楽天モバイルの解約・MNP予約番号の発行方法を詳しく解説!解約にかかる手数料も紹介

公開日:

記事の情報は2022-01-13時点のものです。

楽天モバイルの解約方法や解約月の料金や手数料が分からず、不安な方もいるでしょう。この記事では、楽天モバイルの解約手順と解約にかかる手数料や注意したいポイントについて分かりやすくまとめています。解約するタイミングによっては損してしまうこともあるので、参考にしてください。
楽天モバイルの解約・MNP予約番号の発行方法を詳しく解説!解約にかかる手数料も紹介

「楽天モバイルの解約方法がわからない」、「解約月の料金や手数料はかかるのか事前に把握したい」人も多いでしょう。

楽天モバイルのホームページでは、解約方法について詳しく書かれていないため、わかりにくいと感じるのではないでしょうか。

また、解約時の注意事項は契約した頃と変わっていることもあり、解約前に確認することが大切です。

この記事では、楽天モバイルの解約手順と解約にかかる手数料や注意したいポイントについてわかりやすくまとめています。

解約するタイミングによっては損をしてしまうこともあるので、まずはこの記事を参考にしてみてください。

楽天モバイルの解約方法は2パターン

以前までの楽天モバイルは電話手続きが必要でした。現在では楽天モバイル『Rakuten UN-LIMIT』の解約は店頭に行かなくてもオンラインで簡単に行えます。

解約方法には、my楽天アプリかWebページからの2パターンがあります。それぞれの解約手順について説明します。

Webから楽天モバイルの解約を行う手順

楽天モバイルを公式のWebページから解約するには、次の手順から行います。

Webから楽天モバイルの解約を行う手順

  1. ブラウザからmy楽天モバイルにログイン
  2. 「各種手続き」項目から「解約」をクリック
  3. 注意事項をよく確認し、「アンケートに進む」をタップ
  4. アンケートに回答後、「申し込む」をタップ
  5. 解約完了(登録アドレスにメールが届きます)

こちらは、MNP予約番号なしで解約を行う方法です。MNP予約番号を利用して乗り換えする場合は、2の「各種手続き」で選択する項目が変わります。

楽天アプリから楽天モバイルの解約を行う手順

楽天モバイルを公式アプリ「my楽天モバイル」から解約するには、次の手順から行います。

楽天アプリから楽天モバイルの解約を行う手順

1 my楽天モバイルへログイン
2 アプリのメニュー項目から「契約プラン」をタップ
3 「各種手続き」項目から「解約」をタップ
4 注意事項をよく確認し、「アンケートに進む」をタップ
5 アンケートに回答後、「申し込む」をタップ
6 解約完了(登録アドレスにメールが届きます)

このように、アプリからの解約手順はWebページからの解約とほとんど変わりなく、簡単に手続きできます。ただし、表示方法や文面が多少変わるので注意してください。

オプション加入は別途解約手続きが必要!

「スマホ交換保証プラス」や「故障紛失保証 with AppleCare Services」などのオプションに加入している方は、契約プランと別途で解約手続きが必要です。

楽天モバイルのオプション解約手順

楽天モバイルのオプションを解約するには、次の手順から行います。

楽天モバイルのオプション解約手順

1 「my楽天モバイル」にログインし、トップページを開く
2 「スマホ交換保証プラス」や「故障紛失保証 with AppleCare Services」の「解約する」を選択
3 表示内容を確認し、OKにチェック
4 解約完了

オプションの解約手続きを忘れてしまうと、解約後も料金が請求されるので注意が必要です。

電話番号を他社に引き継ぐためにMNP転出を申し込もう!

楽天モバイルの電話番号を他社で引き継ぎたい方は、解約前にMNP転出を申し込みましょう。

こちらでは、MNPについてわかりやすく手順を解説しています。

MNPとは?

MNP転出(携帯電話ナンバーポータビリティ)とは、今まで使用していた電話番号を、乗り換え先のキャリアでも利用できる制度のことをいいます。

「今の電話番号を変えたくない」といった理由から、他のキャリアへ乗り換えできなかった人に便利な制度です。

ただし、MNP転出を利用するには、解約前と後に手続きをする必要があります。MNP転出の引継ぎは乗り換え先によって手順が異なるので、案内に従いながら進めていきましょう。

