楽天モバイルがつながらない原因と対処法をiPhone・Android別に詳しく解説!

公開日:

記事の情報は2021-12-03時点のものです。

シンプルなワンプランが魅力的の楽天モバイル。そんな楽天モバイルですが、ときにはインターネットに接続できない問題が起きることもあります。今回の記事では、楽天モバイルの回線エリアに関する詳細とつながっているかどうかの確認方法、楽天モバイルがつながらない原因や対処方法についてご紹介します。
楽天モバイルがつながらない原因と対処法をiPhone・Android別に詳しく解説!

誰にでもぴったりでシンプルなワンプランが魅力的の楽天モバイルですが、ときにはインターネットに接続できない問題が起きることもあります。

今回の記事では、楽天モバイルの回線エリアに関する詳細とつながっているかどうかの確認方法、楽天モバイルがつながらない原因や対処方法について紹介します。実際に楽天モバイルを使用しているかたの口コミや乗り換えにおすすめのキャリアも紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天モバイルは毎月楽天回線エリアを順次拡大予定!

楽天モバイルは、インターネットの回線エリア拡大に非常に力を入れています。日本全国快適につながることを目指し、回線エリアを拡大予定です。

そのため、現在はまだ楽天回線を使用不可でも、将来的に楽天回線につながるエリアになる可能性は十分に考えられます。

「楽天回線エリア」外ではauのパートナー回線を使っている

楽天モバイルでは「楽天回線」を主に活用していますが、日本国内にはまだエリア外の地域もあります。このような楽天回線エリア外の地域では、auのパートナー回線を使用しています。

そのため、楽天回線エリア外でも楽天モバイルを問題なく使用できます。しかも回線の大本はauなので、より安心して使用するできます。

楽天回線エリアにつながっているか確認する方法

楽天モバイルの端末が楽天回線エリアにつながっているかどうかを確認する方法を紹介します。確認の方法は、iPhoneとAndroidで異なります。

そのため、それぞれに分けて確認方法を紹介します。

iPhoneで確認する場合

まずはiPhoneで楽天回線エリアにつながっているかどうかを確認する方法です。楽天モバイルを契約していなくても確認が可能です。

そのため、「楽天モバイルの契約を検討していて、自宅付近が楽天回線エリアかどうか知りたい」方はこちらの方法を試してみましょう。

確認は、次の手順で行います。

手順1: iPhoneの電話アプリを起動し、キーパットに「3001#12345#」と入力
手順2:そのまま発信
手順3:画面が切り替わって文字列が表示されるので、その中から「LTE」の「Serving Cell Info」を選択
手順4:再度画面が切り替わるので、「freqbandind」の数値を確認
手順5:数値が「3」であれば楽天エリアの回線に、「18」であればauのパートナー回線に接続

少し煩雑ですが、iPhoneではこういった方法で楽天回線エリアかどうかを確認可能です。

また、次の方法でも確認ができます。

手順1:ホーム画面の「設定」を選択
手順2:「モバイル通信」→「ネットワーク選択」
手順3:「自動」がオンになっている場合、タップしてオフ
手順4:現在地で拾える電波の一覧が表示
手順5:「Rakuten」あるいは「440 11」が表示されていれば楽天回線エリア、それ以外はauのパートナー回線エリア

Androidで確認する場合

Androidでは、次の方法で接続回線を確認しましょう。

手順1:「設定」アプリを選択
手順2:「接続」→「モバイルネットワーク」→「ローミング設定」→「通信事業者」→「手動選択」
手順3:現在地で拾える電波の一覧が表示
手順4:「Rakuten」が表示されれば楽天回線エリア、それ以外はauのパートナー回線エリアと確認可能

楽天回線エリアを確認する方法

すでに楽天モバイルを契約済みの場合、アプリから回線を確認します。手順は次のとおりです。

手順1:「my楽天モバイル」のアプリをインストール
手順2:ホーム画面の上部を確認
手順3:「楽天回線エリア」「パートナー回線エリア」のいずれかが表示

楽天モバイル契約済みの方は、簡単に接続している回線を確認可能です。

楽天モバイルでつながらない原因・理由

「今までは問題なく使えていたのに、突然楽天モバイルがつながらなくなった」こともあるでしょう。あるいは、「せっかく楽天モバイルを契約したのに自宅でつながらない」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

