電子契約システムの口コミ数・満足度ランキング | 価格とプランも

電子契約システムとは、これまで紙で行っていた契約書の締結や管理を、インターネット上で行うシステムです。従来の方法では製本・郵送・返送・締結という流れで時間と費用がかかっていましたが、Web上で完結することで業務効率とコスト削減が期待できます。そんな電子契約システムのレビュー数・満足度のランキングを紹介します。
続きを読む
電子契約システムのサービス資料32件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
クラウドサイン
BtoBプラットフォーム 契約書
Adobe Acrobat Sign
ContractS CLM
電子印鑑GMOサイン
ドキュサインの電子署名
freeeサイン

電子契約システムのランキング

電子印鑑GMOサイン
電子印鑑GMOサインは、法的に有効なクラウド型の電子契約サービスです。契約締結・管理の業務効率化や印紙税などのコスト削減、コンプライアンス強化を実現します。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
クラウドサイン
クラウドサインは、弁護士ドットコム株式会社が提供している電子契約サービスです。日本の法律に対する高い専門性を強みとして開発・運営を行っており、電子帳簿保存法などに対応する仕様、弁護士監修の運営体制など、法的にご安心いただけるプロダクトとなっております。2015年のリリースから急速に浸透し、現在6万社を突破する導入実績をもち、導入社数は電子契約サービス市場累計登録社数№1※業種・規模を問わず、幅広くご利用いただいており、事例も豊富にございますので、お気軽にお問い合わせください。
料金プラン
11,000円-/月
無料トライアルあり
条件を指定して絞り込む
32
並び順
クラウドサイン
クラウドサインは、弁護士ドットコム株式会社が提供している電子契約サービスです。日本の法律に対する高い専門性を強みとして開発・運営を行っており、電子帳簿保存法などに対応する仕様、弁護士監修の運営体制など、法的にご安心いただけるプロダクトとなっております。2015年のリリースから急速に浸透し、現在6万社を突破する導入実績をもち、導入社数は電子契約サービス市場累計登録社数№1※業種・規模を問わず、幅広くご利用いただいており、事例も豊富にございますので、お気軽にお問い合わせください。
料金プラン
11,000円-/月
無料トライアルあり
freeeサイン
freeeサインは契約に関するお悩みをクラウド上で解決するワンストップ電子契約サービスです。契約の作成から管理までfreeeサインのみで完結致します。
料金プラン
4,980円-/月
無料トライアルあり
ドキュサインの電子署名
DocuSign eSignatureは、世界で最も使われている電子署名サービスです。 契約文書の印刷や郵送などの手間がなくなり、場所やデバイスを問わずに契約書や申請書への承認や合意できるので、業務の大幅な効率化を図れます。
料金プラン
1,100円-/月
無料トライアルあり
電子印鑑GMOサイン
電子印鑑GMOサインは、法的に有効なクラウド型の電子契約サービスです。契約締結・管理の業務効率化や印紙税などのコスト削減、コンプライアンス強化を実現します。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
Adobe Acrobat Sign
Adobe Acrobat Signはアドビが提供する電子契約サービスで、世界中で年間60億回以上の取引を支える電子契約サービス市場におけるリーダーです。
料金プラン
1,380円-/月
無料トライアルあり
LegalForceキャビネ
LegalForceキャビネは、締結後の適切な契約管理をサポートする「AI契約管理システム」です。契約書を自動でテキストデータ化し、AIが管理台帳を自動生成。契約書の検索時間と管理工数は限りなくゼロになり、スマートな契約書管理を実現します。
料金プラン
-
無料トライアルあり
BtoBプラットフォーム 契約書
【スキャン費用10万円補助実施中】契約書の締結業務を電子化し、印紙代や郵送費・業務を削減、社内に溢れる紙の契約書の管理も可能。契約の社内申請、契約締結、契約後の更新管理や社内共有を全てクラウド上で行うことで業務効率化、ペーパーレス化を実現。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
LegalForce
LegalForceは、企業法務に特化したAI契約審査プラットフォームです。AIが契約リスクの洗い出しを支援してくれるので業務効率と品質が向上します。
料金プラン
-
みんなの電子署名
みんなの電子署名は、基本料金0円+機能制限なしの電子署名サービスです。万全のセキュリティとバックアップ体制で、誰でも自由に全機能を利用可能。取引先や仕事先に導入を進めて業務の効率化や、個人やフリーランスでも気軽に導入できます。
