コピー完了

記事TOP

契約書管理はクラウドで完結 | 業務を効率化する文書管理手法・サービス紹介

最終更新日:
契約書管理をクラウド環境下で行い、セキュリティを担保しつつ情報共有・検索・閲覧を可能にするのが「クラウド契約書管理システム」です。企業に重要な期限管理によるアラート機能はもとより、原本保管まで可能なおすすめのサービスを、管理手法とともに紹介します。

目次を閉じる

契約書管理をクラウドサービスで合理化

契約書の管理は、事業拡大にともなって増加を続け、内容確認や変更などで継続的に活用しなければならないため、多くの企業にとって頭を悩ませる問題だといえるでしょう。なぜなら、個別に有効期限や内容の異なる契約書は、関係者間で情報共有するのが難しく、保管方法や管理が曖昧なために原本の所在がわからなくなりがちだからです。

これを解決するのが、データ化された契約書を一元管理し、共有化された情報を素早く検索できるクラウド契約書管理サービスです。この記事では、契約書管理をクラウドサービスで合理化する手法を解説し、メリットの大きいクラウド電子契約サービス、クラウド契約書管理サービスを厳選して紹介します。

ビジネス文書にはライフサイクルがある

契約書に限らず、企業活動で作成される多くのビジネス文書には保存期間が定められており、期間に応じたライフサイクルがあります。具体的な文書ライフサイクルは次のようなものです。

  • 作成・発生:契約書の作成または取引先からの受け取り
  • 活用:契約にもとづいた商談、内容変更などで活用
  • 保管:定期的に活用する文書を保管
  • 保存:活用しなくなった文書を期限まで保存
  • 破棄:保存期間を過ぎた文書を処分

契約書の保存期間は7年間が目安となっており、個別の契約書がライフサイクルのどのステージにあるかを明確にしておくと、管理が行いやすいといえるでしょう。

個別の有効期限がある契約書

契約書は領収書などと異なり、個別の売買契約などを締結するため、有効期限も統一されたものにはなりづらいのが現状です。加えて、有効期限を迎えて契約を更新する際も、新たな契約を締結するか、覚書を差し込むかによって文書保存期間の基準が変わります。

また、一般的な債権としての契約履行義務が10年となっていることから、これを契約書の保存期間とする企業も多く、管理をより複雑なものとしているとも考えられます。これらの理由から、契約書管理は有効期限や契約更新にともなった保存期間をもとにして、ライフサイクル管理を行うのが適切だといえます。

契約書管理を効率化するには

このように、個別の契約書ごとに有効期限や内容が異なることから、その管理は煩雑なものとなりがちであり、活用に多くの手間と時間を要しながらも、なかなか改善に着手できないのが現状でしょう。

こうした諸問題を解決して業務効率化を実現するのが、クラウド契約書管理サービスです。


契約書管理についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。合わせてご参照ください。

クラウド契約書管理サービスとは

従来は紙の文書で締結されていた契約書を電子データ化し、わかりやすく分類してインデックス化したものを、クラウド環境で一元管理するのがクラウド契約書管理サービスです。クラウドサービスのため、システム開発やメンテナンスが必要なく、権限による契約書へのアクセス制限、ログ管理などのセキュリティが充実しているのが特徴だといえるでしょう。

クラウド契約書管理サービスを活用した場合、紙の契約書で一般的に行われている管理方法とどのように異なるのか比較していきます。

契約書の分類方法を決定

紙の契約書の場合、さまざまな要素が個別に異なるため、わかりやすく分類するには、想定される活用法をもとに、分類の基準となる項目を複数用意しなければなりません。

クラウドサービスでは、さまざまな活用法を想定した項目が事前に用意されていることが多いので、必要な項目をピックアップするだけでよく、頭を悩まさずに済むでしょう。

契約書管理台帳を整備

紙の契約書を管理する際、決定された分類項目に従ってExcelなどで契約書管理台帳を作成し、これに契約書を一つひとつ登録することがあるでしょう。このように、紙の契約書をExcel管理台帳に手作業で登録するケースでは、目的の契約書を検索できても、詳細内容までは確認できません。

