二十四節気

霜降とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化 - 二十四節気
霜降とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化 - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが霜降(そうこう)であり、例年10月23日頃であるとされています。寒露(かんろ)と立冬(りっとう)の間の二十四節気である霜降についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で霜降と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.09.17 12:19
二十四節気とは?意味・由来・順番と、2つの決め方(平気法と定気法)
二十四節気とは?意味・由来・順番と、2つの決め方(平気法と定気法)
春分や夏至、秋分、冬至など季節を表す言葉を天気予報でよく聞きますよね。ほかにも立春、雨水、啓蟄、清明、穀雨、立夏、小満、芒種、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、寒露、霜降、立冬、小雪、大雪、小寒、大寒と、1年を24分割してそれぞれの時期を表した呼び名があり、これらは二十四節気(にじゅうしせっき)と呼ばれています。この記事では二十四節気の意味や由来、2種類の決め方について解説していきます。
2020.07.01 11:16
2019年の干支「己亥」どんな年に?意味・由来・十二支との違い・早見表
2019年の干支「己亥」どんな年に?意味・由来・十二支との違い・早見表
暦で用いられる干支(えと)は、十二支(じゅうにし)と十干(じっかん)を組み合わせた、60で一周する数え方です。近年は、干支といえば12の動物で表した十二支を指すことが多いものの、干支と十二支は別物。早見表をあわせ、干支の意味や由来、十二支との違いを解説します。2019年の干支は「己亥(つちのとい)」。どんな年になるのでしょうか。
2020.06.16 19:02
春分の日2020年はいつ?何を食べる?意味・由来を解説
春分の日2020年はいつ?何を食べる?意味・由来を解説
「春分の日」は太陽が「春分点」を通る日です。毎年3月20日、21日頃に訪れ、この日は祝日とされています。春分の日の決め方、意味や由来は?また何をして過ごすか、何を食べるか、お彼岸との関係などを、網羅的に解説。ビジネスパーソンが知っておきたい基礎知識を紹介します。
2020.05.18 10:08
秋分の日2020年はいつ?意味・由来・過ごし方や食べ物まで完全解説
秋分の日2020年はいつ?意味・由来・過ごし方や食べ物まで完全解説
2020年の秋分の日。何日なのか、祝日なのか、予定を立てるにあたり気になる方も多いのではないでしょうか。本記事では秋分の日の意味や由来、何をするのか、何を食べるのかといった過ごし方まで、網羅的に解説。ビジネスパーソンが押さえておきたい、秋分の日の基礎知識をまとめました。
2020.05.18 10:00
立冬とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化とは - 二十四節気
立冬とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化とは - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが立冬(りっとう)であり、例年11月7日頃であるとされています。霜降(そうこう)と小雪(しょうせつ)の間の二十四節気である立冬についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で立冬と呼ぶようになったのか、2019年の立冬はいつになるのかなどを解説していきます。
2020.01.17 13:24
小寒とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化 - 二十四節気
小寒とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化 - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが小寒(しょうかん)であり、例年1月5日頃であるとされています。冬至(とうじ)と大寒(だいかん)の間の二十四節気である小寒についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で小寒と呼ぶようになったのかなどを解説していきます。
2020.01.17 13:23
小雪とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化 - 二十四節気
小雪とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化 - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが小雪(しょうせつ)であり、例年11月23日頃であるとされています。この記事では立冬(りっとう)と大雪(たいせつ)の間の二十四節気である小雪についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で小雪と呼ぶようになったのかなどを解説していきます。
2020.01.17 13:22
寒露とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化とは - 二十四節気
寒露とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化とは - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが寒露(かんろ)であり、例年10月8日頃であるとされています。秋分(しゅうぶん)と霜降(そうこう)の間の二十四節気である寒露についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で寒露と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.17 13:20
2020年の白露はいつ?意味・由来・気候の変化とは?
2020年の白露はいつ?意味・由来・気候の変化とは?