料金プラン
0円-/月
リーテックスデジタル契約®︎
リーテックスデジタル契約®︎は電子帳簿保存法の要件を満たした保存/検索が可能なだけではなく、消費税インボイス制度にも対応し、I T導入補助金2022の対象として採択されている電子契約システムです。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
マネーフォワード クラウド契約
契約書の申請ー承認ー締結ー保存ー管理までをカバーする、電子契約・契約書管理サービスです。電子契約データと紙の契約書もまとめて保管し契約業務の効率化、内部統制強化を実現します。送信料無料で契約締結数の多いお客様にもおすすめです。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
DagreeX
DagreeX(ダグリークス)は電子契約および証憑書類の一元管理に寄与するDXサービスです。デジタル企業への第一歩として、契約書類・取引関係書類・社内重要書類等の証憑書類のデジタル化を推進し、紙削減・業務効率化を支援し、DXを実現します
料金プラン
-
無料トライアルあり
ContractS CLM
契約プロセスの最適化と契約ライフサイクル管理を通じて、契約書作成から法務相談、押印申請、締結、保管、契約管理を一気通貫で行うことができるクラウド型の契約マネジメントシステムです。
料金プラン
-
無料トライアルあり
ジンジャーサイン
「ジンジャーサイン」は、紙と印鑑の契約書で課題とされる【在宅で対応不可】【不要なコスト】を解消し、WEB上で契約業務を完結できる電子契約サービスです。
料金プラン
10,000円-/月
無料トライアルあり
DocYou
DocYouは、企業間取引で発生する書類をオールインワンで管理できるサービスです。電子契約だけでなく、電子取引、書類配信、ドキュメント管理をサポート。業種や企業規模に関わらず、取引業務の効率化を促します。
料金プラン
-
無料トライアルあり
WAN-Sign
日本通運グループのワンビシアーカイブズが提供するWAN-Signは、「電子署名」と「電子サイン」に対応した法的に有効な電子契約です。金融機関が求める厳格な基準を満たしています。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
DX-Sign
DX-Signは、一般的な電子契約の機能に加え便利機能の数々を兼ね備えたシステムです。充実機能のすべてを制限なく驚きの低コストでご利用いただけます。電子契約システムを初めて導入する方やお乗り換えをご検討の方にもおすすめです。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
かんたん電子契約 for クラウド
かんたん電子契約forクラウドは、電子契約と電子帳簿保存法に対応した書類の保管が出来るクラウドサービスです。豊富な機能と使いやすい画面で、ペーパレス化業務効率化を支援!電子契約だけでなく、捺印業務電子化や電帳法対応の書類保管などの用途に!
料金プラン
10,000円-/月
無料トライアルあり
Dropbox Sign
Dropbox Sign は、世界中で何百万ものお客様が利用する、コストパフォーマンスに優れたクラウド電子署名ソリューションです。操作が非常にシンプルで使いやすく、価格体系もわかりやすいサービスです。Dropbox との連携利用により、書類の作成から署名そして署名完了後の保管まで、アプリケーションを移動することなく、シームレスに業務を進めることができます。2022年10月25日に HelloSign は Dropbox Sign へと生まれ変わりました。
料金プラン
33,600円-/年
無料トライアルあり
契約大臣
契約大臣は、シンプルかつ簡単な操作性で法的根拠を証明できる電子契約システムです。契約書に「いつ、誰が、何をした」が自動的に記録されることで、改ざんを防げます。 詳細はこちら→https://keiyaku-daijin.com/
料金プラン
2,020円-/月
電子契約システムのサービス資料32件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
クラウドサイン
BtoBプラットフォーム 契約書
Adobe Acrobat Sign
ContractS CLM
電子印鑑GMOサイン
ドキュサインの電子署名
freeeサイン
電子契約システムのお役立ちガイド
資料の続きを閲覧するには
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは会計ソフト(財務会計)請求書発行システム経費精算システム連結会計システム管理会計システム予算管理システム債権管理システム出張管理システム(BTM)決済代行(BtoB)契約書レビュー固定資産管理システム請求書受領サービス契約書管理システムまで含めた一連の電子契約システムのサービスについてまとめています。