クラウドサービスでは契約書そのものをデータ化するため、データ化する手間はあるものの、管理台帳からの検索結果で個別契約書の詳細内容まで確認できます。

人的リソースを必要とする契約書のデータ化も、スキャン代行サービスを行うベンダーを活用できるため、実際は手間をかけずにさまざまな角度からの素早い契約書検索が可能です。個別契約書の有効期限を知らせるアラート機能を持つサービスも多く、契約書を効率的に管理・活用できるでしょう。

契約書の保管場所を確保と整備

紙の契約書を管理する場合、Excel管理台帳でインデックス化しても、詳細内容を確認するには原本が必要になります。これを効率化するには、原本専用の保管場所を確保するとともに、インデックスに沿った形で整備・分類されている必要があります。

クラウドサービスでは原本の内容までインデックスから確認できるため、原本を社内に保管する必要性も薄くなるといえます。このため、契約書管理サービスのなかには、原本保管サービスを行うベンダーも存在しており、これを利用して外部保管場所の確保もできるでしょう。

契約書管理をさらに効率化する「電子契約」

このように、紙の契約書をデータ化するクラウド契約書管理サービスは、契約書を効率的に活用するソリューションです。

しかし、過去に締結された案件はともかく、今後も紙の契約書を継続利用するならば、新たな契約のたびにスキャンが必要になり、原本も保管する必要があります。これを解決するのが電子契約サービスの併用です。

電子契約サービスとは

電子契約サービスとは、紙の契約書で締結されていた契約プロセスを、PDFをもちいて電子契約書に置き換えたものです。

電子契約の具体的な仕組みは、作成した契約書をPDF化する際に、電子署名とタイムスタンプを生成して埋め込み相手方に送付、これを確認した相手方が、同様に電子署名とタイムスタンプをPDFに埋め込み、返送することで契約が完了するというものです。

電子契約サービスのメリット

電子契約機能を持つ契約書管理サービスの採用によって、従来からの契約書管理が容易になるのはもちろん、今後の契約で紙を利用する必要もなくなります。また、収入印紙が不要になる、郵送代や印刷代が不要になる、人的リソースを削減できるといったコスト削減も実現します。

下記は従来の契約書と電子契約書を比較した表です。

従来の契約書 電子契約書
媒体 印刷された紙 PDFなどの電子データ
署名 署名、押印 電子署名・タイムスタンプ
印紙 必要 必要なし
受け渡し 原本の郵送、持参など インターネットでの電子データ受け渡し
保管方法 倉庫、書庫などで物理的に原本を保管 自社サーバー、外部データセンターでの保管・管理

なによりも電子契約書の大きなメリットは、契約プロセス簡略化が契約締結のスピードアップを促し、企業の生産性と競争力アップを実現できることではないでしょうか。

ボクシルおすすめ電子契約システム 【PR】

ボクシルおすすめ電子契約システムはこちら

ドキュサインの電子署名 Adobe Sign リーテックスデジタル契約
ドキュサインの電子署名の口コミ
世界標準の厳しいセキュリティを満たす
安全性と利用環境
Adobe Signの口コミ
年間60億回以上の取引を支える
アドビの電子契約サービス
リーテックスデジタル契約の口コミ
法律に準拠した
業界トップクラスの安全性を誇る
平均総合評価:5.0
ドキュサインの電子署名の口コミ
ドキュサインの電子署名の口コミを見る
平均総合評価:準備中

