チームワークと個人のタスク、どちらも 1 つのプラットフォームで

Slack

スラック
更新日 2021-02-19
匿名のユーザー
ユーザー
サービス/外食/レジャー系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:51件〜100件
投稿日:2020/09/10
5/5
在籍確認
投稿経路オーガニック自然発生の口コミです
リアルタイムに出来るコミュニケーション。起動も軽く、直感的に気軽に入力できるインターフェース。テーマごとに作れる「Slack部屋」。PCはもちろん、スマートフォンでも視認性抜群。動画や画像の共有も楽。スタンプでのかんたんな返信。直近転職で移った会社3社全てが導入しており、もはや自分が慣れてしまったこともあって、Slackでなければ仕事できないと言っても過言ではない。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
導入に関わったわけではないので、導入時の背景などはわかりませんが、2015年頃はアメリカのスタートアップ企業での人気が高く、特にエンジニアの利用率が高いプロダクトでした。それもあって、Eメール時代と比べて特に開発系、コンテンツ制作系のメンバーとのコミュニケーションは格段に楽になってると思います。 Slackの一番の効果はスピード感。操作性やコミュニケーションの即時性が高く、またプロダクト自体のアップデートも速いので、使っていてストレスを感じない、という点が普及した要因だと思います。 2020年の感染症が広まった時にリモートワークになりましたが、このスピード感のおかげで遠隔でもコミュニケーションがスムーズだったと感じます。
このサービスの良いポイントはなんですか?
スピード感(操作、製品改善など様々な)
普及度(使っている企業が多いので会社が変わってもスムーズに業務に入れる)
他製品との連携機能
このサービスの改善点はなんですか?
「あれ話したのいつだっけ」のような、過去のログを探すときは辛い
価格は高い(ただ機能などを加味したらこのくらいかかって妥当だとも思う)
どのサービスと連携して使用していますか?
サービスの5段階評価
使いやすさ
お役立ち度
カスタマイズ性
機能満足度
サービスの安定性

同じカテゴリのサービスと比較

Slackと気になるサービスの2社比較や、複数のサービスを選択して比較・資料請求できます