【新人看護師だけど辞めたい】理由・やるべきことを紹介

公開日:

記事の情報は2022-02-15時点のものです。

新人看護師だけど辞めたいと思っている方はあなただけでなく多くいます。今の職場を続けるのが辛いのならば、転職を考えましょう。本記事では、おすすめの看護師専用の転職エージェントを紹介していきます。
【新人看護師だけど辞めたい】理由・やるべきことを紹介

看護師として実際に働いてみると想像以上の激務やストレスに押しつぶされ、看護師の仕事に向いていないかもしれないと不安を感じる方もいるでしょう。

なかには場の勢いで退職や転職を行い、誤った道に進んでしまったせいで大きな後悔が残った先輩看護師もいるようです。

本記事では新人看護師が仕事を辞めたいと思う理由や、辞めた後の後悔しない転職術を紹介します。

今、「看護師を辞めたい…」と悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

\信頼できるプロに相談/

「辞めたい…」新人看護師の退職率は8.6%に上昇

まず、新人看護師の離職率から紹介しましょう。

日本看護協会の調べによると、2020年の新人看護師の離職率は前年と比べて0.8%上昇※しました。

※ 参考:公益社団法人 日本看護協会2020年 病院看護実態調査

看護師は学校で勉強、実習そして国家試験に合格して、ようやく「看護師」として働けられます。

夢だった看護師として働き始めても、1年も経たず退職を選ぶ人がいるようです。なぜ新人看護師は辞めたいと思うのか、理由を見ていきましょう。



新人看護師が辞めたくなるタイミング・理由

次に、新人看護師が離職を考えるタイミングについて紹介します。

新人の看護師は、環境の変化もあいまって多くの状況において戸惑いを感じえます。
そこで、新人看護師はどのようなときに辞めたいと思うのか、次の表にまとめてみました。

新人看護師が辞めたいと思うタイミング

新人看護師が辞めたいと思うタイミング
4月現実の厳しさを実感し、すぐに退職を考える
6月試用期間の3か月が終了したのを区切りに退職を考える
7~8月夏のボーナスをもらって退職を考える
9~10月入職して半年経ち、夜勤が始まって体調を崩し退職を考える
12月冬のボーナスをもらい、1年の区切りに退職を考える
3月新人教育が終わり、1年間の区切りに退職を考える