Adobe Signの口コミを投稿する
平均総合評価:4.7

リーテックスデジタル契約の口コミを見る

電子契約機能を持つおすすめのクラウド契約書管理サービス13選

次からは、業務を合理化するクラウド契約書管理サービスのうち、電子契約機能を持つおすすめのサービスを13つ紹介します。

本記事で紹介している電子契約サービスのさらなる詳細はこちらからご覧になれます。ぜひご参照ください。

ドキュサインの電子署名 - ドキュサイン・ジャパンサイト

ドキュサインの電子署名 - ドキュサイン・ジャパンサイト 画像出典:ドキュサイン・ジャパンサイト

  • 契約や合意にかかわる時間やコストを削減
  • 世界標準の厳しいセキュリティをクリア
  • 数百ものエンタープライズソリューションと連携可能

ドキュサインの電子署名は、世界180か国以上で利用されている電子署名サービスです。申請や著名捺印を電子化し、契約や合意にかかる時間やコストを削減。世界基準の厳しいセキュリティ基準を満たし、43言語の電子署名を利用可能。30日間無料トライアルで、法人向けサービスも利用できるため、実際の使用感を試してから導入が行えます。また、Microsoft Office、Google G Suite、セールスフォースといった数百ものエンタープライズ・アプリケーションと接続できる柔軟なプラットフォームを用意しています。

「ドキュサインの電子署名」の導入事例 【PR】

「ドキュサインの電子署名」の導入事例を無料でダウンロードしていただけます。



導入企業:オリンパス株式会社
導入前の課題:契約締結が最長2か月要することに課題を抱えていた。
課題解決のためにドキュサインを導入。導入結果で得られた効果とは?気になる導入事例の詳細は、資料でご覧ください。

Adobe Sign(アドビサイン) - アドビ株式会社

Adobe Sign - アドビ株式会社 画像出典:Adobe Sign公式サイト

  • 世界中で年間60億回以上もの取引実績
  • 契約締結までの時間とコストを大幅削減
  • さまざまなソリューションと連携可能

Adobe Signは、世界中の企業に幅広く利用されている電子契約システムです。契約書の送信や署名の取得、トラック、ファイリングをデジタル化します。パソコンやモバイルデバイスがあれば、いつでもどこにいても契約や承認作業が完了できます。電子サインは電子署名法における「本人性の確認」と「非改ざん性の確保」の法的要件を満たしています。本人認証についてはメールアドレスの認証に加え、ワンタイムパスコードによる2段階認証にも対応しているので安心して利用可能です。また、MicrosoftやSalesforce、kintoneなどをはじめとする、さまざまなシステムとの連携機能をあらかじめ備えています。

NINJA SIGN(ニンジャサイン) - 株式会社サイトビジット

NINJA SIGN - 株式会社サイトビジット 画像出典:NINJA SIGN公式サイト

  • アカウント課金型、定額で使いやすい
  • 法務のやり取りもワークフロー機能で可視化
  • タイムスタンプで安心のセキュリティ体制

NINJA SIGNは、契約書の作成からレビュー、締結、管理までをクラウド上で行える電子契約サービスです。締結した契約書はクラウド上に保管。レビューを含め、複雑な法務とのやり取りも可視化し一元管理できます。申込書といった相手方の記入が必要な書面にも対応しており、タイムスタンプ機能で改ざんも防げます。料金は月額固定のため契約締結数や送信数に制限はありません。導入後も、ヘルプデスクやユーザーコミュニティといったサポートを受けられます。

リーテックスデジタル契約 - リーテックス株式会社

リーテックスデジタル契約 - リーテックス株式会社 画像出典:リーテックスデジタル契約公式サイト

  • 認定事業者によるタイムスタンプ
  • 金融機関と同等の厳重な本人確認
  • 印紙税をはじめとしたコストと労力の削減

リーテックスデジタル契約は、国内トップクラスの安全性を誇る電子契約サービスです。本人確認は国が指定する電子債権記録機関である、Tranzax電子債権株式会社と連携しています。犯罪収益移転防止法に準拠し、厳しい本人確認を実施するため、反社会的勢力が取引関係に介入するのを未然に防ぎます。契約書の改ざんを防止するためのタイムスタンプも、日本データ通信協会の認定する株式会社サイバーリンクスを利用。信頼性の高い本人確認とタイムスタンプにより、安全な契約が行えます。また契約書の発行数でプランを選べるので、無駄なコストを削減できます。