そういった場合は、次の原因が考えられます。

楽天モバイル回線が通信障害を起こしている

突然インターネットにつながらなくなった場合、楽天モバイルの回線が一時的に通信障害を引き起こしている可能性があります。楽天モバイルに限らず、どの回線も一時的に不具合を起こしてつながらなくなることはあるのです。

対処法1:Wi-Fiがつながる場所へ移動し状況を確認

楽天モバイルの回線が通信障害を引き起こしている可能性が考えられる場合、まずはWi-Fiがつながる場所へ移動して状況を確認しましょう。Wi-Fiであれば問題なくつながる場合だと、やはり楽天モバイルの回線が不具合を引き起こしている可能性が高いです。

公式サイトやアプリでは通信障害の際にリアルタイムで情報を更新していることが多いので、一度サイトをチェックしてみてください。あるいはTwitterで検索し、楽天モバイルユーザーが同じ現象に陥っていないか調べてみることもひとつの手です。

電波状況が悪くつながらない

山の中の電波が弱いエリアでは、端末に電波が届きづらくインターネットに接続できないことがあります。また、普段よくいる場所だとしても、遮蔽物があると電波状況が悪くなっている可能性も考えられるかもしれません。

対処法1:モバイルデータ通信がオフになっていないか確認

まずは、モバイルデータ通信自体がオフになっていないかどうか確認してください。モバイルデータ通信がオフになっていると、すべての通信ができません。

万が一モバイルデータ通信がオフになっていた場合は、一度オンにしてみてしばらく待ってみましょう。

対処法2:機内モードをオンにして電波を遮断し、その後つなぎ直す

モバイルデータ通信がオンになっていてもつながらない場合、一度機内モードをオンにして電波を遮断してみましょう。その後機内モードをオンにして、再度つなぎ直してみてください。

一時的な不具合や電波状況でつながりが悪くなっていた場合、こちらの方法で改善する可能性があります。

対処法3:APNを再度設定し直す

インターネットへの再接続を試みても状況が改善しない場合は、あらめてAPN設定を行いましょう。

「APN」とは「Access Point Name(アクセスポイント名)」のことを指します。アクセスポイントとは、スマートフォンとインターネットを接続するために用いられている中継地点のようなものです。

楽天モバイルをはじめとする格安スマホの場合、購入時にはAPNが設定されていないことから、自身で設定する必要があります。また、突然つながらなくなった場合でも、再設定することによって再度接続が可能になることもあります。

ただし、楽天モバイルの場合 、自動的にインターネット接続が完了します。そのため、購入者自身がAPN設定を行う必要がありません。

しかし、楽天回線対応でない端末の場合は、ご自身でAPN設定を行わなければならない場合があります。ご自身が利用している端末が楽天回線に対応しているかどうか確認のうえ、APN設定が必要な場合は行いましょう。

対処法4:屋外へ出てみる

地下の電波が届きにくい場所にいる場合、接続が悪くなる場合があります。その場合は屋外に出ると多少電波が良くなるので、インターネットにつながりやすくなる可能性があります。

使用しているスマホ本体の問題・不具合

接続している回線ではなく、使用しているスマートフォン端末本体が不具合を起こしていたり、使用に問題があったりするケースも考えられます。

普段と同じ場所にいて同じようにスマートフォンを操作しており、なおかつ電波状況も変わらない場合は本体に問題がある可能性が高いでしょう。その場合の対処方法は次のとおりです。

対処法1:スマホを再起動する

まずはいったん、スマートフォン本体を再起動してみましょう。再起動することで問題を起こしていたアプリケーションやデータが一度閉じられて、スムーズにインターネット接続がする場合があります。

どこに原因があるかわからない場合でも、ひとまず一度本体の再起動を試みるのがおすすめです。

対処法2:SIMカードを入れ直す

再起動をしても回線に接続できない場合、SIMカードを入れ直してみましょう。手順は次のとおりです。

手順1:電源をオフ
手順2:スマートフォン本体のSIMカードが入っている部分を開け、一度取り出す
手順3:取り出したSIMカードに異常がないか確認のうえ、再度挿入
手順4:しばらく待ってから電源をオン

