コピー完了

記事TOP

Benchmark Email(ベンチマークEメール)の使い方 - HTMLメールの作り方・作成方法

最終更新日:
1時間でハイレベルなHTMLメール作成できる「Benchmark Email(ベンチマーク)」。「HTMLメールを配信したいけれども作成に時間がかかりすぎる」「メール配信をしているものの分析・改善ができていない」などの問題を解決しましょう。

1時間でハイレベルなHTMLメール作成!Benchmark Emailを使ってみた

「HTMLメールを配信したいけど作成に時間がかかりすぎる」
「メール配信をしているものの分析・改善ができていない」
「とりあえず、有名だからmailchimpを使ってみたものの日本語対応していないため上手く活用できていない」

定期的なメール配信によって「リピート率が1.5倍に増えた!」といった成果が上がった例を耳にする一方で、効果的なメール配信ができておらず、悩んでいるマーケティング担当の方もいるのではないでしょうか。

そんな課題を解決するメール配信サービス「Benchmark Email」を使って実際にHTMLメールを作ってみたので、Benchmark Emailのメール作成の手順を紹介しつつ、特徴を紹介していきます!

Benchmark Email(ベンチマークイーメール)

  • HTMLメールエディターで初心者でもかんたんにメール作成が可能
  • リアルタイムの配信レポートで一歩進んだメールマーケティングを実現
  • 世界50万社に利用されているグローバルなシステムで9言語に対応

初期費用が無料で、毎月250通までなら無料で利用できるBenchmark Email。有料プランは月額1,800円からで、ドラッグ&ドロップでかんたんに美しいデザインのHTMLメールが作れ、レスポンシブにも対応しています。

HTMLエディター内に画像編集機能もあり、デザインテンプレートも500種類以上と数多く用意されています。

クリックマップまで標準搭載したメール配信レポートでパフォーマンスの改善ができ、ステップメールやABテスト機能など高度な機能も利用可能です。さらに、APIを用いてCRMなど自社データベースとの連携も可能です。

Benchmark EmailでHTMLメールを作成してみた

こちらが今回実際にBoxil編集部で作成したメールマガジンのプレビューです!

1時間で無料トライアル登録からメール作成完了まで簡単にストレスフリーでHTMLメールを作成できました!

プレビュー のコピー

まずは1分で無料トライアル登録

無料トライアルで全ての機能を利用して毎月250通までメール配信が可能です!
まずはホーム画面右上の「無料トライアル」をクリック!

最小限の登録情報で簡単にアカウントの作成が完了!
1分でアカウントが作成できます!

アカウントを作成したら、登録したメールアドレスに下記の様に『Benchmark Emailアカウント情報&アドレス認証』というタイトルのメールが届きます。

メール内赤枠の『メールアドレスを認証する』をクリックすると認証が完了し、トップページに遷移して完了のポップアップが出ます。登録したメールアドレスを送信元・返信先メールアドレスとして利用できるようになります。

メール内の「※操作説明資料はこちら」をクリックすると、詳細マニュアルを確認する事ができます!

メールの概要&顧客リストの設定

ダッシュボードからメール作成に進む

ドラッグ&ドロップ形式を選択するとHTMLメールの作成が簡単に!
レスポンシブ対応も自動で!

あらかじめ登録しておいた顧客リストの横のチェックボックスにチェックを入れるだけで希望の顧客リストに一斉にメールを配信できます!

もちろんここに書くまでもなく、簡単に新しくメールアドレスを登録ができます!顧客リストを特定の条件で抽出するなんてことも可能!

HTMLメールの作成

メールの概要と顧客リストの設定ができたら、いよいよHTMLメールの作成です!
まずは、500種類以上あるデザインのテンプレート/レイアウトを選択!
業種など目的に応じて適したデザインを選択出来るのが嬉しいですね!

今回Boxil編集部ではテンプレートではなく、1:3カラムのレイアウトを選択してみました!

HTMLメール

テンプレート/レイアウトを選択したら、ドラッグ&ドロップで編集!
コンテンツブロックから、画像やテキスト、シェアボタンなどのアイコンをドラッグ&ドロップするだけでパズルの様な感覚でHTMLメールの構成を変更できます!

