Article square balloon green
2019-04-11

スタートアップ企業とは?ベンチャー企業との違い・意味や定義を徹底解説 | 転職・就職したい方必見!

スタートアップ企業とは?意味や定義、ベンチャー企業との違いを解説!「スタートアップ企業」や「ベンチャー企業」という言葉を耳にすることが増えてきました。そういった企業に「就職したい」「起業したい」といった方は少なくありません。しかし本当にその言葉、理解できているでしょうか?スタートアップ企業の意味を徹底的に解説します。
経営企画・マーケティング
Large

スタートアップ企業とは

「スタートアップ企業」や「ベンチャー企業」という言葉を耳にすることが増えてきました。起業を目指す方や、将来的に独立を考えている方には身近な言葉ですね。

自分が創業者とならなくとも、何となくかっこよかったり、新しいこと、自分のやりたいことができそうだからとスタートアップ企業への就職を志している人もいるかもしれません。

ただ、スタートアップ企業とベンチャー企業はそもそも違うものです。今回は、スタートアップ企業の定義や考え方について解説します。

>>>【スタートアップで働きたい方】人気転職エージェントTOP3をチェックする

スタートアップ企業の定義

スタートアップ企業は、企業形態を指す言葉ではありません。簡単に言うと、新たなビジネスモデルを開発する起業で、市場を開拓する段階にあるもの。一般的に、創業から2~3年程度の起業を指すことが多いです。

最近は日本でもよく用いられる用語ですが、アメリカのIT関連企業が集まるシリコンバレーにて使われる言葉です。この事からも分かるように、スタートアップ企業はインターネット関連企業に多い傾向があります。

スタートアップ企業の特徴

スタートアップ企業の特徴として、短期間で急激に成長を遂げるという点があります。また、企業の目的として、これまでに市場に存在しなかった新しいビジネスを掲げていることが多いです。

そしてビジネスは、新しいと言うだけでなく「世の中に新しい価値をプラスし、人びとの役に立つ」物がほとんどです。つまり、「イノベーション」の観点があるか、「社会貢献」を目的にしているかというのがスタートアップ企業と名乗るための条件なのです。

ですから、既存のサービスの延長線上にあるビジネスの場合、創立間もない段階であってもスタートアップ企業とは呼びません。

スタートアップ企業と投資

スタートアップ企業は、まだ事業を世に広める途中ですから、外部から資金を調達する必要があります。その際に使われるのが、ベンチャーキャピタル(VC)。最近は日本でもベンチャー企業やスタートアップへの投資を行うVCが増えてきました。

VCが投資をするときには、「投資ラウンド」という仕組みが用いられます。投資ラウンドとは、段階を追って投資を行う形式。最初はシリーズA(ビジネスの企画や開発段階)、次にシリーズB(事業として発展させ、成功させる段階)と状況に合わせた投資を行います。

スタートアップ企業を成功させるためには、ビジョンや目的を明確にしていかに外部から協力を得られるかが重要なのです。

※ベンチャーとはそもそも投資をする企業や投資家のことを指す言葉。「ベンチャー企業」は和製英語で、本来の意味は「投資を受けている会社」ということ。ですから、スタートアップ企業はベンチャー企業の一部と言えます。

ベンチャー企業に関しては、次の記事もご参照ください。

ベンチャー企業とは | 意味・定義・特徴・例・中小企業・スタートアップとの違い | ボクシルマガジン
ベンチャー企業の意味や定義とは?スタートアップや中小企業との違いは?ベンチャー企業の特徴や有名企業の例から、その業...

スタートアップ企業への就職・転職を考えている人必見!人気転職エージェントTOP3

スタートアップ企業に就職または転職を考えている方向けにおすすめの転職エージェントを紹介します。

1位:リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント公式サイトをチェックする<<<

ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功

累計32万人の転職成功実績があり、年間2万3000名以上の転職支援を行っています。

ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス

リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる

「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

\登録&利用も無料。実績No.1の転職エージェント/

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点)

※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

2位:ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトをチェックする<<<

ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1

年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上

2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

ポイント3:テレビCMも公開

「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇中。

\登録&利用無料。年収600万円以上の人の支持率No.1/

※年収600万円以上の方の支持No.1=シード・プランニング社による「転職サイト利用動向調査」より(2016年8月、9月に調査実施)

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の評判はこちらの記事で詳しく解説しています。

3位:doda(デューダ)

>>>doda公式サイトをチェックする<<<

ポイント1:転職者満足度No.1の実績

担当のキャリアアドバイザーのサポート力が高く「登録者に寄り添う親身なサポート」に定評があります。

ポイント2:10万件以上の求人からマッチした求人を紹介

「完全週休二日制」「年収500万円以上」「残業時間20時間未満」など希望にマッチするピンポイントな求人を紹介してくれます。

ポイント3:自分のペースで転職活動ができる

doda(デューダ)は転職サイトと、転職エージェントの両方サービスがあります。

その他、適正年収を教えてくれる「年収査定」や、どんな働き方が向いているのかの「キャリアタイプ診断」も受けれるので、アナタのペースで転職活動を進めることが可能です。

\登録&利用無料!満足度No.1の転職エージェント/

※転職者満足度No.1の実績=電通バズリサーチ調べ。インターネット上での人材紹介に関するポジティブな口コミ数

doda(デューダ)の転職サービス一覧や、それぞれの特徴はこちらの記事で詳しく解説しています。

スタートアップ企業で働きたいと思ったら

大手企業は人数も多く、ノウハウも多いので決まった内容に沿っての業務がメイン。安定性はあるものの、刺激が少ないと感じる人もいるでしょう。スタートアップは、まだ何もない段階から作り上げていくので、大きなやりがいと自分自身の成長につながります。

スタートアップ企業の求人は多くありませんが、ベンチャー企業中心の転職サイトをチェックしたり、気になるスタートアップ企業とコンタクトしてみたりと、積極的に動くことで良い出会いがあるでしょう。学生であれば、インターンシップなどに挑戦するのもオススメです。

スマートキャンプでは、長期インターンシップを募集しています。実務を通じてWebマーケティングとコンテンツSEOを学びませんか?主に、BtoBサービス情報メディア「ボクシルマガジン」とニュースメディア「ビヨンド」の運営に携わっていただきます。さらに、メディア業務以外にも「経理」「人事」「総務」のバックオフィス、経験者であればエンジニアインターンにも参加可能です。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事