MAツール(BtoC)の関連情報

MAツール(BtoC)の口コミ数・満足度ランキング | 価格とプランも

MA / Marketing Automation(マーケティングオートメーション)とは、企業のマーケティング活動を自動化するツールで、このMAツール(BtoC)カテゴリーのシステムは、自動車や住宅、金融商品など一般消費者向けの商品・サービスの中でも単価が高い領域で、一般消費者向けのマーケティング活動の効率化・高度化を自動化するシステムを指します。
続きを読む
MAツール(BtoC)のサービス資料28件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Adobe Marketo Engage
Salesforce Marketing Cloud
b→dash
GENIEE MA
カスタマーリングス
Probance
pass for business

MAツール(BtoC)のランキング

Mobile Marketing Cloud(MMC)
0.00件の口コミ
Mobile Marketing Cloud(MMC)は、 BtoC向けのリピート集客で成果の出るEメール・SMS配信に特化したMAツールです。 リピーター向けに誰でも簡単にキャンペーン用のランディングページや個別相談会の日程フォームをたった5分でプロ並のページが作成できます。さらにフォームを入力した顧客への自動配信設定もパズルを組み合わせるように作れるので、すごく簡単です。 既に購入履歴や接点のある顧客へのアプローチができ、メールマーケティングからMAの実現までを段階的に利用ができます。
料金プラン
-
無料トライアルあり
条件を指定して絞り込む
29
並び順
Adobe Marketo Engage
Adobe Marketo Engageは全世界で5000以上の導入実績を持つMA(マーケティングオートメーション)です。リード管理、顧客体験の自動化、マルチチャネルでのアプローチ、効果測定など、様々な側面から収益増加に貢献します。
料金プラン
-
b→dash
b→dashは、ユーザーデータ・広告データ・購買データなど、全てのビジネスデータを、ノーコードで一元的に取得・統合・活用・分析することが可能かつ、ツール機能をAll in oneで搭載しているデータマーケティングプラットフォームです。
料金プラン
-
Salesforce Marketing Cloud
One to One カスタマージャーニープラットフォーム マーケターに必要な機能をひとつに
料金プラン
150,000円-/月
KARTE
KARTEとは様々なデータをインプットすることで、顧客軸でリアルタイムに解析・可視化し、一人ひとりに合わせた体験の提供を可能にするCXプラットフォームです。
料金プラン
-
Synergy!
Synergy!は、データ件数ごとの従量課金で必要な機能のみを選べる、国産のマーケティングシステムです。行動履歴や属性情報を収集でき、セキュアな環境で顧客情報の一元管理が可能。複数のチャネルを活用した高度なマーケティングの施策を実現します。
料金プラン
10,000円-/月
無料トライアルあり
チャネルトーク
チャネルトークは、サイトに訪問中のホットな顧客と直接話せる「接客チャット」とサイト外の顧客とつながり続けられる「CRMマーケティング」機能が結合したAll-in-one顧客コミュニケーションツールです。
料金プラン
3,000円-/月
無料トライアルあり
Repro(リプロ)
Web接客ツール「Repro(リプロ)」は世界66カ国7,300以上の導入実績を持ち、分析・施策・効果測定までを⼀貫して⽀援することで、サービスの成⻑とエンゲージメントの向上をお約束します。ASO施策のご支援なども行っています。
料金プラン
-
GENIEE MA
広告や顧客、外部のデータを取得・統合し可視化、分析が可能です。データを基にcookie状態の匿名顧客から、実名化した見込顧客までコミュニケーションが可能。シンプルなUIと施策立案を含めたサポート体制で、従来のMAツールの課題を解決する国産のマーケティングオートメーションです。
料金プラン
100,000円-/月
無料トライアルあり
aimstar
マーケティングの自動化によって継続的な売上拡大を実現します。1to1マーケティングに必要なデータ統合・分析・MAが一つになっており、顧客育成の為のマーケティングPDCAをシームレスかつ高速に回すことを専門知識なくして実現できるツールです。
料金プラン
-
カスタマーリングス