電子契約システムの基礎知識

1
電子契約システムとは
電子契約とは、契約にかかる書面をすべてパソコンやクラウド上で作成し、そのままオンラインで契約を締結する方法です。主にビジネスシーンにおけるペーパーレス化を実現する目的で広まっており、電子契約を結ぶための法整備も進んでいます。

これまで紙ベースで締結していた契約をオンラインに移行するとなると、セキュリティや署名押印などの問題をクリアしなければいけません。近年はこれらの問題を解決するため、安全に電子書面をやり取りできるシステムが多数登場しており、システム上で電子署名を簡単に付与できるようになっています。

【電子契約システムの主な機能】

電子契約システムには、契約締結のための機能や、電子契約書を安全に管理するための機能、そして契約プロセスを効率化・簡略化するための機能などが実装されています。たとえばタイムスタンプ機能と電子証明書の発行機能により、いつ、誰が、どの書類を作成して契約を結んだか、すぐに判別が可能です。

さらに、システム上で書面の真正性や非改ざん性を担保できるので、業界・業種にかかわらず広く導入・利用され始めています。これまで紙ベースの契約が当然とされていた業界でも、今後さらに電子契約が一般的になるでしょう。
2
電子契約システムはなぜ必要か?
【契約プロセスの効率化やペーパーレス化を実現】

電子契約システムは契約プロセスの効率化に欠かせません。従来の紙ベースの契約では、契約書の作成と印刷、製本、署名押印から相手先への郵送など、さまざまな手間がかかりました。特に、日々多くの契約を締結する大企業の場合、書面の作成から管理に至るまで、多額のコストを負担しなければいけません。

そこで、電子契約システムを導入することで、契約プロセスを効率化・簡略化するとともに、契約の締結にかかるコストを削減しようとする動きが、大企業を中心に広まってきたのです。契約プロセスをオンライン化すれば、ほとんどすべての契約書類を電子データとして扱えます。

【契約データをセキュアに管理できる】

さらに、セキュリティの強固なシステムを導入すれば、紙ベースでの契約よりも、安全に契約情報の管理が可能です。契約の締結に必要な作業がすべてオンラインで完結するので、総務や経理部門の業務生産性の向上を目指す企業にとっては、いまや欠かせないシステムといえるでしょう。
3
電子契約システムを導入するメリット
【契約に至るまでのコストを削減できる】

電子契約システムを導入すれば、契約に至るまでにかかるコストの多くを削減できる点が、まずメリットとして挙げられます。5万円以上の契約を紙ベースで締結する場合、契約書に印紙を貼付する形で印紙税を納めなければいけません。一方、電子契約なら印紙税の納付自体が不要になるため、大きなコスト削減につながります。

【契約書面の印刷費用や相手先への郵送費なども削減可能】

また、契約書面の印刷費用や相手先への郵送費なども、電子契約ならば丸々削減が可能です。印刷費や郵送費は小規模企業ならば微々たる金額かもしれませんが、毎日のように契約を結んでいる大企業の場合、年間での費用はかなりの額になります。それが完全に削減できるため、企業全体の業務コストを大幅に減らせるでしょう。

【契約書を電子データとして保管できる】

さらに、電子契約システムならば、契約書を電子データとして保管できます。強固なネットワークを敷いておけば、紙ベースで管理するよりも安全に管理できるでしょう。過去にさかのぼって、誰がいつ、どの書類に電子署名をしたか一目で判別できるので、コンプライアンスの強化にもつながります。

加えて、クラウド型の電子契約システムを導入すれば、担当者がオフィス以外の場所から契約の締結や電子書面の管理が可能です。社員の外出が多い企業はもちろん、在宅勤務やテレワーク、リモートワークを実施している企業にも重宝するでしょう。
4
電子家約システムを導入するデメリット
【電子契約に対応していない書類もある】

近年は、一般企業が締結するほとんどの契約書類が、電子契約に対応しています。しかし、定期借地契約や特定商取引法で定められた書面など、紙ベースの契約締結が義務とされているものもあります。電子契約システムを導入した場合、電子契約と紙での契約が混在することになり、管理が難しくなってしまう場合もあるでしょう。