BtoBプラットフォーム 契約書

BtoBプラットフォーム 契約書 - 株式会社インフォマート 画像出典:BtoBプラットフォーム 契約書公式サイト

  • ブロックチェーン技術による契約の信頼性担保
  • 40万社のネットワークによる対応工数削減
  • 業界唯一、見積〜請求までのすべての商取引が電子化可能

BtoBプラットフォーム 契約書は、契約書の締結業務を電子化し、時短・業務軽減・コスト削減(郵送代・印紙税など)を実現。 最新のブロックチェーン技術を採用し、契約内容の信用性・機密性を確保できます。
また、40万社のネットワークがあるため、取引先がBtoBプラットフォーム 契約書を利用している可能性が高く、対応工数の削減も期待できます。

クラウドサイン - 弁護士ドットコム株式会社

クラウドサイン - 弁護士ドットコム株式会社 画像提供:弁護士ドットコム

  • 印紙代を含めたコストを大幅削減
  • 電子契約利用企業の約80%が利用
  • 契約書を含めた文書をクラウドで一元管理

クラウドサインは、紙で進めてきた契約作業を、わずか数分間で完結させるクラウドベースの電子契約システム、文書管理ツールで、これまでに累計4万社以上が導入しています。
締結頻度の高いNDA(秘密保持契約書)のような契約書や、毎月発生する取引先との受発注書のやりとりなどの手続きを簡略化し、相手側がサービスに加入しなくとも契約締結が可能です。雇用契約書や身元保証書などの入社書類も社内文書として電子化でき、管理を容易なものにします。
月間5件までの契約を無料で利用できるフリーミアムプランも用意、郵送に掛かっていた事務手続きやコストの低減も期待できます。

クラウドサインの導入事例

クラウドサインの導入事例をまとめました。気になる会社の導入事例を無料でダウンロードしていただけます。

パーソルキャリア株式会社 株式会社メルカリ ラクスル株式会社
契約締結のリードタイムを圧縮することで 機会損失を防いでいます。 紙だとできない「一括処理」がクラウド化により実現。 70 倍速の効率化です! クラウドサインで 「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」

WAN-Sign(ワンサイン) - 株式会社ワンビシアーカイブズ

WAN-Sign - 株式会社ワンビシアーカイブズ 画像出典:WAN-Sign公式サイト

  • 電子契約と書面契約を一元管理
  • 認定事業者によるタイムスタンプ
  • さまざまなシステムと連携可能

WAN-Signは、4,000社の機密書類の管理実績を誇る電子契約システムです。従来の書面契約もPDF形式で電子化され、電子契約とあわせて一元管理できます。政府機関や多数の大手企業でも利用されているGMOグローバルサインと直接連携しており、電子認証局の基準を満たした証明書を使用しているため、安心して電子契約を利用できます。メール認証による本人確認もでき、電子契約に慣れていない取引先からも負担なく署名をもらえます。さまざまなワークフローやCRM、基幹システムとAPI連携ができるため、契約関連の業務効率化が期待できます。

LegalForce(リーガルフォース) - 株式会社LegalForce

LegalForce - 株式会社LegalForce 画像出典:LegalForce公式サイト

  • AIによる自動の契約書レビューで業務を効率化
  • レビュー品質のばらつきを解消するデータベースを作成
  • 弁護士が監修したひな形を活用して業務品質を向上

LegalForceは、AIで瞬時に契約書を自動レビューするクラウド型レビュー支援ソフトウェアです。契約書にある不利な条文や欠落条項、抜け漏れをAIがチェックして見落としを防ぎます。自社のひな型や過去の契約書を自動でデータベース化し、必要な条文を簡単に取り出せます。また、法律事務所が作成した契約書のひな形や書式を250点以上搭載。企業法務に特化したひな形や書式は、弁護士が作成した実用的なもので法改正にも適時に対応できます。

