【例文多数あり】看護師の履歴書・職務経歴書の書き方を徹底解説

最終更新日: 公開日:

記事の情報は2022-02-15時点のものです。

本記事では看護師の履歴書の書き方を解説していきます。看護師の志望動機の書き方を状況別に紹介するので、参考にしてください。また、職務経歴書・添え状の書き方・封筒の入れ方も徹底解説するのであなたの転職に役立てましょう。
【例文多数あり】看護師の履歴書・職務経歴書の書き方を徹底解説

転職活動の際に、「履歴書や職務経歴書を書くのが大変」と不安に思っている人は多いです。

いざ書こうとしても、「どう書いていいのかわからない」「この内容でいいのか自信がない」といった悩みは尽きません。

本記事はそんな履歴書や職務経歴書に関する悩みを解決します。

志望動機や自己PRもスムーズに書き進められるよう、書き方のポイントを項目や状況別に解説していきます。また添え状や封筒の書き方も合わせて確認してください。

これら2つの書類は、一次選考の結果を左右する重要な書類です。書き方のポイントをおさえて、書類であなたの強みをアピールしましょう。

\プロに無料で助言をもらうなら/

看護師の履歴書・職務経歴書を書くときの注意点

看護師に限らず、履歴書と職務経歴書は転職活動に必ず必要な書類です。

まず履歴書・職務経歴書を書き始める前に、基本的なポイントを確認しましょう。

  • 手書きが原則
  • 黒のボールペンを使う
  • 修正液を使わない

特に注意すべきは、修正液が使えない点です。

履歴書は応募先に提出する正式な書類です。

修正液を使った場合、採用担当者は本人が修正したかどうかわからないうえ、「いい加減」といった印象を受ける可能性もあります。

もし書き間違えてしまった場合は、最初から書き直しましょう。

どうしても書き直しが難しい場合は、訂正箇所に定規で二重線を引いて、二重線に重なる位置に訂正印を押します。正しい内容は、訂正箇所の上下どちらかに書きましょう。

ただしこの方法は、「修正する手間を省いた」と思われる可能性が高いため、書き直しをおすすめします。

間違えないためにも、履歴書職務経歴書はあらかじめ記載内容をまとめておき、慎重に書いてください。



【履歴書の書き方】看護師の採用担当者が見るポイント

具体的な書き方を見ていく前に、採用担当者が履歴書から何をチェックしているのか、おさえておきましょう。

採用担当者は履歴書から、希望給与といった労働条件や身に付けてきたスキル、仕事への意欲を見ます。

具体的にチェックされる項目を次にまとめました。

労働条件面

  • 通勤が可能か
  • 志望動機から仕事への意欲を感じるか
  • 求める人材を理解して応募しているか
  • 希望給料に大きな差はないか

職歴

  • 前職を円満に辞めているか
  • 過去の職務経歴を転職先で活かせるか
  • 職務内容の実績、評価などに信憑性があるか
  • 転職回数から見る組織適応力

人格・能力

  • 自身の強みを理解しているか
  • キャリアビジョンが明確か
  • 誤字・脱字がなく、丁寧な字で書かれているか

履歴書を書く際には、これらのチェック項目で好印象を与えるよう意識して書くことが大切です。具体的にどのように書けばいいのか、詳しく見ていきましょう。



看護師の履歴書の例文を紹介

履歴書の内容のほとんどは、生年月日や住所、学歴・職歴、取得資格などの基本的な情報です。

紹介する各項目の書き方を参考に、書けるところから埋めていきましょう。

一般的な履歴書の項目と具体例

看護師の履歴書の例文(氏名から住所まで)

項目ポイント
1、日付
  • 持参する場合:持参する日の日付
    郵送する場合:投函する日付
  • 和暦でも西暦でもかまわないが、履歴書内で統一する。ただし「昭和」を「S」にするといった省略表記はNG。
2、氏名(フリガナ)
  • 「フリガナ」表記はカタカナで、「ふりがな」表記はひらがなで記載する。
3、生年月日
  • 数字は算用数字を使う。(例:1、2、3…)
4、住所(フリガナ)
  • 「フリガナ」表記はカタカナで、「ふりがな」表記はひらがなで記載する。
  • 都道府県名から省略せずに記載する。番地も「1-2-3」ではなく「1丁目2番3号」と書く。
5、写真
  • 3か月以内に撮影した写真を使用する。
  • スーツまたは清涼感のある服装で撮影する。
  • 応募者の人物像のイメージにつながるため、印象の良い写真を使う。
    (例:口角が自然な形に上がっている。襟やネクタイが乱れていない。背筋が伸び、正面を向いている。あごが上がっていない。)

