チームワークと個人のタスク、どちらも 1 つのプラットフォームで
スラック

Slack

更新日 2021-12-03
匿名のユーザー
ユーザー
IT/通信/インターネット系
利用状況:現在は利用していない
/
利用アカウント数:1000件以上
投稿日:2020/11/24
4/5
投稿経路パートナーボクシルのパートナーの協力で集めた口コミです

DMが誰から来てたのか探すのが難しい。

以前の会社で有料版を使用していました。特にテレワークに入ってから円滑にコミュニケーションをとるという観点から気軽に連絡ができると言ったメリットを大いに感じています。ただ、その中で画面に表示されているDMの数が限られており、また履歴優先で表示されている訳ではなく、DMを一回開いたが優先度が低かったDMで後回しにしていた内容が一覧には表示されず、再度探すのが大変というデメリットを感じていました。

サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください

サービス導入には携わっておりませんでした。開発の部署の観点から見ると、導入以前はこれまでは社内で開発していたメッセージチャットツールを利用して連絡をとっておりました。しかしネットワークが不安定なことを多く、素早くいつでもメッセージを行うことができるというチャットツールのメリットが十分ではありませんでした。その観点でSlackが導入されてからはメッセージのやりとりが容易になりました。

このサービスの良いポイントはなんですか?

  • ワークフローを組むことができる。
  • 手軽にメッセージを行うことができる。
  • 下書き機能で残タスクの把握ができる。

このサービスの改善点はなんですか?

  • スレッドで返信する際にメンションをつけていないと相手に通知が飛ばないのが不便。
サービスの5段階評価
使いやすさ
4
お役立ち度
5
カスタマイズ性
5
機能満足度
5
サービスの安定性
5

同じカテゴリのサービスと比較

Slackと気になるサービスの2社比較や、複数のサービスを選択して比較・資料請求できます