東京23区の正社員に1日の平均労働時間を聞いてみた 半数が「現状維持」を希望

最終更新日: 公開日:

マクロミルは10日、東京23区で働くフルタイムの正社員1000人を対象に労働時間に対する意識調査の結果を発表した。働き方改革が推奨されるなかで、労働者は自身の働き方に満足しているのか。

東京23区の正社員に1日の平均労働時間を聞いてみた 半数が「現状維持」を希望

厚生労働省主導で時間外労働の削減が重視されるなか、働き方改革をうたう企業が増えてきている。

従業員は現状の労働時間に満足しているのか。マクロミルは実態を把握すべく、東京23区に勤めるフルタイムの正社員を対象に、労働時間に対する調査を行った。

1日の平均労働時間は「8.9時間」 約1/4が「8時間未満」と回答

対象者に直近3か月における、休憩時間を除く基本労働時間に残業時間を含めた1日の総労働時間を調査した。その結果、最も多い回答は「8時間以上~9時間未満」で39%、「8時間未満」が24%であった。

労働基準法の第32条では原則として、「1週間に40時間・1日に8時間」を基本労働時間と定め、それを超える時間を残業時間としていることから、労働時間が8時間未満の「ほぼ残業なし」の会社員は 24%であることが今回の調査で判明した。また、1日の平均労働時間は8.9時間だった。

(出典:プレスリリース 【図】1日の総労働時間(過去3ヵ月平均)※休憩時間を除く)

ほぼ半数が現在の労働時間に満足 年齢上昇につれて満足度は減少傾向に

現在の労働時間に対する満足度は、ほぼ半数の43%が「満足」(とても満足+やや満足の合計)と回答した。一方で「不満」(とても不満+やや不満の合計)と答えた割合が26%だった。

世代別に「満足」と回答した人の割合を比べると、20代では半数を超えているが、30代が43%、40代が35%と、年齢が上昇するにつれて「満足」の割合が低下している

(出典:プレスリリース 【図】労働時間に対する満足度(世代別))