コピー完了

記事TOP

派遣労働者の教育訓練はなぜ必要?法改正で義務化された内容・策定ポイント

最終更新日時:
記事の情報は2017-09-22時点のものです。
派遣労働者の教育訓練やキャリア形成について、平成27年に施行された改正派遣法に準拠しながら、派遣会社に課される義務や具体的な教育訓練策定のポイント、そしてキャリアアップにつながるサービスを紹介します。

2015年の派遣法改正により、各派遣会社は派遣社員への計画的かつ段階的な教育訓練を施すことが義務づけられました。

これにより、さまざまな分野にわたる派遣労働者に対しする教育について頭を悩ませる企業が増えています。

そういった企業向けに、具体的な派遣教育についての内容とその進め方のポイントについて説明していきます。まずは派遣法改正の内容についてしっかりと押さえておきましょう。

2015年派遣法改正とは

2015年9月30日に改正派遣法が施行され、派遣会社は派遣労働者に対して、生活状況の改善および安定的な雇用状況の実現のために、具体的案キャリアアップに関する項目を充実させることが求められるようになりました。

派遣労働者が正規雇用の労働者として安定した生活を営むことのできるように、段階的なキャリアアップ案を提示したり、あるいは派遣先の適切な選択やそのために必要となる資格の取得に対して、必要となる知識を提供したりといった支援を行うことが義務付けらました。

改正の意図

厚生労働省の見解によると、本改正はこれまで派遣先企業に存在してきた正規雇用の労働者と派遣労働者との間の待遇の差を是正し、派遣元企業の義務として両者の不均衡ができるだけ生じないような措置をすることを求めるねらいがあります。

特に、賃金の面や福利厚生について、派遣元企業はこれまで以上に具体的な案を提示し、それを実践していくことが求められることになりました。

求められる派遣労働者教育とは

特に、本改正において派遣元企業に義務付けられる労働者教育支援策として、以下のポイントが提示されています。

段階的・体系的な教育研修の実施

派遣元企業は登録している各派遣労働者に対して、実際の派遣先での就業に必要となる知識やスキルを習得するための段階的かつ体系的な教育研修を実施することが義務付けられています。

雇用側は派遣労働者に対して、就業する時点でこういった教育訓練を必ず実施しなければなりませんし、各々の派遣労働者個人に対しても、それぞれのキャリアに応じた研修を用意することが求められています。

キャリアカウンセリングの実施

希望する派遣労働者に対して、彼らの充実した生活設計のために必要な相談を受けたり、企業側が積極的にそのための機会をつくったりすることが必要とされます。こういったキャリアカウンセリングの機会を設けることが、派遣元企業の責任者の職務として追加されるようになりました。

キャリア形成支援の進め方

それでは、実際の派遣労働者キャリア形成支援の進め方について説明していきます。

教育計画の立案

教育訓練はすべての派遣労働者に対して有給かつ無償で確実に行われなければいけません。

そのためには、まず派遣労働者のキャリア形成のための明確な道筋(キャリアパス)を示す必要があり、それを一歩一歩実現するための教育計画の枠組みを立案する必要があります。

派遣労働者一人ひとりが個別のキャリアパスを想定しているわけですから、それに応じた教育計画を策定や教材の用意をしていくことが重要となるでしょう。

情報提供・意識啓発

派遣労働者によっては、自分のキャリア形成のために具体的に何をすればよいのかがわからないという人もいます。そういった労働者向けに積極的な情報提供や意識の向上が重要となってきます。

労働者自身がアクセスして利用できる「マイページ」機能をもつホームページの提供をしたり、意識改革のためのセミナーを開催したりと、さまざまな方策が考えられます。

労働者の能力・志向の把握

労働者一人ひとりの能力や強み、職業志向について正確に把握するようにします。これまでも派遣元への登録時などに、スキルシートや面接を通じて職歴の確認やスキルの確認などが行われるのが一般的でしたが、それらをさらに強化しながら、就業中のフォローアップなども充実させる必要があるでしょう。

キャリアコンサルティング

労働者の能力や志向を把握したら、その人のキャリアの方向性を示しながら、必要な知識や技能の習得や適切な派遣先の選択についてアドバイスする必要があります。そのためのキャリアコンサルティングの実施が本改正では義務付けられています。

教育訓練

上述のように、派遣元企業は各派遣労働者に対して段階的かつ体系的な教育訓練を施すことが求められます。たとえば、入職時に対面によるキャリアガイダンスや集合訓練を実施したり、PCスキルや営業スキル獲得のための研修やeラーニングを受けてもらったりすることが考えられます。

