コピー完了

記事TOP

リーガルチェックとは?契約書チェックのポイントと重要性

記事の情報は2020-10-30時点のものです。
リーガルチェックとは契約書をチェックし、内容を精査する作業のことであり、事業活動の法的リスクを軽減、企業利益を保護して事業の安定性を高めるための重要な要素です。契約書チェックのポイントと重要性、作業を効率化するためのおすすめツールについて紹介します。

リーガルチェックとは

リーガルチェックとは、作成した契約書の法的妥当性やリスク分析、対策検討を行うことにより法的リスクを軽減する作業です。

契約書を締結しないとビジネスで何かトラブルがあったときに対応できません。さらに契約自体の中身を詳細に分析しないと、自社に不利益なルールが設定されていたり、内容が曖昧で問題が解決できなかったりといったリスクが発生します。

リーガルチェックで契約内容を精査することで、法的リスクを低減しビジネスを円滑に進められます。

リーガルチェックのポイント

リーガルチェックを行う際に気をつけるポイントは次のとおりです。

  • 契約書と契約内容を確認する
  • 契約内容を明確化する
  • 自社に不利な項目を見つける
  • 相互利益のバランスを取る

それぞれのポイントについて詳しく説明します。

契約書と契約内容を確認する

法務部がない企業の場合、Web上で公開されている契約書のテンプレートを活用しているケースが多いと考えられます。

しかし、テンプレートは実際の個別取引に対して最適化された規程にはなっていないため、内容を確認せず適当に作成すると、トラブルが発生した際に契約書としての役割を果たせないケースもあります。

リーガルチェックを行う際は契約内容が契約書にきちんと反映されているかチェックしましょう。

契約内容を明確化する

取引の際に発生しそうなトラブルを以前に想定した上で契約内容を明確化します。もちろん契約段階ですべてのトラブルを予測することは困難であり、「信義誠実に契約を履行する」のような曖昧な文言でしかカバーできないケースも存在します。

ただし、信義や誠実、慣習などに依存しトラブルを解決しようとすると、意味解釈の違いで両社の言い分がすれ違うこともあるため、リーガルチェックでは曖昧な記述の部分を見つけ出し、明確な内容に修正しましょう。

自社に不利な項目を見つける

相手側の作成した契約書をベースにして何らかの契約を締結する場合は、契約書に自社が不利になる規程・条項が含まれていないかを確認します。

対消費者向けの契約は消費者保護法に代表されるように消費者側が手厚く保護されていますが、企業同士の契約にはこのような保護がないケースが多いです。

よって、自社にとって不利な契約を締結しないような自衛の手段として、リーガルチェックは非常に重要な工程といえるでしょう。

相互利益のバランスを取る

契約書の作成で重要なことは、自社に有利な項目を多く記載することではなく、相互利益のバランスを取ることです。

契約は企業間の信頼関係の構築に重要なポイントとなり、自社に有利な項目ばかり設けると相手企業からの信頼を失ってしまいます。

お互いが共存共栄できるように、取引先に信頼されるように自社の利益ばかりを反映させるだけではなく、相互利益のバランスが取れた契約内容なのかチェックすることが重要です。

リーガルチェックのメリット

リーガルチェックを行う意味、実施するメリットは次の2つです。

  • 企業の利益を守れる
  • 未然にトラブルを防げる

それぞれについて詳しく説明します。

企業の利益を守れる

リーガルチェックを行うことで契約の有効性は高まり、自社に不利な条件を見つけられるため、法的リスクを軽減しトラブルが発生した際の損害を少なくできます。

事業運営には訴訟リスクや行政処分リスクなど、さまざまなリスクが伴っているので、企業の利益を守るためにもリーガルチェックの実施をおすすめします。

未然にトラブルを防げる

契約書におけるトラブルは、「顧客からの信頼が低下する」「問題が発生した際に当事者間では解決できず訴訟が必要になる」など、企業に大きな不利益をもたらします。

また、問題を解決するための労力や費用などのコストが発生し、企業の生産性低下にもつながります。

リーガルチェックを行い契約内容を明確化することは、契約内容の曖昧さから発生するトラブルを未然に防げるのです。

リーガルチェックのデメリット

リーガルチェックを弁護士・司法書士などの専門家に外注したり、自社で法務部門を抱えたりすると一定のコストがかかります。また、チェック期間によっては事業の生産性スピードを失速させる要因にもなりかねません。