かんたん電子契約 for クラウド - セイコーソリューションズ株式会社

かんたん電子契約 for クラウド - セイコーソリューションズ株式会社 画像出典:かんたん電子契約 for クラウド公式サイト

  • 印紙税や郵送費など契約書にかかっていたコストを削減
  • タイムスタンプ国内シェア60%を誇る
  • Webブラウザ上で契約関連がワンストップ

かんたん電子契約 for クラウドは、契約作業をWebブラウザ上で完結できる電子契約システムです。紙の契約書にかかっていた印紙税や郵送費を削減するのはもちろん、Webブラウザで簡単に扱えるため、契約締結までの時間も短縮します。2019年に発行された国内認定タイムスタンプ数1億9000万スタンプのうち、61%がセイコーのタイムスタンプです。豊富な導入実績と高い信頼性で安心して活用できます。また、契約書をアップロードして取引先を指定するだけで、承認依頼通知が送付されます。顧客は受け取ったURLから契約書を閲覧できるので、承認や締結までをワンストップで行えます。

paperlogic(ペーパーロジック) - ペーパーロジック株式会社

paperlogic - ペーパーロジック株式会社 画像出典:paperlogic公式サイト

  • 電子署名法・電帳法対応に完全準拠
  • 契約相手先はログイン不要
  • 認印相当の簡易署名が使い放題

paperlogicは、経理・総務・法務の法定保存文書を電子化する電子契約システムです。無制限で利用できるタイムスタンプ機能など、電子認証基盤がすべて組み込まれているため、法令対応が1つのサービスで完結します。契約相手先がサービスを使用していない場合も、ゲストとして登録することで無料で利用できます。電子証明書の有無を署名者ごとに選択でき、証明書なしの簡易署名は数の制限なく好きなだけ使えます。

GMO電子印鑑Agree - GMOクラウド株式会社

GMO電子印鑑Agree - GMOクラウド株式会社 画像出典:GMO電子印鑑Agree公式サイト

  • 国内シェアNo.1の電子認証局と直接連携
  • 電子署名と電子サインを併用した契約締結
  • 電子帳簿保存法に標準対応

GMO電子印鑑Agreeは、導入実績1,000社以上の実績を誇る電子署名と電子サインを併用した契約締結ができる電子契約システムです。
全世界で2500万枚の発行実績を誇り、政府機関や大手企業でも利用されているGlobalSignの発行システムと直接連携です。電子署名と電子サインを併用した契約締結もできるので、自社は電子署名で法適合性や署名権限を限定しつつ、相手方は電子サインで簡単に利用可能。税法上で要求される検索機能を標準で実装しており、締結済みの電子契約を紙に印刷することなくそのまま保存することができます。

Hubble(ハブル)- 株式会社Hubble

Hubble - 株式会社Hubble 画像出典:Hubble公式サイト

  • 法務ドキュメントのやりとりを効率化
  • 契約書の雛形や社内規定・規則の管理にも最適
  • 専門家のによるリーガルコメントもドキュメントと一緒に保存

Hubbleは、法務ドキュメントのやりとりに最適化した電子契約システムです。契約書を一度アップロードすれば、Hubble内でコミュニケーションを取りながら法務確認ができるので、社内全体での法務ドキュメントのやり取りが円滑に行えます。過去の変更履歴もバージョンごとに詳細に保存し、ドキュメントの作成過程を可視化できます。そのためいつでも必要な情報に労せず契約書へのアプローチが可能です。ドキュメントと一緒にコメントも保存ができる機能を活かし、専門家のリーガルコメントを一括管理することで法務ノウハウの社内共有に活用できます。

Holmes(ホームズ) - 株式会社Holmes

Holmes - 株式会社Holmes 画像出典:Holmes公式サイト

  • 紙の契約書にも対応
  • 契約ステータス・契約書のバージョン管理機能
  • 金額・当事者名で内容を検索可能

Holmesは、契約書の作成・締結・管理が行える電子契約システムです。電子契約だけでなく書面の契約も、契約過程での修正履歴をすべて契約書に紐付けて管理できるため、金額や当事者名などの契約内容をスムーズに把握できます。契約ステータスや契約書のバージョン管理などの機能も豊富で、締結までの手間と時間の大幅な削減が期待できます。

