です。「オンライン名刺」機能ではGoogle Workspaceと連携でき、オンラインミーティングの際にGoogleカレンダー上で名刺の共有ができます。

※出典:Sansan「Sansan - 営業DXサービス」(2024年3月26日閲覧)

CAMCARD BUSINESS - キングソフト株式会社

CAMCARD BUSINESS
CAMCARD BUSINESS
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 サービスの安定性No.1
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

CAMCARD BUSINESSは、OCR機能搭載でスマートフォンで撮影するだけで名刺をデータ化できる名刺管理ソフトです。オペレーターによるデータ修正サービスもあり、正確な名刺データ管理ができます。Googleコンタクトと連携でき、連絡先の自動登録や、着信時の発信者判別、メールアドレス入力の省略などができるようになり、営業活動の効率化を実現します。

サテライトオフィス・名刺管理機能 for クラウド - 株式会社サテライトオフィス

サテライトオフィス・名刺管理機能 for クラウドは、スマートフォンで撮影するだけで名刺情報をクラウドにアップし管理できるサービスです。撮影した名刺は自動でアップされ、会社名やメールアドレスなどのテキスト情報は自動的に解析され保存されます。Google Workspaceの個人アドレス帳連携が可能で、名刺情報を自動保存できます。また、Googleマップとも連携でき、地図上で名刺一覧を表示可能です。

myBridge - マイブリッジ株式会社

myBridgeは、名前や会社名、役職などのキーワードで手軽に検索できる名刺管理ソフトです。また、URLを送付するだけでオンライン名刺も送れ、LINEやメールで簡単に共有できます。登録した名刺情報はGoogleコンタクトに同期でき、myBridgeに登録した名刺情報が自動で登録されるのはもちろん、myBridgeで情報の追加や編集をした際は、Google Contacts側の情報も自動でアップデートされます。

Eight - Sansan株式会社

Eightはスマートフォンで名刺の登録・管理・交換ができる名刺アプリです。Eightユーザー同士ならスマートフォンをかざしたり、QRコードやURLを送ったりするだけで、デジタル名刺の交換も可能。また、Eight上でつながった相手の昇進や転職情報も通知が届き、メッセージの送信もできます。Gmailと連携すれば、連絡先からEightユーザーを検索できます。

名刺管理ソフトの選び方

名刺データの取り込みやすさ

名刺には紙やデジタルなどさまざまな形式がありますが、適切な名刺管理ソフトを選ぶことで、手動で情報を入力する手間を省けます。

サービスによっては、スキャンや写真撮影などの方法で名刺をデジタル化し、自動的に名刺情報を認識・取り込む機能を備えています。取り込み処理が迅速で正確であることを確認しましょう。

使いやすさとカスタマイズ性

使いやすいインターフェースは、効率的な名刺管理を実現するために欠かせません。直感的な操作やわかりやすいメニュー、検索機能の充実など、ストレスなく利用できることが重要です。

また、表示方法やデータの整理方法をカスタマイズできるかどうかもポイントになります。たとえばタグ付けやカスタムフィールドの追加など、名刺情報の整理や編集において柔軟にカスタマイズできる機能があるかをチェックしましょう。

Googleのどのツールと連携できるか

GoogleコンタクトやGoogleスプレッドシート、Googleカレンダー、Googleマップなど、どのGoogleツールと連携できるか、Google連携で行いたいことが実現できるかを確認することが大切です。

実現したいことと連携できるツールがかみ合えば、効率的な名刺管理・営業活動の実現につながるでしょう。

サービスを比較しましょう

Googleのツールやアカウントと連携できる名刺管理ソフトを選ぶ際には、名刺の取り込みやすさや連携できるツールなどにも注目しましょう。

Google連携ができる名刺管理ソフトは多くありませんが、使い勝手を見比べたり他機能の有無で比較したりするのが重要です。名刺管理ソフトは無料プランや無料トライアルを提供している傾向にあるため、導入前に試験運用も行いましょう。

Googleのツールやアカウントと連携できる名刺管理ソフトのうち最適なサービスを選ぶには、自社のニーズや予算に合わせて、複数のシステムを比較検討することが大切です。

名刺管理ソフトは、次の記事でも詳しく紹介しています。

名刺管理ソフト23選【比較表あり】iPhone・Androidアプリ・無料ツール
名刺管理ソフトをBOXILが厳選して比較。法人向け・個人向けソフト、iPhoneやAndroid向けアプリ、無料ツ...
詳細を見る
【厳選】おすすめ名刺管理アプリをまとめてチェック!
名刺管理アプリの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

名刺管理アプリの各サービス資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ名刺管理アプリを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

名刺管理ツール選び方ガイド_20220404.pptx.pdf
名刺管理ソフト
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
名刺管理ソフトの最近更新された記事