Article square balloon green
2017-12-11

WiLL Mail×Cuenote FC×配配メールの機能と価格を徹底比較 | メール配信システムで開封率向上

いまや企業に必要不可欠となっているメールマーケティングを支えてくれる配信システムについて、WiLL Mail、Cuenote FC、配配メールの3つのサービスを紹介しながら、メリットや実際に導入する際のポイントについて解説します。
マーケティングメール配信システム
Large

メール配信システムとは

メール配信システムとは、いまやビジネスシーンでも必要不可欠となっているメールを効率的に配信できるシステム全般のことをいいます。

特に企業が見込み顧客(リード)に対して定期的に情報を発信し、売上に結びつける狙いで利用することが多いようです。

メールを使ったマーケティングはすでにほとんどの企業が実践していますが、実際には成果を上げられている企業とそうでない企業にはっきりわかれてしまっています。

その違いは、メールマーケティングについて理解し、自社に合ったメール配信システムを積極的に取り入れ、活用しているかどうかによって生まれるものです。

そこでこの記事では、企業のマーケティングの自動化に寄与するメール配信システムについて、導入のメリットや代表的なメール配信システムの紹介をしていきます。

企業にとってメール配信が重要な理由

現代の企業にとってはメールによる情報発信が必須であり、多くの企業が組織内の情報共有や顧客へのアプローチの媒体としてメール配信を利用しています。

世界的にみてもメールを利用する人は現在も増え続けており、一説には2016年には27億人以上にものぼり、そのうち30億人以上になるともいわれています。

近年はメールによるマーケティングよりもFacebookなどのSNSを利用した方法が注目されがちですが、利用者数はメールの方が圧倒的に多く、アプローチできるユーザー層も多岐に渡っています。

また、メールマーケティングは投資対効果が非常に高いことが知られており、アメリカの調査によると、そのROIはSNSや検索型広告などの4倍以上になるといわれています。

事実アメリカではEメールによるマーケティングが8割以上の企業に積極的に利用されており、現代企業にとってメールを利用したマーケティングこそが王道といっても過言ではなくなっているのです。

SNS広告のメリットとは | 特徴・Web広告との違い・サービス | ボクシルマガジン
ここではウェブメディアやリスティングで、リーチが難しい層へターゲティングできるSNS広告について解説します。

メール配信システムのメリット

そのようなメールを積極的にビジネスで利用しようとする企業を支援してくれるのがメール配信システムです。

企業の基本情報の発信から販促アプローチ、あるいはマーケティングデータの収集など、さまざまなシーンで利用されることが多いですが、導入のメリットとしては以下のようなものがあります。

配信先を登録することで一斉送信が可能

数件の取引先や優良顧客に対して個別にメールを配信するのであれば、一つひとつメールを発信していけば問題ないでしょう。

しかしそれが数十件ともなってくると、たとえメールテンプレートを利用していたとしても、宛名の入力などが非常に手間になるといった経験はしたことがあるでしょう。

メール配信システムを利用すれば、一度相手の宛先を登録しておけば複数の相手に一斉送信が可能になります。

配信先をセクション分けなどして、相手の属性にマッチしたメールを送るケースでも、配信にかかる時間的コストを大きく削減できるでしょう。

指定したスケジュールで自動配信可能

メール配信システムで一般的な機能として、事前にメールを配信する日時の指定ができることがあります。
配信する相手、グループや配信するメールの種類を指定し、決められた日時に決まった内容のメールを配信できます。

常に決まった時間に決まった行動がとれるとは限らないのがビジネスですから、メールを配信する時間がとれなくなりそうなときなどは、事前にまとまった時間をとってメールを作成しておき、自動配信に設定しておけば重要なメールの送り忘れを防げます。

重複配信や配信ミスなどを防ぐ

メールマーケティングでは、顧客の属性に応じたメールを最適なタイミングで配信して購買意欲を高めることが重要となります。

しかし、メールソフトから複数の相手に何度もメールを配信していると、どの相手にいつメールを送ったのかがわからなくなってしまう可能性があります。

配信先のグループ分けもできますが、それでも配信に関する諸々の設定や確認作業に時間が取られてしまいます。

一方メール配信システムを使えば、どの相手、グループにどういうメールを送ったのかがシステムに記録され、いつでも確認できます。
必要に応じて過去に遡って確認することもでき、重複配信や配信ミスを防げます。

メール配信システムの機能

次に、メール配信システムのもつ具体的な機能について、代表的なものを挙げていきます。

テキストの作成支援

多くのメール配信システムでは、頻繁に利用する文面をテンプレート化や、よく使う言い回しなどを作成・保存をすることで、配信の際の文章を作成する手間を省けます。

たとえば、同じ文面の一部を複数のターゲットに送信する場合や、頻繁に使う定型文などを登録しておき、メール作成の時間を減らせます。

配信先の一元管理

多くの企業では、部署ごとに個別にメールアドレスを管理しているケースがあり、そういった垣根を越えて顧客に情報を提供したい場合は、メールアドレスの整合性をとることに非常に時間がかかってしまうことがあります。

