女性活躍
育休者の復職支援、最も必要なのは「キャリアの棚卸」

育休者の復職支援、最も必要なのは「キャリアの棚卸」

女性向けキャリア支援事業を行うMYコンパスが1月31日に発表した調査レポートによると、育休女性の97%が「キャリアについての悩みや不安がある」ことが分かった。一方、育休中にキャリアや興味関心分野の学び・活動の時間を取ったという女性は約7割で、仕事から離れた環境でも自分の生き方・働き方を考えることに積極的な女性たちの姿が浮き彫りとなった。

2019.02.11 08:35
少子化の背景にある深刻な3つの事情、対策は十分なのか?

少子化の背景にある深刻な3つの事情、対策は十分なのか?

日本の少子化は、未婚や晩婚が原因だと言われていますが、出生数の低下は既婚女性が経済的・心理的・身体的な負担から、子どもを持つことを諦める事情があるのではないでしょうか。 本記事では、少子化の現状と背景・原因と妊娠・出産・育児への経済的支援制度や補助金を説明したうえで、両立や共働きによる心身の負担から2人目の子どもを諦める問題にも焦点をあて、少子化の事情と対策をさぐりました。

2018.12.21 07:00
「ガラスの天井」を打ち破るために知っておきたい原因・背景・方法

「ガラスの天井」を打ち破るために知っておきたい原因・背景・方法

女性活躍を阻む原因といわれる「ガラスの天井」について、知っておくべき現状や背景、そして女性自身がこの天井を打ち破るための施策について紹介します。働く女性の方のみならず、ダイバーシティを推進する企業の管理職の方もぜひ参考にしていただきたい内容です。

2018.12.10 08:00
「家庭と仕事両立したい」は欲張りなの?主婦が働くために必要な条件とは

「家庭と仕事両立したい」は欲張りなの?主婦が働くために必要な条件とは

働き方の選択肢は広がっている。時短勤務、リモートワーク、フリーランス、副業など、これまで家事や育児、介護などさまざまな理由で就業をあきらめてきた人が、働ける機会は確実に増えた。しかし実際のところ、家庭と仕事の両立には課題はつきものである。しゅふJOB総研が11月15日に発表した調査をもとに、どうすれば課題を乗り越えていくことができるのか、考察していこう。

2018.11.19 17:00
M字カーブは改善傾向、その背景・経済効果と今後の課題

M字カーブは改善傾向、その背景・経済効果と今後の課題

M字カーブとは女性の就労状況に関する用語です。年齢階級毎の女性の労働力率は20代、40代をピークに30代で大きく減少するM字の曲線を描いています。これは女性が出産・育児によって一時的に退職していることが理由ですが、日本ではこのカーブが極端であることからライフイベントによる女性の就労継続へのハードル上がることが社会的問題とされています。本記事ではM字カーブの現状や30代の女性の就業率向上のために企業や政府がどのような取り組みをしているのかについて説明します。

2018.11.07 14:39
働く女性のリアルなバッグ事情 | その重さは5kgダンベル並

働く女性のリアルなバッグ事情 | その重さは5kgダンベル並

バッグブランドのFUMIKODAは11月6日、「働く女性のお仕事バッグ」に関するアンケート調査結果を発表した。近年、ノートパソコンなどのデジタルデバイスを持ち歩く人が増えたことで、女性のバッグの中身は年々重くなってきているという。この調査結果を見ても、7割以上の女性が現在使用しているバッグに満足していないと回答していた。

2018.11.06 13:58
「イクメンって結局何だろう?」男性の家事・育児参加時間は女性の6分の1

「イクメンって結局何だろう?」男性の家事・育児参加時間は女性の6分の1

本日、10月19日はイクメンの日である。働き方改革で、育休や有休取得が推進され、リモートワークで家族との時間が増えたという声も聞く。しかしそれはまだまだ全体のほんの一部でしかないだろう。出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行う「出前総研」は10月18日、男性の家事・育児関する調査結果を発表した。それによると、回答した男性の家事・育児参加時間は女性の6分の1しかないことがわかった。