BtoCやECサービス企業向けのMA/CRMツール。あらゆる顧客情報やレスポンス情報を統合し、「顧客を見える化」。 データの統合・抽出、分析、メールやLINEなどのアクションまでワンツールで取り組めます。
料金プラン
-
anybot
anybotは、LINE上での顧客とのやり取りや、アクションなどの情報を自動で集められるサービスです。集めた顧客データは、カテゴリごとで管理できます。また、メールやSMSの既存顧客データもCSVでインポートし、一つにまとめて管理可能です。
料金プラン
-
いえらぶ顧客管理システム
いえらぶ顧客管理は、不動産専門の顧客管理システムで、 顧客情報の管理と追客を効率化するための機能が詰まったパッケージです。 いえらぶ顧客管理システムによって、手厚い顧客対応を実現し、 データ分析機能によって売上・利益拡大に貢献します。
料金プラン
-
hachidori plus
[広告代理店様、類似サービス業者様のダウンロードはご遠慮ください] hachidoriは、LINE社の公認パートナーです。LINEを使ったMA、CRM領域で多数の実績を持ちます。LINEを使って「CPAを下げたい」「LTVを向上させたい」そんなKPIをお持ちのマーケターの皆様、ぜひ一度ご相談ください。
料金プラン
-
Campaign Studio(キャンペーンスタジオ)
Campaign Studioは、新規リード獲得から良質な商談を創出するための、顧客育成に必要な機能が豊富にそろっています。ドラッグ&ドロップで簡単に作れるシナリオ機能が人気です。
料金プラン
-
無料トライアルあり
MOTENASU
MOTENASU(モテナス)は、日本の文化である“おもてなし”の心遣いを取り入れた 次世代型のMA(マーケティングオートメーション)ツールです。 特にDMは特許を取得した「配布物発注システム(特許第6186391号)」により、従来では難しかったパーソナライズのDMを自動で送ることが可能です。オンライン(デジタル) とオフライン(アナログ)を融合したマーケティングにより、これまでリーチできなかった層にアプローチすることが可能になりました。 DMの制作・発送代行やシナリオ設計までサポートいたします。
料金プラン
-
EC Intelligence
EC Intelligenceは、検索・レコメンド・Web接客・CRM・BIの5つの機能を1つにしたEC&オムニチャネル専用のマーケティングツールです。 導入後も3ヶ月間は追加費用なしで伴走ミーティングを実施。
料金プラン
145,000円-/月
無料トライアルあり
Probance
情報洪水時代のニーズに応える、顧客のニーズを予測するマーケティングオートメーション。 BtoCビジネスにおける顧客と企業のパーソナライズコミュニケーションを実現します。
料金プラン
-
GEPPY
GEPPYはレシートを撮影することで参加するタイプのキャンペーンシステムを作成できるツールです。LINEでのキャンペーンで広く活用されています。
料金プラン
-
レコガゾウ
シルバーエッグ・テクノロジーの『レコガゾウ』はパーソナライゼーションに特化した独自開発のAIエンジンで、メール開封時点でのユーザー一人ひとりの嗜好性にマッチしたおすすめを表示する リアルタイム・メールレコメンドサービスです。 ※国内特許取得済
料金プラン
-
KUZEN-LINK
KUZEN-LINKは、LINE公式アカウントの運用効果を最大化させるマーケティングツールです。CVRの向上・LTVの最大化をLINE一つで実現。マーケティング施策のご提案など、LINE運用成功に向けたサポートをご提供しております。
料金プラン
-
無料トライアルあり
MAツール(BtoC)のサービス資料28件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
Adobe Marketo Engage
Salesforce Marketing Cloud
b→dash
GENIEE MA
カスタマーリングス
Probance
pass for business
MAツール(BtoC)のお役立ちガイド
資料の続きを閲覧するには
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドではECサイト構築ショッピングカートシステムASPシフト管理システム店舗管理システムPOSシステムo2o動線分析クレジットカード決済チャットボットオーダーエントリーシステム決済代行(BtoC)Webプッシュ通知サービス店舗アプリコールトラッキングシステムeKYC(オンライン本人確認)メディア・媒体ポップアップツールMEO対策ツール予約システムまで含めた一連のMAツール(BtoC)のサービスについてまとめています。