メール配信システムでは、複数のデータベースから宛先データを抽出したり、送信先の重複を回避したりが可能です。

各所に散在している顧客メールアドレスを一元管理し、さらにスケジューリングにより特定のグループに決まった日時にメールを配信できます。

開封・クリックカウント

メール配信システムのなかには、標準機能として送信先の開封やクリックカウントが備わっているものがあります。
クリックカウントとは、送信したメール本文内に挿入されているURLが何度クリックされたかを測る指標です。

クリックカウントが多ければ多いほど、顧客のメールに対するレスポンスが高かったことを意味し、逆に少なければ、その原因を究明してカウントを上げていく施策をとる必要が出てきます。

この機能をもとにトライ&エラーを繰り返し、徐々にコストパフォーマンスの高いメールを配信可能になっていきます。

ステップメールの配信

いまや企業のメールマーケティングではステップメールが欠かせない手法となっています。

たった一通のメールを送るだけで、見込み顧客が優良顧客になってくれるということはありません。
新商品のプロモーションであっても、キャンペーンの告知であっても、何度か継続してメールを送ることで反応率アップが可能です。

たとえば商品を購入してくれた新規顧客に対して、一度目はお礼を兼ねたメールを送り、その後ステップを追ってアップセルのメール送信や、別商品の紹介を行うことで、確実に売上向上が期待できます。

ほとんどのメール配信システムでは、こういったステップメールの自動配信ができるようになっています。積極的に活用することで確実に利益に結びつくでしょう。

ステップメールとは?おすすめツール10選・比較・無料・書き方 | ボクシルマガジン
ビジネス上ではまだまだ活用されている電子メール。メールの利点、最大限に生かせていますか?ステップメールを使えば自動...

強固なセキュリティ

メール配信システムは、管理者が操作できる機能や内容を設定できます。
これによって内部からの情報漏えいのリスクを抑え、安定したシステム運用が可能になります。

さらにログ管理機能や暗号化機能も備えているものが多いですから、自前でセキュリティの構築が難しい企業であっても簡単に運用できます。

代表的メール配信システム

代表的なメール配信システムとしてWiLL MailCuenote FC配配メールについて、それぞれ紹介していきます。

WiLL Mail(ウィルメール)

WiLL Mailは、ユーザー自身の意志で考え、実行し、効果検証を行えるサービスを目指して開発されたメール配信システムです。

ドラッグ&ドロップ操作によって簡単にHTMLメールの作成ができ、メールの送信数や開封率・クリックカウントによる基本的な分析はもちろん、APIやGoogleアナリティクスとの連携など、必要に応じて外部システムとの連携も可能になっています。

HTMLメールの簡単作成

ドラック&ドロップのマウス操作だけでHTMLメールが作成できてしまうという、非常に便利な専用エディターを国内でいち早くリリースし、特別な知識がなくても直感的にHTMLメールの作成ができる環境が整えられています。

さらに対応が難しいスマートフォンなどでも表示が自動的に最適化されるようになっているため、顧客層に応じた最適なメール配信が可能になります。HTMLメールは閲覧環境によってはうまく表示されないケースも少なくありませんが、スマートリンク機能によってHTMLメールを正しく表示できるため、読者に確実に読んでもらいたい情報を届けられます。

HTMLメールとは何か?メリットを理解してメールマーケティングに役立てよう | ボクシルマガジン
HTMLメールとは何か?HTMLメールとは何か、ご存知ですか?普段、気軽に書いているメール。実はメルマガには、「H...

配信結果の詳細な分析が可能

送信したメールの開封率やクリック率、コンバージョンをグラフやヒートマップなどでリアルタイムで把握できます。過去のメールキャンペーンとの効果比較や時間や曜日ごとの分析、メールから自社サイトへと遷移した読者の顧客への転換率の分析などが可能になっています。

