日経「2018年はSaaS元年」と報道、2019年は成長期へ|ボクシル責任者の深堀り解説

公開日:

10月29日、日経新聞にて2018年のSaaS市場についての記事が掲載された。カーシェアのように所有から利用へ、SaaSが企業に浸透し、注目度は高まっているという。弊メディア「Beyond」と、SaaS比較サイト「ボクシル」を運営するスマートキャンプCOO阿部は、この記事の中で2018年は「SaaS元年」と分析している。2018年を振り返り、2019年のSaaS市場動向について解説する。

日経「2018年はSaaS元年」と報道、2019年は成長期へ|ボクシル責任者の深堀り解説

2018年「SaaS元年」はスタートアップがけん引

10月29日、日経新聞に「日本は「SaaS元年」、スタートアップが引っ張る」と題した記事が掲載された。

クラウド上でソフトを利用するサービスは以前からあったが、ここに来て自動車業界のカーシェアのように所有から利用へといった考え方が企業に浸透。SaaSの注目度が高まっている。(引用:日経新聞)

また、SaaS市場活発化の背景には、スタートアップ企業の参入が相次ぐことを挙げている。弊社作成の「Horizontal SaaSカオスマップ」を見れば、その種類と企業が細分化されていることは一目瞭然だ。

出典:スマートキャンプ「SaaS業界レポート2018」

弊社COO阿部慎平の分析によれば、2018年はHorizontal SaaS(職種別SaaS)の株式上場・大型資金調達、Vertical SaaS(業種別SaaS)のシード・アーリーステージの資金調達が活発化し、SaaS市場に資金が流入した年であったという。

スタートアップを中心としてSaaS市場の成長を大きく加速させる1年、それが「SaaS元年」の2018年であった。

SaaS「導入・活用」進む、2019年の市場を予測

国内のSaaS市場は拡大を続けており、2021年には約5,800億円へと拡大する見通しだ。これは2016年の2倍弱となる数字だ。

出典:スマートキャンプ「SaaS業界レポート2018」

また、スタートアップの動きに呼応するように大手オンプレミスベンダーのSaaS化、外資系SaaSの日本進出も続いている。

アジアのSaaS市場の中でも、日本はもっとも市場が大きく、欧米からの進出企業は重要視しているのだ。

出典:スマートキャンプ「SaaS業界レポート2018」

2019年の動向について、弊社COO阿部は以下のように予測している。

「2019年はSaaSの機能がますますアップデートされるでしょう。利便性・費用対効果が向上し、「流行」ではなく「あたり前」のものとして導入・活用が進んでいくと予想されます。

オンプレミスに対するSaaSは、インターネット経由で手軽に、場所や時間を選ばずに利用できるというメリットがあります。

クラウド化が進んでいる企業は、クラウド化が進んでいない企業に比べ、30%も生産性が高いというデータもあります。近年の働き方改革を実現する手段として、SaaSを活用した企業のデジタルトランスフォーメーションも加速していくでしょう。」

これまでのSaaS市場の動向については「SaaS業界レポート2018」で公開している。