看護師の履歴書の例文(学歴および職歴)

項目ポイント
6、学歴・職歴
  • 1行目に「学歴」と記し、2行目から学歴を書き始める。
  • 学歴を書き終えた次の行に、「職歴」と記し、次の行から職歴を書き始める。
  • 卒業、入学の位置を揃える。
  • 退職の理由は「一身上の都合により退職」と記入する。
  • 学校名、病院名は省略せずに正式名称で書く。
  • 転職回数が多く、枠内に職歴が書ききれない可能性のある場合は、あらかじめ「学歴・職歴」の欄が大きい履歴書を選びましょう。それでも入りきらない時は、書けるところまで記載し、最後の行に「詳細は職務経歴書に記載」と一文を添えましょう。

看護師の履歴書の例文(免許・資格)

項目ポイント
7、免許・資格
  • まだ取得していない資格でも、取得に向けて勉強中の場合は記載しておく。取得予定時期もわかる場合は書いておくとよい。

看護師の履歴書の例文(志望動機)

項目ポイント
8、志望動機
  • 看護師になろうと決めたきっかけや、応募先の職場だからこそ実現したいことを書く。
  • 即戦力として貢献できることをアピールする。
  • 書き切れない場合は、職務経歴書に詳細を記載する。
9、趣味・特技
  • 人物像のイメージにつながるので、「特になし」と書くことは避ける。
  • 好印象を与える趣味であれば問題ないが、ネガティブな印象を与える可能性のあるもの(賭け事・ギャンブル関係など)は避ける。
10、本人希望記入欄
  • 原則は「貴院規定でお願いします」とする。
  • 希望する診療科がある場合や、どうしても夜勤ができない場合は記載する。
  • 希望給与は、履歴書の段階での提示は極力避ける。

履歴書や職務経歴書は面接の際に、採用担当者からの質問材料や確認事項にもなります。

何を書いたか忘れないためにも、コピーをとっておきましょう。

事前に控えを見て内容を確認すれば、面接での矛盾した回答を防げます。



【状況別】看護師の志望動機の書き方

生年月日や住所、学歴・職歴などの基本事項を埋めたら、次に履歴書に書くのは「志望動機」です。

ここからは志望動機の書き方のコツを紹介します。

まず志望動機の全体的なポイントとNGな書き方はこちらです。

履歴書に書く志望動機のポイント

  • 採用担当者が関心を持ち、この人材が欲しいと思わせる内容である
  • 現在の職場ではできない、もしくは実現が難しいが、転職先では可能であることが書かれている
  • 応募先の職場環境や職務内容への共感があり、即戦力として働ける

志望動機のNGな書き方

  • これまでの職場の悪口や人間関係での不満など、ネガティブな話題
  • 過去に勤めた会社と転職先との比較を
  • 「給料や待遇に魅力を感じた」、「勤務場所の立地で決めた」など、勤務条件を重視した書き方

上記のポイントをふまえて、場合・状況別に志望動機の書き方をまとめました。

ではそれぞれ見ていきましょう。

1.勤続年数が短い場合

勤続年数が短い場合のポイントを紹介します。

  • 資格取得のため勉強中といった意欲を見せる
  • やりたいことを伝える

例文はこちら

(例) 高齢者向けの訪問看護師として患者様と接する中で、多くの方が孤独を感じていることに気づきました。心の病を抱えた方のサポートをしたい想いから、精神保健福祉士の勉強を始めました。 貴院では精神疾患をかかえている方に特化した医療を行っているので、そこでの訪問看護に従事したいと思い応募いたしました。

2.勤続年数が長い場合

勤続年数が長い場合のポイントを紹介します。
  • 仕事の知識量、経験値をアピールする
  • 一つの職場で勤め続けられた堅実さや、円満な人間関係を築いてきたことを伝える

例文はこちら

(例) これまで15年にわたり、小児科病棟にて勤務してまいりました。子供や保護者の方々との関わりを通して、コミュニケーションの大切さを実感しました。 職場でも、患者様に対しても、信頼関係を築いていくスキルを身に着けられたのは私の強みであり、貴院でも存分に活かせられればと思っております。

3.転職回数が多い場合

転職回数が多い場合のポイントを紹介します。

  • 転職歴を振り返って共通点を探す
  • 行動力や興味・関心の深さに結び付ける

例文はこちら

(例) これまで複数の病院の産科病棟で経験を積んでまいりました。命の誕生と向き合う中で、より妊産褥婦さんをサポートしたい想いから、助産師の資格を取得しました。 さまざまな職場を経験し、いかなる状況においても臨機応変に柔軟に対応できるようになりました。この経験を活かして、貴院での看護に従事していきたいと考えております。