そもそも使用しているスマホが楽天モバイルに対応していない

楽天回線には、対応しているスマートフォン端末と対応していないスマートフォン端末があります。そのため、ご自身がもともと使用していたスマートフォンを用いて楽天モバイルに乗り換えた場合、端末が楽天回線に対応しているかどうか確認する必要があります。

お持ちの端末が楽天回線に対応しているかどうかわからない場合は、楽天モバイルに問い合わせてみてください。

どうしてもつながらない場合の対処法

上記の方法を試してみても楽天回線に接続できない場合は、一度楽天モバイルに問い合わせて状況を伝え、相談してみましょう。回線の問題であれば、操作や一定時間を空けることで解決できることが多いです。

しかし、スマートフォン本体やSIMカードに問題がある場合、買い替えが必要になることもあります。

SIMカードを買い換える

SIMカードに不具合があった場合、SIMカードの買い替えが必要になります。そもそも受け取ったときからSIMカードに何らかの問題があるケースや、使用していくうちに劣化してしまったケースが考えられます。

受け取ったSIMカードに問題があった場合、最初から問題があったことを証明すれば無償で交換してもらえる可能性もあります。楽天モバイルに相談してみましょう。

使用していくうちに劣化や何らかの問題によって使用不可になった場合は、基本的に買い直す必要があります。SIMカードは繊細な電子機器なので、丁寧に取り扱わなければいけません。

端末を買い換える

楽天回線に対応していないスマートフォンの場合や、スマートフォン本体が長年の使用によって劣化し使用不可となった場合、スマートフォンを買い替える必要があるでしょう。

キャリアからの乗り換えで同じスマートフォンを利用したいと考えている方は、事前に端末が楽天回線に対応しているかどうかを確認しておくとスムーズです。

また、スマートフォンは電子機器なのでバッテリーの寿命があります。長年使用していると破損によるけがの恐れもあるので、買い替えを検討してみてください。

楽天モバイルのつながり具合に関する口コミ・評判

それでは、楽天モバイルの回線はどのくらいの速度やつながりやすさなのでしょうか?実際に楽天モバイルを利用しているユーザーの口コミを紹介します。

口コミからみる楽天モバイルの回線に関するメリット

楽天モバイルの回線のつながりやすさは、人によってそれぞれでした。楽天回線エリアは徐々に拡大予定ではあるものの、まだパートナー回線のみの使用といった地域もあるため、場所柄の問題と思われます。

キャリア回線よりもつながりにくく速度が出にくいと思われがちな格安スマホですが、楽天モバイルの回線に関する口コミは、意外と繋がりやすいやゲームをしても問題なしといった好意的な意見も多い印象です。

口コミからみる楽天モバイルの回線に関するデメリット

一方で、残念ながら楽天回線のつながりにくさに言及している口コミも見られます。おそらく地域差もあるので、今後のエリア拡大に期待したいものです。

また、楽天エリアなのに楽天回線に全然つながらないといった意見もいくつかある印象でした。楽天エリアであってもパートナー回線に接続されてしまうこともあるようです。

楽天モバイルからの乗り換えにおすすめの格安SIMキャリア3選!

楽天モバイルは徐々にエリアを拡大しており、シンプルなワンプランでどなたでも使いやすいキャリアと言えます。とはいえ格安スマホには多くの種類があるので、乗り換えを検討している方はさまざまな業者を比較検討するのがおすすめです。

また、楽天モバイルを利用していて「回線がつながりにくい」「回線が遅い」と不満をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そういった方々のために、楽天モバイル以外のおすすめ格安SIMキャリアを紹介します。今回紹介するのは「Y!mobile」「UQ mobile」「OCN モバイル ONE」の3種類で、表にまとめました。

Y!mobile UQ mobile OCN モバイル ONE
使用回線 Softbank au NTTドコモ
通信GB容量 3GB、15GB、25GBから選択可能 3GB、15GB、25GBから選択可能 1GB、3GB、6GB、10GBから選択可能
月額料金 シンプルS:2,178円(税込)
シンプルM:3,278円(税込)
シンプルL:4,158円(税込)
くりこしプランS +5G:1,628円(税込)
くりこしプランM+5G:2,728円(税込)
くりこしプランL +5G:3,828円(税込)
月額1GBコース:770円(税込)
月額3GBコース:990円(税込)
月額6GBコース:1,320円(税込)
月額10GBコース:1,760円(税込)
※音声対応SIMの場合