画像の挿入も簡単!
画像をアップロードをクリックして、ドラッグ&ドロップもしくはファイルを選択するだけ!

画像の編集もphotoshopいらずで簡単に!挿入後は「編集」を押してリサイズや明るさの調整、強調、スタンプ、テキストの挿入などさまざまな編集が可能です!

テキストを書く際もHTMLの知識は必要ありません!
テキストボックスをクリックして、文字を入力するだけです!

文字の編集もブログ感覚で色やフォントを変えたり、中央揃えにしたり自由自在!
普段パワーポイントを利用している方なら、不自由なく操作できるでしょう。

メールの作成中や配信前にプレビューの確認ができます!
自動でレスポンシブになり、スマホ最適化されるので、特別な知識がなくてもスマホに最適なメルマガを作成できます!

こちらはデスクトップのプレビューです。

もちろん配信予約もできます!
件名を2種類用意してA/Bテストをするなんてことも可能です!

メール配信後はリアルタイムレポートで効果測定!

メール開封数やリンククリック数、メール転送率などメール配信したらすぐに知りたい情報がリアルタイムで効果測定可能!

配信したメールの件名のところをクリックしましょう。

もちろん他にもFacebookのいいね数やシェア数、Twitterのリツイート数などソーシャルでの拡散状況もリアルタイムで把握できます!(今回はテスト配信なので結果は出ていません)

その他機能と充実のサポート

他にも顧客が抱えている課題や嗜好を把握することができる投票&アンケート機能やエンゲージメント強化に効果絶大なステップメールなど様々な機能がついており、より効果を最大化していくために便利な機能が備わっています。

サポートも体制も充実しており、チャットやメールでのサポートから定期的にセミナー等の開催もやっています!きめ細かいサポート体制があるとユーザーとしては助かりますね!

トップページ左下の「ヘルプ」を押してみましょう。

実際に左上の赤枠の『チャット』をクリックすると画面上に下記の様なポップアップが出現します。名前とメールアドレスを入力してすぐにチャットがスタートできます!

be7adaccc2e40844d5030ac12b6fcf23

試しにチャットでBenchmarkサポートの方に質問をしてみました!

7a94399320ae4d6ce601c4224358be80

質問をしてから1分もかからずに回答が返ってきました!
平日10時-17時の間であれば即返答してもらえるようです!
不明な点があった際にすぐに気軽に質問できるのは嬉しいですね!

f674cc650e75b2af3aa6be9de516d682

Benchmark Emailで何ができるか

Benchmark Emailで実現できる基本的な機能について紹介します。
メイン機能であるHTMLメールだけではなく、メルマガやステップメールなども簡単に作成でき、さらにそれらの効果測定もわかりやすいレポートが可能です。

HTMLメールの送信

味気ないテキストメールと異なり、表現力豊かなHTMLメールを、知識いらずで作成・配信をすることが可能です。

まるでブログ記事を書くかのように、ガイダンスに沿って編集画面から高度なメールを作成できます。Photoshopなどの有料ソフト持っていなくても、メール編集画面のままで画像編集も可能です。

メールを受け取る側は、スマホやガラケー、タブレットなど多岐にわたります。
Benchmark Emailではそういったすべてのデバイスサイズにあったメールを自動的に作成・送信できます

メルマガの配信

メールマガジンに関する機能も充実しています。
ウェブサイトやブログなどのサイドバーに配置する登録フォームには、あらかじめ多くのバリエーションが準備されています。

自動化が進んでいるため、大幅に作成時間を短縮することができます。

ステップメールの配信

ステップメールとは、メールマーケティング手法の一つです。

なんらかのアクションを起こした人を対象に、1度目はサンクスメール、2度目、3度目はフォローや追加商品の提案など、事前に準備していた複数回分のメールを順番に配信できます。

これをマニュアルで実施するのはかなり困難ですが、Benchmark Emailではリストにメールアドレスを登録すると、自動的にステップメールを配信するよう設定することが可能です。