毎月送った分だけ支払い

毎時100万通を誇る配信速度と高性能配信エンジンを搭載したシステムを、毎月実際に利用した分だけ支払う料金体系によって導入できます。

最低契約期間は1か月間で運用コストを最小限に抑えられるため、大企業はもちろん、創業したての零才企業でも十分運用が可能になっています。

WiLL Mail(ウィルメール)の代表的機能

WiLL Mailの主な機能としては以下のようなものがあります。

機能カテゴリ 具体的機能
メール配信 ターゲットメール配信、ステップメール配信、テキストメール・HTMLメール作成(レスポンシブデザイン完全自動対応)、マルチパート配信、装飾メール作成、オプトインメール配信など
メール作成 パーソナライズタグ機能、メールテンプレート機能、メールコピー機能、コンテンツコピー機能、コンバージョン機能、URLリンク自動抽出、クリックカウント登録、配信ターゲット条件抽出など
メール分析 開封分析、リピート開封分析、開封比較分析、クリックカウント分析、リピートクリック分析、ファーストタッチ分析、ヒートマップ機能、コンバージョン(比較)分析、レスポンス推移分析など
データ管理 データベース作成機能、データインポート機能、重複登録フィルター機能、配信停止リスト機能
セキュリティ IPアドレス制限設定、個人情報保護機能、配信履歴検索機能、管理者別権限設定、操作ログダウンロード、サーバーのSTARTTLS対応

価格表

WiLL Mailの料金プランは以下のようになっています。

プラン 月額 初期費用 データベース数/オペレータ権限
シンプルプラン 月額4,000円〜(税別) 20,000円(税別) 100個/100人分
プレミアムプラン 月額10,000円〜(税別) 50,000円(税別) 100個/100人分

Cuenote FC(キューノートエフシー)

Cuenote FCは、あらゆる規模やシーンで活用できるメール配信システムを標榜しており、実際にメールの効果測定や顧客管理、システム連携用APIなども提供し、一斉配信からメールマーケティングまで行うことのできるシステムです。

メール配信に必要な機能はすべて搭載されており、HTMLエディターやデバイス別の自動配信機能、多言語配信機能など顧客への一斉配信からメールマーケティングまで幅広く行えます。

だれでも簡単に一斉メールの配信が可能

マニュアル要らずの操作性で、だれでもメールの配信まで「20秒3STEP」で設定できるほど簡単です。さらに、 HTMLメールやいわゆる「デコメ」を使った携帯端末向けのメールなど、さまざまなタイプのメールをプレビュー表示で完成イメージを確認しながら作成できます。

管理画面では、メールが問題なく配信されているかをリアルタイムに確認できたり、メール配信状況をメールで通知できたりと、担当者の運用負担を軽減してくれます。

必要な機能を網羅

HTMLエディタや開封率・クリック率などの効果測定レポート、ステップメールや顧客層ごとの配信など、メールマーケティングに必要な機能はすべて網羅されているため、ビジネスの規模を問わず安心して利用できます。

特に作成が面倒だと思われがちなHTMLメールもアクセスした人の画面サイズに応じてレイアウトが切り替わるレスポンシブ対応となっており、面倒な調整をする必要がないことに加え、配信リストと顧客リストの自動連携機能などを使って、狙った顧客層に作成したメールをすぐに配信可能です。

安心のセキュリティ

業界初のワンタイムパスワードが標準搭載されており、ぜい弱性検査や利用者のIP制限、操作ログ機能といった各種セキュリティに関する重要な機能を利用できます。また、なりすましメール対策や特定ドメイン向けへのTLS(Transport Layer Security)暗号化にも対応しており、安全なメールを送るための対策も万全です。

Cuenote FCの代表的機能

Cuenote FCの主な機能としては以下のようなものがあります。

機能カテゴリ 具体的機能
メール作成 属性差し込み、パーソナライズ(ブロック差し替え)、テンプレート保存機能、絵文字・デコメ対応、マルチパート配信、HTMLエディターなど
メール配信 抽出配信、デバイス別自動配信、ABテスト機能、重複アドレス対応、配信リスト複製機能、配信リスト登録(インポート機能)、配信時間・速度制御、テストメール配信、エラーアドレス管理など
効果測定 配信レポート機能、ステップメール効果測定、メール開封トラッキング、クリック率測定、エラー分析、会員数レポート機能、配信状況確認、配送情報リアルタイム表示、ユーザー属性別分析など
管理機能 操作権限、配信承認、操作ログ管理、多店舗管理、SPFチェック、S/MIME(電子署名付きメール配信)、TLS暗号化対応など
外部システム連携 自動CSVインポート、IDリスト連携、レコメンドメール、カート放棄メール、動画メール、アンケートシステム連携(アドレス帳同期)など

価格表

Cuenote FCの料金プランは以下のようになっています。

ユニーク メールアドレス数 月額費用 初期費用 データベース数(アドレス帳数)
2,000件 5,000円 30,000円 4個
5,000件 10,000円 50,000円 4個
10,000件 20,000円 50,000円 4個
30,000件 50,000円 50,000円 4個
50,000件 70,000円 50,000円 6個
100,000件 100,000円 50,000円 6個
150,000件 150,000円 50,000円 8個
無制限 150,000円~ 200,000円~ 15個~