※2021年11月時点の情報です。

Y!mobile

Y! mobileはソフトバンク株式会社が運営している格安スマホキャリアです。テレビCMもよく放送されているため、非常に知名度も高く安心して利用できる業者といえるでしょう。回線はSoftbankのものを利用しています。

Y! mobileは実店舗があり、サポートや相談を行っています。実店舗数もかなり増えているので、万が一のときは頼るようにしましょう。

さらに、PayPayモールやYahoo!ショッピング、LOHACOなどのネットショッピングをよく利用される方は、Y! mobileユーザーになるとポイントが貯まりやすくなります。非常にお得に買い物をでき、日々のお買い物にもおすすめです。

料金プランは通信量3GBの「シンプルS」、15GBの「シンプルM」、25GBの「シンプルL」の3種類からご自身に合ったものを選択可能です。また、音声通話料金のオプションも「誰とでも定額」と「スーパー誰とでも定額」の2種類から選択するできます。

Y! mobileは、Yahoo!関連のネットショッピングをよく利用される方、Softbank回線を利用したい方、知名度の高く安心できる格安スマホキャリアを利用したい方、万が一の場合はオンラインではなく実店舗に相談に行きたい方におすすめです。

UQモバイル

UQ mobileは、auの回線を使用した格安スマホキャリアです。Y! mobileと同様に知名度が高く、人気のあるキャリアといえるでしょう。

UQ mobileもY! mobileと同様、全国に専門店があります。また、全国のUQ mobile専門店だけでなく、より店舗数が多いauショップでもUQ mobileに関する手続きや相談が可能です。

料金プランは「くりこしプランS +5G」「くりこしプランM+5G」「くりこしプランL +5G」の3種類があり、データ通信量はY!mobileと同様3GB、15GB、25GBです。料金はUQ mobileのほうが若干安めに設定されていることが特徴です。

また、家族割に力を入れていることも大きなメリットです。「自宅セット割」を活用すると、スマートフォン1台あたり月額990円(税込)から、利用できます。

UQ mobileはなるべく毎月の料金を抑えたい方、家族での乗り換えを検討している方、auからの乗り換えを検討している方、実店舗で相談や契約をしたい方におすすめです。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社が運営する格安スマホキャリアです。そのため、通信に関する知識が豊富で手厚いサポートを受けられます。OCN モバイル ONEは、NTTドコモの回線を使用して運営されています。

OCN モバイル ONEを利用するメリットは、OCN光とのセットで月額料金が安くなる点です。そのため、もともとOCN光を利用していた方や光回線の導入を考えている方にはとてもおすすめです。OCN光モバイル割の適用で、月額料金から毎月200円が割引されます。

月額料金も安めに設定されており、1GBから選択できる点も嬉しいポイントです。また、通話プランも3種類あるのでご自身に合ったものを選択できます。

OCN モバイル ONEは、自宅でOCN光を利用している方や光回線の導入を検討している方、NTTドコモの回線を利用したい方、あまりインターネット通信を行う予定がない方や電話をよくする方におすすめです。

まとめ

今回の記事では、楽天モバイルの概要と特徴、楽天回線につながりにくい場合の対処法の他、楽天モバイルの回線に関する口コミやメリットデメリット、楽天モバイル以外でおすすめの格安スマホキャリアについて紹介しました。

最近は非常に多くの格安スマホキャリアがありますが、中でも楽天モバイルはGBの使用量に応じて自動的に料金が決まる、非常にシンプルでわかりやすいワンプランです。楽天モバイルエリアは徐々に拡大中なので、日本全国でつながりやすい格安スマホを目指しています。

そんな楽天モバイルですが、ときには通信障害が起こったり、場所によってはつながりにくくなったりすることもあります。その場合は、今回紹介した対処法を試したうえ、それでもつながらなければサポートに連絡して相談してみましょう。

楽天モバイルの回線速度やつながりやすさは地域によってまちまちなので、ご自身がお住まいの地域がどのくらいつながりやすいか事前にリサーチすることがおすすめです。

楽天モバイル以外にもY! mobileやUQ mobileなどの格安スマホキャリアもあるので、比較検討したうえでご自身に合うキャリアを選びましょう。



参考:楽天モバイル 公式ホームページ