コピー完了

記事TOP

ヒートマップとは | 機能・メリット・活用方法・使い方事例 - サイト改善につなげよう

最終更新日:
行列内の数値を色付けし濃淡を用いて可視化できるヒートマップは、Webサイト改善によく使われる手法です。来訪者の「閲覧終了エリア」「クリックエリア」などを把握できるヒートマップツールの代表的な機能・メリットを解説し、活用方法まで解説していきます。

ヒートマップとは

ヒートマップとは、行列内の数値を色付けして、基準に基づいて色の濃淡を用いて可視化するものです。Webサイト改善のためにも用いられるヒートマップは、「閲覧を終了したエリア」「熟読したエリア」「クリックしたエリア」といった読者の行動を直感的に把握できるようになっています。

ヒートマップツールとは

ヒートマップツールとは、Webページを閲覧した人の動きを可視化したヒートマップを、ツールとして利用できるものです。上述のとおりクリックした箇所や、よく見られている箇所をサーモグラフィック状に可視化します。

分析結果は色分けで直感的に理解できるようになっているので、Webサイト改善の経験が浅い方でも簡単に使えるでしょう。

サイト上で実際のマウスの動きの取得もでき、そこから興味・関心や離脱ポイントを探り、ユーザビリティ改善につなげられます。

ヒートマップツールはパソコンからの閲覧画面だけでなく、スマートフォン、タブレットなどマルチデバイスからのアクセスでも解析できるのも特徴です。

ヒートマップツールをお探しの方は、有料・無料含めこちらの記事で比較しているのでぜひご覧ください。

ヒートマップの代表的な機能紹介

ヒートマップを組み合わせたり、期間といった情報を組み合わせたりすることで多くの情報が得られる、ヒートマップの5つの代表的な機能を詳しく紹介します。

それぞれのヒートマップの見方も簡単に解説します。

熟読エリアの特定

代表的な機能として挙げられるのが、訪問者がよく閲覧する部分を赤、あまり注目されていないコンテンツを青く色分けできるヒートマップです。

どこが閲覧されているのか判別できるため、色が青い部分のコンテンツを変更するといった使い方ができます。

変更前と変更後を期間で指定して比較すれば、簡易的なABテストにもなるでしょう。

終了エリアの特定

ユーザーがページのどこまでを表示して閲覧を終了しているかもヒートマップで示せます。色が青に近づけば近付くほど閲覧者数が減っているので、多く減っている部分のコンテンツを改善するか、あるいはリンクによって遷移している箇所だという判別がつきます。

特に縦長のページの場合、どこまで読まれるかはサイトのコンテンツやデザインを考えるうえで重要なポイントですよね。訪問者に読まれるウェブページを作る際に、ぜひ参考にしたいヒートマップデータです。

クリックエリアの特定

どのリンクに訪問者は関心を持ってクリックしているか判断する使い方もヒートマップにはあります。

また、間違えて押した画像や文字の場所なども検出可能です。色が濃い部分は閲覧者が思わずクリックしてしまうインパクトの強いコンテンツであるといった判断ができます。

マウスの動きを特定

ウェブページを訪れたユーザーが、マウスをどのように操作したかを確認できます。サイトを訪れた際のマウスの動きは非常に重要で、注目したい文章などは思わずマウスを動かしてしまうこともあるかと思います。それだけ、このマウスの動きは閲覧者の行動特性を表しているといえます。

また、複数人の動きを同時に見ることも可能です。これにより、このページを訪れるユーザーの閲覧行動を傾向として捉えられるのです。

全エリアクリック情報を特定

ページを訪れたすべての閲覧者のクリック履歴も表示可能です。この全エリアクリック情報を取得できれば、閲覧者全体のクリックの動向もチェック可能です。

ヒートマップでできないこと

一見、ヒートマップがあればWebページの改善のほとんどができるように感じてしまいますが、もちろんできないこともあります。

ユーザーテストの内容も交えながら、ヒートマップでできないことに焦点を当てて解説していきます。

ウェブページ外のコンテンツの良し悪し

ヒートマップは、あくまで「ページ内に存在するコンテンツが見られているかどうか」をチェックできるものです。当然ですが、「ページ内に存在しないコンテンツの良し悪し」については、情報は得られません。

よく比較されるユーザーテストでは、実際にユーザーに試してもらってフィードバックを受けることで、現在ウェブサイトにないものの閲覧者がアクションを起こすのに必要な情報を得られます。「こんな情報が欲しい」という要望を、ユーザーから提供を受けられるのです。