ただし、契約書に関するトラブルは、コスト面でのデメリットと比較して膨大になるケースが多いため、事業の安定性を高めるには保険的なコストとして許容し実施することをおすすめします。

リーガルチェックにかかる費用

契約書のリーガルチェックを外注した場合の費用は次の通りです。

ケース 内容 相場
シンプルな契約書 リーガルチェックのみかつ契約書の内容がシンプル 3〜5万円
複雑な契約書 記載する条項数が多い、取引内容が複雑な場合のアドバイス含む 5万〜10万円

上記は目安であって実際は依頼する弁護士・司法書士や難易度などによっても異なります。また英語や中国語などの日本語以外の契約書や外国法が適用される契約の場合はさらに費用は高くなります。

AIリーガルチェックサービスのおすすめ

弁護士・司法書士などの専門家に依頼すると費用は高く時間もかかりますが、近年は安価で利用できるAIを使ったクラウド型のリーガルチェックサービスがあります。

おすすめAIリーガルチェックサービスの特徴や料金を紹介します。

LegalForce - 株式会社LegalForce

LegalForce
BOXIL SaaS AWARD 2021 SaaS AWARD大賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 弁護士が監修、最新の知見がサービスに反映されている
  • 強固なセキュリティで契約書データを保護できる
  • チャットサポートで気軽に利用相談できる

LegalForceは500社以上の企業が導入しているAI契約書レビュー支援ソフトです。30種類以上の契約書に対応しており、契約書のひな型を登録できます。

Wordアドインや英文契約書のチェック、翻訳、電子締結連携など豊富な機能が搭載されており随時機能は拡張されています。

料金プラン

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 利用料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:なし

り~が~るチェック

り~が~るチェック
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 改正民法対応済み、迅速で適正な契約チェックができる
  • 英文契約書もレビュー可能
  • 月額2万円から安価に導入可能

り~が~るチェックは月額2万円と、業界でも低価格で活用できる契約書レビューサービスです。リーガルチェックと文書管理だけでなく、契約書の和英訳やひな型の保存など必要な機能を取りそろえています。また、接続元IPアドレス制限、暗号化通信などセキュリティ面も充実しています。

料金プラン

  • 初期費用:0円
  • 利用料金:20,000円/月
  • 無料トライアル:あり(期間は要問い合わせ)

AI-CON

AI-CON
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 400社、1,000名以上のフリーランスが活用
  • 契約書1通単位から利用可能
  • 条文ごとのリスクをわかりやすく可視化

AI-CONは月額使い放題プランだけではなく契約書1通当たりのチェックから活用できる契約書レビューサービスです。400社、1,000名以上の導入実績を誇り、数々の受賞・メディア掲載実績があります。条文ごとのリスク判定、トラブル多発項目判定、条文修正例おすすめ、不足項目指摘などレビュー機能が充実しています。

料金プラン

  • 初期費用:0円
  • 利用料金:500円/1通〜
  • 無料トライアル:-(1通目即時チェックは無料)
AI契約書レビューサービス比較!リーガルチェックの自動化で法務業務の効率化
AI契約書レビューサービスを利用すれば、リーガルチェックの自動化、法務業務の効率化が可能です。しかし、他のクラウド...
詳細を見る

リーガルチェックサービス導入でトラブルを防ごう

事業活動における法的リスクを軽減し、トラブルを未然に防ぐには契約書のリーガルチェックが重要です。

しかし、弁護士・司法書士などの外部の専門家に依頼するとお金や時間がかかり、中小企業にとってはわざわざ社内に法務部門を抱えるほど業務も多くないと考えられます。

そのような企業にはAIリーガルチェックサービスの導入がおすすめです。AIリーガルチェックなら専門家に外注したり、法務部を抱えたりしなくてもリーガルチェックを安価かつスピーディーに行えます。

本記事で紹介したようなAIリーガルチェックサービスを導入し、法的リスクから企業の利益を守りましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

選び方ガイド
契約書レビュー
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
契約書レビューの最近更新された記事