MAツール(BtoC)の基礎知識

1
MAツール(BtoC向け)とは?
MAツールはリード(見込み顧客)の情報収集と管理ができるツールで、収集した情報を活用してマーケティング施策の実行と分析ができます。

一連のマーケティング施策の自動化を実現でき、費用対効果の分析を通じてマーケティングプロセスの最適化が可能なため、業界・業種にかかわらず広く活用されているツールです。

MAツールにはBtoB向けのものとBtoC向けの製品があり、実装されている機能や連携できるツールなどに違いがあります。

BtoCは一般消費者向けに商品・サービスを提供するため、企業向けに提供するBtoBに比べ、リードが顧客に変わるまでの期間が短く、顧客の数も圧倒的に多いのが特徴です。

【BtoC向けのMAツールの特徴】
BtoC向けのMAツールは、一般消費者である顧客の関心事や嗜好を分析するための機能や、複数のチャネルを使ったアプローチができる機能などが実装されています。

いわゆる「One to Oneマーケティング」の自動化が可能で、SFAやCRMとスムーズに連携できる製品が多くあります。膨大な顧客情報を分析し、行動パターンや属性に合わせたアプローチのシナリオの設計が可能です。
2
MAツール(BtoC向け)はなぜ必要か?
MAツールは、データに基づいた合理的なマーケティング施策の実行に欠かせません。多様化した消費者の嗜好や行動パターンを把握するには、さまざまな媒体から広く情報を収集し、分析に活かす必要があります。

特にBtoCは無数の潜在顧客層を相手にする必要があるため、膨大な情報をいかに効率的に収集し、有益な情報を抽出するかが成功のポイントといえるでしょう。

そこで、MAツールを活用してリードの特性や、行動パターンに関する情報を収集・整理し、一人ひとりの顧客合ったアプローチを模索する企業が増えてきました。

MAツールの導入・運用でリードがどういったルートで商品やサービスを認知し、購入に至るのか、具体的なプロセスを理解すれば、有効なマーケティング施策を打ち出しやすくなります。
3
MAツール(BtoC向け)を導入するメリット
【リードの特性や行動パターンに応じたアプローチができる】

MAツールの導入によって、リードの属性や価値観、経済状況、行動パターンなどに応じたアプローチが実現できます。

BtoCは潜在顧客層が非常に多く、個別の状況に合わせたアプローチは困難ですが、収集したデータに基づいてリードをセグメント化すれば、より効果的なマーケティング施策の実行が可能になります。

リードの獲得から育成までのプロセスを効率化できるようになり、さらに施策の実行と改善を繰り返すことで、自社の状況に合った最適なマーケティングプロセスの構築が可能です。

【マーケティング担当者の業務効率化を実現できる】

MAツールでリードの特性に応じたマーケティングシナリオを設計すれば、担当者の負担を軽減できるのに加えて、業務効率化も実現できます。マーケティング施策に関わる作業の自動化のみならず、作業ミスも起こりづらいので、戻り工数の発生を抑止できるのもメリットです。

また、マーケティングに関わる社員の行動を最適化できるだけでなく、営業担当者も有効なシナリオに則ったアプローチが可能になります。

リードデータの統合と分析、施策の実行までオールインワンで活用できるMAツールが多いので、営業部門とマーケティング部門の連携も密になるでしょう。
4
MAツール(BtoC向け)を導入するデメリット
【ベストな運用体制の構築に手間とコストを要する】

MAツールに限らず、各種管理システムの導入・運用には相応のコストがかかります。

特にMAツールはクラウド型の製品が多いため、毎月一定額の料金を負担しなければいけません。導入後に想定した成果を上げられなければ、運用コストが無駄になってしまいます。

さらに、最適な運用体制を構築できるまでには時間を要します。ツールの使い方を含めて、社員教育の手間もかかるでしょう。

導入効果を実感できなければ、現場で使われなくなってしまう可能性もあります。運用がしっかりと定着するように、長期的な視点に立ちながら環境に合う製品を選ぶことが大事です。

