有給・シフト管理、就業ルール変更など勤怠管理をかんたんに「クラウド勤怠」

マネーフォワード クラウド勤怠

更新日 2024-06-18
高橋 秀壽
導入推進者
インタラクトテクノロジー株式会社
/
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:11件〜30件
投稿日:2024/03/20
5/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
freeeと比較しましたが、マネーフォーワードの方が、「勤怠」「給与」「契約」合わせたプランなので コスパが中小企業の少人数(20人以下くらい)向きに最適です。 「パソコン」でも「スマホ」でも使える点が、利用者(従業員)にとってナイスです。 そのあたりが評価の理由です。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
タイムカードを利用していたときに比べて、「パソコン」「スマホ」から従業員が自分で勤怠登録できるように なったので、経理担当の負荷軽減に貢献しました。
このサービスの良いポイントはなんですか?
  • 価格が安い。
  • スマホからでもアクセスできる。
  • 休暇申請も簡単にできる。
このサービスの改善点はなんですか?
  • 代休消化の期限が来る前にアラートメールが来るような機能が欲しい。
サービスの費用感
導入費用
0万円
/
年間費用
1万円
/
推定投資回収期間(ROI)
4〜6ヶ月
費用に対する所感
freeeと比較したのですが、マネーフォワードは「勤怠」+「給与」「見積もり」「請求」「契約」がセットで 低価格なので、このサービス料金は妥当であると考えます。
推進者の導入ストーリー
所属部署
マーケティング部門
/
検討開始から導入までの期間
2〜3ヶ月
このサービスに決めた理由
価格が安いのと、インターフェースが分かりやすい点です。 また、「勤怠」だけでなく、「給与」「見積もり」「請求」「契約」の機能も使えるところが 決め手になりました。
他に検討したサービス
サービスの使用環境
使用OS
Mac,Windows,iOS,Android
使用ブラウザ
Chrome,Safari

同じカテゴリのサービスと比較

マネーフォワード クラウド勤怠と気になるサービスの2社比較や、複数のサービスを選択して比較・資料請求できます