コピー完了

記事TOP

名刺交換のマナーあれこれQ&Aをまとめました【ビジネスマン必見】

公開日:
ビジネスマンであれば当たり前のようにできていなければならない名刺交換。最低限知っておくべきルールやマナー、やり方をまとめました。知っている人も今一度確認しておきましょう。

名刺交換のマナーにあまり自信のないあなたへ

ビジネスマンなら出会う機会が非常に多いであろう「名刺交換」。

しかし、ご自身は名刺交換のマナーを正しく身につけているという自信はおありですか? もしかしたら「なんとなく」というだけで済んでいる方も多いのではありませんか?

でも名刺交換はそのやり方一つで相手に与える印象が大きく変わってくることもあります。 ここでは改めて「名刺交換」について色々と学び、その上であなたのビジネスチャンスを大きく飛躍させていく方法をお教えいたします。

名刺交換で印象をグレードアップさせるマナーQ&A

ビジネスの場に必須の名刺交換。これはよくあるシーンですが、ここでただ名前を名乗って名刺を交換するだけではもったいないですよね。

特に大人数での交流会などでは多くの人と名刺交換をするため、単に名刺を交換しただけでは自分のことをなかなか覚えてもらえないこともあります。
また、多くの場をこなしているビジネスマンほど名刺交換時のマナーで相手を判断していることもあるのです。

そこで、この記事ではあなたが名刺交換で相手に「お、こいつはデキるな」と思ってもらえるようにするための手助けをしていきたいと思います。

名刺交換の時、名刺はどちらから差し出すのがマナー?

ここからは、名刺交換のマナーについていくつか解説していきます。

まず、名刺交換の場では、「どちらから差し出すのか」でつい躊躇してしまいませんか?というのも実は、「自分が先に名刺を受け取ると、相手は目下ということになる」からなのですね。

これは逆に言えば、相手が自分より目上の場合はすぐに名刺を差し出すのがマナーということになります。 そのため、目上の方とお会いする時は相手に失礼のないよう、すぐに名刺を差し出しておきましょう。

しかし、万が一相手の方から先に名刺を差し出されてしまった場合は必ず「申し遅れました」と一言挨拶した上で自分の名刺を差し出すようにしてください。
そして「相手が差し出した名刺の位置よりも低い位置で差し出すこと」に気を付けていきましょう。そうすればここで挽回できますよ。

名刺交換で名刺を受け取るときのマナーは?

それでは逆に、名刺交換で名刺を受け取る時のマナーはどんなものがあるのでしょうか。

まず、鉄則はもちろん「黙って受け取らない」ということですね。この時は「頂戴いたします」と言いながら受け取ることです。そして、名刺に印刷されている相手の名前や会社に指が重ならないようにすること。指が重なるということは相手の体を足で踏むことにも繋がるので注意しましょう。

最後に、相手の名刺を受け取ったらすぐにしまったり机の上に置いたりせず、軽く名刺を見て「〇〇〇様ですね」と相手の名前を復唱するようにしてください。

名刺交換で名刺を差し出すときのマナーと印象づける秘訣は?

名刺を差し出すときのマナーと相手に覚えてもらえる秘訣をお話ししていきます。

まず差し出すときは、名刺を両手で持ちながら自分の会社名とフルネームを言うのですが、ここで相手に自分を印象づけるポイントがあります。 それは「会社名を言う時は名刺を見ながら、フルネームを言う時は相手の目を見て言う」ことです。

名刺は自分の会社を示すものですが、フルネームは自分を示すものです。なので会社名を言う時は名刺を見ながら、フルネームを言う時は顔を上げて相手を見ながら言うと印象に残してもらいやすいですよ。

一対一で名刺交換をするときのマナーは?

それでは次に、様々な場面での名刺交換のマナーについてお話ししていきましょう。

まずは一対一で名刺交換をするときのマナーです。

先ほどもお話ししましたが、「名刺を先に受け取った方が相手を目下とみなしてしまう」ため「同時交換」が主流になっています。

この場合、マナーとしては

1:自分の名刺は右手で差し出し、相手の名刺入れの上に乗せる
2:同時に左手で相手の名刺を自分の名刺入れの上に乗せて受け取る
3:自分の右手を相手の名刺に添えて両手で受け取る

となります。ややこしいので練習しておいてくださいね。

複数で名刺交換をするときのマナーは?

それでは次に、複数で名刺を交換する時のマナーを見ていきましょう。

複数の人と同時に名刺交換をする時があります。この場合は、上記同時交換の手順で行なった後、受け取った名刺は名刺入れの蓋または下の方に入れておいてください。

この時はどうしてもばたばたしてしまいますので、名刺入れの上で受け取った複数の人の名刺を一緒に重ねて持つことがあります。

しかしこれは「皆同じレベルとみなしてしまう」ことにも繋がり失礼にあたりますので、決してしないように気を付けてください。これも是非練習しておくと良いでしょう。

名刺交換で名刺が不足したときのマナーは?

名刺交換の際、思ったより大人数だったため自分の名刺が切れてしまった、ということがあります。
そういう時はどうすれば良いのでしょうか。

まずは、もちろん参加人数よりも多めに名刺を持っておくのが鉄則です。

しかしその上で切れてしまった場合は名刺交換の際に必ず「自分の方から名刺が切れたことを告げる」ようにしてください。

そして「後日名刺をお送りしても良いですか?」と聞くと良いでしょう。

この時に何か一言手紙を添えて送るとさらに印象付けてもらいやすいのでこれも一つのチャンスとして捉えていきましょう。

名刺交換で受け取った名刺のしまい方のマナーは?

それでは最後に、名刺交換で受け取った名刺のしまい方をお話ししましょう。

ここでは2つのやり方をお伝えします。

まず1つ目が会議などの場合。そういう時は受け取った名刺を自分の左斜め上に置きます。この時、一番上の役職の方の名刺は自分の名刺入れの上に、その他の人の分は並べておきます。

そして談笑後タイミングを見て一礼し、名刺をしまうと良いでしょう。

2つ目は立ちながら複数の人と名刺交換をしている場合。こういう時は名刺を受け取って談笑後、タイミングを見て相手が見ていない時に名刺をしまうときれいですよ。

マナーを見直し名刺交換をビジネスチャンスとして捉えよう

7つの名刺交換の際のマナーをお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

名刺交換のマナーを誤ると、特に経験を踏んできている方には一発で見抜かれてしまいます。でもそれは逆に、マナーがしっかりしていれば相手に「こいつはデキるやつだな」と目にかけてもらえることがあり、そこからビジネスの話に発展することもあるということです。

なので今後は「名刺交換のマナーができていることはビジネスチャンスに繋がる」ということを心に刻み、是非とも一度は練習して覚えておくようにして下さいね。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

名刺管理ソフト
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
Sansan株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
名刺管理ソフトの最近更新された記事