4.ブランク期間が長い場合

前職からブランクがある方の気をつけるポイントを紹介します。

  • 採用担当者が、ブランクに対して不安を感じることのないように、書き方を工夫する
  • 仕事から離れていた時期に、学校に通ったり資格を取得したりした場合はそれをアピールする
  • 自身の健康問題で休養していた場合は、現在は健康であることにもふれておく

例文はこちら

(例) 前職では緊張が続く状態での夜勤が多く、体調を崩して退職いたしました。休養を取り、あらためて進むべき道を考えたとき、やはり看護職に従事したいと思い、認定看護師(救急看護)の資格を取得しました。 どんな状況でも冷静に対応できる強みを活かし、貴院であらためて看護師として挑戦をさせていただきたく思います。

5.特殊な技術や専門分野、目立った成果がない場合

特段書くことがないと悩んでいる人は、次のことをしてみましょう。
  • どの分野でも抵抗なく働けることをアピールする
  • 第三者の意見をもとに、性格・人柄を分析し、強みを押し出す (例)「常に誠実な姿勢で職務を全うする」「諦めずに最後まで課題解決のために尽力する」など

例文はこちら

(例) 私は常に誠実な姿勢で職務を全うすることを心がけ、看護師として患者様と向き合ってきました。緊迫した状況下でも諦めずに、最後まで課題解決のために尽力することが強みです。 ICUでの経験はありませんが、病状に適した処置を瞬時に判断するよう努め、貴院での看護に携わっていきたいと思っております。

6.これまでと勤務形態が変わる場合

パートから正社員に転職したい方、正社員からパートに転職したい方向けのポイントを紹介します。
  • パートから正社員の場合:「子供が成長して手が離れた」「キャリアアップのため」「これまでも正社員と同様の仕事量をこなしてきた」など、具体的な理由を明記する
  • 正社員からパートの場合:引っ越し・結婚などライフスタイルが変化した場合は、「生活環境の変化に伴い、それに合わせた働き方をするため」「資格取得を目指し、仕事と勉強のバランスを重視したため」などと伝える

例文はこちら

(例) 出産を機にパート勤務を続けてきました。しかし、子供の手が離れたため長時間働ける環境になりました。常に患者様に寄り添った、思いやりのある看護を意識してきました。 今後はさらなるキャリアアップを目指して、教育制度も充実し、最先端医療について学べる貴院の下でスキルを身に着け、職務に励んでまいりたいと思っております。

志望動機は、どんな状況でも前向きに伝える書き方をしましょう。

これまでの経験で、特筆すべきことは何もなかったと不安になる必要はありません。

あなたの強みをアピールしつつ、これまでの職歴を今後に活かしていく熱意を示し、採用担当者の興味を引くような内容にしましょう。



看護師の職務経歴書の書き方を紹介

履歴書の次は、職務経歴書について見ていきましょう。

職務経歴書を書く目的は、「これまでの職務内容を具体的・客観的に伝える」ことです。

職務経歴書は決まったフォーマットがありません。A4サイズ1~2枚に、履歴書には書き切れなかった「職務経歴」や、「取得資格」「自己PR」などについて書きます。

職務経歴書はどのように書けばよいか、戸惑う人も多いと思います。しかし、A4サイズ1枚程度と枚数は多くありません。

アピールポイントを把握したうえで、簡潔な文章構成を意識しましょう。



看護師向け履歴書の添え状の書き方

次は添え状について解説していきます。

履歴書や職務経歴書を郵送する場合に、添え状を同封することできちんとした印象をあたえられます。

面接の際に書類を持参する場合は添え状は必要ありません。

添え状の主な目的は次のとおり

  • 採用担当者に人間性をアピールできる
  • ブランクが長い、前職を短期間で辞めているなど、履歴書でネガティブな印象を与える可能性がある場合は、今までの状況や今後の方針をあらかじめ伝える
  • 送付している書類内容を明記することで、間違いを防ぐ役割がある

添え状はポイントをおさえて丁寧に作成

では添え状の作成方法について確認していきます。まずは基本的な作成ポイントをおさえておきましょう。

  • 横書きで、パソコン作成する
  • 文体は敬体(ですます調)で書く
  • 応募用紙の大きさに合わせてA4もしくはB5
  • 枚数は1枚
  • 文章量は用紙の3分の2程度におさめる
  • シンプルにまとめる
  • 資格やこれまでの経験、自己啓発の姿勢についてふれる

