非正規

働き方改革関連法案「5つの論点」ざっくり解説|高プロ、残業、有給休暇、同一労働同一賃金、インターバル規制のポイントまとめ
働き方改革関連法案「5つの論点」ざっくり解説|高プロ、残業、有給休暇、同一労働同一賃金、インターバル規制のポイントまとめ
国会会期が7月22日まで延長される。高プロや残業規制、インターバル規制、同一労働同一賃金などが盛り込まれる「働き方改革関連法案」が成立すれば、中小企業も含む多くの企業とそこで働く人に多大なる影響を与えることになる。今回は、5つの論点を紹介する。
2020.08.11 11:14
ノマドという働き方のメリット・デメリット、必要な持ち物から節約術まで紹介
ノマドという働き方のメリット・デメリット、必要な持ち物から節約術まで紹介
オフィスなどの決まった勤務先を持たずに好きな場所で仕事をする働き方を、決まった家を持たずに生活する遊牧民になぞらえてノマドと呼んでいます。特定の仕事場所を持たないワークスタイルを表した用語です。ノマドとして働くために必要な持ち物やメリット・デメリットにはどのようなものがあるのか、また必要とされる節約術について説明します。
2020.06.24 19:33
定年後の再雇用時、給料は下がる?待遇格差に関する最高裁判決と大手企業の動きを解説
定年後の再雇用時、給料は下がる?待遇格差に関する最高裁判決と大手企業の動きを解説
日本では、多くの企業が定年後の再雇用制度を導入していますが、再雇用後の賃金は3割程度引き下げられるのが一般的です。 賃金引下げ額を補填する「高年齢雇用継続給付金」制度もありますが、再雇用後の給料次第で定年後の生活の安定度も変わってきます。 本記事では働き方改革にもつながる「再雇用」制度について説明し、長澤運輸事件の判決を例として、「定年後の給料引き下げ」についての最高裁の見解を解説。大手企業の動きも紹介します。
2020.06.24 19:31
二重派遣が横行?請負の多いIT業界は要注意――リスクや罰則、違反事例とは
二重派遣が横行?請負の多いIT業界は要注意――リスクや罰則、違反事例とは
働き方の多様化によって労働者の雇用形態も多様化しています。パートタイマーやアルバイト、派遣などいわゆる「非正規雇用」の待遇に関して社会問題化していますが、派遣労働においては「二重派遣」が大きな一つの問題となっています。二重派遣は労働者の権利を侵害するだけでなく、企業にも法律に基づいて罰則が課されます。本記事ではなぜ二重派遣が違反とされているのか、また事例や罰則などについて説明します。労働者も雇用者も適切な対応を図れるよう、内容を正しく理解するよう努めましょう。
2020.06.17 18:53
非正規雇用とは?種類・メリット・デメリット・正規との格差と是正まとめ
非正規雇用とは?種類・メリット・デメリット・正規との格差と是正まとめ
非正規雇用とは、期間や時間などが限定的な働き方をする契約社員や嘱託社員、パート・アルバイトなどを指します。本記事では非正規雇用の種類、メリット・デメリット、正規雇用との格差について解説します。同一労働同一賃金、非正規格差を訴えたハマキョウレックス事件と長澤運輸事件を参考に、格差是正にsついても考察をまとめました。
2020.06.16 18:57
日本の労働力人口の推移・予測・対策、生産年齢人口との違いまとめ
日本の労働力人口の推移・予測・対策、生産年齢人口との違いまとめ
労働力人口とは国の経済成長を推測する指標のひとつで、「人口のうちどれくらい働いているか」を指します。日本の労働力人口は5年連続で増加しており、今後10年は安定して高水準で推移すると予測されています。しかし、少子高齢化が進み日本の人口は長期的には減少していきます。本記事では労働力人口と生産年齢人口の違いを踏まえ、労働力人口確保のための取り組みなど労働力人口に関する情報を解説します。
2020.06.12 19:14
最低賃金を値上げすべき「本当の理由」
最低賃金を値上げすべき「本当の理由」
10月から最低賃金の値上げが予定されている。東京では10月1日から時間額985円に、大阪は936円、愛知は898円、福岡は814円、北海道は835円となり上昇の一途を辿っている。一方で、青森や秋田など宮城以外の東北地方や、島根・鳥取の山陰、長崎や鹿児島といった福岡以外の九州地方、沖縄は軒並み762円前後で、東京との開きは縮まらない。2019年10月に消費税増税を控え、最低賃金値上げを歓迎する声は大きいが、最低賃金を上昇させ続けるべき「本当の理由」とは何か考察したい。
2018.09.30 09:30
【図解】働き方改革とは?背景と課題、推進のポイント7つと企業事例まとめ
【図解】働き方改革とは?背景と課題、推進のポイント7つと企業事例まとめ
働き方改革が必要とされる社会背景や、企業が働き方改革を推進して解決すべき2つの課題を図解し、働き方改革の基礎知識をまとめた。働き方改革を推進する7つのポイントと企業の働き方改革事例を紹介するとともに、働き方改革の最終ゴールは「知的生産性の向上」であるとの考察をまとめた。働き方改革関連法が成立したが、減らない残業や副業の是非など課題は山積だ。個人と企業が自律的に働き方改革を進める一助となれば幸いである。
2018.07.19 09:30
大副業時代、取引先からの支払いトラブルを回避するために
大副業時代、取引先からの支払いトラブルを回避するために
個人の時代、が明確になってきた。働き方も例外ではない。働き方に注目が集まりつつも、国や企業は一気に変わろうとはしない。そこで組織が変わらないのであれば自分たちが変わろうというのが若い世代を中心としてブームとなっているフリーランスやマイクロ起業を中心とした個人の活躍だ。しかしそこには、支払いの遅延というトラブルが多く発生していることはあまりクローズアップされていない。社会のなかで個人の存在が浮き彫りになるなか、支払いが遅延するのはなぜなのか。
2018.06.11 17:55
雇止めを加速すると囁かれる「無期転換」ルールを正しく理解する3つのポイント
雇止めを加速すると囁かれる「無期転換」ルールを正しく理解する3つのポイント
「無期雇用転換」とは、派遣やパート・アルバイトなど有期雇用契約の非正規労働者として働く方を無期雇用に切り替えること。一定の条件を満たせば無期雇用契約への切り替えが可能となることから、企業の人件費高騰を招くとして、雇止めが加速するのではと囁かれてきました。本記事では、誤認されやすい無期転換のルールを正しく理解するための3つのポイントと、企業がいかに対応すべきかを図解しました。
2017.12.15 23:30