2018.10.19 11:45
日本の労働力人口の推移・予測・対策、生産年齢人口との違いまとめ

日本の労働力人口の推移・予測・対策、生産年齢人口との違いまとめ

労働力人口とは国の経済成長を推測する指標のひとつで、「人口のうちどれくらい働いているか」を指します。日本の労働力人口は5年連続で増加しており、今後10年は安定して高水準で推移すると予測されています。しかし、少子高齢化が進み日本の人口は長期的には減少していきます。本記事では労働力人口と生産年齢人口の違いを踏まえ、労働力人口確保のための取り組みなど労働力人口に関する情報を解説します。

2018.08.31 08:33
マミートラックとは| 個人・企業ともに気をつけるポイントを解説

マミートラックとは| 個人・企業ともに気をつけるポイントを解説

仕事と育児との両立を目指す女性が陥りがちなマミートラックについて、言葉の意味とワーキングマザーの実態について解説するとともに、個人・企業ともにとるべき対策について解説します。マミートラックから抜け出すためには、まず実態を把握し、思い込みや固定観念を取り払うことからはじめる必要があります。

2018.08.30 09:00
育児休業取得率(育休取得率)男女別の推移と現状、計算方法、世界各国との比較

育児休業取得率(育休取得率)男女別の推移と現状、計算方法、世界各国との比較

育児休業取得率(育休取得率)とは、出産した本人または配偶者が育児休業を取得した場合の割合のことです。本記事では、育児休業取得率(育休取得率)の計算方法、育児休業取得率(育休取得率)の男女別推移、性差による育休取得の現状と課題、特に男性の育児休業取得の難しさにも焦点をあて、世界各国との比較から育児休業取得率向上に向けていま必要なこととは何かを探ります。

2018.08.30 08:00
マタハラ(マタニティハラスメント)とは?原因・定義・事例・嫌がらせの対処法

マタハラ(マタニティハラスメント)とは?原因・定義・事例・嫌がらせの対処法

マタハラ(マタニティハラスメント)とは、3大ハラスメントのひとつ。平成29年にはマタハラ防止措置が義務化され、非正規労働者を含めて妊娠・出産をきっかけとした嫌がらせや不当な扱いは禁じられていますが、被害に悩む女性はあとを絶ちません。本記事では、マタハラの定義、原因、実際に裁判になった事例、どんな嫌がらせや被害があるのか、マタハラを受けた場合の対処方法・相談窓口などをまとめました。

2018.08.28 17:19
育自休暇とは?育児休業・育児休暇との違いは?時間を有効活用しよう

育自休暇とは?育児休業・育児休暇との違いは?時間を有効活用しよう

注目されているキーワードに「育自休暇」という言葉があります。育児休暇を文字ったトレンドワードです。本記事では育自休暇とは何か、なぜ注目されているのかや、積極的に育自休暇のサポートを行っている企業について紹介します。

2018.08.01 08:00
社員に支持される女性CEOは「現場」を尊重し、ダイバーシティを重要視する

社員に支持される女性CEOは「現場」を尊重し、ダイバーシティを重要視する

オンライン求人サービス会社のグラスドアが、従業員から高く評価されたCEOのランキング「TOP CEOs 2018」を公表した。女性の社会進出が進んでいそうな米国でも、100位までにランクインした女性CEOはわずか8人。そんな彼女たちの姿勢から見いだせるものは何だろうか。4位と19位に入った2人の女性CEOに注目し、米国の状況をのぞいてみよう。

2018.07.29 08:30
「今後27.9万人の保育の受け皿が必要」政府が幼児教育無償化の前にすべきこと

「今後27.9万人の保育の受け皿が必要」政府が幼児教育無償化の前にすべきこと

野村総合研究所は6月26日、全国の未就学児を持つ女性4,088名に対して、保育に関する調査を実施した。これによると現状保育の利用希望があるのに利用できていない子どもは、全国で34.8万人と推計され、政府の女性就業率目標を達成するためには、あらたに27.9万人の保育の受け皿が必要だという。