ウェブページ自体の良し悪し

ヒートマップでは、「この文章や画像が見られている」ということまではわかります。しかし、「なぜ、このコンテンツが見られるか」についてまでは知ることができません。

「このコンテンツのここが良い」、もしくは「このコンテンツはここが良くないから見ない」などは、直接ユーザーの声を聞くしかありません。ウェブサイトに必要なコンテンツと、存在しているコンテンツの良し悪しについては、ヒートマップだけでなく、ユーザーテストと組み合わせて判断する必要があるといえるでしょう。

ヒートマップ活用方法

ヒートマップのデータからは、ページコンテンツの改善のヒントを得られます。

また、改善策の効果があったかどうかも検証できます。サイトにおける訪問者の閲覧のムラを発見し、改善し続ける。このサイクルを回すことで、ウェブサイトの質は飛躍的に向上します。

ヒートマップの活用方法を紹介します。

ヒートマップの共有でページ改善サイクルを早める

ヒートマップの分析結果を社内で結果を共有し、さまざまな意見やアイデアを出すための判断材料として活用できます。

ウェブページの担当者では気付かないインサイトを得られるかもしれません。これにより、ウェブページの改善サイクルをより速く回し、より高い効果を発揮するウェブページを作れるでしょう。

外部の人とページの内容を検討できる

ヒートマップツールの結果は、社内だけでなく、ウェブページを制作する協力会社とも共有するのが良いでしょう。ヒートマップの結果を見て、協力会社の方からも良いアイデアが受けられるかもしれません。

また協力会社も、ウェブサイトのどこを改善すると良いか見当がつきやすいため、制作作業が進めやすくなります。

他のウェブページ検証手法と組み合わせ、詳細な検証が可能に

ヒートマップだけでなく、ユーザーテストなどの手法を組み合わせることで、ウェブページに対して、より有効なインサイトを得られます。

ユーザーテストで得られたコンテンツに関する要望をウェブページに盛り込み、実際閲覧されているかヒートマップで確認すれば、ウェブページの改善作業をより効率的に進められます。

ヒートマップ使い方事例

ABテストの整合性を取る

よくある活用事例の一つとして、ABテストとの組み合わせで活用するケースがあります。たとえば、上のキャッチコピーを変えると、同時に下にあるコンテンツがよく見られるようになった。

その結果、サイトが改善されるだけでなく、キャッチコピーのどの要素に効果があったという知見を貯めることもできるのです。

また、成功した知見だけでなく、失敗した知見もちゃんと貯めておくとウェブページの作成が今後より効率的に行えます。ABテストとヒートマップツールを組み合わせは、ウェブページの改善に大きな力を発揮することでしょう。

コンバージョンボタンの変更やデザイン変更に生かす

問い合わせフォーム直前のボタンなどにあたる、いわゆる「アクションボタン」も、ページ内改善のとても重要なポイントになりますが、これもヒートマップを活用することで改善ができます。

ヒートマップでボタン周辺の状況を確認し、制作段階で意図したボタンが注目されているかどうかをチェックします。これにより、デザインごとに閲覧者のアクションの違いを比較でき、コンバージョン(CV)ボタンの変更やデザイン変更を行えるのです。

コンテンツの入れ替えに活かす

コンバージョン率を高めるためには、コンテンツを入れ替えるという方法が考えられます。この手法を使ううえでも、ヒートマップは役に立ちます。

たとえば、ウェブページで注目度の高いコンテンツをヒートマップで確認し、これをウェブページの上部に持ってくることで、その下にあるコンテンツへのスクロール度が上がり、結果としてコンバージョン率が高まります。

成功した例では、コンバージョン率が1.5〜2倍まで上がったこともあるそうです。

ウェブページを改善するために、ヒートマップを有効活用しよう

ヒートマップの特徴は、何と言っても結果が直感的にわかりやすく表示されることです。アクセス数などの数値だけの情報だけでは分析に時間がかかったり、ウェブページの改善が手探りになったりする可能性があります。

そこにヒートマップをうまく組み合わせることで、新たなヒントを得ることができ、より有効な改善策を打ち出せます。

とはいえ、ヒートマップだけではわからないことがあるのも事実です。「ウェブページで欲しいコンテンツや、すでにあるコンテンツの良し悪し」などのユーザーボイスは、ユーザーに直接聞かないとわかりません。

デジタルで得られるヒートマップやアクセス解析の情報と、アナログなユーザーの声を活かすことがウェブページを改善する最適なアプローチかもしれません。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

アクセス解析ツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
アクセス解析ツールの最近更新された記事