楽天モバイルでMNP予約番号を発行する方法

楽天モバイルで使用していた電話番号を乗り換え先に引継ぎたい場合は、次の手順で「MNP転出」を申し込みます。

楽天モバイルでMNP予約番号を発行する方法

  1. 「my楽天モバイル」にログインし、メニューから「契約プラン」を選択
  2. 「各種手続き」をタップ
  3. 「他社への乗り換え(MNP予約番号取得)」をタップし、申し込む
  4. MNP予約番号が発行
  5. 他社と契約するときに、発行されたMNP予約番号を入力すると電話番号が引継ぎ完了

MNP予約番号を発行する場合は、上記で紹介した解約手続きではなく、MNP予約番号取得を進めることで自動的に解約されます。

MNP予約番号を発行は、とくに必要な書類もなく簡単にできます。しかし、この手続きを忘れてしまうと、乗り換え先で電話番号が引き継がれなくなるので覚えておきましょう。

また、MNP予約番号には有効期限があります。MNP転出手続きをした日を含め、15日以内に電話番号を引き継がなければなりません。この期日を過ぎてしまうと、無効になるので注意してください。

楽天モバイル解約後SIMの返却を行おう

楽天モバイル解約後は、SIMカードを必ず返却しなくてはなりません。返却が確認できない場合は、損害賠償として1万円が請求されてしまうので忘れないようにしましょう。

ただし、解約手続きの前にSIMカードを返却してしまうと、うまく解約ができなかったときにスマートフォンが使用できなくなります。必ず、解約手続きを済ませてから返却してください。

SIMカード返却方法

SIMカードの返却方法はとくに指定がありません。SIMカードはとても小さいため、なるべくコンパクトに梱包することで配送料を抑えられます。ただし、配送中に紛失されてしまうと損害賠償の対象にもなるため、「追跡」のある配送方法がおすすめです。

  • ゆうパケット
  • ネコポス
  • クイックポスト
  • レターパックライト

<返却先住所>
〒143-0006
東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
「楽天モバイル SIM返却係」宛

SIMカードの返却期限は解約手続き後、1か月以内となります。到着まで日数もかかるため、新しいSIMカードを入れ替えたらすぐに発送準備を行いましょう。返却費用は契約者負担となり、着払いは受け取りされないので注意してください。

また、発送先を間違えた場合はSIMカードが手元に戻り再発送が必要になります。再発送の送料はすべて自己負担です。返却までの日数もかかってしまうため、返却先はよく確認しておきましょう。

SIMカードを紛失・破損した場合

SIMカードを紛失・破損した場合も同様に、損害賠償請求の対象になります。SIMカードは薄く小さいため、端末から取り出したときに紛失・破損してしまうケースが多くあります。入れ替える時はなくさないよう注意して、すぐに保管してください。

楽天モバイルの解約月は月額料金の日割り?手数料は?

楽天モバイルを月の途中で解約した場合も月額料金は1か月分請求されてしまうのでしょうか。こちらでは解約月の月額料金や手数料について紹介します。

解約月は月額料金・オプション料金ともに日割り計算だから安心

楽天モバイルでは解約月を、月額料金・オプション料金とも日割りで請求しています。満額請求されることはないため、月初に解約をしたとしても損することはありません。

ただし、「国際通話かけ放題」と「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」のオプションだけは日割り対象外です。こちらは、満額請求されるので覚えておきましょう。

また、解約後も端末代金の支払いは継続されます。支払い金額や回数については、支払い登録している金融機関で問い合わせができます。

楽天モバイルは解約手数料・MNP転出手数料ともに0円!

楽天モバイルでは、解約手数料・MNP転出手数料ともに0円です。

他社では、MNP転出手数料として3,000円ほどかかるところもありますが、楽天モバイルなら0円でMNP予約番号を発行できます。

【注意】楽天モバイル解約前に確認しておきたいこと

他社で魅力的なキャンペーンが行われていると、すぐに解約したいと思う方も多いでしょう。

しかし、解約手続きをする前に確認しておきたいことが3点あります。それぞれ、どんな注意点があるのかを解説します。

  • 楽天モバイル解約後も端末代金の支払いが続く
  • 楽天モバイルは解約すると取り消しできない
  • 楽天モバイルのキャンペーンは1人1回・1回線のみ

楽天モバイルとの解約が成立後も端末代金は支払いが続く

楽天モバイルを解約したとしても、分割購入した端末代金の支払いが済んでいない場合は、解約後も支払いが続きます。

他社で新機種を購入し乗り換えで利用すると、「楽天モバイルの未払い代金+新機種の代金+乗り換え先の月額使用料」がかかります。このように、重ねて料金がかかるデメリットがあるので注意が必要です。