添え状の例文はこちら

看護師向け履歴書の添え状の例

添え状に必要な項目

番号項目
1投函する日付
2応募先の病院・施設名、採用担当者名
3住所、氏名
4挨拶文
5応募に至った経緯(求人サイト、ハローワーク、紹介など)
6簡単な自己紹介、これまでの経歴を簡潔に説明
7送付物内容
8採用検討のお願い
9結びの挨拶
10同封書類の一覧
11締めくくり

上記のポイントと項目をふまえて、作成していきます。注意点として、次のような書き方はNGです。

(NG例) これまで○○労災病院、社会医療法人△△訪問看護ステーションに勤めてまいりました。××科では思うような看護に従事できず、訪問看護では残業も多く過酷な労働条件も相まって退職する運びとなりました。 貴院では精神疾患を抱えた方に特化した医療を行っているので、訪問看護師としての経験を活かして職務に励んでいきたいと思っております。

NGポイントは次のとおり

  • 熱意やアピールが極端で強すぎる
  • 経歴について言い訳に感じる可能性がある
  • よくある定型文のみで構成されている

添え状はアピールツールとして有効活用できますが、簡潔に書くことが求められています。

書類選考は履歴書や職務経歴書で行われます。ですが、添え状は人となりをアピールできるチャンスなので、履歴書や職務経歴書同様、丁寧に作成しましょう。



看護師向けの封筒の書き方と書類の入れ方

履歴書、職務経歴書、添え状が作成できたら、残すは封筒です。

封筒は履歴書や職務経歴書を折らずに入れられるサイズ(履歴書は真ん中で二つ折り可)で、色は白の無地のものを選びましょう。

封筒も履歴書同様、黒のサインペンで書きます。書き方のポイントは次のようになります。

看護師向けの封筒の例

項目ポイント
1、応募先の住所
  • 都道府県名から省略せずに記載する。番地も「1-2-3」ではなく「1丁目2番3号」と書く。
2、宛名
  • 病院名や施設名は省略しない。
  • 封筒の中央に送付先がくるように記載する。
  • 住所よりも大きい字で書く。
  • 部署名が不明:「採用ご担当〇〇様」
    担当者名が不明の場合:「採用ご担当者様」。
  • 宛名が人の場合は「様」、病院名や部署名の場合は「御中」。
3、その他
  • 封筒の左下に、赤ペンで「履歴書在中」と記載し、枠で囲む。

看護師向けの封筒(裏)の例

項目ポイント
4、住所・名前
  • 都道府県名から省略せずに記載する。番地も「1-2-3」ではなく「1丁目2番3号」と書く。
5、日付
  • 封筒の左上に、投函する日付を記載する。
  • 漢数字で縦書き。
6、その他
  • 必要書類をすべて入れて糊で封をした後、「〆」マークを書く。

封筒に関して、書き方以外にもいくつか注意点があります。

一つ目は、封筒に書類を入れるときの順番です。

添え状が一番上になるように、次の順で重ねて入れるようにしてください。

  • 1.添え状
  • 2.履歴書
  • 3.職務経歴書
  • 4.その他必要な書類

になるように重ねて入れましょう。書類一式をクリアファイルに入れておくと、郵送時のダメージを受けにくく、応募先にも丁寧な印象を与えられます。また郵送するときは、ポストに投函するよりも、郵便局の窓口に行くことをおすすめします。

料金不足を防ぐためにも、窓口での送付が確実です。

面接で履歴書や職務経歴書を持参する場合、封筒に宛名を書く必要はありません。また、書類は封筒から出して手渡しするため、封をする必要はありません。



【看護師専用】履歴書作成のサポートがあるおすすめ転職エージェント

履歴書や職務経歴書を一人で準備するのが不安な方は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

いままでの職務経歴の洗い出し・書類の添削などが受けられるだけでなく、さまざまなサポートを無料で受けることができます。

転職エージェントを利用するメリット

  • 書類の作成サポート
  • 面接対策、面接など採用スケジュール日程調整
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 企業や業界の事情を教えてもらえる
  • 給料や勤務条件の交渉をしてくれる
  • 退職についてのサポートもしてくれる