期間終了後の処遇決定

各派遣会社は、同じ組織に継続して1年以上派遣される見込みのある場合などに、派遣労働者の派遣期間就業路の雇用を維持するための措置を講じることが必要とされています。派遣労働者それぞれの希望を踏まえたうえで、正社員としての雇用をはじめとしたキャリアの継続に取り組む必要があります。

派遣労働者のためのキャリアアップサービス紹介

最後に派遣労働者のためのeラーニング講座や派遣管理システムの紹介をしていきます。派遣労働者のキャリアアップや管理などに役立つラーニングシステムを提供している企業ですので、ぜひチェックしてみてください。

派遣のミカタ - 株式会社manebi

派遣のミカタ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 業界でも屈指の豊富な教材数
  • どんな規模の派遣事業でも利用しやすい料金システム
  • 派遣スタッフが使いやすいeラーニング教材

manebiの提供する派遣のミカタは、派遣スタッフと派遣事業者向けの専用eラーニングシステムです。

豊富な教材数と利用しやすい価格帯、そして使いやすいラーニングシステムが特徴です。近年問題となっている派遣労働者の失業に歯止めをかけ、自らキャリア形成ができる教育機会の提供をサポートをしてくれます。

AirCourse - KIYOラーニング株式会社

AirCourse
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 140コース以上の動画研修が受け放題
  • 自社コースもカンタン作成
  • 初期費用0円で低コスト

AirCourse(エアコース)は、企業の人材育成の悩みを解決する社員教育クラウドサービスです。分かりやすい社員研修コースが受け放題。自社の研修動画なども簡単に配信できます。レポート機能や集合研修の管理など管理者向け機能も充実。社員教育を効率化します。

派遣法改正に準拠して的確な教育訓練を実施しよう

平成27年の派遣法改正に伴う教育訓練計画について、派遣元企業に課される具体的な義務や労働者のキャリアアップ施策のポイントなどを説明してきました。派遣事業者は、改正されたポイントについて必ず知っておいてください。

派遣労働者の教育は一朝一夕で達成できるものではありません。この記事で説明したように、しっかりとした教育計画を立案し、労働者一人ひとりの能力や志向を聞きながら適切で柔軟な教育カリキュラムを実施するようにしましょう。

キャリアアップ教育とは?考え方・進め方・サービス - 派遣労働者の支援計画まとめ
法改正により、現在多くの人材派遣企業が派遣労働者のキャリアアップ支援の方法やキャリアアップ教育の計画方法で頭を悩ま...
詳細を見る


オンライン上で、さまざまな学習できるeラーニングシステムをご紹介!教育訓練に活用をすることで、教育の時間やコストを削減が可能です。
サービスを比較したい方は以下の比較チャートをご活用ください。

注目のeラーニング(システム)、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめeラーニングをまとめてチェック!

eラーニングの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。資格取得や社内研修における時間やコストを削減し、効率的な学習を可能にするeラーニングのサービス比較にお役立てください。サービス比較はこちら

関連記事

【2022年】翻訳サイトおすすめ比較17選!無料のサービス・アプリも
翻訳サイトの精度が飛躍的に向上し、利用者が増加しています。AI技術のディープラーニングを適用したニューラル機械翻訳...
詳細を見る
MOOC(ムーク)とは?スタンフォード大の講義も受講可能な公開オンライン講座・サービス紹介
MOOC(ムーク)は、インターネットを介した大規模な公開オンライン講座です。世界の名門大学の講座も受講できるうえ、...
詳細を見る
無料のeラーニングシステムおすすめ11選 | 教材作成ソフト、既成の講座一覧
eラーニングシステムのなかでも無料にて利用できるサービスを紹介。従業員への内製した教材を配信するためのサービス、既...
詳細を見る
Edtech(エドテック)とは?教育業界でeラーニングが再注目される理由
教育×IT分野において、Edtechという新しい用語が話題となり、大きな市場規模を形成するものとして期待されていま...
詳細を見る
派遣労働者の教育訓練はなぜ必要?法改正で義務化された内容・策定ポイント
派遣労働者の教育訓練やキャリア形成について、平成27年に施行された改正派遣法に準拠しながら、派遣会社に課される義務...
詳細を見る
【2022年】eラーニングシステムのおすすめ比較20選
eラーニングシステムの特徴や費用、口コミを比較し、おすすめのサービスをまとめました。導入で失敗しない選び方も解説し...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

オンライン学習選び方ガイド
eラーニング(システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
eラーニング(システム)の最近更新された記事