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Cuenote FCの資料を無料DL

配配メール

配配メールは、中小企業向けのクラウドサービスを提供するラクスが提供するメール配信システムです。簡単な操作で、PC操作に慣れない人でもすぐにメルマガ配信ができるような工夫が各所になされています。

また、配信エラーの解析やHTMLメールの開封率、URLのクリック率などの効果測定機能も充実しています。顧客へのフォローを自動化してくれるステップメールや、添付ファイル付きメールの一斉送信など、メールマーケティングに必要な機能も網羅しています。

操作が直感的でわかりやすい

ユーザーからの意見や要望をもとに細部にまで行き届いた機能設計により、PC操作に不慣れなひとであっても直感的に操作可能なインターフェースとなっています。定型メールを雛形化して登録できる豊富なテンプレートや、HTMLメールを簡単に作成できる専用エディタなど便利な機能がたくさんあります。

集客・管理機能が充実

メールマーケティングに必要な集客・管理機能が充実していることも特徴です。顧客のメルマガ登録や顧客管理などの、情報管理全般に関する機能が充実しています。

登録フォームの作成やQRコードの自動生成といった細かい機能から、顧客データベースや配信解除管理といった顧客管理に関する重要な機能が揃っています。

既存システムとの連携

API連携によって、自社の既存のマーケティングシステムに最新のメールマーケティングの機能を追加可能です。慣れ親しんだシステムからメールを配信し、その結果をフィードバックすることにより、すべての情報を既存システムを用いて管理できます。

配配メールの代表的機能

配配メールの主な機能としては以下のようなものがあります。

機能カテゴリ 具体的機能
メール作成・配信 テンプレート、HTMLメール、絵文字・デコメール、グループ配信、マルチパート配信、差し込み機能、クーポン配信、予約配信、複数From指定、QRコード自動生成、ステップメール機能など
効果測定 開封率チェック(HTMLメールのみ)、配信エラー解析・自動停止、クリックカウント、レポートのグラフ表示など
管理機能 クリック顧客のリスト化、データの一括登録、書き出し、マイページ機能、暗号化メール対応(STARTTLS対応)

価格表

※料金については、提供会社に別途お問い合わせください。

メール配信システムの導入のポイント

最後に、メール配信システムを導入するうえでチェックしておくべきポイントについて簡単に解説します。

提供会社の信用

システムの提供会社の信用については、なるべく事前に調査しておいた方がよいでしょう。

たとえば複数の企業で同じメールサーバを利用するといった場合、そのなかに違法なメールを配信している企業があれば、サーバ自体が閉鎖されて自社のメール配信も不可能になってしまうリスクがあります。

純粋な確率としてはほとんどないでしょうが、そういった環境でシステムを運用する場合は、事前に提供会社がどういった運用をしているのかを確認しておく必要があります。

セキュリティ・迷惑メール対策

企業の情報漏えいが事のほか問題視されている昨今、顧客情報をメールでやりとりする企業は特にセキュリティ意識を高める必要があります。

メール配信システムは日常的に顧客の個人情報を扱うことが多くなりますから、情報漏えい対策はもちろん、受信側の迷惑メール対策なども確立しておく必要があります。

スパムメールとは|対策・注意点・対応方法 | ボクシルマガジン
受け取った人に悪影響を及ぼすスパムメール(迷惑メール)の対策について解説します。メール受信時の対処方法やスパムメー...

サポート体制

中小企業や創業したての零才企業の場合、システムに詳しい担当者を配置できないケースがあるでしょう。

実際、ほとんどのメール配信システム利用企業にとって、何らかの問題が発生した場合には提供会社のサポートを必要とするので、メール配信システムの提供会社がどういうサポート体制をとっているのかは、必ず確認しておく必要があります。

別途保守契約などを締結する必要があるケースもありますから、サポートについては実際に問い合わせるなどして、詳細に調べておきましょう。

料金体系

導入したいシステムの料金体系について確認し、自社に合ったプランを確実に採用する必要があります。

多くのメール配信システムでは、実際にメールを配信した数に応じて課金される従量課金タイプと、配信数は無制限で、月ごとに決まった金額が請求される固定料金制のどちらかの料金タイプになります。

自社の状況に合わせて、どちらがよりコストパフォーマンスがよいかを見極めましょう。

自社に合ったメール配信システムでマーケティングを成功へ導こう

メール配信システムについて、基本的な機能や導入のメリット、そして代表的な3つのシステムの紹介をしてきました。

どれもさまざまな業種やビジネス規模にも対応できるシステムですから、実際に導入を検討する場合は自社の環境を客観的に把握し、どのサービスがもっとも企業としてのパフォーマンスを高めてくれるのかを冷静に判断するようにしましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
メール配信システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ベンチマークジャパン
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事