スプレッドシートで行と列を固定するには?解除・スマホでの操作方法も

最終更新日: 公開日:
Excelでは「ウィンドウ枠の固定」と呼ばれる手法で、実はスプレッドシートでも可能です。「特定の行と列をスクロールしても表示し続けたい」というあなたに、スプレッドシートでの行と列の固定方法を画像付きで解説。解除の方法や、スマホからの固定方法についても解説していきます。
スプレッドシートで行と列を固定するには?解除・スマホでの操作方法も

スプレッドシートの行と列を固定

「1行目をいつでも一番上に表示できる機能はないのかな?」

というあなたにおすすめの記事です。

そもそも行の固定とは、特定の行をスクロールしても一番上に表示させ続ける機能のことです。Excelにも同じ機能はありますが、「ウィンドウの固定」と呼ばれます。

50行目までスクロールしても1行目が表示される

本記事では、1,2行を固定する方法や、3行以上を固定する方法、固定を解除する方法、スマホで固定する方法を解説します。

シートで行と列を固定する方法

行や列の固定法は、固定する行数・列数によって2種類に分かれます。1つめは1,2行(1,2列)を固定する方法、2つめは3行(3列)以上を固定する方法です。まずは1,2行の固定を解説します。

1,2行 または 1,2列を固定する方法

例として1行を固定します。

固定せずスクロールすると1行が見えなくなりわかりづらい

手順はたった3ステップ。以下の順番でクリックしてください。

「表示」>「固定」>「1行」

「1行」で他の選択肢をクリックすれば、固定される行や列の数が変化します。

「2行」をクリックすれば2行 「1列」をクリックすれば1列固定

これで1行目を固定できました。固定されると1行目の下にグレーの太線が表示されます。

これで下へスクロールしても1行目が表示され続ける

3行以上 または 3列以上固定する方法

3行以上(3列以上)を固定する場合もやり方はほぼ同じです。

固定したい列(行)を選択 >「表示」>「固定」>「選択の列(現在選択されている列または行番号)まで」

3列固定したいときには、3列目の適当なセルを選択します。

C列の適当なセルをクリック

あとの手順は1,2行目と同じです。「表示」>「固定」>「選択の列()まで」の順でクリックしましょう。

「選択の行()まで」をクリックすると固定できる

これで3列を固定できました。

3列目の右にグレーの太線が入っていれば固定されている

シートの行と列固定を解除

行の解除方法は、固定方法とほぼ同じです。

「表示」>「固定」>「行なし(列なし)」

すでに固定されているときだけ「行なし(列なし)」が表示される

これだけで固定が解除されます。

シートをスマホで固定

スマホでシートを操作しているなら、次の手順で固定できます。

行(列)を2回タップ > オプションから「行(列)を固定」

まず固定したい行や列の、数字かアルファベットを2回タップしましょう。1,2,3…またはA,B,C…です。

1回タップすると行全体を選択した状態になります。

2回目のタップで黒地のオプションが表示されます。

オプションの「▶︎」を何回か押すと「行(列)を固定」が表示されます。

「行(列)を固定」をタップすると固定されます。

「行を固定」は何列目を固定するかによって「行を固定」のテキストが変わります。

シートで固定してみやすく

行と列の固定を解説しました。データの表示に便利な行固定をしっかりマスターしましょう。

スプレッドシートに関する、知っておくべき使い方は以下の記事でチェックできます。社会人でも意外に知らない場合が多いので、今のうちに知っておきましょう。