おすすめのクラウド契約書管理サービス4選

続いて、電子契約機能は持たないものの、その分充実した機能を持つ契約書管理に特化したクラウドサービスを4つ紹介します。

クラウドサインSCAN - 弁護士ドットコム株式会社

クラウドサインSCAN - 弁護士ドットコム株式会社 画像出典:クラウドサインSCAN公式サイト

  • 契約書のスキャンやデータ入力を代行
  • 柔軟な検索・参照で契約書を管理
  • 契約書の有効期限管理を効率化

クラウドサイン SCANは、紙の契約書をデータ管理する際に問題になる、契約書のデータ化や入力作業を代行し、CLOUDSIGNでの有効期限管理や柔軟な検索・参照を含む、一元管理によるすべての契約書管理を実現するサービスです。
これによって手間をかけずに効率的な契約書管理が可能となり、業務効率化と管理コストの削減が期待できます。スキャンした紙の契約書を倉庫で預かるサービスも行っています。

SRIクラウドfor契約書管理

  • 契約書の発生から廃棄にいたるまでを管理
  • 詳細に渡るすべての書類履歴を確認可能
  • 使い勝手のいい台帳管理

SRIクラウドfor契約書管理は、契約書の発生から廃棄にいたる、書類のライフサイクルすべてをサポートし、管理できる契約書管理サービスです。
契約書のみならず、どのような文書でも1件単位から依頼可能、すべてのアクセス内容が詳細に記録されるため、だれがなにを行ったかの書類履歴をいつでも確認できます。社内利用の管理台帳をそのまま反映できるため、使い勝手のいいわかりやすい操作が可能です。

イメージトレース

  • 作成から削除までの履歴をトレース
  • 柔軟なアクセス管理が可能
  • オプションで文書のスキャニング・保管・破棄も可能

イメージトレースは、セキュリティの確保されたデータセンターで、データ化された契約書などのビジネス文書を保管・一元管理し、自在な検索を可能にする契約書管理システムです。
契約書の作成・閲覧・印刷・削除などのアクションを、いつ・どこで・だれが・なにを行ったか、すべての履歴をトレース(追跡)し、重要書類を守ります。オプションで高性能OCRスキャナーによる契約書のスキャニングサービスや、保管・破棄サービスも用意、文書ライフサイクルクをワンストップでサポートします。

らくらく契約書管理

  • 契約書を専用倉庫で保管
  • 期限管理・アラート機能
  • 複数拠点での情報共有が可能

らくらく契約書管理は、契約書のデータ化、原本の倉庫預かりから破棄にいたるまで、ワンストップのサービスを提供する契約書管理サービスです。
アクセス権を幅広く設定できるため、セキュリティを担保しつつも、検索・閲覧・複数拠点での情報共有が可能。急に原本が必要になった場合も1件単位で対応できます。期限管理によるアラート機能はもちろん、使い慣れた管理台帳のインポートが可能なほか、原本取り寄せ、データ化などの指示もクラウド環境で完結。文字どおりらくらくな契約書管理を実現します。

ニーズにあわせた契約書管理で業務効率化

契約書といっても、業種や業態、扱っている製品やサービスなどによって、その形式もさまざまであり、適切な管理方法もさまざまです。いずれにしても契約書を原本のまま現物管理するには困難がつきまといますし、情報漏えいのリスクも懸念材料です。

そこで契約書管理をクラウド上で行うことにより、こうした煩雑な管理業務を効率化し、重要文書である契約書のセキュリティを担保しながら柔軟な活用が実現できます。

この機会に、自社のニーズにあったサービスを見極め、契約書管理の改善を行いましょう。


電子契約に関してはこちらの記事で詳しく紹介しています。合わせてご参照ください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

電子契約システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
電子契約システムの最近更新された記事