このように、新人看護師は1年を通じて退職を決意するタイミングは多くあります。

次になぜ新人看護師は辞めたいと思うのか、理由について紹介します。

【新人看護師が辞めたいと思う理由1】向き不向きの問題

対人関係に疲れ、バタバタ忙しい職場環境に看護師として働く大変さを実感したりする方も多いでしょう。

新人の方は業務に慣れておらず、意図しないミスが起こりやすいです。そのため、看護師に向いていないかもと不安にもなるでしょう。

何度も何度も同じミスを繰り返すと、前向きな気持ちを保てなくなります。

【新人看護師が辞めたいと思う理由2】職場の人間関係

先輩看護師や同僚と人間関係がこじれた場合は、毎日職場に向かうのも嫌になり、ストレスが溜まっていきます。

先輩看護師さんが怖くて、強い言葉で注意、叱られたりすることで辞めたいと思う新人看護師はいます。

特に何も知らない新人の場合は、運悪くイジメの標的になることもあり、人間関係が悪化して職場での居場所がなくなる方もいるでしょう。

【新人看護師が辞めたいと思う理由3】夜勤の大変さ

次の理由は、夜勤は体力がもたずに続けられないケースです。

人によっては、どんなに続けても夜勤は慣れず、翌日の業務が手につかなくなる場合もあります。

医療の現場は人の命を預かっているため、睡眠不足による注意力の散漫は、大きな事故につながり大変危険です。

【新人看護師が辞めたいと思う理由4】給料の安さ

看護師のお仕事は激務で辛いことも多く、今の給料では割に合わないと感じる方もいます。

そのため、不満を持ち、他の職場へ転職を考える看護師が多くいます。

新人看護師の場合は特に覚えることが多く、朝から夜まで緊張が続いて気が抜けないため、ストレスも溜まりやすく心体に負担がかかります。

困ったら周りの方に相談しましょう

ご自身の力で解決できない問題であれば、上司や同僚に積極的に相談しましょう。ご自身では思いもよらなかった解決方法が見つかるはずです。

周りに相談しても問題されない場合は、心や体の健康が崩れてしまう前に無理せず転職を考えましょう。



新人看護師が退職を考えたらするべきこと

転職するか悩んだときは、周囲の意見を参考にすることもおすすめです。

それでも転職を決めた方に、転職活動のポイントをまとめました。

第二新卒向けの求人を探す

最近では「第二新卒」という言葉も一般的になり、第二新卒の採用に積極的な職場もあります。

卒業後初めての転職であれば、第二新卒対象の求人へチャレンジするのも選択肢の一つです。

新卒でないと次の仕事が見つからないかも、と悩んでいる人は、ぜひ第二新卒の転職先を探しましょう。

職場の悩みは個人の努力では解決が難しいこともあるため、無理せず転職も視野に入れてみてください。

転職先の情報は詳細に調べる

転職先を探す際は、必ずリサーチをしっかりと行いましょう。

人間関係に悩んでいる場合は職場の雰囲気を調べる、給与に不満がある場合は給与の条件を中心に検索する、などです。

転職を繰り返していると「また辞めてしまうかも」と思われ、採用を見送られる可能性があります。

事前の情報収集で納得できる転職を実現させましょう。

信頼できる転職エージェントを利用する

仕事を続けながら条件に合う求人情報を探し、履歴書作成、面接の準備などをこなすことは簡単ではありません。

そうした場合はぜひ「転職エージェント」を利用してください。

転職エージェントを利用するメリット

  • 書類の作成サポート
  • 面接対策、面接など採用スケジュール日程調整
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 企業や業界の事情を教えてもらえる
  • 給料や勤務条件の交渉をしてくれる
  • 退職についてのサポートもしてくれる

転職エージェントを利用するとこのようなメリットがあります。

転職エージェントを利用すれば、求人先の雰囲気や環境を聞けるだけでなく、面接のスケジューリングや給料の交渉も行ってくれます。

非公開求人とは
インターネット上や情報誌など一般には公開されていない求人のこと。 転職エージェントによって保有している非公開求人は異なり、「独占案件」「独占求人案件」とも呼ばれます。 非公開求人の中には条件がよい求人情報、各企業の極秘採用案件といったものがあります。

看護師専用の転職エージェントは多数あるので、次の章でおすすめのエージェントを3つ紹介します。



看護師転職におすすめの転職エージェントを3つ紹介

転職をするなら転職サイト・エージェントを利用するのがおすすめです。

初めて転職サイトやエージェントを利用する場合は、「求人数の多さ」「アドバイザーのサポートサービス」に注目して選びましょう。

初めての転職におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

【看護roo!】初めての転職する方におすすめ

看護roo!(看護ルー)へ

「看護roo!」おすすめポイント

  • 一気通貫制
  • 面接を徹底サポート
  • 精度の高い求人を紹介

看護roo!の基本情報

運営会社株式会社クイック
会員・年齢層非公表
公開求人件数約59,500件※1
非公開求人あり
求人更新日随時
対応職種正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応施設一般病院、大学病院、一般+療養、療養型病院、精神病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センター、保育園・学校、その他

※1 参考:看護roo! 求人検索 看護の求人を探す 2021年11月26日参照

看護roo!は看護師専用のサイトを運営しています。転職サポートの他に、看護の知識や看護師の悩み掲示板、用語辞典などが掲載されています。

求人数の多さも業界トップクラスなので、あなたにピッタリの職場が見つかるので看護roo!の評判はいいです。

1人のキャリアアドバイザーが求職者と転職先のどちらも担当する「一気通貫制」なので、直接詳しい情報を確認できます。

転職後のミスマッチ防止に、転職先の詳細情報を事前に得ることは非常に大きなポイントです。

初めて転職をする方・新人看護師の方は、まず看護roo!は登録するのがおすすめです。また、スピーディに転職活動を行えるので、すぐに転職を考えている方・ブランクを作りたくない方にもおすすめできます。

\病院の内部事情も提供/

【看護のお仕事】働き方が幅広く選べる

「看護のお仕事」へ

「看護のお仕事」おすすめポイント

  • 地方の求人数が多い
  • サポート力が高い
  • 求人情報にて口コミを確認できる

看護のお仕事の基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
会員数・年齢層非公表
公開求人件数約128,000件※1
非公開求人あり
求人更新日随時
対応職種正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応施設病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センター

