AIが、あらゆる契約書を自動管理

LegalForceキャビネ

更新日 2022-08-09
匿名のユーザー
導入推進者
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:11件〜30件
投稿日:2022/06/22
4/5
在籍確認
投稿経路パートナーボクシルのパートナーの協力で集めた口コミです

オペレーションコストが低いこと。

ドラッグ&ドロップで契約書を登録できるため、導入ハードルが低く、オペレーションコストも低い。 リーガルリテラシがなくても対応可能である。 入力項目に制約があるので、社内のオペレーションのすべてをカバーできていないので、今後のバージョンアップに期待したい。

サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください

契約書の保管の工数・頻度が大幅に改善した。 契約書の共有をURLベースで行えるようになり、契約書を閲覧するハードルが下がった。
このサービスの良いポイントはなんですか?
  • 登録がドラッグ&ドロップでできる。
  • 検索が容易
  • 共有がURLベースである。
このサービスの改善点はなんですか?
  • 契約書データとして登録できる項目をカスタマイズしたい(例えば、契約申請者をメモではなく、特定のフィールドに登録したい)。
サービスの費用感
導入費用
0万円
/
年間費用
72万円
/
推定投資回収期間(ROI)
1ヶ月
費用に対する所感
妥当であると思う。
推進者の導入ストーリー
所属部署
総務・法務部門
/
検討開始から導入までの期間
2〜3週間
このサービスに決めた理由
契約書データの登録が容易だった。 そのため、導入ハードルが低く、専門知識のないパラリーガルスタッフでも対応できる(採用基準を下げられる)点が大きかった。
サービスの使用環境
使用OS
Mac,Windows,iOS
使用ブラウザ
Chrome
サービスの5段階評価
使いやすさ
4
お役立ち度
5
カスタマイズ性
3
機能満足度
4
サービスの安定性
5
営業担当の印象
5
サポートの品質
5
初期設定の容易さ
4
料金の妥当性
5

同じカテゴリのサービスと比較

LegalForceキャビネと気になるサービスの2社比較や、複数のサービスを選択して比較・資料請求できます