コピー完了

記事TOP

電子契約システムのシェア・市場規模を解説!一番選ばれている人気サービスは?

最終更新日:(記事の情報は現在から652日前のものです)
電子契約システムの市場規模とシェア率を紹介します。電子契約システムの今後の市場成長度や、シェア率の高いサービスはなぜ選ばれているのかをBOXIL編集部の視点で解説しています。

電子契約システムの市場規模

株式会社富士キメラ総研が2022年に発表したレポート※1によると、電子契約システムの市場規模は2021年度時点で約142.3億円という調査結果が出ています。

2026年度には約500億円規模に成長するようです。

電子契約システムの市場規模

※1 出典:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2022年版」

電子契約システム市場の成長率は?

同レポートによると、電子契約システム市場は毎年28.6%程度の成長を続けると予測されています※2

電子契約システム市場の成長の要因としては、コロナ禍によりテレワークが推進され、出社しての署名/押印が困難になったため、オンラインで契約締結が可能な電子契約への注目が高まり、さらに官公庁や業界団体が契約の電子化を促進し、電子契約の有効性が広く認知されたことが挙げられます。

2022年5月に宅地建物取引業法の改正により不動産取引の電子化が進むとともに、2021年の地方自治法の改正に伴い、2022年以降は自治体での電子契約も本格的に進むと見込まれています。

※2 出典:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2022年版」

電子契約システムのシェア率

BOXILが実施した電子契約システムの利用ユーザー50人を対象にしたアンケート※3によると、電子契約システムのシェア率は、クラウドサインが58%でトップでした。次点で電子印鑑GMOサインとfreeeサインが10%、Adobe Signが8%と続いています。

電子契約システムのシェア率

※3 集計期間 2022年3月28日〜4月25日 「会社で利用経験のある電子契約システムに関する簡単なアンケート」をもとにスマートキャンプで集計

シェア率とあわせて口コミ・ユーザー満足度もチェック

シェア率だけでなく、各サービスの口コミやユーザー満足度を確認しておくことで、自社にあったサービス選びができるようになります。電子契約システムのランキングもあわせて参考にしてください。

【2024年05月】電子契約システム人気ランキング|満足度や口コミ・評判を調査 | ボクシルSaaS
電子契約システムのおすすめ人気製品をランキング形式で比較。料金や口コミ、機能、提供形態を元に比較可能です。
詳細を見る

ここからは、シェア率の高いサービスはなぜ選ばれているのか、アンケートで得た回答をもとに解説していきます。

【特典比較表つき】『電子契約システムの資料15選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『電子契約システムの資料15選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

クラウドサイン - 弁護士ドットコム株式会社

クラウドサイン
クラウドサイン
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 電子署名法に準拠した30万社以上に導入されている電子契約サービス
  • マニュアルや裁判所向け説明資料なども充実
  • 月5件の契約まで無料

クラウドサインが選ばれている理由としては、特に使いやすさが挙げられます。難しい操作は必要なく、シンプルな操作性で初めて利用する人でも使いやすい点が評価につながっています。

クラウドサインを電子契約システムの競合他社と比較すると、利用者数の多さを評価する口コミと、他社との業務締結の際に、使い慣れているためスムーズに契約が進むことを評価する口コミが数多く見られました。

電子印鑑GMOサイン - GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社

電子印鑑GMOサイン
電子印鑑GMOサイン
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 契約印タイプ、実印タイプの2つの電子印鑑を用意
  • 政府機関や大手企業でも利用されているGMOグローバルサインと直接提携
  • テンプレート機能でよく使用する契約書パターンを記録できる

電子印鑑GMOサインが選ばれている理由としては、特に費用の安さが挙げられます。リーズナブルな料金設定で、他社のサービスと比較して全体の費用を抑えられることが評価につながっています。

その他にも、実際にトライアルで使ってみた際の各機能の使いやすく、またスマートフォンアプリからでも署名ができる点を評価する口コミが数多く見られました。

freeeサイン - freeeサイン株式会社

freeeサイン
freeeサイン
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 弁護士監修の電子契約システム
  • アカウント課金型、定額で使いやすい
  • 法務とのやり取りもワークフロー機能で可視化

freeeサインが選ばれている理由としては、特に使いやすさが挙げられます。電子であればどこでも好きなタイミングでスマートフォンからでも申請ができるので、作業効率の点から評価につながっています。

その他にも、実際にトライアルで使ってみた際の使用感、また充実したサポート体制を評価する口コミが数多く見られました。

シェア率だけでなく機能で比較しよう

電子契約システムを選ぶ際に重要なのは「自社の状況に合った機能が備わっているかどうか」です。あわせて各サービスの口コミなども見ておくと良いでしょう。

【比較表】電子契約システム比較!おすすめサービスの選び方・料金 2024年最新
電子契約サービスの代表的システム徹底比較!料金や口コミをはじめ「相手方もアカウント登録が必要か」「当事者型か立会人...
詳細を見る
新選び方ガイド:電子契約システム導入ガイド_20240322.pptx (2).pdf
電子契約システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
電子契約システムの最近更新された記事