※1 参考:看護のお仕事 求人検索 求人検索結果 2021年11月29日参照

「看護のお仕事」は地域の求人を比較的多くもっているので、地方で転職を考えている方には登録してほしい転職サイトのひとつです。

地域の求人を比較的多く掲載しているので、地方で転職を考えている方に看護のお仕事の評判はいいです。全国に11か所の支店を持っているので、どこに住んでいてもサポートを受けられます。

「看護のお仕事」は書類の添削・面接練習などのサポートも手厚いので、初めての転職の方でも安心して利用できるでしょう。

また、施設によっては働いている人の口コミをサイト内で確認ができます。サイトとキャリアアドバイザーから情報を集めて、あなたに合った職場を見つけてください。

初めての転職が不安でサポートをしっかり受けたい方・地方で求人を探している方は、「看護のお仕事」の公式サイトを確認しましょう。

\非公開求人も多数/

【ナース人材バンク】地域の求人を詳しく知りたい方におすすめ

「ナース人材バンク」へ

「ナース人材バンク」おすすめポイント

  • 地域専任のキャリアアドバイザー
  • 地域ごとのデータが見られる
  • 非公開求人を多く取り扱っている

「ナース人材バンク」の基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
非公開求人あり
求人更新日随時
対応職種正看護師、准看護師、認定看護師、保健師、助産師、管理職
対応施設病院、クリニック、訪問看護、介護施設、企業・学校・保育園、その他

※ 参考:ナース人材バンク トップページ 2021年11月29日参照

ナース人材バンクは全国14か所に事業所をもっているので、どこに住んでいても転職サポートを受けられます。

ナース人材バンクのキャリアパートナーは、地域専任のため地域情報に詳しいです。

また、PCでサイトから「看護師求人を探す」から都道府県を選択すると、地域ごとに次のような情報をチェックできます。

  • 全国との「平均年収比較」
  • 看護系職種別の「平均給与」
  • 勤務形態の割合
  • 施設形態の割合
  • 配属先の割合

これらの情報を見て、ミスマッチのない転職を目指しましょう。

ミスマッチなく長く続けられる転職先を探している方・IターンやUターンで転職したい方に、ナース人材バンクはおすすめです。

\レア求人が多数/

看護師の転職サイト・エージェントをさらに知りたい方へ

看護師の転職サイト・エージェントは数多くあり、どこの会社が良いのか?どの会社がご自身に合うのかわからないでしょう。

また転職エージェントは複数登録し、気に入った転職エージェントを2~3社に絞って転職活動する方をおすすめします。

転職エージェントを複数社利用した割合

看護師が転職エージェントを複数社利用した割合イメージ図

転職エージェントを利用した看護師さん100名に何社登録したのかアンケートを実施(2022年2月 クラウドワークスにて)しました。

1社のみと答えた方は35%、2社は33%、3社は25%、4社・5社は3%、6社以上は1%でした。

多くの看護師が転職エージェントを利用する際に2社、もしくは3社併用して転職活動をしています。

転職エージェントを複数登録するメリット

  • エージェントを比較できる
  • 非公開求人を数多く見れる
  • 複数の観点からアドバイスをもらえる
  • 求人を幅広くチェックでき応募数を増やせる

転職エージェントを併用することによって、さまざまな視点からプロのカウンセラーよりアドバイスをもらえます。

また、取り扱う求人が異なるため、あなたの条件に合った求人を見つけやすくなります。

看護師の転職サイト・エージェントのランキング記事

数ある看護師の転職エージェントを厳選し、まとめた特集記事もございます。

【雇用形態別】【条件別】に比較もしています。ぜひ、一度ご覧ください。

【看護師の転職サイトおすすめ7選】職場・条件別の比較ランキング
多数の看護師の転職サイトがあり、どれを使えばいいか迷う人も多いでしょう。本記事では、看護師向け求人サイト7つを厳選...
詳細を見る



【まとめ】転職エージェントで理想の転職を

新人看護師の場合、看護師としてはもちろん、社会人としてもいろいろな面で新しく学ぶことばかりで、一日中緊張が続きストレスも溜まりやすいです。

長いようで短い新人研修ですが、周囲の人に相談して乗り越えましょう。

どうしても我慢できない場合は、転職するのも1つの手です。

転職する際は病院選びを誤らないよう、プロの転職エージェントに相談するとあなたにピッタリの病院を見つけられます。

新人看護師のうちは第二新卒の採用を積極的に行っている病院も多数あるので、あなたにあった病院で働けるよう、転職活動にチャレンジしてください。