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが白露(はくろ)であり、例年9月8日頃であるとされています。この記事では処暑(しょしょ)と秋分(しゅうぶん)の間の二十四節気である白露についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で白露と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.17 13:20
処暑とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化 - 二十四節気
処暑とは | 2020年はいつ?意味・由来・気候の変化 - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが処暑(しょしょ)であり、例年8月23日頃であるとされています。立秋(りっしゅう)と白露(はくろ)の間の二十四節気である処暑についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で処暑と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.17 13:17
大暑とは | 2020年はいつ?意味・由来・風習とは - 二十四節気
大暑とは | 2020年はいつ?意味・由来・風習とは - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが大暑(たいしょ)であり、例年7月23日頃であるとされています。この記事では小暑(しょうしょ)と立秋(りっしゅう)の間の二十四節気である大暑についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で大暑と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.17 13:15
小暑とは | 2020年はいつ?意味・由来・風習とは - 二十四節気
小暑とは | 2020年はいつ?意味・由来・風習とは - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが小暑(しょうしょ)であり、例年7月7日頃であるとされています。夏至(げし)と大暑(たいしょ)の間の二十四節気である小暑についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で小暑と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.17 13:11
2020年の芒種はいつ?意味・由来・気候の変化とは?
2020年の芒種はいつ?意味・由来・気候の変化とは?
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが芒種(ぼうしゅ)であり、例年6月6日頃であるとされています。小満(しょうまん)と夏至(げし)の間の二十四節気である芒種についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で芒種と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.17 13:06
夏至とは | 2020年はいつ?意味・由来・風習 - 二十四節気
夏至とは | 2020年はいつ?意味・由来・風習 - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのひとつが夏至(げし)であり、例年6月21日頃。北半球では一年のうちで最も昼の時間が長くなることで知られています。この記事では芒種(ぼうしゅ)と小暑(しょうしょ)の間の二十四節気である夏至についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で夏至と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.17 13:04
小満とは | 2020年はいつ?意味・由来・天候の変化 - 二十四節気
小満とは | 2020年はいつ?意味・由来・天候の変化 - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが小満(しょうまん)であり、例年5月21日頃であるとされています。立夏(りっか)と芒種(ぼうしゅ)の間の二十四節気である小満についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で小満と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.17 13:02
穀雨とは | 2020年はいつ?意味・由来・天候の変化 - 二十四節気
穀雨とは | 2020年はいつ?意味・由来・天候の変化 - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが穀雨(こくう)であり、例年4月20日頃であるとされています。この記事では清明(せいめい)と立夏(りっか)の間の二十四節気である穀雨についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で穀雨と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.17 13:01
清明とは | 2020年はいつ?意味・由来・天候の変化 - 二十四節気
清明とは | 2020年はいつ?意味・由来・天候の変化 - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが清明(せいめい)であり、例年4月5日頃であるとされています。春分(しゅんぶん)と穀雨(こくう)の間の二十四節気である清明についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で清明と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.17 12:59
啓蟄とは | 2020年はいつ?意味・由来・天候の変化 - 二十四節気
啓蟄とは | 2020年はいつ?意味・由来・天候の変化 - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが啓蟄(けいちつ)であり、例年3月5日〜6日であるとされています。雨水(うすい)と春分(しゅんぶん)の間の二十四節気である啓蟄についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で啓蟄と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.17 12:57
雨水とは | 2020年はいつ?意味・由来・天候の変化 - 二十四節気
雨水とは | 2020年はいつ?意味・由来・天候の変化 - 二十四節気
日本には1年を24分割し、それぞれに季節を表す言葉をつけた二十四節気という季節の呼び方があります。そのうちのひとつが雨水(うすい)であり、例年2月19日頃であるとされています。この記事では立春(りっしゅん)と啓蟄(けいちつ)の間の二十四節気である雨水についてどんな季節のことを指すのか、 またどんな由来で雨水と呼ぶようになったのか解説していきます。
2020.01.14 13:27