コピー完了

記事TOP

保険業界向け電子契約システムおすすめ比較!解決できる課題

最終更新日:(記事の情報は現在から407日前のものです)
BOXILでは、保険業界向け電子契約システムのおすすめを、保険業界で役立つ機能とともに紹介します。 また、保険業界でよくある課題について、電子契約システムでどのように解決できるのか解説します。

【厳選】おすすめ電子契約システムをまとめてチェック!
電子契約システムの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ電子契約システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的な電子契約システムを含むサービスを徹底比較しています。ぜひ電子契約システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

保険業界で活用できる電子契約システムの機能

電子契約システムとは、契約書や同意書などの文書をオンラインで作成・送付・署名・管理できるシステムです。電子契約システムには、テンプレート作成や電子署名などの機能があります。 保険業界では、電子契約システムを利用することで、顧客情報の自動入力や契約状況の一元管理などが可能になり、営業・契約効率の向上につながります。

ドキュサイン・ジャパンの調査によると、2022年の金融業・保険業での電子契約導入状況は55%と半数を超えています。2021年度の調査では32%だったので、保険業界では今後も導入が増加していくと考えられます。

【比較表】電子契約システム比較!おすすめサービスの選び方・料金 2024年最新
電子契約サービスの代表的システム徹底比較!料金や口コミをはじめ「相手方もアカウント登録が必要か」「当事者型か立会人...
詳細を見る

※出典:PR TIMES「電子契約/電子署名の利用率は1年で約2倍に ― ドキュサインが『電子署名レポート2022』を公開」2022年8月2日公開(2023年5月12日閲覧)

保険業界における契約の課題

保険業界では、顧客との契約や代理店経由での契約などを行う必要があり、それにあたって契約の効率化にまつわる課題が発生することがあります。

普段の業務で解決すべき課題はどれか、確認してみましょう。

顧客のペーパーレス化・非対面化のニーズに対応できていない

保険契約は、紙の書類やハンコを用いた対面の手続きが一般的です。しかし、テレワークの影響で非対面化のニーズが高まっており、オンラインで契約できる電子契約に対する需要も増えています。

代理店を介した契約業務の複雑さと非効率さ

保険業界では、代理店を介した契約が中心であり、多様化する販売チャネルに対応する必要があります。

しかし、代理店契約では各種書類のやり取りや管理が複雑であり、時間やコストがかかります。また、損害保険の場合は事故発生後に各関係者から書類を集めなければならず、さらに非効率です。

契約内容や更新履歴などのデータ管理ができていない

保険業界では、契約内容や更新履歴などのデータ管理が重要です。しかし、紙による契約では、これらのデータを一元管理することが困難です。また、書類の紛失や更新漏れなどのリスクもあります。

保険業界の課題を電子契約システムで解決できる理由

保険業界では、「契約に対する顧客のニーズの変化に対応できていない」「契約内容や更新履歴などの一元管理ができていない」など契約に関する課題がありますが、電子契約システムを使えばそれらの課題も解決できます。

契約の課題を解決できる理由を、電子契約システムの機能や詳細とともに説明します。

契約を非対面化できる

電子契約システムを導入すると、非対面での契約ができるため、保険業界に求められている感染症対策が可能です。テレワークが主流になった2020年以降、保険業界においても契約の非対面化の需要が高まっています。

インターネット上で契約に必要なすべての手続きを完結させられることで、顧客の利便性や安心感を高めるだけでなく、代理店や営業担当者の負担も軽減します。

業務効率化できる

電子契約システムを導入すると業務効率化ができるため、契約締結まで時間がかかる、書類管理ができていないという課題を解決できます。

契約書一元管理機能を使うとさらにスムーズになり、契約内容や更新履歴などもデータとして管理できます。これらのサービスは保険会社のブランドイメージや差別化にも貢献します。

また、海外旅行保険をオンラインのみで契約完了させられるため、直前でWebで申し込みをした顧客にも保険証書をすぐに発行可能なので、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

【比較表あり】契約書管理システム39選比較!料金・機能・失敗しない選び方
契約書管理をクラウド環境下で行い、セキュリティを担保しつつ情報共有・検索・閲覧を可能にするのが「クラウド契約書管理...
詳細を見る

契約内容や更新履歴などのデータ管理の一元化・最新化ができる

電子契約システムを導入すると、契約内容や更新履歴などのデータ管理の一元化・最新化ができるため、更新対応への漏れなどへのリスク増加という課題を解決できます。

もちろん、パソコンやタブレットなどの端末からもアクセス可能です。

保険業界向け電子契約システムおすすめ比較

【特典比較表つき】『電子契約システムの資料17選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『電子契約システムの資料17選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

ドキュサインの電子署名 - ドキュサイン・ジャパン株式会社

ドキュサインの電子署名
ドキュサインの電子署名
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ドキュサインは、世界的に普及している電子契約システムです。世界中で幅広く利用されているため、もちろん多言語対応しています。保険業界だけではなく、金融業界や不動産業界でも広く導入されており、ペーパーレス化や非対面化を推進したいならおすすめのサービスです。

クラウドサイン - 弁護士ドットコム株式会社

クラウドサイン
クラウドサイン
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

クラウドサインは、トップクラスのシェアを誇る電子契約システムです。AI契約書管理機能や契約書テンプレート機能、2段階認証・2要素認証が搭載されており、法的リスクの低減や契約書作成の効率化が実現できます。保険業界だけではなく、自治体や教育機関など公共分野や医療・福祉分野など多岐にわたる業種・業界でも導入されている信頼性の高いサービスです。

ジンジャーサイン - jinjer株式会社

ジンジャーサイン
ジンジャーサイン
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ジンジャーサインは、ワークフローやフォルダ管理機能の自由度が高い電子契約システムです。勤怠管理やワークフロー、経費精算など各種ツールを提供しており、あわせて使うことで既存の社内ルールを変更せずにツールを導入できるでしょう。保険業界だけでなく、人事・労務管理や不動産などの業界でも導入されており、業務全体の効率化を進めたい方におすすめのサービスです。

Great Sign - 株式会社TREASURY

Great Signは、無料プランもある電子契約システムです。無料プランでも3者間以上の契約に対応しています。 社労士だけでなく、税理士法人や不動産業界でも導入されており、無料で手軽に電子契約システムを利用したい方におすすめのサービスです。

保険業界向け電子契約システムで契約を効率化しよう

保険業界では、契約書類の作成や管理などに多くの時間とコストがかかっていませんか?ペーパーレス化や非対面化のニーズが高まる中、電子契約システムの導入が進んでいます。

電子契約システムは、オンライン上で契約書類を作成、署名、管理ができるサービスです。保険業界で印紙税の負担や契約書の郵送、保管などに悩んでいる場合は、これらの問題を解決できるためおすすめです。

電子契約システムを導入する際には、保険業界で導入実績の多いサービスを選ぶことも重要です。

さらに、保険業界では電子契約システムに関連して、次のようなサービスも導入されています。あわせて検討してみてください。

新選び方ガイド:電子契約システム導入ガイド_20240322.pptx (2).pdf
電子契約システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
電子契約システムの最近更新された記事