コピー完了

記事TOP

メール配信システムのシェア・市場規模を解説!一番選ばれている人気サービスは?

最終更新日:(記事の情報は現在から86日前のものです)
メール配信システムの市場規模とシェア率を紹介します。メール配信システムの今後の導入意向や、シェア率の高いサービスはなぜ選ばれているのかをBOXIL編集部の視点で解説しています。

メール配信システムの市場規模

BOXIL編集部が2024年2月に実施した調査をもとに、メール配信システムの市場規模を算出※1しました。2023年のSaaS型メール配信システムの市場規模は、およそ842.7億円だと算定できます。また、導入を検討しているユーザーの動向や導入予定時期をもとに算出すると、2024年の市場規模は1,030.6億円に到達する見込みで、2025年の市場規模は1,166.7億円に成長すると予測できます。

メール配信システムの市場規模

※1 調査期間 2024年2月16日〜2月27日 スマートキャンプで実施した「SaaSの利用実態調査」をもとに、1社あたりの利用金額と法人数から算定
※2 同調査の導入時期と導入予定時期から算定

メール配信システム市場の成長率は?

同調査では、まだメール配信システムを導入・利用していないWEBマーケティング業務担当者に対して、導入予定も調査しました。その結果、1年以内に導入を考えている企業が10%程度を占め、「時期は未定だが利用検討中」の企業も10%程度と利用に前向きな企業が多い結果となりました。

導入予定時期 回答数 割合
時期は未定だが利用検討中 13 11.9%
半年以内には利用開始予定 7 6.4%
1年以内には利用開始予定 6 5.5%
2年以内には利用開始予定 3 2.8%
現時点では未定・利用予定はない 80 73.4%

メール配信システム市場の成長の要因としては、顧客接点のデジタル化が進みメールマーケティングの重要性が高まっていることが挙げられます。また、法律で義務付けられているオプトインや、改正個人情報保護法によるオプトアウトの厳格化への対応をするにあたり、メール配信システムで一元管理することで効率的に管理できる有用性が広く認知されたことも要因です。

到達率の低さやスパム判定されてしまうなどの課題があるため、スパム判定されづらい仕組みをもつメール配信システムの導入がさらに進んでいくでしょう。

メール配信システムのシェア率

BOXILが実施したメール配信システムの利用ユーザー77人を対象にしたSaaSの利用実態調査によると、メール配信システムのシェア率は、配配メールがトップで7.8%でした。次点でOutlookが6.5%、自社開発ソフトが5.2%と続いています。GmailやSynergy!を利用している企業も多いようです。

メール配信システムのシェア率

※調査期間 2024年2月16日〜2月27日 スマートキャンプで実施した「SaaSの利用実態調査」をもとに集計

シェア率とあわせて口コミ・ユーザー満足度もチェック

シェア率だけでなく、各メール配信システムの口コミやユーザー満足度を確認しておくことで、自社にあったサービス選びができるようになります。メール配信システムの口コミランキングもあわせて参考にしてください。

【2024年06月】メール配信システム人気ランキング|満足度や口コミ・評判を調査 | ボクシルSaaS
メール配信システムのおすすめ人気製品をランキング形式で比較。料金や口コミ、機能、提供形態を元に比較可能です。
詳細を見る

ここからは、シェア率の高いメール配信システムはなぜ選ばれているのか、メール配信に特化したSaaSに絞ってBOXILに寄せられた口コミやサービスの特徴をもとに解説します。

【特典比較表つき】『メール配信システムの資料7選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『メール配信システムの資料7選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

配配メールBridge - 株式会社ラクス

配配メールBridge
配配メールBridge
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • ドラッグ&ドロップで簡単HTMLメール作成
  • 効果の高い配信時間帯をヒートマップで可視化
  • 開封率やクリック率を高めるガイド表示あり

配配メールが選ばれている理由としては、HTMLメールを作成する簡単さとエラーが起きた際の原因特定のしやすさが挙げられます。あらかじめ用意されるテンプレートから簡単に作成できるため、HTMLやCSSの知識がなくても簡単に作成できる点が評価につながっています。

また、MAに強い「Bridgeプラン」では、シナリオメールやホットリードの抽出などのマーケティングオートメーション機能が利用できるため、メールマーケティングを積極的に行いたい企業にとくにおすすめです。

Synergy! - シナジーマーケティング株式会社

Synergy!
Synergy!
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • メール配信が可能な国産CRM
  • 送りすぎを防止する機能も
  • ABテストでメール効果を最大化

Synergy!が選ばれている理由としては、とくに細かな配信設定ができる点と、国産CRMのため日本企業がスムーズに利用できるように設計された画面が挙げられます。顧客の誕生日や会員登録日といった情報から配信日を送り分けできるだけでなく、属性や行動履歴などの絞り込みも可能な点が評価につながっています。

また、LINEへの配信やアンケートフォームなど、顧客情報を活用するための機能がトータルで搭載されているため、積極的にCRMを利用したい企業におすすめです。

シェア率だけでなく機能で比較しよう

メール配信システムを選ぶ際に重要なのは「自社の状況に合った機能が備わっているかどうか」です。あわせて各サービスの口コミなども見ておくと良いでしょう。

【比較表あり】メール配信システム比較!導入目的タイプや選び方・おすすめサービス
メール配信システムを無料と有料に分類して、おすすめサービスを徹底比較。ステップメール、レコメンドメール、分析機能と...
詳細を見る
メール配信システム選び方ガイド_20240531.pptx.pdf
メール配信システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
メール配信システムの最近更新された記事