SXSW(サウスバイサウスウェスト)とは? 2018年は日本からソニー、パナソニックが出展

2018年も3月9~18日にかけて米国テキサス州オースティンにおいて最先端テクノロジーの祭典SXSW(サウスバイサウスウェスト)が開催された。日本からはソニーやパナソニックが出展し話題を呼んでいるが、SXSW(サウスバイサウスウェスト)を単なる展示会ではなく「リーン・スタートアップ」の一環として活用するという新たな「価値」に着目してレポートをお届けする。

SXSW(サウスバイサウスウェスト)とは? 2018年は日本からソニー、パナソニックが出展

SXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)とは

SXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)とは、スタートアップの登竜門といえる一大イベントだ。SXSWミュージック・SXSWフィルム・SXSWインタラクティブ・SXSWコメディの4部門に分かれて開催される。その1部門SXSWインタラクティブはIT関連企業、スタートアップの新規事業アイデア、プロトタイプ紹介がメインとなっており毎年メディアでも大きく取り上げられている。

参加企業の多くはSXSW参加者からプロトタイプへのフィードバックを受けること、事業パートナーや投資家との接点の獲得を狙いとしている。現に2007年Twitter、2011年Airbnb、2012年PinterestがSXSWにおいて表彰され、それを契機に世の中の注目を浴びることになった。スタートアップの登竜門のようなイベントでもあるのだ。

SXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)はリーン・スタートアップの一環

スタートアップではないものの、スタートアップにも引けを取らないユニークなプロダクトのプロトタイプや出し物を出展して目立っているのがパナソニックやソニーだ。パナソニックは「Panasonic House @ SXSW 2018」、ソニーは「WOW Studio」と両社とも一棟を間借りするほどの注力ぶり。

SXSWにおいて商用化前のプロダクトのプロトタイプに対するユーザーの反応を見たり、フィードバックを受けることでユーザー視点からプロダクトを修正するキッカケを掴もうとしている。いわゆる「リーン・スタートアップ」の一環にSXSWを位置付け、市場に受け入れられるイノベーティブなプロダクト創出に向けて動いているわけだ。