天皇誕生日2018年が最後の祝日?2019年は平日に、過去の事例は

天皇陛下(今上天皇・明仁さま)が生前退位し、2019年5月1日には皇太子徳仁親王が新天皇として即位されます。これにともない平成の天皇誕生日12月23日が祝日となるのは2018年が最後となります。皇太子さまの誕生日は2月23日。2019年、2020年以降の天皇誕生日・祝日はどのようになるのでしょうか。この記事では天皇誕生日の意味や由来、2019年以降の天皇誕生日について解説します。なお、皇太子さまが即位される5月1日は1年限りの祝日となる可能性があり、実現すれば2019年のGWは10連休となります。

天皇誕生日2018年が最後の祝日?2019年は平日に、過去の事例は

天皇誕生日の意味や由来

12月になると祝日の一つとしてカレンダーで目にする天皇誕生日。そもそも天皇誕生日はどのような意味のある日で、どんな由来があるのでしょうか。以下で詳しく解説していきます。

天皇誕生日の由来

天皇誕生日は、どのように始まったのでしょうか。歴史上天皇の誕生日が祝われたのは、宝亀6年(西暦775年)の光仁天皇からといわれています。このころは天皇誕生日ではなく、「天長節」と呼んでいました。

明治元年になると再び天長節を行事として祝うようになりました。戦前においては、天皇が五穀豊穣・天下泰平を祈る「四方拝」、神武天皇の即位の日とされる「紀元節」、明治天皇の誕生日である「明治節」と合わせた四大節のひとつとされ、天長節は第二次世界大戦の終戦まで広く祝われていました。

平成の天皇誕生日は12月23日

今上天皇は1933年12月23日に皇居の産殿で誕生されました。1989年、昭和天皇の崩御を受けて即位され、12月23日が天皇誕生日として祝われるようになりました。国民の祝日に関する法律により1989年から12月23日は祝日とされています。

1988年までは昭和天皇の誕生日にあたる4月29日が天皇誕生日でしたが、昭和天皇崩御の後は「みどりの日」となりました。2007年、国民の祝日に関する法律(祝日法)の改正に伴いみどりの日は5月4日に変更され、4月29日は「昭和の日」となりました。

天皇退位で天皇誕生日が変わる

現在の天皇陛下(昭仁さま)は2019年4月30日で退位されることになっています。その後は皇太子徳仁(なるひと)さまが天皇として即位されるため、天皇誕生日も変更されます。

よって12月23日が天皇誕生日となるのは、2018年が最後になるのです。

歴代天皇の誕生日

ではこれまでの天皇陛下の誕生日は祝日となっているのでしょうか。明治以降の天皇誕生日について見てみましょう。

まず明治天皇の誕生日は11月3日ですが、この日は「文化の日」として祝日になっています。明治天皇が崩御された直後は、明治天皇の誕生日は祝日として祝われてはいませんでした。しかし昭和2年(1927年)に「休日ニ関スル件」という勅令が出され、「明治節」という名称で祝日となりました。敗戦後の昭和22年(1947年)にはGHQの命令で明治節は廃止されるものの、昭和23年(1948年)には「文化の日」として祝日に加わったのです。

また昭和天皇の誕生日である4月29日は当初「みどりの日」だったものの、その後の法改正で4月29日は「昭和の日」に、みどりの日は5月4日に変更され、ともに祝日となっています。

このように、明治天皇と昭和天皇の天皇誕生日に関しては祝日として祝いたいという国民の声があった、法律が改正されたといったこともあって、現在も祝日として残っています。一方で、大正天皇のように祝日にしようとする動きがないままに今日に至る場合もあります。

2018・2019年の天皇誕生日

ではこれからの天皇誕生日、具体的には2018年と2019年の天皇誕生日はどのようになるのでしょうか。以下で詳しく解説します。

2018年は例年通り12月23日が祝日に

2018年は現在の天皇陛下がまだ在位中であるため、天皇誕生日もそのままです。すなわち12月23日が天皇誕生日であり、祝日となります。12月23日が天皇誕生日となるのは2018年が最後です。

2019年は天皇誕生日なし

2019年の天皇誕生日はどのようになるのでしょうか。現在の皇太子さまの誕生日は2月23日であり、かつ2019年の4月30日まで現在の天皇陛下が在位されるため、2019年2月23日は天皇誕生日ではないということになります。そのため2019年の2月23日は平日で、翌2020年になってはじめて2月23日が新たな天皇誕生日となるのです。

このような例は祝日法制定以来初めてであり、2019年は天皇誕生日がない1年となります。

2019年は他の祝日を検討中

2019年に天皇誕生日がないため、祝日が1日減ると思われるかもしれませんが、実は2019年は10連休になる可能性があります。祝賀ムードを高めるため元号が変わる5月1日を祝日にしようという動きがあるのです。

5月1日(水)が祝日となった場合、祝日法の規定では祝日に挟まれた平日は休日となるため、4月30日(火)と5月2日(木)も休日に。4月27日(土)から10連休となるのです。安倍総理大臣は2018年10月、5月1日を祝日とする方向で検討を進める考えを示しています。

なお2019年はカレンダー上シルバーウィークがないため、GWの10連休が実現すると、2019年の貴重な大型連休となるでしょう。

シルバーウィークとは | 2019年、秋の大型連休はやってくるのか - 次はいつ? | ボクシルマガジン
ゴールデンウィークと並ぶ大型の連休が9月のシルバーウィークです。ただし、シルバーウィークは毎年発生するわけではなく...