書類作成のサポートが受けられ、多くの利用者がいるおすすめの転職エージェントを紹介します。

履歴書の添削はプロにお任せ『看護roo!』

看護roo!(看護ルー)へ

「看護roo!」おすすめポイント

  • 求人数が多い
  • キャリアアドバイザーのサポートが手厚い
  • 求人先の内部情報が聞ける

「看護roo!」の基本情報

運営会社株式会社クイック
会員・年齢層非公表
公開求人件数約59,500件※1
非公開求人あり
求人更新日随時
対応職種正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応施設一般病院、大学病院、一般+療養、療養型病院、精神病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センター、保育園・学校、その他

※1 参考:看護roo! 求人検索 看護の求人を探す 2021年11月26日参照

看護roo!は看護師専用のサイトを運営し、看護師に転職サポートサービスを提供しています。

キャリアアドバイザーに相談しながら、履歴書や職務経歴書を作成できます。

求人の多さはトップクラスなので、応募する求人が決まっていない方は使ってみましょう。

看護roo!は求人が多くサポートも充実しているため、初めての転職を考えている方におすすめです。

\病院の内部事情も提供/

転職サポートが充実している『看護のお仕事』

「看護のお仕事」へ

「看護のお仕事」おすすめポイント

  • 地方の求人数が多い
  • サポート力が高い
  • 求人情報から口コミが閲覧できる

看護のお仕事の基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
会員数・年齢層非公表
公開求人件数約128,000件※1
非公開求人あり
求人更新日随時
対応職種正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応施設病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センター

※1 参考:看護のお仕事 求人検索 求人検索結果 2021年11月29日参照

看護のお仕事は、どんな方でも使いやすい転職サイトです。手厚い転職サポートを受けたい方は、「看護のお仕事」がおすすめです。

全国に11か所の支店があるため、履歴書作成のサポート・添削を対面で直接受けられます。

\非公開求人も多数/

地方で転職を考えているなら『ナース人材バンク』

「ナース人材バンク」へ

「ナース人材バンク」おすすめポイント

  • スピーディーな転職サポート
  • 地域専任のキャリアパートナー

「ナース人材バンク」の基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
非公開求人あり
求人更新日随時
対応職種正看護師、准看護師、認定看護師、保健師、助産師、管理職
対応施設病院、クリニック、訪問看護、介護施設、企業・学校・保育園、その他

※ 参考:ナース人材バンク トップページ 2021年11月29日参照

ナース人材バンクでも履歴書や職務経歴書の添削やアドバイスを受けられます。

また、ナース人材バンクのキャリアパートナーは地域ごとに専任で担当が付いているため、就職したい地方での転職に強みがあります。

地方で転職したい方は、ナース人材バンクを利用してみましょう。

\レア求人が多数/

看護師の転職サイト・エージェントをもっと知りたい方へ

看護師の転職サイト・エージェントは数多くあり、どのサービスを利用しようか悩む方も多いでしょう。

転職エージェントは複数登録し、気に入った転職エージェントを2~3社に絞って転職活動するのをおすすめします。

転職エージェントを複数社利用した割合

看護師が転職エージェントを複数社利用した割合イメージ図

転職エージェントを利用して転職した看護師さん100名に何社登録したのかアンケートを実施(2022年2月 クラウドワークスにて)しました。

2社は33%、3社は25%でした。

多くの看護師が転職エージェントを併用して転職活動をしています。併用することによって大きなメリットがあるからです。

転職エージェントを複数登録するメリット

  • エージェントを比較できる
  • 非公開求人を数多く見れる
  • 複数の観点からアドバイスをもらえる
  • 求人を幅広くチェックでき応募数を増やせる

転職エージェントを併用することによって、さまざまな視点からプロのカウンセラーよりアドバイスをもらえ、取り扱う求人が異なるため、あなたの条件に合った求人を見つけやすくなります。

数ある看護師の転職エージェントを厳選し、まとめた特集記事もございます。【雇用形態別】【条件別】に比較もしています。ぜひ、一度ご覧ください。

【看護師の転職サイトおすすめ7選】職場・条件別の比較ランキング
多数の看護師の転職サイトがあり、どれを使えばいいか迷う人も多いでしょう。本記事では、看護師向け求人サイト7つを厳選...
詳細を見る



【まとめ】 履歴書をマスターして転職を有利に

本記事では履歴書、職務経歴書、添え状、封筒の書き方について、作成のポイントや注意点を見てきました。

履歴書や職務経歴書などの書類は、転職活動の第一関門です。丁寧に作成しましょう。

「書かないといけない」とネガティブに捉えるのではなく、「アピールするチャンス」だと熱意を持って作成する姿勢が大切です。

転職者に求められるものは「実践力」と「即戦力」です。今回紹介したポイントをふまえて、履歴書・職務経歴書を準備しましょう。