User Insight(ユーザーインサイト)

User Insight(ユーザーインサイト)

最終更新日 2020-05-27

WEBサイト訪問者のサイト行動履歴をヒートマップで可視化して、サイトの課題を見つけだすための解析ツールです。使い勝手のよいインターフェースなので初心者でも簡単に解析ができます。

アクセス解析ツール選び方ガイド
資料の続きを閲覧するには
基本情報
料金プラン
50,000円/月
無料トライアル
無料プラン
連携可能API数
0
もっと詳しく
無料でダウンロード
利用規約とご案内の連絡に同意の上
アクセス解析ツールの資料12件分を同時に請求できます
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください
AIアナリスト
Ptengine(ピーティーエンジン)
SiTest (サイテスト)|国産サイト改善オールインワン!
KISSmetrics (キスメトリクス)
ARGOS(アルゴス)
RTmetrics
sui-sei
サイト表示速度、表示速度改善を追求するための計測ツール SpeedCurve(スピードカーブ)
利用規約とご案内の連絡に同意の上

画面サンプル

NO IMAGE
NO IMAGE
NO IMAGE

説明

User Insightは、サイト訪問者の閲覧履歴をヒートマップで表示したりユーザーのページ遷移などを追うことで、サイトのアクセス解析をするツールです。1ユーザーの動きを取れる機能や、ユーザーのページでの日別履歴ログのCSVへのはきだしなども可能で、このツールを駆使することで、多くの情報を得ることができます。

特長

1.
使い勝手のよいヒートマップ

User Insightには、バリエーション豊かな10種類のヒートマップが用意されています。ユーザーの減少率がわかるヒートマップでは、どのようなページや記事がユーザーに飽きられはじめているかを見つけ出すことができます。マウスのクリック位置では、ユーザーがどのタイミングで行動を起こすかを知ることになります。

また、熟読エリアなどの一般的なヒートマップに加え、マウスの開始位置や、最終クリックの位置を計測することができるのも特徴です。これはヒートマップを補完する機能として注目されているマウスリプレイで行います。ヒートマップで追い切れないユーザーのページでの行動を確認することができます。たとえば、そのページで離脱した、コンバージョンしたといった特定の行動をしたユーザーを絞りこんで動画で確認するといったことも可能になっています。

2.
ユーザーの遷移が追える

ユーザーがサイト上でどのように動いたかを知ることは、サイト解析において非常に重要です。セッションによって、ユーザーがそのページに至るまでにどのページにアクセスし、なにを見たかということは、ユーザーの導線が想定していたものと合っているかの検証になります。

コンバージョンしたユーザーがコンバージョンするまでにどのページを見たか、最初にページを訪問したのはいつで、どういう経路で流入したか、といった情報を取得することで、その遷移が自分たちが想定していた導線に沿っているものなのか、それとも、離脱などの原因が含まれているページはどこかといったことがわかります。コンバージョンするまでの導線は、サイトがユーザーにとって有効なものかどうかを決める要となります。

3.
ログをCSVで出力

User Insightで取得したさまざまな計測データはログデータとして保存され、CSVでダウンロードすることができます。さまざまな条件を指定して、ダウンロードをした後も使いやすいように加工されたものをダウンロードができるだけでなく、生ログでのダウンロードもできるようになっています。

サイトの情報は、User Insightで取得し、そのデータを別の解析ツールなどを利用して、別の切り口から分析をするときにも、利用する解析ツールにあわせたログの吐き出しができます。ログデータを直接加工することで、今のサイトがどういう状態にあるかをよりリアルに見せることができるので、より有効に活用できます。

仕様

機能・仕様
ヒートマップ
通知メール
セグメント分析
検索ワード
コンバージョン分析
広告分析
組織分析
ユーザー属性分析
サイト全体の分析
推奨社員数
モバイル
日本語対応利用可能
連携サービス

料金・費用

初期費用
50,000円-
利用価格
月額50,000円-
月額/ユーザー
0円-
最低利用人数
最低利用期間
6ヶ月

口コミ・評価

5
(1)
4
(9)
3
(7)
2
(1)
1
(1)
このサービスの口コミを書く
やまだ りえ
ユーザー
株式会社マーレマーレ・ジャパン
/
小売/流通/商社系
利用状況:現在は利用していない
/
投稿日:2020-07-06
3/5
アクセスや滞在時間、離脱率などを可視化できるヒートマップ形式に惹かれて導入しましたが、設定が難しく、細かく解析できるのはいいのですが、使う側のスキルも試されるタイプのツールでした。出店先が増えたことで、データを追いかける時間的人的余裕がなくなり、解約しました。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
ヒートマップ方式なので、一目でわかりやすいというメリットがあります。が、サイトのデータ解析の専門スタッフが居る大規模な企業や、ベンダーに共有してプロの目でデータ分析の指標として見てもらうなどの使い方ならサイトの構築や改善、リニューアルの際にとても意義がありそうですが、なかなか細かくて設定して数値を追うだけでも大変でした。あと契約時には「毎月定例でレポートがてら訪問しますね」と言うことで付いてくれていたはずの担当者が、半年経たないうちにまったく音信不通になったのが残念でした。←これは企業ではなくその個人の問題化も知れないですが。
匿名のユーザー
ユーザー
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
投稿日:2020-07-05
3/5
在籍確認
離脱ポイントがページごとで分かるので、この要素で落ちてるのか分かる。 また、クリックや熟読エリアも分かるので、興味あるポイントも把握できる。 ユーザーの流入経路から滞在時間、離脱ページまで把握できる。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
離脱ポイントが把握でき、離脱数が少なくなった。 また、熟読エリアを強調した事により、より離脱も減った。

会社概要

会社名企業情報未登録
代表者名
資本金
従業員規模
所在地東京都港区
設立年月

その他のアクセス解析ツールのサービス

ヒートマップ解析、マウス動画解析、ゲイズプロット、ABテスト、LPO、EFO対策機能を搭載し、ウェブサイト解析・改善をオールインワンで実現する無料ASP「 SiTest (サイテスト)」 https://sitest.jp/ 2016年10月現在、国内150,000サイトに導入頂いております。
AI(人工知能)が、2.5万サイト以上のデータを元に、Webサイトを分析!レポートを出すだけでなく、UI・UXやSEOの改善まで提案。広告宣伝費トップ100の4割の会社で使われています。
ヒートマップの精度に強みのあるアクセス解析ツール
VALUES eMark+(ヴァリューズ イーマークプラス)は、インターネット上の行動ログデータから、あらゆるWebサイトへのアクセス状況を把握でき、競合他社サイト分析とユーザー分析(消費者分析)を行なうことができます。
AD EBiSは、様々な媒体に出稿している広告を1つの画面で管理できる計測ツールです。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。