Google Homeでできること・使い方ガイド | アシスタント設定手順・コマンド・機能まとめ

注目されているスマートスピーカー(AIスピーカー)。グーグルが手がける「Google Home(グーグルホーム)」は、音楽やニュースを聞くといったスマートスピーカーの基本的な機能に加え、グーグルアカウントと連動した便利な機能が搭載されています。グーグルホームでできることや設定の仕方、使い方などを解説します。

Google Homeでできること・使い方ガイド | アシスタント設定手順・コマンド・機能まとめ

Google Home(グーグルホーム)とは

Google Home(グーグルホーム)は、Googleが販売するスマートスピーカー(AIスピーカー)です。

音声アシスタント「Googleアシスタント」を搭載しています。すでに「Amazon Echo(アマゾンエコー)」を販売していたAmazon(アマゾン)に遅れを取る形で、スマートスピーカー市場に参入しました。

AmazonのAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」にできることは、次の記事で詳しく解説しています。

Amazon Alexa(アレクサ)にできること | 対応スマートスピーカー・機能・スキル | ボクシルマガジン
Amazon(アマゾン)が開発・提供している高性能AIアシスタント「Alexa(アレクサ)」ができることとは?アレ...

米国や英国に続いて日本でも2017年10月に発売され、同月には、小型版のGoogle Home Mini(グーグルホームミニ)も発売されています。

ほかのスマートスピーカーと同じく、「ボイスコマンド」「音声コマンド」と呼ばれるセリフでグーグルホームに「話しかける」ことで操作でき、グーグル検索をしたり、音楽を再生したりできます。

グーグルホームの機能や使い方について詳しく解説していきます。

Google Home(グーグルホーム)でできること

そもそもGoogle Home(グーグルホーム)を使うと、どのようなことができるのでしょうか。代表的な8つの機能を紹介します。

1. 調べ物をする

スマートフォンで音声検索をするように、インターネット上の情報を検索でき、辞書代わりに使用することも可能です。

2. 音楽をかける

「Google Play Music(グーグルプレイミュージック)」や「Spotify(スポティファイ)」などの音楽配信サービスアプリをダウンロードしておけば、好きな時に好きな音楽を再生できます。

プレイリストへの追加や削除も音声コマンドで指示できるので、音楽を聞きながらどんどんカスタマイズできるのです。

3. アラーム、タイマー

Google Home(グーグルホーム)にはアラームやタイマー機能もあり、たとえば、パスタのゆで時間やカップラーメンの待ち時間などを測ることができます。

また、目覚まし時計代わりのアラームとして使うこともも可能。

4. 天気予報の確認

天気予報を確認することもできます。インターネット上から情報を取得しており、たとえば、外出前に洗濯物を外に干していこうか迷ったときや、傘を持ち歩いた方がいいか迷った時などにも重宝します。

5. ニュースを聞く

Google Home(グーグルホーム)では、最新のニュースを聞くことができます。スポーツや芸能など知りたいジャンルのニュースだけを指定して聞けるので、時間を無駄にすることがありません。

6. 翻訳

外国語を勉強したいという方に便利なのが翻訳機能です。日本語を英語やフランス語などに翻訳してくれるので、自宅でもちょっとした語学学習が可能です。

7. スケジュール管理

Google Home(グーグルホーム)は、Googleカレンダーと連動させることができ、Googleカレンダーに登録されたスケジュールを確認できます。リマインダー機能も備えており、たとえば、「○時」「○月○日に銀行振込」などを登録しておけば指定の日時にお知らせしてくれます。

8. 計算

Google Home(グーグルホーム)には計算機能もあります。電卓代わりに活用したり、外貨を日本円に換算する時にも使えます。

Google Home(グーグルホーム)と並んで比較されるスマートスピーカーが「Amazon Echo(アマゾンエコー)」です。

アマゾンエコーに搭載されているAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」にできることは、次の記事で詳しく解説しています。こちらもあわせてご覧ください。

Amazon Alexa(アレクサ)にできること | 対応スマートスピーカー・機能・スキル | ボクシルマガジン
Amazon(アマゾン)が開発・提供している高性能AIアシスタント「Alexa(アレクサ)」ができることとは?アレ...

