Article square balloon green

通勤費の課税・非課税や控除の基準を交通機関ごとに解説!

給与の計算において欠かせないのが経費の1つとなる通勤費の精算。通勤費支給の基準は会社によって異なりますが、課税・非課税の基準は国によって定められています。ここで徹底的に解説します!※初回公開日:2017/07/21
経費精算システム
Large

自宅から会社までの移動に伴いかかる費用に対して支払われる「通勤費」。ほぼ例外なく、その会社でも支給されているものです。ですが、「通勤費を支給しなければならない」という法律は無いことは意外と知られていません。
意外と知らない通勤費のこと、非課税の限度額や法律・ルールを徹底的に解説します!

通勤費とは

通勤費というのは、会社に通勤するために給与などとともに支給される通勤手当のことをいいます。通勤費は基本的には経費として計上されるので、課税の対象にはなりません。ですが、法定の非課税上限を超えてしまうと課税対象となります。

通勤費のルールは基本的に社内の規則で定められます。不正受給などの規定は会社のものを参照してください。

交通費との違い

]
通勤費と混同しやすいのが交通費です。ビジネスの場面においては、通勤費は従業員が会社に来るための金銭、交通費はそれ以外の会社のことに関わる移動に使った金銭という仕分けがされています。したがって出張の時の新幹線代、営業先へ出向く際の費用は交通費として計上されます。

交通機関ごとの非課税限度

それでは、交通機関ごとの非課税の限度を紹介します。

電車・バスの場合

電車やバスの通勤の場合、非課税の限度は月15万円です。限度が15万円だからといって、無条件で15万円を与えても良いというわけではありません。

最も経済的かつ合理的な経路および方法で通勤した場合の通勤費が非課税額として認められます。また、特に端的かつ明快なのは定期代です。多くの会社では1か月の定期代を通勤費として定義しています。

新幹線の場合

合理的といえる場合には新幹線通勤も認められています。ですが、グリーン車の利用は認められていないため、グリーン券の料金は課税対象になります。

タクシー通勤・運転手付き通勤の場合

タクシー通勤や運転手付き通勤は合理的な経路であると認められていません。ただし、運転手を会社で雇っている場合には運転手の給与は経費で精算されます。

マイカーなど車通勤の場合

車で通勤する場合には、距離によって非課税の上限が定められています。距離に応じて合理的な範囲を決めている、というわけです。
以下が非課税となる範囲となります。

片道5kmで、5,000円を会社が支給しているとすると、5,000-4,200=800円が課税の対象になります。

複数の交通手段を組み合わせて通勤する場合

車と電車を組み合わせて利用している場合など、複数の交通手段を組み合わせて利用しているときには、交通機関の通勤定期代と、距離に応じた車の非課税限度の合計が非課税額になります。組み合わせると15万円を超える場合は課税対象になります。

通勤費の精算も行える会計ソフト

最後に、通勤費の精算を行える会計ソフトを紹介します。

【厳選】おすすめ経費精算システムをまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

経費精算システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。従業員の領収書電子化、交通費のICカードからの読み取りなど、従業員の経費精算のスピード向上のために導入される経費精算システムの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

ジョブカン経費精算

  • 高機能なのに業界最安値を実現
  • ICカードで精算可能
  • 経費精算とワークフローも「クラウド化」

ジョブカン経費精算は、経費精算業務にかかる時間を大幅に削減します。交通費の精算も楽にでき、社内のあらゆる申請をクラウド化して管理することで、管理工数の大幅削減が可能となるため、より本業に集中して業務を進められます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ジョブカン経費精算の資料を無料DL

Dr.経費精算

  • 領収書の撮影と送信のみというシンプルさ
  • データスキャンから入力まで代行サービスあり
  • スマートフォンだけで申請処理が完結

Dr.経費精算は、全自動入力のクラウド経費精算システムです。駅すぱあとが内蔵されているため、ICカードをかざすだけで、料金計算も自動化されて表示します。領収書をスマートフォンで撮影するだけで経費の精算が可能であり、面倒な入力・データ化は、熟練のオペレーターが代行します。これにより入力にかかる手間が大幅に削減でき、入力ミスも防げます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Dr.経費精算の資料を無料DL

マネーフォワードクラウド経費

  • 取り込みの自動化によって経費精算の簡素化
  • 会計システムとの連携で経費業務の効率化
  • 電子帳簿保存法に対応してペーパーレス化

MFクラウド経費は「経費精算にかかる時間を1/10にする」というコンセプトで開発されている経費精算システムです。カード明細の自動取得や、SuicaなどのICカードと連携することによって交通費データの自動取得が可能です。MFクラウド会計などのMFクラウドシリーズとの連携が可能であり、これによって経費精算業務を含めた会計業務を大きく効率化させます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
マネーフォワードクラウド経費の資料を無料DL

その他の会計ソフトをご覧になりたい方は以下の記事をご覧ください。

【徹底比較】経費精算システム46選 - カテゴリ機能別 | クラウド・交通費精算 | ボクシルマガジン
【2019年最新版】経費精算システム46サービスを徹底比較。国内海外シェア、クラウド、パッケージ(オンプレミス)型...

会計ソフトを導入して通勤費の管理は楽々!

通勤費にはさまざまなルールがあり、法改正によって変わることも多いです。特に課税・非課税の枠についての計算は、手間がかかる上に不測のミスが起こる可能性もあります。

会計ソフトを導入すれば、その手間のかかる作業が不要になるうえに法改正も逃さずに対応できます。ぜひ会計ソフトの導入も検討してみてはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
経費精算システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社マネーフォワード、株式会社BearTail、株式会社JTBビジネストラベルソリューションズ、株式会社コンカー
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事