メールの効果測定

一方通行のメールでは、果たしてそのメールに効果があったのか正しく測定することはできません。

しかし、Benchmark Emailでは開封率や返信率、メール内のクリック率など詳細な効果を測定することが可能です。

ほぼリアルタイムにレポート化できるため、仮説検証のサイクルを繰り返すことができ、効果的なマーケティング活動につなげられます。

Facebookのいいね数やシェア数、Twitterのリツイート数など、SNS上の拡散状況もリアルタイムで把握することができます。

Benchmark Emailの特徴と機能

Benchmark Emailの特徴を説明します。

配信ニーズに応じて安価に利用できる

料金プランは後述しますが、メールアドレス数や月の配信数に応じて、柔軟なプランが準備されています。

効果が見えたときには、上位プランへアップグレードすればよいため、ニーズに応じたプラン選択が可能です。

わかりやすい管理画面

トップ画面は、シンプルでわかりやすいダッシュボードになっており、目的の機能に容易にたどり着くことが可能です。

他の管理画面も見やすく操作性の高いユーザーインターフェースのため、直感的に操作することができます。
海外製品でありながらも、ローカライズが充実しており、日本語の情報も豊富です。

ドラッグ&ドロップでメール作成

Benchmark EmailでHTMLメールを作成する手順においてコードは不要です。
配信するメールのレイアウトを選択したあとは、ドラック&ドロップエディタを使って、パズルをするような感覚で必要な要素を追加していきます。

ボタンも色や大きさなど細かい設定できます。編集した内容は、そのまま表示されるため、レイアウトを確認しながら完成させることができます。

豊富なテンプレート

デザインテンプレートも豊富に用意されており、その数は500種類以上です。
さまざまなタイプのテンプレートの中から選択して、簡単にメール作成を進められます。

もちろん、会社のロゴや写真をデザインにすることも可能です。テンプレートをベースに、カラーカスタマイズして雰囲気を変えることなども容易に行えます。

各クラウドサービスと連携可能

Benchmark Emailはさまざまなサービスと連携が可能です。

たとえば、Wordpressプラグインを利用してBenchmark Emailアカウントとの連携、またFacebookファンページに登録フォームを設置できます。
その他、Google、PayPal、Salesforce、ebayなど、300以上のWebサービスとの連携を実現しています。

気になるBenchmark Emailの料金は!?

Benchmark Emailの利用には、初期費用が一切かかりません。
さらに、無料のトライアルを利用すれば、有料版とほとんど変わらない機能を体感できます。

以前、お試し期間は30日間の期限付きでしたが、現在は期限がなくなっているので、しっかり性能や効果を確認できるまで利用可能です。
導入に対するハードルが低いことも、多くのユーザー数を獲得している要素のひとつです。

配信数無制限プラン

初期費用0円で契約期間1か月から利用でき、配信数無制限なので何通でも配信が可能で月額1,800円からのプランがあります!

初期費用0円からはじめることができます!

国内利用企業も3000社を超えていて、専任スタッフによる導入サポート付きなので安心!APIも多く用意されているので、理想の連携も実現可能です!

プラン メールアドレス 配信数/月 利用料金/月
小規模 600 無制限 1,800円
1,000 無制限 2,800円
1,500 無制限 3,700円
中規模 55,000 770,000 38,000円
60,000 840,000 41,000円
65,000 910,000 44,000円
大規模 125,000 1,750,000 80,000円
150,000 2,100,000 95,000円
175,000 2,450,000 110,000円
特大規模 1,070,000 15,000,000 550,000円
1,140,000 16,000,000 600,000円
1,215,000 17,000,000 625,000円

※プランの数が示すものは、登録できるメールアドレスの上限数となっております。

有料オプション

内容 金額 備考
リスト照合(コンタクト1000件につき) 500円 無効なアドレスを特定し削除することにより、配信時のエラー率が減少
画像ホスティング 1,000円/月 画像ホスティングへのアップグレードにより、画像やロゴが無制限で保存可能
専用IPアドレス 5,000円/月 大量配信時に安定した配信速度を維持可能
受信テスター(テスト100回分) 2,000円 さまざまなブラウザやメールクライアントでのプレビューテストが可能

