コピー完了

記事TOP

AI契約書レビューサービス比較!リーガルチェックの自動化で法務業務の効率化

最終更新日時:
記事の情報は2021-08-27時点のものです。
AI契約書レビューサービスを利用すれば、リーガルチェックの自動化、法務業務の効率化が可能です。しかし、他のクラウドシステムと比較すると新しいサービスのため、導入事例や口コミが不足しています。失敗しないサービスの導入には情報収集が重要です。本記事ではおすすめサービスの料金や特徴を比較し一覧で紹介します。

AI契約書レビューサービスとは

AI契約書レビューサービスとは、締結前の契約書についてAIがリーガルチェックを実施し、契約におけるリスク可視化、修正・追記すべき条項などをフィードバックするサービスを指します。

さまざまなビジネスが高度化し、コンプライアンス重視の経営体制が求められる現代において、リーガルチェックの重要性は高まっていますが、弁護士・司法書士に依頼すると費用や時間がかかります。

AI契約書レビューサービスを活用すれば安価かつスピーディーなリーガルチェックが可能となり、契約書関連の業務精度が向上します。

そのため、弁護士や司法書士に依頼せず、契約書をチェックしてコストを抑えたい人におすすめです。こちらの記事ではAI契約書レビューとおすすめサービスについて紹介しています。

リーガルチェックとは?契約書チェックのポイントと重要性
リーガルチェックとは契約書をチェックし、内容を精査する作業のことであり、事業活動の法的リスクを軽減、企業利益を保護...
詳細を見る

AI契約書レビューでできること

サービスによって詳細な機能は異なりますが、AI契約書レビューサービスには主に「契約書のリーガルチェック」「契約書の管理・データベース」の2つの機能があります。それぞれの機能について詳しく説明します。

契約書のリーガルチェック

AI契約書レビューサービスの主要な機能はリーガルチェックです。契約書のリーガルチェック機能で行えることを説明します。

契約内容と契約書のチェック

膨大な契約書データの中から、チェックしている契約書のパターンと一致するタイプの契約を抽出します。そのうえで両者の契約内容を比較し、AIが契約書として不足している、誤っていると考えられる条項がないかをチェックします。

人間が目視で確認する場合、契約書に存在している条項の審査はできても、そもそも契約書に存在しない条項については検討するのに時間がかかります。しかし、AI契約書レビューサービスならスピーディーに契約書に不足している条項の分析が可能です。

自社に不利な条項のチェック

AIが契約内容をチェックしたうえで自社に不利な条項がないかを確認し、契約に伴うリスクを洗い出します。

通常のリーガルチェックでは、自社に不利な条項をチェックするのに一定の技量が求められ判断も担当者によって異なりますが、AI契約書レビューサービスを活用することで均質なチェックが可能です。

リスクや修正例の提示

契約に伴い具体的なリスクについてAIが提示、解決するための契約内容修正方法についてAIがレコメンドしてくれる機能です。

契約書をもとに従業員がリスクを想定、修正案を考案するには労力と時間がかかりますが、AI契約書レビューサービスなら自動で行えるため、契約書の見直しや修正にかかるコストを抑えられます。

契約書の管理・データベース

リーガルチェック機能と同時にAI契約書レビューサービスに付与されていることが多いのが「管理・データベース」機能です。

契約書をデータベース化することでテンプレートを用いた効率的な契約書作成が可能となり、AIがデータベースの中から必要な契約書をレコメンドしてくれます。

契約書の保存やテンプレート設定・条文のストック

契約関連の情報をシステムで一括管理することにより契約書の更新漏れや紛失を防ぎます。さらに、契約書のテンプレートを活用することで作成自体のスピードも高められ業務効率が向上します。

レビューした類似契約書のレコメンド機能

チェックする契約書に対して過去の契約の蓄積から類似契約書をレコメンドする機能です。AIが修正案をレコメンドしても最終的に修正するのは人間のため、過去の類似契約との比較から適切な判断を下せる効果が期待できます。

AI契約書レビューサービスを選ぶポイント

AI契約書レビューサービスを選定する際には、「対応可能な書類」「修正例の表示方法」「サポート」のポイントをチェックしましょう。

対応可能な契約書の種類

自社で取り扱っている契約書の種類を確認し、そのサービスで提供されているか必ず確認しましょう。契約書以外にも発注書や請求書などに対応しているものもあり、内容を確認したい書類の種類をあらかじめピックアップしておくとスムーズにサービスの選定が可能です。

修正例の表示方法

自社に不利になる条文が見つかった場合の修正例が、どのように表示されるのか確認しておきましょう。基本的な項目の抜けもれを指摘するだけのものもあれば、過去の事例から引用してくれるものもあります。

サポート体制

AI契約書サービスは法律的なポイントをチェックしてくれるものの、ビジネスモデルまで考慮できません。運用サポートがあれば、疑問に思った際にも質問できるので便利です。

