コピー完了

記事TOP

ビジネスモデルキャンバス(BMC)とは | 構成要素・活用事例を解説

最終更新日:
公開日:
起業の際に欠かせないビジネスモデルの確立ですが、それに必要な要素を9つに分類し、可視化を促したものがビジネスモデルキャンバス(BMC)です。BMCを理解して、明確で質のいいビジネスモデルを確立しましょう。

ビジネスモデルという言葉と意味は理解していても、ビジネスモデルキャンバスという言葉には耳慣れない方が多いのではないでしょうか。

ビジネスモデルキャンバスは、ビジネスモデルを検討するためのフレームワークとして生まれたツールです。この記事では、ビジネスモデルキャンバスとは何か?構成要素その活用事例をメリットとともにご紹介していきます。

ビジネスモデルキャンバスとは

ビジネスモデルキャンバスとは、ビジネスモデルを構築する際に考える必要のある要素を分類し、図式化したフレームワークです。「Business Model Canvas」の頭文字をとってBMCと言われることもあります。

ビジネスモデルキャンバスを構成する要素

組織が財政的に存続するための仕組みがビジネスモデルであれば、その基本にあるのは顧客のニーズを満足させるということです。

この考えをビジネスモデルキャンバスに反映させる場合、9つの要素に分類できます。

  • 顧客セグメント
  • 顧客関係
  • 提供価値
  • チャネル
  • 収入構造
  • 費用構造
  • 業務活動
  • 経営資源
  • 提携先

顧客セグメント:Customer Segments

セグメントとは特定の属性を持つ集団を意味し、年齢や性別、住んでいる地域などをさします。また、顧客とは組織が作り出す価値を届ける相手ですから、顧客セグメントとは、どのような属性を持つ顧客に向けて組織の価値を届けるのか、ということになります。この場合、顧客は個人のみならず、他の組織を対象にする場合もあるでしょう。

顧客関係:Customer Relationships

顧客関係とは、顧客との特別な関係性の構築、維持、展開する仕組みを指し、まずは顧客がどのような関係を組織に求めているかを明確にする必要があります。そのうえで、組織は顧客との関係において、最も優先される目的を明確にしなければなりません。それは、新規顧客の開拓かもしれませんし、既存顧客の維持、販売拡大かもしれません。

提供価値:Value Propositions

提供価値とは、顧客が抱えている問題を解決してニーズを満足させるもので、商品のみならず、サービスを含めた総合的な満足感を顧客に与えることができるかどうかを意味しています。顧客が他ではなく、なぜ特定の組織を選択するのか、その理由は、提供価値が顧客にとって特別なものになっているかどうかにかかっていると言えます。

チャネル:Channels

チャネルとは、顧客が求める価値を届けるさまざまなルート、その価値を告知するさまざまな方法をさします。これには、顧客に価値を届けて購入ができるように店舗を構え、購入後のアフターサービスを行うほか、商品やサービスの認知度を上げ、見込み客を取り込むためのウェブサイトの構築など、最適な方法で顧客に価値を届けるため、さまざまな取り組みが考えられます。

収入構造:Revenue Streams

収入構造とは、顧客に届けられた価値が組織の収入になる仕組みをさします。顧客がどのような価値であれば対価を支払うのか、その場合どのような支払い方法を望むのかを組織が把握し、さまざまな収入構造を考える必要があります。商品販売など一度きりの支払いのほか、サービスやサポートなど継続した支払いを含めた形が考えられるでしょう。

費用構造:Cost Structure

費用構造とは、後述する経営資源を調達し、業務活動を行い、提携先と活動するためのコスト、およびその仕組みをさします。商品を生産してサービスを継続して行うための人的、物的コストはもちろん、外部リソースとの活動にもコストがかかりますが、資源を有効に活用して仕組みの最適化を行うことで、費用構造を圧縮できます。

業務活動:Key Activities

業務活動とは、メインとなる組織活動のことを指し、ビジネスモデルが機能するように、組織が取り組むべき最も重要な活動です。製造、販売、仲介、サポートなどがこれに当てはまりますが、組織が最も意識しなければならないことは、業務活動から生み出されるべき価値をどのように構築していくか、ということに集約されるかもしれません。