【管理体制の変更が求められる】

さらに、電子契約システムの導入にあたっては、従来の業務フローや書面の管理体制などを変更しなければいけません。システムの利用が定着するまでは、慣れない作業で契約担当者の生産性が一時的に下がってしまう可能性もあります。

【外部からの不正アクセスや内部不正のリスクがある】

また、電子契約システムを安全に運用できる体制にしておかなければ、外部からの不正アクセスや、社員によるシステムの不正利用などが発生する恐れもあるので注意しましょう。

ルールに則って運用する限り安全に情報を管理できますが、クラウドシステムは常に不正アクセスの可能性がある点は忘れてはいけません。情報システム部門と連携を取りながら、安全に運用できる体制を構築しましょう。
5
電子契約システムを比較するポイント
【「当事者型」か「立会人型」のどちらを選ぶか?】

導入する電子契約システムを選ぶ際には、まずは「当事者型」と「立会人型」のいずれに該当するかを確認しましょう。前者は契約を締結する本人が、電子署名を付与するタイプです。本人確認のために、認証サービスに対して特定の書類を提出するといった手続きが求められます。

一方、後者の立会人型は、当事者以外の第三者が、当事者の指示や依頼のもとで電子署名を付与するタイプです。通常、立会人型の電子署名はシステムのサービス提供事業者の名義となります。いずれのタイプもメリット・デメリットがあるので、自社のニーズや環境に合った方を選択しましょう。

【契約書の種類や枚数に合ったサービスか?】

また、導入するシステムは、取り交わせる契約書の種類や枚数に応じたものでなければいけません。電子契約システムにかかる費用は、基本料金に加えて、一定の枚数まで料金が変わらないプランと、取り交わす契約書の枚数に応じた従業課金制になっている場合が多くあります。

毎月締結する契約書の枚数を確認し、もっともコストパフォーマンスの高くなる料金形態を利用できるサービスを選びましょう。

【ベンダーのサポートは十分か?】

加えて、上記のように安全にシステムを運用できる機能や、サービスベンダーのサポート体制の充実度にも注目する必要があります。サポート体制はベンダーによってかなり変わってくるので、社員のITリテラシーに応じて、最適な支援を受けられるサービスを選ぶことが大事です。
6
電子契約システムの導入に失敗しない方法は?成功するためのポイント
【社員への周知と教育に力を入れる】

電子契約システムの導入にあたっては、事前に社内の理解を得ておく必要があります。導入のメリットに加え、契約にかかる業務がどう変わるのか、ルールの変更点はどこなのかなどを明確にして、社内に広く周知しましょう。実際にシステムを利用する現場の意見を取り入れつつ、スムーズに運用が定着するように、社内教育にも注力しなければいけません。

【取引先から電子契約の同意を得ておく】

また、実際に電子契約を締結する際には、事前に相手方の同意を得ておく必要があります。たとえ社内で問題なく電子契約システムを運用できるようになっても、相手方に拒否された場合、契約を結ぶことができません。電子契約の環境が整っていない企業も多いので、必ず取引先に電子契約の可否を確認しておきましょう。

電子契約システムの口コミ

BtoBプラットフォーム 契約書の口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
小売/流通/商社系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:31件〜50件
投稿日:2023/01/28
5/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
このソフトは請求書の発行や管理がすべて一元管理が可能です。他の製品と比較して操作がとてもわかりやすく簡単ですのでパソコンが苦手な高齢なスタッフでも大丈夫だと思います。。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
今までは請求書を印刷して封筒に入れ切手を貼って投函するという非常に手間がかかっていましたが、導入後はその手間もなくなり業務の効率が大幅に向上しました。
ドキュサインの電子署名の口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
小売/流通/商社系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:31件〜50件
投稿日:2023/01/28
5/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
このサービスを利用する前に初期登録を行わなければならないのですが、他のサービスに比べてとても簡単で、不慣れな方でも手続が簡単なのは非常に助かりました、高齢のスタッフが多いので。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
今までは社印をわざわざ総務課に問合せて承認を得てといった煩雑な手間がかかっていましたが、導入後はそのような事もなくなり業務の効率が大幅に向上しました。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。