2018.07.12 11:03
非正規雇用とは?種類・メリット・デメリット・正規との格差と是正まとめ

非正規雇用とは?種類・メリット・デメリット・正規との格差と是正まとめ

非正規雇用とは、期間や時間などが限定的な働き方をする契約社員や嘱託社員、パート・アルバイトなどを指します。本記事では非正規雇用の種類、メリット・デメリット、正規雇用との格差について解説します。同一労働同一賃金、非正規格差を訴えたハマキョウレックス事件と長澤運輸事件を参考に、格差是正にsついても考察をまとめました。

2018.07.05 08:00
育児休業とは?育児休業給付金や育休制度の申請方法・必要な条件・書類について

育児休業とは?育児休業給付金や育休制度の申請方法・必要な条件・書類について

育児休業制度はこれまで何度も改正を繰り返し、2017年10月にも期間の延長など制度利用者の立場にたった改正が行われています。本記事では育児休暇との違い、育児休業に関する背景や取得の条件、育児休業給付金の申請の手続きなどについて説明していきます。

2018.07.05 07:00
「働き方改革」法成立、実現に向け今こそ読んでおきたい重要記事まとめ

「働き方改革」法成立、実現に向け今こそ読んでおきたい重要記事まとめ

働き方改革関連法が6月29日、参院本会議で可決、成立した。「高プロ」「同一労働同一賃金」「残業時間の上限規制」の導入が柱で、原則2019年4月より適用される。3柱の概要と、関連するニュースをまとめて紹介する。日本の働き方は大きな転換点を迎える。

2018.07.02 10:50
働き方改革関連法案「5つの論点」ざっくり解説|高プロ、残業、有給休暇、同一労働同一賃金、インターバル規制のポイントまとめ

働き方改革関連法案「5つの論点」ざっくり解説|高プロ、残業、有給休暇、同一労働同一賃金、インターバル規制のポイントまとめ

国会会期が7月22日まで延長される。高プロや残業規制、インターバル規制、同一労働同一賃金などが盛り込まれる「働き方改革関連法案」が成立すれば、中小企業も含む多くの企業とそこで働く人に多大なる影響を与えることになる。今回は、5つの論点を紹介する。

2018.06.22 05:50
専業主婦になりたい女性が知っておくべき、第3号被保険者「3つのポイント」

専業主婦になりたい女性が知っておくべき、第3号被保険者「3つのポイント」

“女性の活躍推進が思うように進まない“と悩む企業は少なくありません。そもそも、日本は世界的に見て女性の専業主婦願望が突出して高い国(※)。いろいろな施策を講じることも必要ですが、第3号の現実と未来を知ってもらうことが、意識改革の第一歩なのではないでしょうか。

2018.06.13 05:40
at will work主催「Work Story Award」受賞チームの「働き方改革」ストーリー

at will work主催「Work Story Award」受賞チームの「働き方改革」ストーリー

先ごろ、虎ノ門ヒルズフォーラムにて、at Will Workの主催による「Work Story Award」が開催された。本イベントは「“働き方”を選択できる社会へ」をミッションに、昨年5月に設立されたat Will Workの事業のひとつとして催されたものだ。ここでは今回のWork Story Awardの趣旨や狙い、さらにアワードに選ばれた20部門から、特に編集部が注目した企業の取り組みについて、概要を紹介していこう。

2018.01.30 12:00
イクメン・イクボス、受賞企業に学ぶ「男性が育児と仕事を両立できる」会社の作り方

イクメン・イクボス、受賞企業に学ぶ「男性が育児と仕事を両立できる」会社の作り方

24日に開催された「イクメン推進シンポジウム」で「イクメン企業アワード2017」「イクボスアワード2017」 の表彰式が行われた。男性の家事育児と仕事の両立について、企業と上司がどういう支援を行うのが良いか、成功企業の事例からヒントを探る。

2017.10.24 18:58