プルダウン作成の基本 | リスト作成・色付けや連動、範囲で指定する入力規則【画像付き】

公開日:

Googleスプレッドシートのプルダウンリストについて解説します。シンプルなもの、背景色を変更できるもの、選択肢を変更できるものなど、入力規則の基本編から応用編までそれぞれ解説します。

プルダウン作成の基本 | リスト作成・色付けや連動、範囲で指定する入力規則【画像付き】

Excel(エクセル)代替スプレッドシートのプルダウンで誤入力防止

プルダウンは誤入力を防止できたり、形式を統一できたりするので、大人数での作業で大活躍します。しかし、いざ作成しようとすると「どうやって作るんだっけ…」となる場合も。

そんなエクセル、スプレッドシートのプルダウンリスト作成方法を、基本編では2種類、応用編では複数プルダウンの連動や、選択肢による背景色の変更などのテクニックあわせて紹介します。

プルダウンリストの作り方【基本編】

プルダウンリストを作成した完成形

セルの「▼」をクリックすると、選択肢が表示され、選択肢をクリックすれば、選んだ文字を入力できます。

プルダウンのリストを直接作成する方法

プルダウンでは選択肢のリストを別で作成しておく方法と、選択肢を直接指定する方法があります。まずは選択肢を直接入力し、指定する方法を解説していきます。

1. 範囲を選択して「データの入力規則」
2. 条件で「リストを直接指定」
3. 選択肢を入力して「保存」

1. 範囲を選んで「データの入力規則」

プルダウンリストを作成場所を選択して右クリック

2. 条件で「リストを直接指定」

「リストを範囲で指定」となっている部分をクリック

「リストを直接指定」に変更

3. 選択肢を入力して「保存」

「リストを直接指定」の右欄に選択肢を入力

選択肢と選択肢の間は「,(カンマ)」でつなぎましょう。

【ワンポイントアドバイス】プルダウンのショートカット

ここで一つ、豆知識を紹介します。

選択肢のあるセルに青い四角を合わせて、Enterを押すと選択肢が表示されます。そのあと、上下キーで選択肢を選び、もう一回Enterを押すと、セルに入力されます。

マウスでの操作とあわせて、早い方を適宜選べるといいですね。

プルダウンのリストを範囲ごと指定する方法

毎回選択肢を入力するのは面倒ですよね。次に、事前にリストを準備してその範囲内にある単語を選択肢にする方法を解説します。

1. 選択肢にしたいリストを作成
2. 範囲を選んで「データの入力規則」
3. 条件で「リストを範囲で指定(デフォルト)」をして「保存」

1.リストを作成

リストを作成

空欄は反映されないので注意してください。選択肢に用いるリストの作成場所は別シートでも可能です。

2. 範囲を選んで「データの入力規則」

3. 条件で「リストを範囲で指定(デフォルト)」をして「保存」

条件で「リストを範囲で指定」を選びますが、最初から選択されています。その右欄は、用意したリストのが入力されている範囲になっていればOKです。右の四角がたくさんあるマークを押すと、範囲をマウスで指定できます。

プルダウン削除方法

削除したいときは「入力規則を削除」を

解除したいセルを選択して「データの入力規則」を選びます。「入力規則を削除」を押せば、解除されます。

選択肢以外の入力を拒否する方法

1. 範囲を選んで「データの入力規則」
2. 無効なデータの場合にて「入力を拒否」して「保存」

デフォルトの設定では、警告が表示されるだけで入力はできます。これを入力ができない状態ように変更できます。

赤・緑・黄以外の選択肢が入力できてしまう

1. 範囲を選んで「データの入力規則」

2. 無効なデータの場合に「入力を拒否」して「保存」

デフォルトの「警告を表示」→「入力を拒否」に変更

これで文字入力を誤った際に、アラートが出て入力自体をキャンセルされます。

「未入力」という選択肢を作る方法

未入力だと認識させる選択肢があると便利なケースもあります。たとえば、空欄セルがあったときに、エラーを通知するシステムでは、未着手でも何かしらの文字を入力しなくてはいけません。

この記事では未着手の状態を「-」としますが、「未入力」や「未着手」など、自分のシートにあわせてうまく文字を変えてください。やり方は、選択肢として「-」を作るだけです。


プルダウンリスト【応用編】

プルダウンを利用するだけなら基本編で紹介した内容だけで十分活用できます。

しかし、さらなる効率化やわかりやすさを追求するのであれば、プルダウンの選択と連動して色をつけるなど、ちょっとしたテクニックを覚えておくと便利です。