Google Home(グーグルホーム)の使い方

Google Home(グーグルホーム)は音声によって操作することができますが、手動での操作も可能です。どのように操作するのか説明します。

話しかける

Google Home(グーグルホーム)を音声で操作する場合は、まず、「OK,Google」や「ねぇ、Google」と話しかけて起動します。

これらは「ウェイクワード」と呼ばれ、Google Home(グーグルホーム)に指示を出す際には、冒頭につけなければなりません。たとえば天気予報を聞きたいときは、「OK,Google、今日の天気は?」と話しかけます。

ウェイクワードは、日本国内では「OK,Google」「ねえ、Google」の2種類。英語圏では「OK,Google」「Hey,Google」の2種類です。記事執筆時点ではほかのウェイクワードへと呼び方を変えることはできません。

本体を手動操作

本体に直接触れる、手動での操作も可能です。手動操作でできることは、音楽の再生や音量調整、マイクのミュートなどです。具体的な操作方法は、以下の通り。

  • 起動(本体上部を長押し)
  • 電源オフ(電源ケーブルを本体から抜く)
  • 音楽の再生や一時停止(本体上部を軽くタップ)
  • 音量を上げる(本体上部を指で円を描きながら時計回りにスワイプ)
  • 音量を下げる(本体上部を指で円を描きながら反時計回りにスワイプ)
  • マイクのオン、オフ(ミュートボタンを押す)
  • 本体の初期化(10秒以上、ミュートボタンを長押し)

なお、グーグルホームミニは、本体上部のタッチ機能が廃止された(2017年10月)ため、一部操作が無効となります。

Google Home(グーグルホーム)の設定手順

ここでは、Google Home(グーグルホーム)の初期設定やその他のサービスの設定方法について説明します。

初期設定の方法

まず起動から初期設定までの手順は次の通りです。初期設定を行う際は、Google Home(グーグルホーム)を設置する部屋のWi-Fiを事前にオンにしておきます。

(1)本体に電源ケーブルを差し込み、電源アダプターをコンセントに差す
(2)スマートフォンやタブレットなどの端末にGoogle Homeアプリをダウンロードする
(3)Google Homeアプリを起動させ、画面表示の案内に従って設定を行う

Google Homeアプリは、AndroidとiPhone搭載のiOSのそれぞれに対応したアプリがリリースされています。ダウンロードしたうえで、カレンダーなど連動させたい機能と同じグーグルアカウントでログインしておきましょう。

Android版「Google Homeアプリ」のダウンロードはこちらから/iPhoneなどiOS版「Google Homeアプリ」のダウンロードはこちらから

初期設定(セットアップ)は質問に回答していくだけで終了します。ただ、いざ使おうとしても、設定が英語の場合もあるようです。そのときはアプリの画面上部の設定メニューから変更できます。「アシスタントの言語」を日本語にしましょう。

他のサービスの設定方法

初期設定が終了したあとも、Google Homeアプリから設定を変更できるほか、他のサービスと連携させることもできます。

家電を操作する

他にも「ホームコントロール」サービスを活用することで、家電の操作も可能に。ネットワークと接続し、遠隔操作などに対応した「スマート家電」と連携させると、これらを操作できるようになるのです。設定方法は以下の通りです。

(1)Google Homeアプリを起動させ、画面左上(または右上)にあるメニュー(3本の横線マーク)をタップする
(2)「その他の設定」を選択し、希望するサービスを選択する
(3)選択したサービスの指示に従い、設定を行う

音楽を聴く

たとえば音楽を聴く場合は、「Google Play Music」や「Spotify」などの音楽配信サービスアプリをダウンロードし設定すると、再生できるようになります。「OK,Google カフェミュージックをかけて」などと話しかけると、指定された音楽をかけてくれます。「曲名を教えて」といったリクエストにも対応可能。

同様に、ネットラジオ「radiko」と連動させ、「OK,Google TBSラジオをつけて」などと話しかければ、ラジオ番組を聴けます。

使い始めると、AI(人工知能)がどんどん学習していきます。たくさん話しかけて“カスタマイズ”していってください。