ライター 藤川 理絵

編集者・ライター兼ファミリーキャリアコンサルタント。新卒でリクルート入社11年勤務。ライフスタイル系媒体の編集や広告制作に従事。2013年第一子出産を経て、求人メディアでウェブマーケティングに従事、キャリアコンサルタント資格取得。2015年より「働き方改革」「テクノロジーによる働き方の変容」をテーマに取材・執筆。

執筆記事数: 63
共働き夫婦がともにキャリアを諦めないための「6つの役割(ライフロール)」とは
共働き夫婦がともにキャリアを諦めないための「6つの役割(ライフロール)」とは
共働き夫婦が増えていますが、どちらかが本意ではないキャリアダウンをするケースは少なくありません。本記事では、子育て中の共働き夫婦がともにキャリアを諦めることなく、家事育児と仕事を両立しながら人生100年時代をゆたかに暮らすために意識すべき、人生における「6つの役割」(ライフロール)について提案します。
2020.08.11 12:49
ドローン同士が自動で衝突回避する実験成功、災害現場での運用に期待
ドローン同士が自動で衝突回避する実験成功、災害現場での運用に期待
内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジの一環として、国立研究開発法人情報通信研究機構は1月24日、ドローン間の直接通信によりニアミスを自動的に回避する実験に成功したことを発表した。
2020.08.11 12:43
1位は消費者金融「有給休暇取得率」業界別ランキング発表
1位は消費者金融「有給休暇取得率」業界別ランキング発表
12月13日、2018年「Vorkers有休消化率レポート」が発表された。これによると、有給休暇取得業界別ランキング1位は「消費者金融、事業者金融」で76.7%だった。平均の51%と比べても大きく開きがあるが、注視すべきは、最下位「フードサービス・飲食」の24.1%との格差ではないだろうか。
2020.08.11 12:41
マイクロソフトホロレンズで建設業界の働き方改革が爆速で進むワケ
マイクロソフトホロレンズで建設業界の働き方改革が爆速で進むワケ
建設業界におけるxRの活用が急速に進んでいる。xRとはAR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実または混合現実)の総称で、様々な産業で利活用方法が模索されている。今回は、マイクロソフトと協業してホロレンズを活用し日本の建設業界では初めて、建設現場へのMR(複合現実)導入に踏み切った小柳建設社長 小柳卓蔵氏にお話を伺った。
2020.08.11 11:14
働き方改革関連法案「5つの論点」ざっくり解説|高プロ、残業、有給休暇、同一労働同一賃金、インターバル規制のポイントまとめ
働き方改革関連法案「5つの論点」ざっくり解説|高プロ、残業、有給休暇、同一労働同一賃金、インターバル規制のポイントまとめ
国会会期が7月22日まで延長される。高プロや残業規制、インターバル規制、同一労働同一賃金などが盛り込まれる「働き方改革関連法案」が成立すれば、中小企業も含む多くの企業とそこで働く人に多大なる影響を与えることになる。今回は、5つの論点を紹介する。
2020.08.11 11:14
地震の備え、日常食にもなる「ヘルシー非常食」5選
地震の備え、日常食にもなる「ヘルシー非常食」5選
6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震を受け、防災グッズや非常食の見直しへの意識が高まっている。今回は、熊本地震で被災された方々のリアルな意見を基にして開発されたという玄米おかゆをはじめ、「備蓄品としての非常食」でありながらも「長期保存がきく日常品」として大活躍する5品を厳選して紹介する。
2020.08.11 11:13
日本初、ドローンレースのプロチーム「RAIDEN RACING」がドローンチャンピオンズリーグ(DCL)に挑戦
日本初、ドローンレースのプロチーム「RAIDEN RACING」がドローンチャンピオンズリーグ(DCL)に挑戦
4月25日、日本初となるプロフェッショナルドローンチーム「RAIDEN RACING」が発足し、ドローンレースの世界最高峰「ドローンチャンピオンズリーグ(DCL)」に日本チームとして初めて参戦することを発表した。会場にはCo-Founderである実業家 堀江貴文氏が応援にかけつけ、司会はドローンエヴァンジェリストとしても活躍中の西脇資哲氏がつとめた。
2020.08.07 18:51
バイドゥ「中国人の越境EC利用実態」レポート発表
バイドゥ「中国人の越境EC利用実態」レポート発表
百度(バイドゥ)は1月29日、北京市、上海市など中国在住の中国人2,000人を対象とした越境ECサイトの利用に関するアンケート調査の結果を発表した。それによると、越境EC利用のきっかけは「周囲のすすめ」がトップであるものの、海外旅行がきっかけという人も約2割だった。日本商品購入率が高い居住エリアは、北京・上海・天津であることも分かった。全調査結果は「中国人越境EC利用実態」レポートとして販売するという。
2020.08.07 15:40
京東集団(ジンドン)が「Retail as a Service」を加速、スマート配送ステーション設置
京東集団(ジンドン)が「Retail as a Service」を加速、スマート配送ステーション設置
中国市場を牽引するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)」を運営する中国の大手EC&小売インフラカンパニー京東集団(ジンドンしゅうだん)は1月9日、米ラスベガスで開催されたCES 2019への出展に先立ち、中国長沙市・フフホト市に無人配送を強化するスマート配送ステーションを設置したことを発表した。
2020.08.07 15:39
AI・ロボット時代に身につけるべきスキルは「人と関わるスキル」
AI・ロボット時代に身につけるべきスキルは「人と関わるスキル」
2019年1月9日、通信教育を手がけるユーキャンは、AI・ロボットによる人間の仕事の代替に関する20代~40代のビジネスパーソンへの意識調査結果を発表した。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻・特別教授で人間酷似型ロボット研究の第一人者である石黒浩教授の、調査結果に対するコメントも合わせて報告している。
2020.08.07 15:38
福岡市・ANA・エアロセンス、離島・限界集落への「ドローン物流」に挑む
福岡市・ANA・エアロセンス、離島・限界集落への「ドローン物流」に挑む
2018年8月30日、ANAホールディングスとエアロセンスは福岡市の玄界島を舞台として物流サービス向上を目指して協働することを発表した。埼玉県秩父市、福島県南相馬市、長野県白馬村、岡山県和気町とならび、ドローン物流の実証実験地に選ばれた5エリアのひとつである福岡市。離島・限界集落の生活はドローン物流でどのように変化するのだろうか。
2020.08.07 13:51