楽天モバイルを解約後しても、「my楽天モバイル」から端末代金の請求内容を確認できますが、未払い代金や支払い回数については、登録している金融機関へ問い合わせが必要です。

また、残りの端末代金を分割から一括払いへ変更する場合も、楽天モバイルではなく金融機関となります。

解約後の取り消しはできない

楽天モバイルは一度解約手続きを済ませてしまうと、解約の取り消しはできません。「本当に解約していいのか」解約前によく考えて手続きに進みましょう。

ただし解約申請を提出した数日以内に問い合わせをすれば、解約が取り消しできる場合もあります。

<解約取り消し期間>
1〜15日までに解約申請した場合:当月25日まで
16〜月末までに解約申請した場合:翌月25日まで

上記の日にちまでに、楽天モバイルの公式アプリから解約取り消しの問い合わせをしましょう。アプリでは「メッセージング」を使って、カスタマーサービスに相談できます。

楽天モバイルのキャンペーン・特典の適用は1人1回・1回線のみ

  • 「プラン料金1年間無料キャンペーン」
  • 「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ プラン料金3か月無料キャンペーン」
  • 「家族紹介キャンペーン」
  • 「超トクのりかえキャンペーン」
  • その他、開催中のキャンペーン・特典

上記のような楽天モバイルのキャンペーンや特典の適用は、1人1回・1回線のみと決められており、再度契約してもキャンペーン価格で利用できません。

<適用対象外>

  • 1人で複数台契約してキャンペーンを適用
  • 一度解約して何度もキャンペーンを適用

楽天市場では複数のアカウントを所有できますが、楽天モバイルの場合、契約のときに本人確認が行われるため、1人で何度も特典を受けれません。

楽天モバイルの解約に関するよくある質問

こちらでは、楽天モバイルの解約に関するよくある質問を紹介します。

最低利用期間はありますか?

楽天モバイルでは2019年10月1日以降、最低利用期間や契約解除料の設定がなくなりました。最低利用期間の制限はなく、いつでも好きなときに解約できます。

違約金や解除手数料の支払いはありますか?

楽天モバイルでは契約解除料といった違約金は発生しません。

ただし、解約日の月額利用料は解約月に使用したデータ量をもとに請求されます。オプションに加入している場合は料金を日割りで計算しています。また、機種代の支払いが終了していない場合も、解約後に継続して代金が請求されます。

楽天モバイルからの乗り換えにおすすめな格安SIMキャリア

こちらでは、楽天モバイルの解約を考えている人のために、乗り換えにおすすめな格安SIMキャリアを4つ紹介します。料金やプラン内容を見てキャリアを見つけてください。

まずは楽天モバイルと4つの格安SIMキャリアのサービス内容を比較してみましょう。

楽天モバイル LINEMO UQモバイル mineo Y!mobile
回線 楽天・au ソフトバンク au au・ドコモ・ソフトバンク ソフトバンク
ギガ数 1GB〜無制限 3GB〜20GB 3GB〜25GB 1GB〜20GB 3GB〜25GB
プラン名 Rakuten UN-LIMIT Ⅵ ミニプラン・スマホプラン くりこしプラン+5G デュアルタイプ シンプルプラン
月額料金(税込) 0円〜3,278円 990円〜2,728円 1,628円〜3,828円 1,298円〜2,178円 2,178円〜4,158円

※価格はすべて税込料金です
※2021年11月時点の情報です

楽天モバイルには料金プランは1つしかなく、データ消費量によって料金が変わります。料金は1GB未満であれば0円のため、毎月のデータ消費が少ない人には魅力的なキャリアです。

また、楽天エリアであればデータ使い放題、独自のアプリを使用すれば国内通話がかけ放題、となります。ただし、楽天エリア外ではau回線が使用され、毎月5GBが上限となります。

では、他4つの格安SIMキャリアには、どのような特徴があるのでしょうか。それぞれ解説していきます。

LINEMO

LINEMO(ラインモ)は、ソフトバンクが展開する格安SIMブランドです。LINEのサービスと間違える人も多いですが、LINEモバイルとは関係ありませんので注意してください。

料金プランやオプションは次のとおりです。

プラン名 ミニプラン スマホプラン
月額料金(税込) 990円 2,480円
ギガ数 3GB 20GB
超過後の通信速度 300kbps 1Mbps

※2021年11月時点の情報です

<オプション>
- 国内通話が5分間無料:月額550円(税込)
- 国内通話無料:月額1,650円(税込)

