MacBookを初期化する方法と必要な準備 | バックアップ・サインアウトの手順

最終更新日: 公開日:
MacBookを初期化(クリーンインストール)には、OSの再インストールが必要です。他にもバックアップや実行する環境など、注意点があります。本記事ではMacBookの初期化の手順や必要な準備について解説します。
MacBookを初期化する方法と必要な準備 | バックアップ・サインアウトの手順

「古くなったMacBookを売りたい。」「調子が悪くどうしても直らない。」

こうしたとき必要なのが「初期化とクリーンインストール」です。ではどういった手順で、初期化やクリーンインストールをすれば良いのでしょうか。順番に見ていきましょう。



MacBookの初期化(クリーンインストール)

MacBookの初期化する前の準備と大まかな流れは次の通りです。

  1. MacBookのバックアップを取る
  2. MacBookを最新のOSにアップデートする
  3. MacBookをリカバリーモードで起動する
  4. MacBookのドライブを初期化する
  5. MacBookを初期化する

MacBookをクリーンインストールする前にバックアップが必要です。まだバックアップしていない場合は必ず行っておきましょう。方法は後述します。

MacBookの初期化を実行する環境

MacBookを初期化する際は、次の点に気をつけましょう。

  • 電源ケーブルの接続
  • インターネットの接続

作業中にバッテリーがなくなると、故障の可能性があります。インターネットがないと、プログラムを取得できなくなります。電源とインターネットは必ず確保しましょう。

データを完全に削除するには、これから説明するステップを参考にしてください。

MacBookのクリーンインストールの方法

MacBookのクリーンインストールには、「初期化」と「再インストール」が必要です。それらの手順について解説します。

  1. Macを再起動し、Appleのロゴが表示されるまで「Command + R」を押しっぱなしにする
  2. ディスクユーティリティを開き、消去したいディスクを選択する
  3. 「セキュリティオプション」ボタンをクリックして、任意の安全度に設定する
  4. 「消去」ボタンを押して開始する
  5. 完了後、ディスクユーティリティを終了する

初期化する前に、iCloudをはじめとした外部サービスとの連携を解除しておきましょう。

MacBookの初期化方法 ディスクユーティリティを開き、消去したいディスクを選択する

再インストール

「macOSを再インストール」を選択する。

macOSを再インストール

MacBookのバックアップ方法

先ほど注意したように、MacBook初期化する前にはバックアップが必要です。ここからは、具体的なバックアップ方法について確認しましょう。

Time Machineでバックアップ

Mac標準のバックアップ機能「Time Machine」を使うと、MacBookを丸ごとバックアップできます。ただし外付けハードディスクが必要なので注意しましょう。手順は以下のとおりです。

  1. MacBookに外付けハードディスクを接続する
  2. 「バックアップディスクとして使用」を選択する
  3. 自動でバックアップが開始される

iCloudでバックアップ

iCloudを使ってMacBookのバックアップを取得することもできます。iCloudを使うと、丸ごとだけでなく必要なデータだけを選択してバックアップを取得できます。具体的には、以下のようにします。

  1. 「システム環境設定」>「iCloud」を開く
  2. (必要なら)AppleIDを入力する
  3. 「iCloud Drive」にチェックを入れる
  4. バックアップ項目を選んでチェックする

3. 「iCloud Drive」にチェックを入れる

チェックを入れた項目は、即時に自動でバックアップが取得されます。ただし、無料では5GBまでしか使えないので注意が必要です。

MacBookの売却・譲渡準備

MacBookを売却・譲渡する際は初期化して向上出荷状態に戻しましょう。

またMacBookでは、iTunesやiCloudなど、さまざまなサービスと連携が設定されています。売却前には次の連携を解除しましょう。

  • iTunesのコンピュータ認証解除
  • iCloudをサインアウト
  • iMessageをサインアウト
  • Macを探すを解除

それぞれの設定について説明します。

iTunesのコンピュータ認証解除

iTunesとの連携を解除しましょう。以下のように行います。

  1. iTunesを起動する
  2. 「アカウント」>「サインアウト」を実行する

2. 「アカウント」>「サインアウト」を実行する

iCloudをサインアウト

iCloudも解除する必要があります。以下の手順で実行してください。

1.「システム環境設定」>「iCloud」を開く
2.「サインアウト」をクリックする

これでiCloudからサインアウトできます。以下の記事でさらに詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

iMessageをサインアウト

iMessageもサインアウトして、連携を解除しましょう。手順は以下のとおりです。

  1. 「iMessage」を起動する
  2. 「メッセージ」>「環境設定」を開く
  3. 「iMessage」>「サインアウト」をクリックする

2. 「メッセージ」>「環境設定」を開く

3. 「iMessage」>「サインアウト」をクリックする

「Macを探す」を解除

iPhoneやMacを探せる「Macを探す」も連携解除しましょう。「Macを探す」は、先ほど説明した「iCloudをサインアウト」で、連携が解除されます。

なお以下の記事でも詳しく説明されているので、参考にしてみてください。

MacBookの売却・譲渡方法

パソコンも消耗品なので、いつかは買い替えが必要です。古いMacBookを売却して、新しいパソコンの購入資金にあてたい人もいるでしょう。売却方法にはどのような方法があるのでしょうか。
 

中古業者に売却

もっとも一般的な方法は、「中小業者への売却」です。お店によって、査定のスピードや買取条件は変わります。

販売目的で買取をしているので、コンディションが良いものほど買取条件は良くなります。きれいなMacBookであればあるほど、この方法がおすすめです。

個人間取引で売却

ヤフオクやメルカリといった個人間取引で売却する方法もあります。フリマアプリを使い慣れているのであれば手間ではありません。出品の際は以下の点を記載しましょう。

  • 型式
  • スペック
  • 使用年数
  • 使用環境(喫煙有無)
  • バッテリーの持ち具合
  • 不具合の有無

売値の設定は、相場を調べておくことが大切です。あまりに相場とかけ離れた売値設定をしても、スムーズに取引できません。

友人・知人に売却

友人や知人に直接売却する方法もあります。この方法なら手間はかかりません。ただし売却金額は人それぞれです。高いこともあれば、相場より安くせざるを得ないときもあります。

MacBookの売却・譲渡の注意点

MacBookを売却・譲渡には、セキュリティオプションを使用したデータ完全削除がおすすめです。通常のデータ削除は、特別な手法でデータ復元される危険性があります。情報漏えいを防ぐためにも、データを完全に削除しましょう。

MacBookを安全に、正しく初期化しよう

「MacBookの調子が悪い」「MacBookを売りたい」という理由から、初期化およびクリーンインストールすることがあるでしょう。

初期化やクリーンインストールは「電源ケーブルをつないでおく」「既存のサービス連携を切る」など、いくつかの注意点があります。これらの注意を踏まえればとくに難しいことはありません。心配せずに取り組みましょう。

解説を踏まえて、安全に正しく初期化しましょう。