eSIMとは | 差し替え不要の次世代SIM - IoT拡大のカギに?

スマートフォンなどに挿入する「SIM(SIMカード)」は通信を行うために欠かせないものです。 2017年にNTTドコモは、eSIMと呼ばれる、従来のSIMと異なる新しいタイプのSIMの提供を始めました。eSIMについて、どういったものなのか、従来のSIMとの違いやメリットなどについて説明します。

eSIMとは | 差し替え不要の次世代SIM - IoT拡大のカギに?

eSIMとは

SIM(SIMカード)とは、スマートフォンや携帯電話、モバイルルーターといった通信機器で電波網を利用するために、端末へ挿入するチップのことです。SIMカードを交換することで、通信契約や利用するネットワークを変更できます。機種変更時にSIMを差し替えるのはこのためです。

「eSIM」は「EnbeddedSIM」の略で、従来のSIMとは大きく異なる特徴をもっています。それは、リモートで情報を書き換えられるという点です。

eSIMと従来SIMが異なるポイント

eSIMは、従来のSIMとどのように違うのか、詳しく見てみましょう。

SIM差し替え不要

従来のSIMでは、通信事業者を変更する場合は、店舗などで変更先の事業者のSIMを物理的に入れ替えるという作業が必要でした。しかし、eSIMは、リモート操作でSIMの内容を書き換えられるので、SIMを挿し替えずにキャリアなどを変更できます。

SIMを入れ替える必要が無いということは、将来的には、SIMが端末に組み込まれ、利用者や販売店での取り出し作業がなくなり、通信事業者との契約などの際には外部からリモートでデータを書き換えるだけといった運用になっていくことが予想されます。異なる通信サービスを適宜切り替えながら利用することも考えられます。

eSIMは海外展開に有効

リモートで情報を書き換えられるため、とりわけ、異なる国で同じ機器を使おうとするときにメリットがあると考えられます。事業者による違いはもちろん、国や地域によって通信規格などの仕様が異なるため、やはりSIMを差し替えなければなりません。スマートフォンなどで利用できるようになれば、海外出張や旅行時でもSIMを入れ替えずに現地の回線を使えるようになります。

ネットワーク通信を行うIoT製品などでSIMを組み込んでいる場合、海外輸出時には各国の規格にあわせたSIMを挿入する必要があり、たとえば輸出数が変更になればSIMを入れ替えるといった手間も発生します。事業者にとっては大きな負担となっています。eSIMを使えば、あらかじめ組み込んでおいたSIMにデータを書き込むことができるため、国や地域ごとに異なるSIMを用意する手間もコストも削減できます。

eSIMがIoT市場活性化のカギに

「eSIMは、IoT市場の活性化のカギになる」と言われることがあります。それはどういった理由からなのでしょうか。

loTとは

IoTは「モノのインターネット」と呼ばれ、さまざまなものがインターネットに接続されネットワーク化していくという考え方です。家電製品などさまざまなものがネットワークにつながり、生活が便利になることが期待されています。

IoTセキュリティ支出3割増 市場規模も拡大、膨らむ期待と不安 | ボクシルマガジン
IoTという言葉は珍しくなくなり、事実、いつのまにか身の回りにIoTデバイスがあふれるている。市場は拡大を続け、2...

eSIMがloTを加速させる

IoT機器は、インターネットに接続する通信機能も持っています。そういった中で書き換え可能な組み込み型のSIMであるeSIMは、IoT機器でも幅広く利用が見込まれています。

eSIMは、機器に組み込んだのちに自由に通信事業者の契約情報などを書き換えることが可能となっているので、輸出入の際のコストや手間を大幅に削減すること可能です。

国内IoT市場は2022年に12兆円へ拡大、スマートホーム需要が急増 - IDC発表 | ボクシルマガジン
IT専門調査会社 IDC Japan は3月14日、国内IoT市場におけるユースケース(用途)別/産業分野別の予測...

要注意!eSIM2つの落とし穴

ここまでeSIM導入のメリットについて説明してきました。すでに車両や建設機械などのM2M(機械間通信)用にeSIMが利用されており、そこではeSIM導入が大きな効果を挙げています。

しかし、スマートフォンなど個人向けにはまだ導入されていません。個人でも使えるようになれば、2つの落とし穴が顕著になると考えられています。発生すると考えられる課題は、どのようなものでしょうか。

乗り換え頻発を懸念

スマートフォンや携帯電話の場合、通信事業者(携帯電話キャリア)変更の手続きが簡単になるため、乗り換えが頻発する可能性があります。

日本では、いわゆる「2年縛り」「4年縛り」など囲い込みともとれる契約が問題視されています。見直す動きがあるものの、それだけ顧客の確保に各社が苦慮していることの現れでもあるでしょう。乗り換えが頻発すれば、キャリアにとっては大きな痛手となります。これが普及を阻む要因ともいわれています。

eSIM対応機種が少ない

もう一つのデメリットは、eSIMに対応した機種がまだまだ少ないということです。現在、NTTドコモのタブレット端末「dtab Compact d-01J」のみ対応しています。

仮にeSIM非対応の機種でeSIMを使うと、キャリア切り替えの作業が正常に行えない、うまく通信ができないなどの支障が出る可能性が高いという問題もあり、普及が進んでいないという指摘もあります。

eSIMの時代はもうすぐそこに

「eSIM」は、従来携帯電話やスマートフォンに使われてきたSIMとは大きく異なる特徴を持っています。それは、リモート操作で自由に設定を書き換えること可能になる」というものです。

リモートで情報を書き換えられることにより、異なる通信事業者間でもSIMを差し替えずに使え、導入が進めば「携帯電話キャリア変更時の手間が省ける」「海外利用時の手間やコストが削減できる」といったメリットが考えられます。これはIoT機器の海外展開時にも有効でしょう。

M2Mなど事業者向けにはすでに展開されているものの、スマートフォン用など個人向け機器はまだ対応していません。ただ実証実験は進められており、今後拡大すると考えられます。eSIMが当たり前となる時代がもうすぐそこに迫っているのかもしれません。