Article square balloon green
2017-08-06

CV (コンバージョン)とは | 意味・ポイント・獲得方法 - SEO用語解説

コンバージョン(CV)とは、日本語に直訳する「変換」という意味で、Webマーケティング用語の世界では、Web広告費などのコストが成果に変換されることを指します。今回は、 コンバージョン(CV)を徹底的に解説します。
経営企画・マーケティング
Large

【特集】Webマーケティングを学ぶ厳選コンテンツ

【無料eBook】Webマーケの基本を徹底解説!

CVとは

CVとはconversion(コンバージョン)の略で「変換」という意味です。これは、広告費などのコストが成果に変換されることに由来します。

そしてCVは、Webサイトにおける最終的な成果のことです。たとえばネット通販を行っている会社で、ユーザーが商品を1つ購入したとします。これでCVが1件発生したということになります。

ただ、何をもってコンバージョンとするのかの基準はWebサイトや企業の考え方によって異なります。

CVを測定する意味は

CVは単に成果の数字であるというだけでなく、さまざまな分析を行う際に役に立ちます。

たとえばCVR(コンバージョン率)は、サイトの訪問者数とCV数を比較して算出されます。CVRは、Webサイトの訪問者がどの程度の割合でCVにつながるかを示す数値で、Webサイトや広告の効果を測定するときに役立ちます。

このようにCVは、最終的な結果であると共に、新たにマーケティング戦略を構築する際に無視できない数字です。

CV設定のポイント

前述の通り、何をもってコンバージョンとするかの基準はサイトや企業によって異なります。会員登録をコンバージョンとする場合もあれば、商品購入をコンバージョンとすることもあります。

さらに、商品購入をコンバージョンとする場合でも、購入したユーザーの数をコンバージョン件数とする場合(ユニークコンバージョン数)と購入した商品の数をコンバージョン件数とする場合(総コンバージョン数)など、さまざまな設定方法があります。

設定する際には、「CV数に基づいて何を知りたいのか」を明確にする必要があります。
「ユーザーの数を基に母数を増やしたいからユニークコンバージョン数を算出する」などのように、目的に沿ってCV数を算出することがポイントです。

CVを獲得するポイント

CV獲得のみならず、Web広告全体にいえることとして、最大のポイントは「いかに費用対効果を最大化するか」です。

低コストで高い効果を生み出すためには、広告の目的を明確化することや、CPC(クリック単価)・CPM(インプレッション単価)などの数字を分析する必要があります。1つでも多くのCVを獲得できるように、賢い広告、賢いWebサイト運営を心がけましょう。


CVを上昇させるためのポイントやCVR(コンバージョン率)についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

CVR(コンバージョン率)とは | 意味・改善方法・上昇へのポイント - マーケティング用語 | ボクシルマガジン
CVRとはWebサイト全体に対して最終的な成果がどのくらいあったかの割合であり、Webマーケティングや広告施策の効...

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業はボクシルを活用することで、効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
経営企画・マーケティング
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事