AI契約書レビューサービスおすすめ比較

数あるAI契約書レビューサービスの中から評判や料金、特徴を比較し、おすすめのサービスを厳選しました。

LegalForce - 株式会社LegalForce

LegalForce
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • AIによる自動の契約書レビューで業務を効率化
  • レビュー品質のばらつきを解消するデータベースを作成
  • 弁護士が監修したひな形を活用して業務品質を向上

LegalForceは、AIで瞬時に契約書を自動レビューするクラウド型レビュー支援ソフトウェアです。契約書にある不利な条文や欠落条項、抜け漏れをAIがチェックして見落としを防ぎます。自社のひな型や過去の契約書を自動でデータベース化し、必要な条文を簡単に取り出せます。また、法律事務所が作成した契約書のひな形や書式を250点以上搭載。企業法務に特化したひな形や書式は、弁護士が作成した実用的なもので法改正にもすぐ対応できます。

料金プラン

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 利用料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:なし

リチェック - 株式会社リセ

リチェック
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • AIが契約書を自動レビュー
  • 契約書をデータベース化
  • 専門弁護士監修の法改正に対応した雛形つき

リチェックは、法務担当者が少ない企業をサポートするクラウド型契約書レビューサービスです。搭載されたAIが契約書を自動レビューし、欠落条項の指摘や各条文の重要度チェック、リスク判定などを実施します。機械翻訳もできるため、英文契約書のチェックにかかる工数を削減できます。契約書をデータベース化し、契約期限も管理しやすく自社ノウハウとして蓄積可能です。また、専門弁護士が監修した雛形も付いているので、法改正にも適宜対応していきます。

料金プラン

  • 初期費用:160,000円
  • 利用料金:20,000円~
  • 無料トライアル:あり

GVA assist - GVA TECH株式会社

GVA assist
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 自社基準とGVA assist基準の両方でリスクや抜け漏れを検知
  • 契約審査ノウハウの蓄積と共有がリアルタイムで可能
  • 契約審査を効率的に

GVA assistは、自社基準での契約審査ができるクラウドサービスです。レビュー対象の契約書とGVA assistにセットした自社ひな型、契約審査基準を比較をして、AIが瞬時にリスクや抜け漏れを検知し、見落としを防止。契約審査のノウハウも、Word上でスピーディーに蓄積と共有ができ、属人化や品質のばらつきを軽減します。

また、弁護士が監修した239種類のプレイブック(契約審査マニュアル)や、427種類の契約書のひな型も提供していて、一般的な観点でも契約書レビューやドラフト作成を効率化します。

GVA assist公式サイトより(2022年1月時点)

料金プラン

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 利用料金:要問い合わせ

LAWGUE - FRAIM株式会社

LAWGUE
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 文書の体裁や表記ゆれを自動補正
  • 特許技術を活用した条項チェック
  • 充実のセキュリティ対策でデータ後を保護

LAWGUEは、法務文書の作成を効率化するサービスです。独自AIを搭載し、条番号のずれや表記揺れを自動補正。類似条項の検索・比較や、欠落条項のサジェスト機能により、文書チェック業務の精度を高められます。

暗号化通信、多要素認証、IPアドレス制御などセキュリティ対策も万全です。オンラインで効率的に、安心して文書作成ができるため、企業や官公庁、自治体、法律事務所などさまざまな組織で活用されています。

料金プラン

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 利用料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:-

GVA NDAチェック - GVA TECH株式会社

GVA NDAチェック
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 400社※1、1,000名以上※2のフリーランスが活用
  • 契約書1通単位から利用可能
  • 条文ごとのリスクをわかりやすく可視化

GVA NDAチェックは、月額使い放題プランだけではなく契約書1通当たりのチェックから活用できる契約書レビューサービスです。条文ごとのリスク判定、トラブル多発項目判定、条文修正例おすすめ、不足項目指摘などレビュー機能が充実しています。

料金プラン

  • 初期費用:0円
  • 利用料金:500円/1通〜
  • 無料トライアル:-(1通目即時チェックは無料)

GVA NDAチェック公式サイトより(2022年1月時点)

AI契約書チェックサービス導入前に情報収集を

AI契約書レビューサービスには、契約書のリーガルチェックにかかるコストを抑えられる、契約書の更新やテンプレートの管理が簡単に行えるなどのメリットがあるため、契約書関連の業務を効率化したい企業におすすめのサービスです。

しかし、AI契約書チェックサービスは他のクラウドシステムと比較して新しいサービスのため、導入事例や口コミなどの情報は多くありません。

そのため、システム導入で失敗しないためには機能や料金などの情報収集を念入りに行い、自社の業務に適応したサービスを選定する必要があります。

ぜひ本記事で紹介したサービスの料金や特徴を比較し、自社に合ったサービスの導入を検討してください。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

契約書レビューサービス選び方ガイド
契約書レビュー
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
契約書レビューの最近更新された記事