Benchmark Emailの導入事例

実際にBenchmark Emailを導入して、効果を挙げている企業の事例を紹介します。

LOUPE

会社名:LOUPE業種:情報通信
事業内容:全国の小中高の先生を対象とした、情報共有サービス「SENSEI NOTE」、イベントまとめ「SENSEI PORTAL」の運営

課題:HTMLメール作成に時間がかかる

コミュニケーションがサービスの核であるオンラインサービスのため、ユーザーへの情報発信にHTMLメールを活用していた。しかし、ユーザーにとって興味を喚起させるメールを作成するには数時間を要するなど、業務が非効率となっていた。

効果:簡単操作でメール作成時間を大幅に短縮

Benchmark Email導入後は、ドラッグ&ドロップのメールエディターを使って、30分程度でHTMLメール作成・配信が可能となった。すべての方と、One to Oneコミュニケーションが実現するため、開封率や返信率向上のための活動に専念できた。

スターフェスティバル

会社名:スターフェスティバル業種:情報通信
事業内容:法人・団体様向けのお弁当&ケータリングデリバリー検索サイト「ごちクル」の運営

課題:テキストメール配信のみで効果測定できない

導入前は、テキストベースで単純に商品情報を載せたメールを不定期に配信していた。しかし、そのメールで購入に至ったのか、人気商品はどれなのかなど効果測定できなかった。お客さまの生の声をマーケティングに活かす術が無かった。

効果:HTMLメール活用が注文増につながる

Benchmark Email導入後は、特にテンプレートを活用して、コードを書くことなくHTMLメールを作成できるようになった。クリック率など数字で効果測定できるため、PDCAのサイクルが早くなり、結果的にメールからの注文数が増加した。

スタディスト

会社名:スタディスト業種:情報通信
事業内容:マニュアル作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz」の開発、販売

課題:アナログによるメール管理の限界

Teachmeを知ってもらうために、ユーザーの利用期間に合わせたガイドをテキストメールで送信していた。しかし、アナログによる送信リスト作成、管理は限界を迎え、配信ミスをおこさないための確認作業にも多くの時間を取られるようになっていた。

効果:各種自動化でユーザーサポートに集中

Benchmark Emailの顧客リスト管理機能でリスト管理の自動化が実現した。
またステップメール機能を使うことにより、確認にかかっていた時間が削減され、より内容の濃いメール作成に集中できるようになった。このように効果の高いメールマーケティング体制が確立した。

CANPANセンター(NPO法人)

会社名:NPO法人CANPANセンター事業内容:日本財団とともにNPO団体の情報発信の支援を行う日本財団CANPANプロジェクトを展開

課題:テキストベースメールからの脱却

情報発信ツールとして、BCCのテキストメールによる一斉配信を活用していた。しかし、HTMLメールが主流になりつつあり、BCCメールのセキュリティ問題もあるため、新たなメール配信システムの検討を迫られていた。

効果:HTMLメールで効果的な情報発信実現

HTMLメールの導入で、写真と説明文がセットになったメールの作成、配信が容易となった。そのため、目を引く形でアピールすることが可能となり、団体の活動に興味を持ってもらえるようになった。あわせて以前は不可能だった効果測定も即座にできるようになった。

ベンチマークメールを活用!HTMLメールの作り方・作成方法のまとめ

  • 特徴1
    ドラッグ&ドロップで簡単にHTMLメールが作れる
  • 特徴2
    デザインのレイアウト/テンプレートが500種類以上
  • 特徴3
    リアルタイムで効果測定・分析・改善ができる
  • 特徴4
    顧客リストのアップロードやセグメント分けが簡単にできる

料金プランは、基本的に登録メールアドレス数に応じた金額になっており、初期費用無料・即日利用可能なプランから大量配信が可能なプランがあります。

詳しくはBoxilで「Benchmark Email」の資料をダウンロードしてみてください。

[PRESENTED BY Benchmark EMAIL]

また、以下の記事ではメール配信システムのサービスをまとめて比較しているので、よろしければ合わせてご覧ください。

メール配信システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
この記事で紹介されたサービス
メール配信システムの最近更新された記事