経営資源:Key Resources

経営資源とは、ヒト、モノ、知的財産、財務のことを指し、組織が継続して活動を行っていくのに最も基本的であり、最も重要なものです。これまでにご紹介して来た要素、顧客セグメント、顧客価値、提供価値、チャネル、収入構造、業務活動に必要不可欠であり、経営資源が確保できなければビジネスモデルも成立しません。

提携先:Key Partners

提携先とは、外部にアウトソーシングする活動や、外部から調達されるリソースをさします。従来は一つの組織で完結するビジネスモデルが多かったかもしれませんが、現代ではネットワークを結んで、より広い顧客層にアピールする方が効率がよい場合も多く、コストを抑えて最大の収益を上げることも可能となってきています。


以上がビジネスモデルキャンバスを構成する9つの要素ですが、[ビジネスモデルキャンバスはStrategyzer | The Business Model Canvasよりダウンロードが可能となっています。視覚的にビジネスモデルを確認するためにも、活用してみることをおすすめします。

ビジネスモデルキャンバスの活用事例

これまで見て来たように、ビジネスモデルを図式化して可視化するビジネスモデルキャンバスは、ビジネスモデルを有機的な流れで明確化し、確立するのに役立つことがお分かりかと思います。続いて、ビジネスモデルキャンパスが活用されて成功を収めた事例をご紹介し、具体的にどのような使われ方をするのか見ていきましょう。

iPod販売のビジネスモデルキャンバス

携帯音楽プレーヤーに革命を起こしたApple iPodは、中軸サービスとなるiTunesと連携することで爆発的な人気を得ましたが、ビジネスモデルキャンバスで周到に練られたビジネスモデルがあったのです。その要素を見ていきましょう。

  1. 顧客セグメント:音楽ファン、Macファン、ガジェッター
  2. 顧客関係:Love
  3. 提供価値:1000曲がポケットに、iTunesでライブラリ管理、デザイン
  4. チャネル:アップルストア、小売店
  5. 収入構造:iPodの代金
  6. 費用構造:人件費、製造費、管理費
  7. 業務活動:マーケティング、デザイン・企画
  8. 経営資源:ハードウェア、ブランド、ソフトウェア
  9. 提携先:小売店、製造メーカー

これはiPod発売当初のビジネスモデルキャンバスですが、収入構造がiPodの代金となっていることに注目です。当初iPodは、ユーザーがiTunesで管理する音楽ライブラリを持ち出す、という想定だったように思えますが、その後、iTunes Storeで曲を購入するという流れが大きくなり、収益の軸が移った、または2本柱になったことが推測できます。

Uberのビジネスモデルキャンバス

2009年にサンフランシスコで創業され、画期的な移動サービスの提供を実現したUberも、そのビジネスモデル構築にビジネスモデルキャンバスを活用していました。現在では250以上の都市でサービスを提供しており、その勢いはご存じの通りです。

  1. 顧客セグメント:マスマーケット、ビジネスユーザー
  2. 顧客関係:自動化されたヘルプサービス、ブログ
  3. 提供価値:安全性・快適性、オンデマンド利用、利便性・透明性
  4. チャネル:モバイルアプリ
  5. 収入構造:運賃の一部
  6. 費用構造:技術開発とITコスト、マーケティングコスト、サービス運営コスト
  7. 業務活動:マーケティング活動、ドライバーの管理、ITインフラの保守
  8. 経営資源:登録ドライバーのデータベース、ITインフラ、運営スタッフ
  9. 提携先:ドライバー、支払決済パートナー、リワードプログラム・パートナー

Uberのビジネスモデルキャンバスを見てみると、驚くほど実際の運営との違いがなく、ビジネスモデルキャンバスが、確固たるビジネスモデルの構築に役立っていることが見えてきます。

明確なビジネスモデルの構築のために

組織としてゼロからビジネスモデルを構築したUberのような例もあれば、その後の状況の変化やiPhone、iPadの登場でビジネスモデルを変えていったiPodの例もあります。

すでにビジネスモデルが確立されていている組織でも、一度要素を分類し、ビジネスモデルキャンバスを作成してみてはいかがでしょう。気が付かなかった問題点や、明確にしなければならない課題が見つかり、ビジネスモデルの再検討やブラッシュアップにつながるかもしれません。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
経営者・経営幹部の最近更新された記事