【一時的に担当者の作業量が増加する可能性がある】

導入から運用が軌道に乗るまでは、一時的にマーケティング担当者の作業量が増えてしまう可能性があります。

ツールの使い方を覚えてシナリオを作成し、適宜修正と改善を繰り返さなければならないため、導入前よりも業務負担が大きくなる担当者は必ず出てくるはずです。

担当者のモチベーションが下がらないように、マーケティング部門の全員が導入の目的をしっかりと共有したうえで、一部の担当者にのみ負担がかからないように注意しましょう。
5
MAツール(BtoC向け)の比較ポイント
【必要な機能が実装されているか?】

メルマガ機能をはじめ、メールの配信やシナリオの設定など、求める機能が実装されているかは重要な選択基準です。

BtoC向けのMAツールは機能が多いため、事前に何が必要か洗い出しておき、必要十分な機能が実装された製品を選びましょう。

また、近年は位置情報データを活用できるMAツールが注目されています。実店舗を運営している企業にとってはオンライン・オフラインを組み合わせたマーケティング施策が実現できるので、ぜひ導入したいところです。

【誰にでも使いやすい機能性を有しているか?】

マーケティングの担当者にとって、ITシステムを使いこなす力は必須といえますが、それでも人によってITリテラシーには違いがあります。

将来、多くの社員がシステムを利用する可能性もあるので、誰にでも使いやすい機能性をもつ製品が望ましいでしょう。

一つひとつの機能の使いやすさに加えて、システムの視認性も重要です。一目でデータの示す意味を把握できるツールならば、施策の実行と検証のサイクルをスムーズに回せます。

【他のシステムとの連携性に優れているか?】

SFAやCRMなど、他のシステムとスムーズに連携できる製品を選ぶことが大事です。

すでに社内で運用しているツールやシステムと連携できれば、リードの創出からスコアリング、商談情報の整理・活用など、マーケティングから営業の一連の流れを効率化できます。社員にとっても、使い慣れたツールの延長線でMAツールを捉えられるため、運用が定着しやすいのもメリットです。

具体的にどういったシステムと連携できるかは、MAツールの公式サイトに掲載されているので、事前にチェックしておきましょう。
6
MAツール(BtoC向け)の導入に失敗しない方法は?成功するためのポイント
MAツールの導入に失敗しないためには、導入によって何を解決したいのか明確にしておき、マーケティング部門で目的を共有しておかなければいけません。

目的が明らかになれば必要な機能が洗い出せるだけでなく、導入前に運用体制の構築が可能になります。部門内で導入後の役割分担を明確にしておきましょう。

さらに導入担当者を決めておき、マニュアルの作成や営業・マーケティング部門の調整など、スムーズに運用が定着するように準備を進めておくことが大事です。ベンダーの導入サポートが受けられる場合もあるので、積極的に活用しましょう。

MAツール(BtoC)の口コミ

aimstarの口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
医療系
利用状況:現在は利用していない
/
利用アカウント数:11件〜30件
投稿日:2023/01/29
4/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
担当の営業さんがたくさん面会に来られるので、後に時間が経った後でデータを分析する事が可能になったので、この評価にさせていただきました。エリアごとに分析することができるので、後で業務をしやすくなりました。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
このツールを使うことで、営業売り上げの問題点が明確にすることができました。データ収集と分析が後回しになって時間が経つにつれ行の時間が長くなっていましたが、このツールを入れることで、時間が短縮されたことが最大のメリットになりました。
カスタマーリングスの口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:101件〜200件
投稿日:2023/01/28
5/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
いろいろな製品のサポートを今までに利用してきたが、とても手厚いサポートに正直感謝と共に頭が上がりません。他のサポートならこれ以上は無理と言われたり、別途費用を請求されたりするが、こちらはレスポンスも早くて素晴らしい。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
特定とお客様ごとに分けたり絞ってメール送信などができるため、今までは残業時間が長いという課題がありましたが、この製品を導入したことにより課題がクリアできた。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。