インクルージョンとは?意味・ ダイバーシティとの違い・企業のメリット・活用事例

公開日:

インクルージョンは、多様な人材を活かす手法として、ダイバーシティとともに使われます。ダイバーシティ&インクルージョンを掲げる企業も増えてきました。本記事では、インクルージョンの意味やダイバーシティとの違い、インクルージョンが注目されるに至った背景、実際にインクルージョンに取り組んでいる有名企業の事例を紹介します。

インクルージョンとは?意味・ ダイバーシティとの違い・企業のメリット・活用事例

インクルージョンとは

近年、日本でも多様な人材の活用が必要だという認識が広まっています。ただ雇うだけでなく、それぞれの強みを活かすことが重要だという考え方を、特にダイバーシティやダイバーシティ・マネジメントといいます。近年、ダイバーシティに代わる新しい考え方「インクルージョン」が盛んに使われるようになっているのです。

インクルージョンとダイバーシティ、どちらも似たような概念で、同列に用いられることも多いですが、厳密には意味が違います。本記事では、両者の違いについて説明するとともに、インクルージョンを実現するためのポイントも解説します。

インクルージョンの意味とは

インクルージョンの意味とは、「すべてのスタッフが仕事に参画する機会をもち、各々のスキルや強みを認められ、能力を活かして働ける状態」を指します。もともと「インクルージョン(inclusion)」は包括、包含、一体性といった意味があります。ここから、「さまざまな人材が、一体となって働ける状態や環境」を指すようになりました。

また、こうした考えのもとで行われる人材開発を指す場合もあります。企業のマネジメントでは、この定義を使うケースが多いでしょう。

インクルージョンとダイバーシティの違い

ダイバーシティとは、多様な背景をもつ人材に対して、広く就業機会を設け、積極的に登用する考え方をいい、組織内に多様な人材が存在している状態」を指しています。一方のインクルージョンは、この状態を発展させたものだと考えるとよいでしょう。「多様な人材が対等に関わりあう中で相互に認め合い、一体となって働いている状態」を指します。

多様な人材の定着、各々の強みを活かした仕事には、考え方や価値観を認め合う環境が必要です。インクルージョンはそういった環境を実現するために提唱された考え方です。ダイバーシティとインクルージョンの両立が、優秀な人材の定着につながります。

インクルージョンの取り組みにおける分野別の現状

インクルージョンに熱心に取り組んでいる分野として、社会福祉やビジネスがあります。それぞれの事例をみていきましょう。

社会福祉分野

もともとインクルージョンという考え方が提唱されたのは、社会福祉の分野だといわれています。

身体に障がいをもつ子供が、社会に参加するための取り組みを指す言葉として生まれました。適用範囲が、高齢者にも広がってきたことで、現在の定義になっています。

厚生労働省も、すべての人が、互いに社会の構成員として支え合うことを「ソーシャルインクルージョン」と説明しています。

ビジネス分野

ビジネスの分野でも、ダイバーシティを発展させた文脈において、広くインクルージョンが推進されています。

ダイバーシティによって、多様な人材は組織内に集まりますが、マイノリティ(少数派)弊害として排斥や差別、過度な区別が問題として発生します。

この問題も、インクルージョンという考え方を取り入れることで解決しつつあります。すべての人を仲間として受け入れ、対等に活躍できる環境が整えられるので、ダイバーシティをうまく活用できます。こうして、人材定着の手法として注目されるようになっています。