LINEMOの料金プランには「ミニプラン」と「スマホプラン」の2つがあります。月々のデータ消費量が少ない人は、「ミニプラン」月額990円で利用できます。

LINEMOは、LINEトークで使用したデータ量が消費されないことや、クリエイターズスタンプ使い放題といった、LINEを使うことが多い人には嬉しいサービスあります。

通信速度もソフトバンクの回線を使用しているため、エリア内であれば5Gにも対応しています。

楽天モバイルと料金プランが似ているので、乗り換えのイメージがつきやすいサービスです。しかし、端末購入ができないことやサポートはWebのみといった、デメリットがあることも覚えておきましょう。

UQモバイル

格安SIMキャリアの中でも名が知られているUQモバイル。安定した通信速度と料金プランやオプションが豊富さが特徴です。

料金プランやオプションは次のとおりです。

プラン名 くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
月額料金(税込) 1,628円 2,728円 3,828円
ギガ数 3GB 15GB 25GB
超過後の通信速度 300kbps 1Mbps 1Mbps

※2021年11月時点の情報です

<オプション>

  • 最大60分国内通話が定額:月額550円(税込)
  • 国内通話10分かけ放題:月額770円(税込)
  • 国内通話かけ放題:月額1,870円(税込)

UQモバイルは、楽天モバイルやLINEMO、mineoなどと比較すると料金が高く感じるかもしれません。しかし、通信速度が安定しており、プランMやLであれば低速でも1Mbpsとなります。データ量を使い切っても快適に使用できるのは魅力です。

料金プランは楽天モバイルよりも高くなりますが、楽天モバイルのエリア外で使用することが多い人や、通信が遅いと感じていた人にはおすすめです。

mineo

格安SIMの中でも低価格で知られているmineoは、必要なデータ量を選べる「マイピタ」プランが登場し、より利用しやすくリニューアルしています。

料金プランやオプションは次のとおりです。

ギガ数 1GB 5GB 10GB 20GB
月額料金-音声SIM(税込) 1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
月額料金-データSIM(税込) 880円 1,265円 1,705円 1,925円

※2021年11月時点の情報です

<オプション>

  • 「mineoでんわ」国内通話10分かけ放題:月額935円(税込)
  • 通話定額サービス:月額924円(30分)/月額1,848円(60分)

新プランの「マイピタ」は1GB〜20GBまで使うデータ量に合わせてプランが選べます。mineoでは、au・ドコモ・ソフトバンクの回線が使用できますが、どの回線もプラン料金は同一です。

楽天モバイルには5〜10GBの料金設定がなく、3GB以上使用すると2,178円かかります。一方でmineoには5GBで1,518円、10GBで1,958円と低価格な設定があるのが特徴です。通信速度よりも料金を抑えたい人におすすめのサービスとなります。

Y!mobile

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileは、安定した通信速度・店舗も多くサポートが充実しています。

料金プランやオプションは次のとおりです。

プラン名 シンプルプランS シンプルプランM シンプルプランL
月額料金(税込) 2,178円 3,278円 4,158円
ギガ数 3GB 15GB 25GB
超過後の通信速度 300kbps 1Mbps 1Mbps

※2021年11月時点の情報です

<オプション>

  • 「だれとでも定額」国内通話10分以内無料:月額770円(税込)
  • 「スーパーだれとでも定額」国内通話制限なしで無料:1,870円(税込)

楽天モバイルやUQモバイルなどと比較すると料金プランは高くなりますが、家族割を適用すると2回線目以降が毎月1,188円割引になります。複数台を乗り換えしたいと考えている人に向いているサービスです。

まとめ

楽天モバイルの解約手順と解約にかかる手数料、注意したいポイントについて解説しました。

この記事の内容をまとめると次のようになります。

  • 解約は「my楽天アプリ」か「Webページから」の2パターン
  • 解約後は取り消しができない
  • 解約後はSIMカードの返却が必要
  • 解約手数料・MNP転出手数料ともに0円
  • 解約後も端末代金の支払いが続く
  • 解約月の月額料金、オプション料金は日割りだが対象外のオプションも
  • オプションは別途で解約手続きが必要
  • 他社で同じ電話番号を使うには、MNP予約番号が必要
  • 最低利用期間や違約金はない

楽天モバイルの解約はオンラインで簡単に完了します。最低利用期間や解約時の違約金も発生しないため、好きな時期に解約が可能です。

しかし、手続きが完了してしまえば取り消しができないこと、解約後も端末代金の支払いが続くことを覚えておきましょう。

<参考サイト>
楽天モバイル 公式ホームページ